スポンサーリンク

本文

  The debate around immigration in America often touches on language.  The fear of some Americans is that immigrants do not learn (and maybe do not want to learn) English.  If many of them speak the same language and cluster geographically, they threaten to make America bilingual.  If this happens, so goes the concern, they will inevitably make demands for more legal recognition of other languages, threatening English’s status as a unifying force.

  Americans know that this is an immigrant country.  So why did previous waves of immigration not threaten English, while today’s does?  In the traditional story, immigrants back in the good old days wanted to, and did in fact, learn English.  But this is not really so.

  Immigrant languages probably persisted longer in America a century ago than they do today.  And one language in particular persisted in large, coherent pockets in America for more than half a century: German.  German immigration to America peaked from around 1840 to 1880.  Like most immigrants, Germans came to towns where their co-nationals had settled, so they built up big communities in cities like Milwaukee, Cincinnati and St. Louis.

  So what did this immigrant community look like?  Hard-working English learners who quickly dissolved in the great melting pot?  Hardly.  Miranda Wilkerson and Joseph Salmons studied just one town in southeastern Wisconsin, called Hustisford.  They focused on the year 1910; German-speaking decreased fairly quickly in America after the First World War (1914-1918), for the obvious reasons.  But before the war, German monolingual communities persisted for many decades after immigrants’ arrivals.

  Almost a quarter of Hustisford’s population (over ten years old) was monolingual in German in 1910.  Of that share, a third were born in America.  Of the German monolinguals born abroad, a majority had been in America for more than 30 years, having immigrated during the height of the German wave.  In other words, in small-town America a century ago, it was perfectly possible to grow up, or to live there for decades after immigrating, without learning English.

  German was the single biggest and most concentrated foreign language on American soil after independence until today.  Almost five decades of immigration from Spanish-speaking countries has recreated something like the German situation.  Some people feel that America’s “Anglo-American core” is threatened like never before.  But for many reasons (hard to rank in importance), it is nearly impossible today to grow up in America without learning English.  One study of more than 5,000 children in the Miami and San Diego areas (thick with Spanish-speakers) found that 94.7 percent of Latino middle-school children who had been born in America spoke English well.  The researchers concluded that “knowledge of English is near universal, and preference for that language is dominant among most immigrant nationalities.  On the other hand, only a minority remain fluent in the parental languages.”

〔広島大・470語〕

 

 

スポンサーリンク

和訳

1 アメリカで移住をめぐる議論をすると,言語について触れることがよくある.一部のアメリカ人が不安に思うのは,移民が英語を学ばない(またおそらくは学びたがらない)ということである.移民の多くが同じ言語を話し,地理的に固まって暮らしていると,アメリカを2言語国家にする脅威となる.もしそうなれば,不安になるのだが,それは彼らが必ずほかの言語をもっと法律で(アメリカの公用語として)認めるように要求し,国を一つにする力としての英語の地位を脅かすことになるだろうという不安である.

2 アメリカ人もここは移民の国と承知している.ではなぜ過去の移住の波が英語を脅かさなかったのに,現代はそうなるのか.言い伝えられる話では,古きよき時代の移民は英語を学びたがったし,実際学んだということである.しかし実はそうではないのだ.

3 移民の言語は1世紀前のアメリカでは,おそらく現代よりも長く生き残っていたようだ.そして特にある言語が,半世紀以上もアメリカにおいて大規模な団結した人々の住む地域の中で残った.ドイツ語である.アメリカへ移住するドイツ人は1840年から1880年ごろに最も盛んだった.ほとんどの移民がそうであるように,ドイツ人たちは,同国人が定住した街にやって来て,そしてミルウォーキーやシンシナティやセントルイスのような都市に大きなコミュニティーを形成したのである.

4 それでは,この移民のコミュニティーはどのようなものだったのだろうか.偉大なるつぼにすぐに溶け込んだ熱心に英語を学ぶ者で成り立っていたのだろうか.そんなことはない.ミランダ・ウィルカーソンとジョゼフ・サーモンズは,ウィスコンシン州南東部にあるハスティスフォードという町だけを調査してみた.彼らは1910年に絞ってみた.第一次世界大戦(1914–1918年)後には,明らかな理由があってアメリカでかなりの速さでドイツ語を話すことは減っていったからだ.しかし戦争の前はドイツ語しか話さないコミュニティーが,移民の到着から何十年も生き残っていたのだ.

5 ハスティスフォードの(10歳を越える)人口のおよそ4分の1が,1910年ではドイツ語しか話せなかった.そのうちの3分の1がアメリカ生まれであった.海外で生まれたドイツ語しか話さない人たちのうち,大多数は[ドイツ人の波が押し寄せるさなかに→]ドイツ人の移民が最も盛んなころに流入して,30年以上もアメリカにいたことになるのだ.言いかえれば,1世紀前は小さな町だったアメリカでは,英語を習得しないで,移住後の何十年もその場所で大人になり,暮らしていくことがまったく不可能ではなかったということだ.

6 ドイツ語は,アメリカの独立以降の国内で,唯一の最大にして最も多くの人が使う外国語だった—今日までは.およそ50年にわたるスペイン語を話す国々からの移住は,ドイツ語のような状況を再現している.アメリカの「アングロ・アメリカンの核心」がこれまでにない脅威にさらされていると感じる人々もいる.しかし数々の理由から(重要性での順位はつけづらいが)英語を習得せずにアメリカで成長することは今日ではおよそ不可能である.(スペイン語話者で混みあう)マイアミとサンディエゴ地区の五千人以上の子どもたちを調べてわかったことは,アメリカ生まれでラテン系のミドルスクールの子どもたちは,その94.7%が流ちょうな英語を話すということだ.研究者たちは,「(彼らは)英語の知識をほぼ共通してもっており,〔その言語の優先傾向は,移住してきたほとんどの国民の間で圧倒的である→〕ほとんどの国の移民たちが好んで英語を話すことを選んでいる.その反対に,親の言語を流ちょうに話し続けるのはごく少数だ」と結論づけた.

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事