スポンサーリンク

本文

  Our ancestors began to scrawl pictures on rock walls, to represent in images animals that weren’t present.  They drew events that took place in the past or might happen in the future.  Something had changed in the way their brains functioned, something that opened up the ability to see beyond the now.  At the same time as reacting to the world about them, these transformed creatures were able to deal with “what if?”, to dream, to plan, to anticipate.  They had become conscious.

  Watch a TV documentary set in an African game park and the response of prey animals like a herd of gazelle to the presence of predators seems unbelievably strange from the human viewpoint.  If a lioness is lying at the edge of the herd, watching intently, picking out a target, this fearsome predator is likely only to be eyed briefly, if nervously, by its potential victims before the gazelle return to cropping the grass.  We would be thinking, “I’ve got a problem here.  The lioness could hurt me or even kill me.  I think I’ll sneak away, just in case.  Or at least I’ll make sure there’s a fatter, slower gazelle between me and the lioness.”  But this ability to project into the future, to be aware of potential circumstances and analyze consequences, isn’t present in the gazelle.  It is only when the attack commences that a flight response is triggered.

  There are clear survival benefits from being able to consider what might be as well as what is.  It gave humans the ability to assess risk, to make decisions based on what might happen, rather than reacting solely to the immediate threat.  Seeing beyond the now brought us literature and religion, science and civilization.  Yet perhaps the greatest benefit that would come from this change was the realization that we ourselves could become different in the future.  Thanks to the ability to ponder what might be, our predecessors were able to think, “I want to be different from the way I am now,” kickstarting the urge to upgrade the human form.

  The result was something biologically unique.  Human beings began to turn themselves into something new, not through the painfully slow process of natural selection but by our own intervention our desire to improve has driven us to upgrade continuously.  〔九州大・384語〕

 

 

和訳

1 人間の祖先は岩壁に絵を描きつけ,その場にいない動物を絵に表すことを始めた.彼らは過去に起きた出来事や将来起こると思われることを描いた.人間の脳の働き方にある変化が生じ,それによって〔現在を越えて見る能力を開花させたのだ→〕先を見通す能力が開花したのだ.自分たちの周りの状況に反応すると同時に,この変革を体験した生物は「もしも~したら?」と考えたり[不測の事態に対処したり],(将来の)夢を見たり,計画を立てたり,予想したりできた.その生物は先のことを意識するようになっていたのだ.

2 アフリカの自然動物保護公園でのテレビドキュメンタリーの現場を見れば,ガゼルの群れのような獲物になる動物たちにおける肉食動物の存在に対する反応は〔→ガゼルの群れのような獲物になる動物たちが,肉食動物がいたらどう反応するかは〕,人間の観点からは信じられないくらい奇妙に思われる.もし雌ライオンが群れの端に伏せ,じっと見つめて標的を選んでいたとしても,ガゼルは神経をとぎすませているかもしれないが,この恐ろしい肉食動物をちらっと見ただけでまた草を食べ始めてしまうだろう.〔←ガゼルがまた草を食べる前には,この恐ろしい肉食動物はその潜在的なえさに,神経をとぎすませているかもしれないが,少しの間見られて済んでしまうだろう.〕私たちなら「さて困ったぞ.雌ライオンにけがを負わされるか,殺される可能性まである.万一に備えて,自分はこっそり逃げよう.あるいは,少なくとも自分と雌ライオンの間にもっと太ったのろまなガゼルが必ずいるようにしておこう」と思いをめぐらしているところだろう.しかし将来に身を置いてみるこの能力,つまり起こり得る状況を認識して結果を分析する能力は,ガゼルには存在しないのだ.雌ライオンの狩りが始まってようやく逃避行動に入るのだ.[逃避反応が引き起こされるのは,まさに攻撃が始まったときである.]

3 現在の状態だけでなくどうなるか〔←今あるものと同様に可能性のあるもの〕を考えられることから生まれる,生存のためには明らかにメリットとなるものがある.人間はそれによって,ただ現在の危険にだけ対応するというより,むしろ危険を見極める,つまり起こり得ることを根拠に判断する能力が身についたのだ.先を見通すことで私たちは文学や宗教,科学や文明をもつようになったのだ.しかし,おそらくこの変化から生じる最大のメリットと言えば,私たちは将来変われるという自覚であった.どうなるかを熟考する能力のおかげで,私たちの先祖は「今の状況から変わりたい」と考えることができるようになり,人間の姿[あり方]を向上させようという衝動を始動させた.

4 結果は生物学的にめずらしいものだった.自然淘汰という痛みを伴う時間のかかる過程を経てではなく,自分自身が介在することによって,人間は自らを新しいものに変え始めたのだ.つまり私たちは進化したいという望みによって,自らをたえず向上させてきたわけである.

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事