スポンサーリンク

本文

Before You Read

Steve Jobs was born on February 24, 1955, and grew up in California’s Silicon Valley.  As a boy, Jobs would work with his father on electronics in the family garage.

Jobs didn’t know what he really wanted to do with his life.  He spent two years at Reed College.  He became interested in Zen Buddhism.  He even traveled to India in search of spiritual enlightenment.

Jobs started Apple Computers with Steve Wozniak in 1976.  Its products became the standards of modern technology.

In June 2005, Steve Jobs gave the commencement address at Stanford University.  He talked about three stories: connecting the dots, love and loss, and life and death.

In October 2011, Steve Jobs died at the age of 56.

 

 

 

Section 1

I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world.  I never graduated from college.  Truth be told, this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation.  Today I want to tell you three stories from my life.  That’s it.  No big deal.  Just three stories.

The first story is about connecting the dots.

I dropped out of Reed College after the first six months, but then stayed around for another 18 months or so before I really left.

I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out.  And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life.  So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.  It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made.  The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked interesting.

Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy classes in the country.  Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully written by hand.  Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this.  None of this had even a hope of any practical application in my life.  But 10 years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me.  And we designed it all into the Mac.  It was the first computer with beautiful typography.  If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do.  Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college.  But it was very, very clear looking backwards 10 years later.

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.  So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.  You have to trust in something—your gut, destiny, life, whatever.  This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

 

 

 

Section 2

My second story is about love and loss.

I was lucky—I found what I loved to do early in life.  Woz and I started Apple in my parents’ garage when I was 20.  We worked hard, and in 10 years it had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4,000 employees.  We had just released our finest creation—the Macintosh—a year earlier, and I had just turned 30.  And then I got fired.  So at 30 I was out.  And very publicly out.  What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

I really didn’t know what to do for a few months.  I was a very public failure, and I even thought about running away from the Valley.  But something slowly began to dawn on me—I still loved what I did.  The turn of events had not changed that one bit.  I had been rejected, but I was still in love.  And so I decided to start over.

I didn’t see it then, but it turned out that getting fired was the best thing that could have ever happened to me.  The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything.  It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired.  It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it.  Sometimes life hits you in the head with a brick.  Don’t lose faith.  I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did.  You’ve got to find what you love.  And that is as true for your work as it is for your lovers.  Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work.  And the only way to do great work is to love what you do.  If you haven’t found it yet, keep looking.  Don’t settle.  As with all matters of the heart, you’ll know when you find it.  And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on.  So keep looking until you find it.  Don’t settle.

 

 

 

Section 3

My third story is about death.

When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.”  It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?”  And whenever the answer has been “No” for too long, I know I need to change something.

Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life.  Because almost everything—all pride, all fear of embarrassment or failure—these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important.  Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose.  You are already naked.  There is no reason not to follow your heart.

About a year ago my doctor told me I had cancer of the pancreas.  I didn’t even know what a pancreas was.  The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months.  My doctor advised me to go home and put things in order, meaning I should prepare to die.  It means to try to tell your kids everything you thought you’d have the next 10 years to tell them in just a few months.  It means to make sure everything is settled so that it will be as easy as possible for your family.  It means to say your goodbyes.

I lived with that knowledge that I was going to die all day.  Later that evening I had another test.  It turned out to be a very rare form of cancer that is curable with surgery.  I had the surgery and I’m fine now.

 

 

 

Section 4

This was the closest I’ve been to facing death, and I hope it’s the closest I get for a few more decades.  Having lived through it, I can now say this to you with a bit more confidence than when death was a useful but purely intellectual concept:

No one wants to die.  Even people who want to go to heaven don’t want to die to get there.  And yet death is the destination we all share.  No one has ever escaped it.  And that is as it should be, because Death is very likely the single best invention of Life.  It is Life’s change agent.  It clears out the old to make way for the new.  Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away.  Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.  Don’t be trapped by old ideas—which is living with the results of other people’s thinking.  Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice.  And most important, have the courage to follow your heart and intuition.  They somehow already know what you truly want to become.  Everything else is secondary.

When I was young, there was an amazing magazine called the Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation.  It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch.  This was in the late 1960s, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors, and small cameras.  It was sort of like Google in magazine form, 35 years before Google came along: it was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions.

Stewart and his team put out several issues of the Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue.  It was the mid-1970s, and I was your age.  On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous.  Beneath it were the words: “Stay Hungry.  Stay Foolish.”  It was their farewell message as they signed off.  Stay Hungry.  Stay Foolish.  And I have always wished that for myself.  And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you.

Stay Hungry.  Stay Foolish.

Thank you all very much.

 

 

訳文

スティーブ・ジョブズは1955年2月24日に生まれた、そしてカリフォルニアのシリコンバレーで育った。少年時代に、ジョブズは家のガレージで父親とよく電子機器いじりをしたものだった。

ジョブズは、人生をかけて本当はなにをしたいのかわからなかった。彼はリード大学で2年間を過ごした。彼は禅宗に興味を持った。彼は精神的な悟りを求めてインドへ旅さえした。

ジョブズは1976年にスティーブ・ウォズニアックとともにアップルコンピュータ社を始めた。その製品は現代テクノロジーの基準となった。

2005年6月、スティーブ・ジョブズはスタンフォード大学で卒業式の式辞を述べた。彼は3つの体話を話した、(3つとは)点を結ぶこと、愛と喪失、生と死についてだ。

2011年10月、スティーブ・ジョブズは56歳で死んだ。

 

1

私はきょう、世界最高の大学のひとつからのあなたたちの卒業式に、あなたたちとともにいることを光栄に思う。私は大学を出なかった。本当を言うと、これが、私が大学の卒業式にもっとも近づいた場だ。きょう、私はあなたたちに、自分の人生から3つの話をしたい。それだけだ。大したことではない。たった3つの話だ。

最初の話は点を結ぶことについてだ。

私は最初の6か月ののち、リード大学を中退した、しかし(私は)そのあと私が本当に去る前に、さらに18か月かそのくらいとどまっていた。

私は人生をかけてなにをしたいかわからなかった、そして、そのことを私がわかるのに大学がいかにして助けになりそうかわからなかった。そしてここで私は、両親が彼らの全生涯で貯めた金のすべてを費やしていた。そこで私は中退すること、そしてすべてはうまく運ぶだろうと信じることに決めた。それはそのときはかなり怖かった、しかし振り返ってみると、それは私が下した人生最良の決断のひとつだった。中退した瞬間、私は私に興味を抱かせない必修科目をとるのをやめることができた、そしておもしろそうに見える科目に立ち寄り始めることができた。

当時のリード大学はおそらく国内最高の文字デザインの講座を提供していた。キャンパス中で、すべてのポスターが、すべての引き出しのすべてのラベルが、手書きで美しく書かれていた。私は中退して通常授業をとる必要がなかったので、これをするやり方を学ぶために私は文字デザインクラスをとることに決めた。このひとつたりとも、私の人生でいかなる実用的な応用の望みすらなかった。しかし10年後、私たちが最初のマッキントッシュコンピューターの設計をしていたとき、それがすべて私によみがえってきた。そして私たちはそれをすべてマックに(組み込んで)設計した。それは美しい字体を持つ最初のコンピューターだった。もし私が中退しなかったら、私はこの文字デザインクラスに立ち寄らなかっただろう、そしてパソコンはそれらが今日持っている素晴らしい字体を持っていなかったかもしれない。私が大学にいたとき前を見て点を結ぶことは、もちろん不可能だった。しかし10年後に振り返ると、それはとても、とても明白だった。

繰り返すが、あなたは将来を見て点を結ぶことはできない。あなたは振り返ってそれらを結べるだけだ。だからあなたは、あなたの将来で、点はなんらかの方法で結びつくと信じなければならない。あなたはなにかを信じなければならない、たとえば自分の直感、運命、人生、そのようなものを。このやり方は私の失敗の原因となったことはない、そしてそれは私の人生に大きな違いを生んだ。

 

2

私の2つ目の話は愛と喪失についてだ。

私は幸運だった。私は人生の初期に、自分がなにをするのが大好きかを見つけた。私が20のとき、ウォズと私は私の両親のガレージでアップルを始めた。私たちは一生懸命働いた。そして10年で、それはガレージの私たちたったふたりから、4,000人以上の従業員のいる20億ドル(規模)の企業に成長した。私たちはちょうど私たちの最高傑作、マッキントッシュを1年前に発売したばかりだった、そして私はちょうど30になったばかりだった。そしてそのとき私は解雇された。それで30にして私は失職した。しかもとても公に失職した。私の成人期すべての中心だったものがなくなった、そしてそれは衝撃的だった。

私は数か月の間、なにをすべきか本当にわからなかった。私はとても公的な落伍者だった、それで私は(シリコン)バレーから逃げることを考えさえした。しかしあることがゆっくり私の頭に浮かび始めていた。私は自分のしていたことをまだ愛していた。事態の展開はそれをまったく変えなかった。私は拒絶はされた、しかし私はまだ愛していた。そしてそれで私はやり直すことを決めた。

私はそのときそれがわからなかった、しかし解雇されたことはそれまでの私の人生で起こり得た最高のことだっただとわかった。成功しているという重さは、すべてのことについてより確信がない初心者に、もう一度なるという軽さに取ってかわられた。それは私を解放して、私は人生でもっとも創造的な時期に入った。

私は、もし私が解雇されなかったら、このなにひとつも起こらなかっただろうと強く確信している。それはとてもひどい味の薬だった、しかし患者には必要だったと私は思っている。ときに人生はれんがであなたの頭を殴る。信念を失うな。私を前進させ続けたただひとつのことは、私がしていたことを私が愛していたことだと、私は確信している。あなたはあなたが愛するものを見つけなければならない。そしてそれは恋人に対してと同様に仕事に対しても真実だ。あなたの仕事はあなたの人生の大きな部分を占めることになる。そして本当に満足できる唯一の方法は、あなたが素晴らしい仕事だと信じることをすることだ。そして素晴らしい仕事をする唯一の策は、あなたがすることを愛することだ。もしあなたがまだそれを見つけていないなら、探し続けなさい。妥協するな。心の問題すべてと同様に、あなたがそれを見つけたとき、あなたはわかるだろう。そして、あらゆる素晴らしい関係性のように、年月が経つにつれて、それはまさにどんどんよくなる。だから探し続けなさい、あなたがそれを見つけるまで。妥協するな。

 

3

私の3つめの話は死についてだ。

私が17のとき、私はこのように言っている名言を読んだ。「もしあなたが各日をあたかも人生最後(の日)のように生きたら、いつの日かあなたは絶対正しくなる」 それは私に感銘を与えた、そしてそれ以来、過去33年間、私は毎朝、鏡をじっと見て自問している。「もしきょうが私の人生最後の日だとしたら、きょうまさに私がやろうとしていることを私はやりたいだろうか」 そして答えがとても長い間「ノー」であるときはいつも、私はなにかを変える必要があると私は知る。

もうすぐ私は死ぬと思い出すことは、人生の大きな選択をする手助けとして私が出会ったもっとも重要な道具だ。なぜなら、ほとんどすべてのこと、つまりあらゆるプライド、恥や失敗に対するあらゆる恐れ、これらのことは、死と直面するとまさになくなり、本当に重要なことだけを残すからだ。あなたは死んでいくのだと思い出すことは、あなたが失うなにかがあると考えるわなを避けるための、私の知る最善の方法だ。あなた(たち)はすでに裸だ。あなたの心に従わない理由はない。

約1年前、私の医者は私が膵臓(すいぞう)がんだと私に言った。私は膵臓がなにかすら知らなかった。医師たちは私に、これはほとんど確実に不治の種類のがんであると、そして私はたった3か月から6か月だけしか生きないと予想したほうがいいと告げた。私の医師は私に帰宅して物事を整理するように勧めた、それは私が死ぬ準備をするようにという意味だった。それは、子どもたちに伝えるのに次の10年間あるだろうとあなたが思っていたすべてのことを、たった数か月で伝える努力をするという意味だ。それは、家族にとって極力簡単になるようにすべてのことを片づけておくようしっかり手配するという意味だ。それは、あなたの別れのあいさつをするという意味だ。

私は死んでいくことになるというあの認識を一日中耐え忍んだ。その夕刻遅く、私は別の検査を受けた。それは、手術で治癒可能な、大変珍しい種類のがんであることがわかった。私は手術を受け、いまは元気だ。

 

4

これは私がいままでで死に直面することにもっとも近づいたことだったが、あと数十年はこれがいちばん近づいたことであるように願っている。それを経験したので、死が有用ながらも純粋に知的な概念であったときよりも多少の自信をもって、いま、あなたたちにこう言うことができる。

だれも死にたくはない。天国に行きたいと望んでいる人であっても、そこに行くために死にたいとは思わない。しかしそれでも死は私たち全員が共有している行先だ。それを逃れた人はだれもいない。そしてそれはそうあってしかるべきだ。なぜなら死は、おそらく生の唯一最高の発明品だからだ。それは生の変化を促す媒体だ。それは新しいことに道を開くために古いことを一掃する。たったいま、新しいこととはあなたたちだが、いまからさほど遠くないいつの日か、あなたたちは徐々に古いこととなり、退去させられるだろう。劇的過ぎて申し訳ないが、これはまったくの真実だ。

あなたの時間は限られている、だからだれか他人の人生を生きることでそれを無駄にするな。古い考え方に閉じ込められてはいけない。それは他人の考えの結果と生きることだ。他人の意見の雑音があなた自身の内なる声をかき消すのを許してはいけない。そしてもっとも重要なこととして、自分の心と直感に従う勇気を持ちなさい。それらはあなたが本当になりたいものをなぜだかすでに知っている。それ以外のことすべては二次的だ。

私が若かったとき、『ホールアースカタログ』という名の驚くべき雑誌があった、それは私の世代のバイブルのひとつだった。それはスチュアート・ブランドという名の人物の手で、ここからそう遠くないメンローパークで作られていたが、彼は詩的なタッチでそれを活気づかせていた。これは、パソコンやデスクトップパブリッシング以前の1960年代後半のことであり、だからタイプライター、はさみ、小型カメラですべて作られていた。それはグーグルが登場するよりも35年前の、雑誌形式のグーグルのようなものだった。それは理想主義的で、格好いい道具や偉大な考えに満ちあふれていた。

スチュアートと彼のチームは『ホールアースカタログ』の数号を世に出し、そしてそれがその役目を果たすと、彼らは最終号を出した。それは1970年代中ごろだった、そして私はあなたたちの年齢だった。最終号の裏表紙には、早朝の田舎道で、あなたがもし冒険好きならヒッチハイクをしている自分に気づくかもしれないような類の道の写真が載っていた。写真の下にはことばがあった。「ハングリーなままであれ。愚かなままであれ」 それは彼らが(雑誌を)終えるときの別れのメッセージだった。ハングリーなままであれ。愚かなままであれ。そして、私は自分自身に対してもそれを常に望んできた。そしていま、あなたたちが卒業し新たに始めるにあたり、あなたたちにもそれを願う。

ハングリーなままであれ。愚かなままであれ。

みなさん、大変ありがとうございました。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事