スポンサーリンク

本文

Among the hundreds of thousands of plants in the world, 80 percent of our diet is composed of only twelve.  And the top three food plants in the world, corn, wheat, and rice, are overwhelmingly represented in our everyday diet.  It is no coincidence that we eat the seeds of these three plants, and not the leaves.  This is because these three plants are exceptionally good at converting the light from the sun and storing it in their seeds as carbohydrates, fats, and protein.  Conveniently, these seeds can be stored for long periods of time without spoiling. 

It is natural to assume that our production and consumption of these three plants have resulted in better economic conditions for humanity.  After all, if these three plants were to suddenly disappear, there would be mass starvation around the planet.  Therefore, it appears that our experience with corn, wheat, and rice is a huge success story.  Think again.

One of the problems with these plants is that their mass production plus government subsidies have made them very cheap.  When food is cheap, people often eat more of it, and this has led to many health problems associated with obesity, such as diabetes, heart disease, and even cancer.

With the switch towards a diet that is largely based on seeds, we may have caused another health problem.  Humans are omnivores so we eat a wide variety of plant and animal foods.  Since the beginning of industrial agriculture in the 20th century, we have reduced that variety dramatically.  For example, much more of our nutrition comes from seeds as opposed to leaves.  However, our bodies need the nutrition supplied by leaves, which provide various micronutrients, such as fiber, antioxidants, and Omega-3 fats.  It is the last one of these three which has received much attention recently.

Omega-3 fats are found in green, leafy vegetables as well as some types of fish and nuts.  The human body needs them for the proper functioning of many parts of the body.  For example, there is evidence that these fats help keep the heart beating regularly.  Medical researchers still haven’t proven that there is a link between low levels of Omega-3 fats in the Western diet and the high rate of heart disease.  However, the evidence is getting stronger that there is some connection.

The bigger issue here is the lack of diversity in our modern diet.  Our ancient ancestors gathered plants in nature getting nutrition from hundreds of different sources, each with its own set of nutritional value.  Surely there are necessary micronutrients that have yet to be discovered in some of those plants that we are now missing.  However, because we now have over six billion mouths to feed, we are pushed by economic necessity to grow only those plants that most efficiently transform the sunshine into calories.

Although Japanese are somewhat protected from one of the problems mentioned above because of the high amounts of fish in their diet, they should not be too relaxed.  We, as humans, still need to gain a better understanding about nutrition.  Although industrial agriculture has been a great economic benefit to humans, it may have actually made our health worse.  〔北海道大゜・530語〕

 

 

スポンサーリンク

和訳

1 世界中の何十万種類もある植物の中で,私たちの食事[食生活]の80%はたった12種類で構成されている.そして世界で上位3位までの食用植物であるトウモロコシ,小麦,米は圧倒的に私たちの日常の食事の代表格である.私たちがこれら3種の植物の葉ではなく,種子を食べるのは偶然などではない.それは,これら3種の植物が太陽の光[日光]を転換し,それを炭水化物,脂肪,タンパク質として種子(の中)に蓄えることに非常に優れているからである.便利なことに,これらの種子は,腐らせずに長期間にわたって貯蔵することができる.

2 私たちがこれら3種の植物を生産し消費することで,人類の経済状況が改善されてきたと考えるのは当然のことである.なんと言っても,もしこれら3種の植物が突然姿を消したとしたら,地球のいたるところで大量[大規模な]飢餓が起こるだろうから.それゆえ,私たちがトウモロコシ,小麦,米で経験してきたことは,とてつもない成功談であるように思える.(だが)もう一度考えてみよう.

3 これらの植物に関する問題の1つは,大量生産と政府の補助金のおかげで,価格が非常に安くなった[下がった]ことである.食べ物が安いと人はよりたくさん食べることが多々あり,その結果,糖尿病や心臓病,さらにはガンといった肥満と関係のある多くの健康上の問題を引き起こしている.

4 主に種子を食べる食事に転換したことで,私たちは別の健康上の問題を引き起こしたのかもしれない.人間は雑食なので,さまざまな種類の植物性や動物性の食べ物を食べる.20世紀に産業的農業が始まって以来,私たちはその種類を劇的に減らしてきた.たとえば,私たちが摂取する栄養は,葉と比べると種子からのほうがずっと多い〔←栄養素のずっと多くの部分を,葉ではなく種子から摂取している〕.しかし,私たちの体は葉から供給される栄養を必要としている.葉は,食物繊維,酸化抑制物質,オメガ3脂肪酸といったさまざまな微量栄養素を供給してくれるのである.最近おおいに注目されているのが,この3つのうち最後のもの(=オメガ3脂肪酸)だ.

5 オメガ3脂肪酸は,数種類の魚や木の実だけでなく,緑葉野菜にも含まれている.人間の体には,体の多くの部位が正常[適切]に機能するために,オメガ3脂肪酸が必要である.たとえば,これらの脂肪は,心臓が規則正しく鼓動し続けるのに役だつという証拠がある.医療研究者は,西洋の食事ではオメガ3脂肪酸の値が低いことと心臓病の発症率が高いこととの関連性をまだ証明していない.しかし,なんらかのつながりがあるという証拠が強まりつつある.

6 ここでのより大きな問題は,現代の食事[食生活]が多様性に欠けていることである.古代の祖先は自然(界)の植物を採取して数百種類もの異なる栄養源から栄養を摂取しており,それぞれには独自の栄養価があった〔←それぞれが独自の栄養価を有していた〕.きっと私たちが今食べていない〔←食べそこなっている〕植物の中には,まだ発見されていない,必要な微量栄養素があるはずだ.しかしながら,私たちは現在60億以上の人口を養わなければいけないので,経済的な必要に迫られて,最も効率的に日光をカロリーに転換するような植物しか育てないのである.

7 日本人は食事の中で大量の魚を摂取しているので,上記で述べられた問題の1つは多少免れて〔←問題の1つからは多少守られて〕いるが,安心しすぎてはいけない.私たちは人間として,栄養について理解を深める必要が依然としてあるのだ.産業的農業は人類に大きな経済的恩恵[利益]をもたらしたが,実は私たちの健康を悪化させたのかもしれない.

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事