スポンサーリンク

本文

On December 27, 1831, the Beagle started to sail across the Atlantic.  On board was a 22-year-old naturalist, Charles Darwin, who is well known as the author of the book, On the Origin of Species.

Charles Darwin was born into a rich family in 1809, and his father wanted him to study medicine.  However, he found out that his son had no interest in medicine, so he sent him to Cambridge University to study to become a priest.  While studying at Cambridge, he had a lot of chances to meet various scientists.  Influenced by them, he gradually became interested in nature.

Before the Beagle started to sail, a letter from a professor inspired Darwin. He advised Darwin to join the voyage.  His father still hadn't given up hope of having his son become a priest, so Darwin had to talk his father into letting him on the ship. With the help of his uncle, Darwin finally succeeded in persuading his father and became one of the crew of the ship.

After a three-year voyage, the Beagle reached the Galapagos Islands.   During the voyage, Darwin had noticed that as the climate changed, the types of plants and animals changed as well. On the Galapagos Islands, Darwin noticed a curious thing about birds called finches.  On each of those islands, he found a different species of the finch.  He noticed the differences in their beaks: some had long beaks, some short beaks, some large beaks and some small beaks.

After leaving the Galapagos Islands, the Beagle stopped at ports in Australia and the islands nearby.  The indigenous animals such as the kangaroo, the wallaby, and the wombat made him wonder why they could only be found in Australia.  He guessed that Australia had been a part of Asia and that after being separated from the mainland later, its animals evolved differently.

Darwin returned to England in October 1836. The next year, he began his first notebook on evolution. By that time he was sure that species could change, but one important question still remained unsolved: if evolution occurred, by what means did it occur?  In 1838 Darwin came across a book which greatly helped him uncover the truth about evolution. The book was called Essay on the Principle of Population by a British economist, Thomas Malthus (1766-1834). In his book Malthus predicted that millions of people would die because the world population was growing too fast.  Malthus also wrote that humans would compete for limited resources.  This idea helped Darwin uncover the mechanism he needed.

Darwin explained how evolution could occur by combining his idea with this idea of competition. He mentioned that every species consists of individuals that have considerable variations. He also explained that scarcity of resources in an increasing population would lead to competition between individuals of the same species. With such competition, some individuals would die, while others would survive. For instance, the giraffe got its long neck due to food shortages: short-necked ones died, and long-necked ones survived because they had an advantage regarding feeding.  Darwin called this "the survival of the fittest." He concluded that individuals having advantageous variations are more likely to survive and reproduce.

About 20 years after the voyage of the Beagle, Darwin received a letter sent from Kalimantan, an island of Indonesia.  Along with it was enclosed a brief paper that referred to a theory of evolution by natural selection.  Darwin was shocked to find that the paper was quite similar to the theory that he had been developing for years.

The writer of the paper was Alfred Russel Wallace, a young English naturalist born in Wales. Three books helped Wallace come up with the theory of evolution.  One was Malthus's Essay on the Principle of Population, which had also influenced Charles Darwin's thinking about the struggle for survival. Another was Charles Darwin's The Voyage of the Beagle, a lively travel narrative.  The other was Vestiges of the Natural History of Creation, anonymously published in 1844.  This book suggested the idea that one species is transformed into another by external circumstances.

10 Influenced by these books, Wallace set out on a journey to the Amazon rainforest. Unlike Darwin, he had almost no money, so he had to earn money by sending back many rare specimens and selling them to museums and private collectors in England.  After he went back to England, he soon planned another journey.  He went on an expedition to today's Indonesia and Malaysia, where he did fieldwork. While he was exploring there, he noticed the zoogeographical differences across a narrow strait.  This boundary is now known as the Wallace line.  He then put his ideas into shape and wrote his paper, which he sent to Darwin.

11 Wallace's paper surprised not only Darwin but his fellow scientists as well.  That was because Darwin and Wallace reached almost the same conclusion. Encouraged by other scientists, Darwin decided to present his theory and Wallace's paper jointly at a scientific meeting.  Wallace's paper about evolution inspired Darwin to compose his book, On the Origin of Species.  When this book was published in 1859, Wallace was still continuing his fieldwork in Southeast Asia.  Wallace received a copy of the book and was impressed with how well Darwin summarized the ideas of evolution.

12 The publication of Darwin's book On the Origin of Species in 1859 greatly changed biology.  In the days when people believed all creatures were created by God, Darwin proposed the idea that natural selection is the main cause of evolution and that evolution caused all variety in creatures. Although this idea was shocking, many other scientists became convinced that evolution occurs by means of natural selection. Today, this theory has gained mainstream acceptance in biology.

13 Darwin might never have written On the Origin of Species if Alfred Russel Wallace had not come up with the same idea and had not sent that letter from Southeast Asia. Even after the publication of On the Origin of Species, the friendly relationship between the two great scientists continued. Evolutionary biology would not be what it is now without the coincidence that they reached the same conclusion almost at the same time.

 

 

訳文

18311227日,ビーグル号は大西洋を航海するために出発した。船上には,22歳の博物学者,チャールズ・ダーウィンがいた。彼は『種の起源』という本の著者としてよく知られている。

2 チャールズ・ダーウィンは,1809年に裕福な家庭に生まれ,彼の父親は,彼に医学を勉強することを望んだ。しかしながら,彼は息子がまったく医学に興味がないことに気づいたので,息子をケンブリッジ大学へ行かせて,聖職者になる勉強をさせた。ケンブリッジ就学中に,彼はさまざまな科学者に出会う機会が多くあった。彼らに影響を受け,彼は次第に自然に興味を持つようになった。

3 ビーグル号が航海を始める前,ある教授からの1通の手紙がダーウィンを奮い立たせた。彼は,ダーウィンにその航海に参加するよう助言したのだ。彼の父親はまだ,自分の息子を聖職者にするという希望をあきらめていなかったので,ダーウィンは自分を船に乗せてくれるように父親を説得しなければならなかった。おじの助けによって,ダーウィンはついに父親を説得することに成功し,その船の乗組員の1人になった。

4 3年の航海の後,ビーグル号はガラパゴス諸島にたどり着いた。その航海の中で,ダーウィンは気候が変化するにつれて,動植物の種類も同様に変化することに気づいていた。ガラパゴス諸島でダーウィンは,フィンチという名の鳥について不思議なことに気づいた。この諸島のそれぞれの島で,彼は異なる種類のフィンチを見つけた。彼はそれらのくちばしの違いに気づいた。長いくちばしのもの,短いくちばしのもの,大きなくちばしのもの,小さなくちばしのものがいるということにだ。

5 ガラパゴス諸島を発った後,ビーグル号はオーストラリアと近隣の島々の港で止まった。彼は,カンガルー,ワラビー,ウォンバットのような土地固有の動物を見て,なぜそれらはオーストラリアでしか見つからないのかという疑問を抱いた。彼は,オーストラリアはアジアの一部であったが,後にその大陸から離れた後,動物たちは異なったふうに進化したと推測した。

183610月,ダーウィンはイングランドに戻った。翌年,彼は進化論についての最初の本を書き始めた。そのときまでに,彼は種は変化しうると確信していたが,1つの重要な疑問は依然として未解決のままだった。それは,もし進化が起こったのであれば,それはどのようにして起こったのだろうか,ということだ。1838年,ダーウィンは,進化についての真実を明らかにすることに大いに役立った1冊の本に出会った。その本は『人口論』と呼ばれる,イギリス人経済学者,トマス・マルサス(1766-1834)によるものだった。本の中でマルサスは,世界人口が急速に増加しすぎているため,何百万人もが死ぬだろうと予想した。また,マルサスは,人類は限られた資源を求めて争うだろうと書いた。この考えは,ダーウィンが必要としていたメカニズムを明らかにすることに役立った。

7 ダーウィンは,自分の考えとこの競争の考えを組み合わせることによって,どのように進化が起こりうるかを説いた。彼は,どの種もかなりの違いを持つ個体で構成されると言及した。彼はまた,個体数の増加による資源の不足が,同種の個体の間での競争につながるだろうと説明した。そのような競争で,中には死ぬものもいて,一方で生き残るものもいるだろう。例えば,キリンは食糧不足が原因で長い首を得た。首の短いキリンは死に,首の長いキリンは,食べ物を得るうえで有利だったために生き残った。ダーウィンはこれを「適者生存」と呼んだ。彼は,有利な変異を持つ個体はより生き残りやすく,より繁殖しやすいと結論づけた。

8 ビーグル号の航海の約20年後,ダーウィンはインドネシア領の島,カリマンタンから送られた1通の手紙を受け取った。それと一緒に,自然選択による進化論に言及した,簡潔にまとめられた論文が同封されていた。ダーウィンは,その論文が,彼が何年にもわたり展開してきた理論と大変似ていることを知り,衝撃を受けた。

9 その論文の著者は,ウェールズ生まれの若いイングランド人博物学者,アルフレッド・ラッセル・ウォレスだった。3冊の本が,ウォレスが進化論を考えつくのに役立った。1冊はマルサスの『人口論』で,それは,生存競争についてのチャールズ・ダーウィンの考えにも影響を与えていた。もう1冊は,生き生きとした紀行文学,チャールズ・ダーウィンの『ビーグル号航海記』だ。残りは,1844年に匿名で出版された『創造の自然史の痕跡』であった。この本は,種は外部環境によって別の種へ変化するという考えを提唱していた。

10 ウォレスはこれらの本に影響を受け,アマゾンの熱帯雨林への旅に出発した。ダーウィンとは違い,彼はほとんどお金を持っていなかったので,多くの珍しい標本を送り,それらをイングランドの博物館や個人の収集家に売ることでお金を稼がなければならなかった。彼はイングランドへ戻った後,すぐに別の旅を計画した。彼は,今日でいうインドネシアとマレーシアへ探検旅行に行き,そこで実地調査をした。そこを探検している間に,彼は狭い海峡の両岸に動物地理学的な違いがあることに気づいた。この境界線は,今ではウォレス線として知られている。その後彼は考えを具体化し,論文を書いて,それを彼はダーウィンへ送った。

11 ウォレスの論文は,ダーウィンだけでなく,彼の同僚の科学者も同様に驚かせた。それは,ダーウィンとウォレスがほぼ同じ結論に至ったからだった。ほかの科学者に励まされ,ダーウィンは学会で,自分の理論とウォレスの論文を共同で発表することに決めた。進化に関するウォレスの論文に刺激され,ダーウィンは『種の起源』という本を書いた。この本が1859年に出版されたとき,ウォレスはまだ東南アジアで実地調査を続けているところだった。ウォレスはその本を1部受け取り,ダーウィンが進化論をいかにうまく要約したかということに感銘を受けた。

12 1859年のダーウィンの本『種の起源』の出版は生物学を大きく変えた。人々が,すべての生物は神によって創造されたと信じていた時代に,ダーウィンは自然選択が進化の主な原因であり,進化が生物におけるすべての多様性を引き起こしたという考えを提案したのだ。この考えは衝撃的だったが,多くのほかの科学者は,進化は自然選択という方法によって起きるということを確信するようになった。現在では,この理論は生物学において主流として受け入れられている。

13 もしアルフレッド・ラッセル・ウォレスが同じ考えを思いつかず,その手紙を東南アジアから送らなかったら,ダーウィンは『種の起源』を決して書かなかったかもしれない。『種の起源』の出版後でさえ,その2人のすばらしい科学者の親しい関係は続いた。彼らがほぼ同時に同じ結論に達したという偶然の一致がなかったら,進化生物学は現在のようにはなっていなかっただろう。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事