スポンサーリンク

本文

In the past, only a few companies were willing to be friends of the environment.

Most generally felt that protecting the environment meant losing money. These days,

companies face a lot of pressure to “(1) go green.” At the same time, they are learning

that helping the environment can lead to healthy profits.

The pressure on companies to go green comes from several places. First, energy

prices are rising all the time. (2) That has led to a big demand for products that use less

energy. Second, (3) many governments are making companies lower their pollution

levels. That has helped speed the growth of “clean” technologies. Third, consumers are

paying more attention to issues like climate change. As a recent study has shown, a

large majority of consumers prefer to buy from environmentally friendly companies.

Transportation is one industry going through big changes. With oil prices higher

than ever, *hybrid cars have become very popular. Toyota, a leader in the field, has

already sold more than five million hybrids. Sales of *all-electric cars are also (4) picking

up, as is their reputation. One such vehicle, the Tesla Model S, was named the best car

of 2014 by *Consumer Reports.

Energy companies are also making changes. *GE, a major US firm, has lowered the

energy needs of its light bulbs, refrigerators, and other products. While improving its

image, the company is attracting consumers who want to lower their electric bills.

Also, traditional energy suppliers are slowly *moving away from (5) dirty energy sources

like coal. Meanwhile, young companies like First Solar are *stepping up. In 2012, the

firm’s solar power capacity passed the 8 *gigawatt *mark.

*A whole host of other industries from construction to food packaging are going

green. And they are doing so while earning money. That’s very important to company

owners and *shareholders. When targets for higher profits and lower pollution levels

can both be met, it’s a *win-win situation.

 

 

訳文

かつては自ら進んで環境に優しくしようとする企業はほんのわずかだった。ほとんどの企業はたいてい,環境を守ることは損をすることを意味すると考えた。近ごろでは,各企業は「環境に優しくあるべきだ」というさまざまな圧力に直面している。それと同時に各企業は,環境保護に役立つことが大きな利益につながる可能性があるということを学びつつある。

環境に優しくあるべきという企業への圧力は,いくつかの場面で生じている。第1に,エネルギー価格が常に上がり続けている。そのことは,エネルギーの使用量がより少ない製品への大きな需要につながっている。第2に,多くの政府が企業に汚染レベルを下げさせている。そのことは,「クリーンな」技術の成長を加速させることに役立っている。第3に,消費者は気候変動のような問題により多くの注意を払うようになっている。最近の研究が示しているとおり,消費者の大多数は環境に優しい企業から(商品を)買うほうを好む。

自動車は,大きな変化を経験している1つの業界である。石油価格がこれまで以上に高くなっているため,ハイブリッド車は非常に人気が高まっている。その分野のトップ企業

であるトヨタは,すでに500 万台以上のハイブリッド車を売り上げた。100%電気自動車の売り上げも,その評判の高まりと同様に増加している。そのような車の1つであるテス

ラ・モデルS は,『コンシューマー・リポート』誌によって2014 年度の最優秀車と評価された。

エネルギー(関連)企業もまた,変化を遂げつつある。米国の大企業の1つであるゼネラル・エレクトリック社は,自社の電球,冷蔵庫その他の製品のエネルギーの消費量を引き下げた。自社のイメージを高める一方で,同社は電気代を節約したいと考える消費者を引きつけている。また,従来のエネルギー供給業者は,石炭のように環境を汚染するエネルギー源から徐々に撤退しつつある。その一方で,ファースト・ソーラー社などの若い企業(の業績)が伸びている。2012 年には,同社の太陽発電の生産能力は8ギガワット台を超えた。

建築から食品包装に至るまでの他の多くの業界が,環境に配慮するようになっている。そしてこれらの企業は,そうしながら利益を上げている。そのことは,企業経営者と株主にとって非常に重要である。より高い利益とより低い汚染レベルという目標がどちらも達成されたとき,誰もが得をする状況が生まれる。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事