スポンサーリンク

問題

第5回

(解答番号[ 1 ]~[ 29 ]/100点 40分)

 

 

第1問 次の問い(A・B)に答えよ。 (配点 14)

 

A 次の問い(問1~3)において,下線部の発音がほかの三つと異なるものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

問1 [ 1 ]

① handkerchief  ② handsome  ③ hydrogen  ④ Wednesday

 

問2 [ 2 ]

① aloud  ② council  ③ double  ④ drought

 

問3 [ 3 ]

① urgent  ② eager  ③ digital  ④ region

 

 

B 次の問い(問1~4)において,第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つと異なるものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

問1 [ 4 ]

① concern  ② drama  ③ fatigue  ④ submit

 

問2 [ 5 ]

① accident  ② emphasize  ③ excellent  ④ successive

 

問3 [ 6 ]

① envelope  ② magician  ③ official  ④ Pacific

 

問4 [ 7 ]

① barometer  ② traditional  ③ machinery  ④ politician

 

 

 

第2問 次の問い(問1~3)において,それぞれ下の①~⑥の語句を並べかえて空所を補い,最も適当な文を完成させよ。解答は[ 8 ]~[ 13 ]に入れるものの番号のみを答えよ。 (配点 12)

 

問1  Yuri:  Aren’t you going to go out today?

Andy:  Well, I can’t [   ] [ 8 ] [   ] [   ] [ 9 ] [   ] out or not.  It’s so cloudy and cold today.

 

① up      ② my    ③ to go

④ whether   ⑤ make   ⑥ mind

 

問2   John:  I have trouble getting up in the morning.

Nobuo:  Why [   ] [ 10 ] [   ] [   ] [ 11 ] [   ]?  I heard exposure to light in the morning is good for waking up.

 

① don’t       ② open   ③ sleep

④ the curtains   ⑤ with   ⑥ you

 

問3   Lin:  It’s incredible that the team beat that strong opponent!  How happy they must be!

Mike:  Yes, they were [    ] [ 12 ] [    ] [    ] [ 13 ] [    ] had not expected to win the game.

 

① the    ② they     ③ delighted

④ more   ⑤ because   ⑥ all

 

 

 

第3問 次の会話は,「カルチャーショック」をテーマとして,日本のある大学において行われた公開講座でのやりとりの一部である。[ 14 ]~[ 16 ]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。 (配点 18)

 

Moderator:  The title of today’s discussion is “Culture Shock ― what it is, and how people should handle it.”  Our guest speakers are Karen Miyake, a professor from Yamakawa College, and Cody Bryant, an associate professor from Lakers University.  Karen, you have been researching the problem of “culture shock.”  This sounds very dramatic.  What exactly is “culture shock”?

Karen:  Culture shock is the stress we feel when we go to another country and no longer have the familiar background of signs and actions that we are used to.  Suddenly we feel like “fish out of water” because the cultural waters we are accustomed to swimming in, our social cues, are gone and we don’t know what to do.  The Canadian anthropologist who created the first model of culture shock described five stages you can expect to experience.  First there is the Honeymoon Stage, when you feel everything is exciting and interesting.  Next comes the Rejection or Distress Stage, when you begin to feel confused and isolated and realize your family is far away.  In the third stage, the Re-integration Stage, you are angry and complain about the new culture you are in.  You compare it unfavorably with your own culture that you idealize.  This may sound bad, but it’s a good thing because it means you’re recognizing what values are important to you and beginning to adjust.  In the Recovery Stage that comes next you start to understand and accept the new culture and you begin to feel confident in your daily life.  Finally, you reach the Independence Stage where you begin to enjoy yourself and you are comfortable with what is different and what is similar in both cultures.

Moderator:  So, Karen, I guess you’re saying that [ 14 ].

 

① culture shock is a problem of learning foreign languages

② culture shock is broken into five stages of happiness

③ culture shock is like swimming in cultural waters

④ culture shock is made up of several positive and negative stages

 

Karen:  That’s right.  You can cope with a feeling of insecurity in a foreign country if you know these possible stages.  How you feel changes as you spend more time there.

Moderator:  Is there anything we can do about culture shock?  Please give us some suggestions about how to prepare before going abroad and also some tips on what to do when we realize we are experiencing culture shock.

Karen:  Certainly.  First of all, get information about the country before you go there.  Find out about any customs that are different from your own.  Check blogs written by expats, people who moved to that country from your own, and see what you can learn from their experiences.  Once you’re in the country and have started living there, be sure to get out and around and learn about your neighborhood.  Try joining a club or being a volunteer so you get to know people.  Also, don’t be too hard on yourself, but do your best to understand why you may be upset sometimes.

Moderator:  Your advice will be very helpful.  So the most important thing to do is to [ 15 ].

 

① learn about cultural differences in various ways

② start your own blog and make friends there

③ take a walk around your neighborhood to feel familiar with it

④ work hard on yourself until you are accustomed to your new life

 

Moderator:  How about you, Cody?  Do you have anything to add to Karen’s explanation?

Cody:  Sure.  Something else to think about is that when the time comes for you to return home, you need to be ready to experience what’s called “reverse culture shock.”  In the case of reverse culture shock your home country doesn’t seem the way you remember it and you find yourself missing your home abroad.  But always remember, living abroad and learning about another culture is a wonderful experience that will help you to appreciate others.  It’s an experience you don’t want to miss!

Moderator:  So, you’re saying that [ 16 ].

 

① reverse culture shock makes your home country seem the way you remember it

② you might feel comfortable in your home country because of reverse culture shock

③ you might feel you don’t belong in your home country after coming back to it

④ you need to miss your home abroad to avoid reverse culture shock

 

Cody:  Yes, that’s exactly right.

Moderator:  Thank you, Karen and Cody, for discussing culture shock for us.  Let’s take a quick break here before we interview some exchange students from Lakers University who are studying at Yamakawa College now.

 

 

 

第4問 次の文章はある説明文の一部である。この文章とグラフを読み,下の問い(問1~4)の[ 17 ]~[ 20 ]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。 (配点 20)

 

Charity is an important way of supporting organizations in their mission to help those who are in need.  While government funding can also help, many organizations, such as UNICEF rely on donations from individuals.  However, charity does not simply mean giving money.  Charitable activities can take various forms.  Understanding the kinds of charitable activities that are most common may encourage more charitable behavior in the future.

A study to investigate how much people participated in various charitable activities was conducted in the United Kingdom.  In the study, charitable behavior was categorized into several types.  Here we focus on the main five.

Donated money to charity refers to giving money for charitable purposes.  Given goods to charity is a kind of charitable giving in which goods rather than money is donated.  This includes goods such as food, clothing, medicines, furniture, office equipment, and building materials.  Sponsored someone for a charity means agreeing to give money to someone who is going to take part in a charity event such as a marathon.  Bought an ethical product refers to buying products which are not harmful to the environment or society.  This can be as simple as buying free-range eggs or as complex as boycotting goods produced by child labor.  Finally, Volunteered for a charity means people who work for free.  For example, a volunteer may spend their time organizing charitable events without any financial reward for themselves.

The study examined the percentage of people who engaged in these kinds of charitable activities over two time periods.  Figure 1 shows the types of charity-related activities done in the last twelve months and in the last four weeks.  12,000 people (1,000 interviews each month) were asked about their charitable giving and social actions in the last year.  Those who had done such an activity were then asked if they had participated in the same activity in the last four weeks.

Donated money to charity was clearly the most common type of charitable behavior both in the last year and in the last four weeks.  This was followed by Given goods to charity.  Less than 10% of people surveyed engaged in the activities of Sponsored someone for a charity, Bought an ethical product, and Volunteered for a charity in the last four weeks.  However, when the same activities were analyzed for the duration of a year, Sponsored someone for a charity was by far the most common type of charitable behavior.  The percentage of people who volunteered for a charity over the last twelve months was less than half the percentage of those who sponsored someone for a charity.

 

[グラフ]

Figure 1 Which, if any, of the following have you done in the last year / four weeks?

 

The results of this study show which kind of charitable behavior people seem to prefer.  With 62% of people choosing to donate money in the last year, it is clearly the preferred method of contributing to charity.  However, the reasons for these preferences are yet to be examined.  Does a person’s age and gender impact their charitable behavior?  Are older people more likely to give to charity than younger people?  Understanding the connection between such issues is an area of research we must investigate further.

(CAF UK Giving survey 2015 を参考に作成)

 

問1 According to the passage, what is the difference between Volunteered for a charity and Sponsored someone for a charity?  [ 17 ]

 

① Unlike Sponsored someone for a charity, Volunteered for a charity does not include giving money.

② Unlike Sponsored someone for a charity, Volunteered for a charity involves taking part in sports events.

③ Unlike Volunteered for a charity, Sponsored someone for a charity means giving goods that have a positive impact on society.

④ Unlike Volunteered for a charity, Sponsored someone for a charity does not require taking part in a charitable activity.

 

問2 In Figure 1, which of the following do (A), (B), (C), and (D) refer to?  [ 18 ]

 

① (A) Bought an ethical product                  (B) Given goods to charity

(C) Sponsored someone for a charity       (D) Volunteered for a charity

② (A) Given goods to charity                        (B) Bought an ethical product

(C) Sponsored someone for a charity       (D) Volunteered for a charity

③ (A) Bought an ethical product                  (B) Sponsored someone for a charity

(C) Volunteered for a charity                   (D) Given goods to charity

④ (A) Given goods to charity                        (B) Sponsored someone for a charity

(C) Bought an ethical product                  (D) Volunteered for a charity

 

問3 The main purpose of this passage is to [ 19 ].

 

① describe the benefits of doing charity work

② discuss ways to encourage people to do charity work

③ examine what kinds of charitable activities people do

④ explain why people do certain types of charity activities

 

問4 What topic is most likely to follow the last paragraph?  [ 20 ]

 

① How the government can help charity organizations be more successful

② Problems that face us when we do charity work

③ The benefits of donating money to people who have lost their job

④ The relationship between a person’s age and gender, and types of charitable activity

 

 

 

第5問 次の文章を読み,下の問い(A・B)に答えよ。なお,文章の左にある(1)~(6)はパラグラフ(段落)の番号を表している。 (配点 36)

 

(1)  Whenever they have something to sell, companies try to expose consumers to those products as effectively as possible by using media such as TV, magazines or the Internet.  These devices are so strong that hardly anyone can escape from their influences.  Through various media, advertisements are shown and are recognized by the masses.  As a matter of fact, some people get interested in products just because they are shown in a cool way.  Not all advertisements, however, attract attention.  When a would-be buyer is looking at various advertisements, only the chosen few will be picked out and recognized, and may lead to sales of the products advertised.

 

(2)  A beautifully designed brightly colored ad may be effective, but much more appealing are advertisements with radical images.  They cause their viewers to talk about them, whether good things or bad things are said.  The matter of primary importance here is to attract viewers’ attention.  “The end justifies the means,” as people sometimes say, and advertisers do not mind being controversial by showing viewers something pretty shocking instead of a beautiful female model smiling at them.

 

(3)  This technique often combines a product to be sold and something unrelated in a distinctive advertisement.  One famous fashion corporation once used a picture of a *death row convict during a world campaign.  This sight is not something that we see every day, so it naturally aroused mixed emotions.  We can’t help but pity him, but at the same time, we feel that he deserves his punishment.  These opposing emotions keep our eyes on the picture.  Here across the black and white picture, the company logo jumped out at us.

 

(4)  When a company advertises a new product, they often don’t explain what it is like.  They just show a scene of celebrities with the product instead of its features, or functions.  A British cell phone company made the best use of this technique.  In their advertisement a good-looking model in a nice business suit standing next to an expensive sports car is making a call with a big smile on her face.  This implies that her cell phone, their product, is part of a good life or that the cell phone is the source of her wealth.  There’s no logical connection between her wealth and her cell phone, but the important thing is that if it looks like there is, then that’s what counts.  The task of the ad is completed, though this ad includes no information concerning the actual costs a customer is to pay.  Nor any features of the cell phone.  A would-be user has already been captured by the favorable image he or she has just seen, so the questions to be asked about the actual product are literally blown away or simply left untouched.

 

(5)  Some terms work like magic words in advertisements.  One of them is the word “free” as in “free attachments” or “free home delivery.”  Even though the cost is partially or totally included in the price, the advertisers can perform a little magic by saying “free.”  Also, when you are shopping online, you may often see similar phrases such as “limited time offer,” “this offer is not available in shops,” or “only on the web.”  These words carry a message to buyers that “it’s stupid to miss this offer,” so they take action and buy the product at once.

 

(6)  Advertisers are taking advantage of various media to persuade or urge us to do what they desire, whether we are aware of it or not.  It costs them a huge sum of money, but it works effectively.

 

*death row convict 死刑囚

 

A 次の問い(問1~5)の[ 21 ]~[ 25 ]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

問1 Paragraph (1) states that [ 21 ].

 

① companies use the media to sell their products effectively

② people usually know all products advertised through the media

③ consumers unconsciously buy only the products advertised

④ most advertisements lead to the purchase of their products by consumers

 

問2 The saying “The end justifies the means” in paragraph (2) is closest in meaning to [ 22 ].

 

① Even bad methods are acceptable if the results they produce are good

② Even good methods are not acceptable if they prove to be ineffective

③ Good methods do not always produce a positive effect

④ Only good measures bring about positive results

 

問3 In paragraph (4), which of the following is NOT mentioned as a feature of the advertisement of a British cell phone company?  [ 23 ]

 

① To make people believe that the product is part of a good life.

② To lack an explanation of the relation between the product and the model’s wealth.

③ To offer little information about how much it costs to get the product.

④ To show what kind of functions the product is equipped with.

 

問4 Paragraph (5) discusses [ 24 ].

 

① a message saying that big discounts are offered through online stores

② the terms used to inform people of the product’s price including delivery cost

③ words which impress on people the idea that the product is a special offer

④ the phrases that scare people into buying the product soon

 

問5 What would be the best title for this passage?  [ 25 ]

 

① Effective Advertisements

② Magic Words in Advertisements

③ The Advantage of Advertisements

④ How to Become a Good Consumer

 

 

B 次の表は,本文のパラグラフ(段落)ごとの内容をまとめたものである。[ 26 ]~[ 29 ]に入れるのに最も適当なものを,下の①~④のうちから一つずつ選び,表を完成させよ。ただし,同じものを繰り返し選んではいけない。

 

 

Paragraph Content
(1) [ 26 ]
(2) [ 27 ]
(3) [ 28 ]
(4) [ 29 ]
(5) Words to attract consumers
(6) Conclusion

 

① Only showing an image in an ad

② Capturing of viewers’ attention

③ The combination of different factors

④ The power of advertising

 

 

スポンサーリンク

解答

第1問A

問1  [ 1 ]  正解③

① handkerchief [   ] 「ハンカチ」

② handsome [   ] 「ハンサムな」

hydrogen [   ] 「水素」

④ Wednesday [   ] 「水曜日」

→  発音しない子音字の問題。dは③のように[ ]と発音するが,①②④のように発音しない場合がある。

 

問2  [ 2 ]  正解③

① aloud [   ] 「声を出して」

② council [   ] 「(公の)会議,評議会」

double [   ] 2倍の,二重の」

④ drought [   ] 「干ばつ」

 ouには[  ][  ](e.g. shoulder [   ])などさまざまな発音がある。③のように[  ]と発音する語はよく出題されるので覚えておこう(e.g. enough [   ],couple [   ])。

 

問3  [ 3 ]  正解②

① urgent [   ] 「緊急の」

eager [   ] 「熱望している」

③ digital [   ] 「デジタルの」

④ region [   ] 「地域」

→  gが[  ]か[ ]かを問う問題。gの音はふつうe,i,yの前では[  ]と発音されるが,②のように[  ]と発音するものもある。

 

第1問B

問1  [ 4 ]  正解②

① concern [   ] 「~に関係する」

drama [   ] 「劇」

③ fatigue [   ] 「疲労,疲れ」

submit [   ] 「~を提出する」

→  ② dramaのみが第1音節にアクセントがある(他は第2音節)。カタカナ語のアクセントとは異なるので注意しよう。

 

問2  [ 5 ]  正解④

① accident [   ] 「事故,偶然」

② emphasize [   ] 「~を強調する」

③ excellent [   ] 「非常に優れた」

successive [   ] 「連続する」

→  ④ successiveのみ第2音節にアクセントがある(他は第1音節)。「-siveで終わる語はその直前の音節にアクセントがある」という原則にあてはまる。

 

問3  [ 6 ]  正解①

envelope [   ] 「封筒」

② magician [   ] 「手品師,魔法使い」

③ official [   ] 「公式の,公務員」

④ Pacific [   ] 「太平洋の」

→  ① envelopeのみ第1音節にアクセントがある(他は第2音節)。②は「-ianの直前の音節にアクセントがある」,③は「-ialの直前の音節にアクセントがある」,④は「-icの直前の音節にアクセントがある」の原則をそれぞれ適用しよう。

 

問4  [ 7 ]  正解④

① barometer [   ] 「気圧計,指標」

② traditional [   ] 「伝統的な」

③ machinery [   ] 「機械装置」

politician [   ] 「政治家」

→  ④のみが第3音節にアクセントがある(他は第2音節)。①はカタカナ語では「バロメーター」と言われるが,英語では第2音節にアクセントがあり,かなり異なる発音となる。②ではtradition [   ](伝統),④ではpolitics [   ] (政治)などの関連語にも注意。

 

 

第2問

問1  [ 8 ]・[ 9 ]  正解①・④

⑤--②-⑥--③ (Well, I can’t make up my mind whether to go out or not.)

Y:今日は出かけないの?

A:うーん,外出すべきかどうか決心がつかないんだ。今日はとても曇っていて寒いから。

→  まず熟語make up my mind (決心をする)を決定してみよう(⑤-①-②-⑥)。残った③④をどこに置くかであるが,これはwhether to do or not (~すべきかどうか)という若干高度な語法が要求されている。空所の末尾に置くと,この形が完成される。この語法を知らない場合も,make up my mindの途中にwhetherを置くことは考えにくい点,先頭に置くと×I can’t whether ~となり不可である点,〈疑問詞+to do〉からwhether to doが類推できる点などから判断してみよう。

 

問2  [ 10 ]・[ 11 ]  正解⑥・④

①--③-⑤--② (Why don’t you sleep with the curtains open?)

J:朝起きるのに苦労するんだ。

N:カーテンを開けたまま寝てみたら?朝,日光を浴びると,目覚めにいいと聞いたことがあるよ。

 openは動詞か形容詞かを考える。sleepも動詞と名詞があるので要注意。

Why don’t you ~?「~したらどうですか?」with+O+C「OをCしたままで」

[ 例 ] Don’t speak with your mouth full.「口の中をいっぱいにしたまま話してはいけません。」

 

問3  [ 12 ]・[ 13 ]  正解①・⑤

⑥--④-③--② (Yes, they were all the more delighted because they had not expected to win the game.)

L:チームがあの強敵を倒したなんて信じられない!彼らはどんなに喜んでいることかしら!

M:うん,彼らは試合に勝つとは思っていなかったので,より一層喜んでいたよ。

→  〈all the more ... because ~〉「~であるからより一層[かえって]…」の表現が問題を解くかぎとなっている。moreの後には形容詞delightedを置き,前半部分は⑥-①-④-③とする。because以下の節は〈S+V〉と並べればよいので⑤-②とし,残りの部分に続ける。

 

 

第3問

司会者:今日の議題は「カルチャーショック,それがどういうもので,どのようにそれに対処すべきか」です。招待講演者は山川大学教授カレン・ミヤケ氏とレイカーズ大学准教授のコーディ・ブライアント氏です。カレンさん,あなたは「カルチャーショック」の問題をずっと研究なさっていますね。この言葉はとても印象的に聞こえます。正確には「カルチャーショック」とはどのようなものなのでしょう?

カレン:カルチャーショックは私たちが他国に行き,自分たちが慣れている仕草や動作という,なじみのある背景がもはやなくなってしまったときに感じるストレスのことです。突然「水から出た魚」のような気がするのは,自分たちが泳ぐのに慣れている文化的水域,つまり社交上の合図が消えてしまって,どうしていいかわからなくなるからです。カルチャーショックについて最初のモデルを生み出した,カナダの人類学者は,人が経験すると思しき5つの段階を説明しています。第1は「ハネムーン期」で,このときはすべてが刺激的で興味深く感じるのです。次に来るのが「拒絶あるいは苦痛の時期」で,このときには混乱と孤独を感じ,かつ家族から離れていることを実感し始めます。第3段階は「再統合期」で,自分のいる新しい文化に対して腹を立てたり,不平を言います。自分が理想化する自身の文化と比較してそれを否定的に捉えるのです。これはよくないことのように思えるかもしれませんが,(それはすなわち)どんな価値観が自分にとって大切であるかに気づき,適応し始めているということですから,いいことなのです。次に来る「回復期」では新しい文化を理解し,受け入れ,日常生活に自信を感じ始めるのです。最終的に,楽しく,両方の文化の差と共通点を心地よく感じ始める「独立期」へと到達します。

司会者:それではカレンさん,あなたのおっしゃっているのは[ 14 ]④カルチャーショックはいくつかのプラスとマイナスの段階で成り立っているということですね。

カレン:その通りです。もしこういった起こり得る段階がわかっていれば,外国での不安感に対処できます。感じ方はその地で過ごす時間が増えるにつれて変化していくのです。

司会者:カルチャーショックに関して,何かできることはありますか?渡航前の準備の仕方についてのアドバイスと,カルチャーショックを経験していると自覚したときどうすべきかということについての秘けつをお願いいたします。

カレン:わかりました。まず第1に現地に行く前にその国の情報を得ること。母国とは異なる慣習について調べること。母国からその国へ移り住んだ在住者の人たちが書いたブログをチェックして,彼らの経験から何が学べるか確かめること。いったんその国に行って住み始めたら,必ず出かけて歩き回って近所のことを知ること。クラブに参加したり,ボランティアをしたりして,人々と知り合いになること。また,頑張りすぎるのはよくありませんが,なぜ自分がときどき困惑することがあるのか理解すべく最善を尽くすことです。

司会者:あなたのアドバイスはとても役に立ちそうですね。つまり実行すべき一番大切なことは[ 15 ]①さまざまな方法で文化の違いを学ぶということですね。

司会者:あなたはいかがですか,コーディーさん?カレンさんの説明に付け加えていただくことはありますか?

コーディー:はい。他に考えるべきことは,母国に戻る時がやって来たとき,いわゆる「逆カルチャーショック」を経験するのを覚悟する必要があるということです。逆カルチャーショックの場合,母国が記憶とは違っているように思えて,気づいたら外国にある母国が恋しくなっています。でも常に覚えておいてほしいのは,海外に暮らし,他の文化を学ぶことは,他のよさを認めるのに役立つすばらしい体験だということです。それは逃したくない経験です。

司会者:それでは,あなたがおっしゃっているのは[ 16 ]③帰国後,自国で自分の居場所がないと感じるかもしれないということですね。

コーディー:ええ,その通りです。

司会者:カレンさん,コーディーさん,カルチャーショックについてお話しいただきありがとうございます。現在,山川大学で学んでいるレイカーズ大学からの交換留学生数名のインタビューに移る前に,少し休憩しましょう。

 

[ 14 ]  正解④

① カルチャーショックは外国語学習に関する問題である

② カルチャーショックは5段階の幸福期に分かれる

③ カルチャーショックは文化の水域の中を泳ぐようなものだ

→  ll. 7~12より,カルチャーショックとは,外国において,自分が慣れている文化的背景がないことによって起こるストレスであり,その様子が「水から出た魚」に例えられている。よって,①③は誤り。またカルチャーショックの5段階にはプラス,マイナス両面あるので④が正解であると同時に②は誤りである。

 

[ 15 ]  正解①

② ブログを始めてその国の友だちを作る

③ 近所のことをよく知るために近所を散歩する

④ 新生活に慣れるまで大変な思いをして頑張る

→  カレンさんはカルチャーショックの対処法についていくつかの提案をしているので①が正解。その提案の中のいずれか1つを「最も大切」と述べているわけではないので③は誤り。②は述べられていない。④はl. 47に反するので誤り。

 

[ 16 ]  正解③

① 逆カルチャーショックによって母国が記憶している通りであると思える

② 逆カルチャーショックによって母国にいて心地よさを感じるかもしれない

④ 逆カルチャーショックを避けるために海外での生活を恋しく思う必要がある

→  ll. 57~61より逆カルチャーショックとは帰国後,母国が記憶に残っている様子とは違っていて,自分の国が自分の国でなくなってしまったように感じること。よって,③が正解である。①は正反対のことを述べているので誤り。逆カルチャーショックによって,帰国後,自国が記憶と違うと感じ,海外の生活を恋しく思うとあり,「心地よいもの」とは書かれていない。よって,②は誤り。④のように逆カルチャーショックを避ける方法については述べられていない。

 

NOTES

  1. 2 handle ~を解決する,処理する
  2. 2 guest speaker 招待講演者
  3. 4 associate professor 准教授
  4. 8 no longer もはや~ない
  5. 8 sign 仕草
  6. 12 anthropologist 人類学者
  7. 15~17 Next comes the Rejection or Distress Stage, when ~. 倒置構文。主語はthe Rejection ~文末まで。when以下はStageを修飾する関係副詞節。distress 苦痛
  8. 16 isolated 孤立した
  9. 17 re-integration 「再統合」 接頭辞re-「再び」がintegration「統合,統一」に付いている。
  10. 19 unfavorably 不利に,否定的に
  11. 21 values 価値観 c.f. value [U] 価値
  12. 33 cope with ~に対処する
  13. 33 insecurity 不安感
  14. 38 tip 秘けつ
  15. 42 expat 国外居住者,移住者
  16. 47 be hard on ~につらくあたる
  17. 61 find oneself doing 気がついたら~している

 

 

第4問

慈善活動は,困っている人を助けるという使命に従事する組織を支援する重要な方法だ。政府の資金も助けにはなるが,ユニセフのような多くの団体は個人からの寄付に頼っている。しかしながら,慈善活動は単にお金を与えることだけを意味するのではない。慈善活動はさまざまな形をとりうる。最も一般的な慈善活動の種類を理解することが,この先のより多くの慈善行動を後押しするかもしれない。

人々がさまざまな慈善活動にどれくらい参加したかを調べる研究が英国で実施された。研究では,慈善行動はいくつかのタイプに分類された。ここでは,主要な5項目に焦点を当てる。『慈善事業に募金をした』は,慈善目的で募金することを指す。『慈善事業へ物品を寄付した』は,お金ではなく物品が寄付される,慈善を目的とした寄付の一種である。これには,食糧,衣類,薬,家具,オフィス用品,建材などの物品が含まれる。『慈善団体のために人に資金を提供した』は,マラソンなどのチャリティーイベントに参加する人への募金に応じることを意味する。『倫理的製品を購入した』は環境や社会に害を与えない製品の購入を指す。これには,放し飼いの鶏が産んだ卵の購入といった簡単なものもあれば,児童労働によって作られた製品を買わないといった複雑なものであることもある。最後に,『慈善団体でボランティア活動をした』は,無償で働く人々を意味する。例えば,あるボランティアは,自身には何の金銭的な見返りもなく,チャリティーイベントを企画するのに時間を費やすかもしれない。

研究では,こうした種類の慈善活動に参加した人の割合を,2つの期間で調査した。図表1は,過去12か月と過去4週間の間に行われた,慈善に関わる活動の種類を示している。過去1年に行った慈善的な寄付及び社会行動について,1万2,000人(毎月1,000人)に質問を行った。そのような活動をした人には,さらに過去4週間に同じ活動に参加したかどうかを質問した。

『慈善事業に募金をした』は過去1年と過去4週間の両方において,明らかに最もよく行われた種類の慈善行動だった。これに続いたのは,『慈善事業へ物品を寄付した』だ。過去4週間に『慈善団体のために人に資金を提供した』,『倫理的製品を購入した』,『慈善団体でボランティア活動をした』という3つの活動に参加したのは,調査対象者の10%未満だった。しかしながら,同じ活動を1年を通して分析すると,『慈善団体のために人に資金を提供した』が,ずばぬけて最もよく行われたタイプの慈善行動だった。過去12か月にわたり慈善団体でボランティア活動をした人々の割合は,慈善団体のために人に資金を提供した人の半分未満の割合だった。

この研究の結果は,人々がどの種類の慈善行動を好みそうであるかを示している。過去1年で62%の人々がお金の寄付を選んでおり,それが慈善活動に貢献するのに好まれる方法であることは明らかだ。しかしながら,こういった好みの原因は,まだ調査されていない。人々の年齢や性別が慈善行動に影響するのだろうか。年配者のほうが若者より慈善団体に寄付する傾向があるのだろうか。そのような問題の関連性を理解することは,我々がさらに調査しなくてはならない研究分野だ。

 

問1  [ 17 ]  正解①

「本文によると,『慈善団体でボランティア活動をした』と『慈善団体のために人に資金を提供した』の違いは何か。」

『慈善団体のために人に資金を提供した』とは異なり,『慈善団体でボランティア活動をした』はお金の寄付を含まない。

② 慈善団体のために人に資金を提供したとは異なり,『慈善団体でボランティア活動をした』はスポーツイベントへの参加を含む。

③ 『慈善団体でボランティア活動をした』とは異なり,『慈善団体のために人に資金を提供した』は社会によい影響を与える物品を寄付することを意味する。

④ 『慈善団体でボランティア活動をした』とは異なり,『慈善団体のために人に資金を提供した』では慈善活動への参加を必要としない。

→  ① ll. 13~15より『慈善団体のために人に資金を提供した』はチャリティーイベントに参加する人に募金すること,ll. 18~20より『慈善団体でボランティア活動をした』は無償の労働であることがわかる。これらの違いを言い表しているので,これが正解。○

ll. 14~15でマラソンのようなチャリティーイベントについて述べられているが,これは『慈善団体のために人に資金を提供した』に関連することで,『慈善団体でボランティア活 動をした』とは関係がない。×

③ 物品の寄付についてはll. 10~13で述べられているが,社会によい影響を与える物品ではなく,食糧や衣料などの日用品の寄付である。社会によい影響を与える物品は,ll. 15~17の『倫理的製品を購入した』に関連する。×

ll. 13~15で「募金に応じること」について述べられているので,慈善活動をしていると考えられる。よって,誤り。×

 

問2  [ 18 ]  正解④

「図表1で,(A),(B),(C),(D)が表すのは次のどれか。」

 (A)『慈善事業へ物品を寄付した』 (B)『慈善団体のために人に資金を提供した』 (C)『倫理的製品を購入した』 (D)『慈善団体でボランティア活動をした』

図表1は,『慈善活動に参加した人の割合』を種類別に,過去1年と過去4週間の2つの期間で示したものである。(A)ll. 28~30「『慈善事業へ物品を寄付した』は2つの期間で最も多い『慈善事業に募金をした』に続く」とある。(B)ll. 32~34過去1年では,『慈善団体のために人に資金を提供した』は,残った3つの活動の中でずば抜けてよく行われた活動とあるので,32%の(B)となる。(D)ll. 34~36 より,過去12か月(=1年)では『慈善団体でボランティア活動をした』は『慈善団体のために人に資金を提供した』(32%)の半分未満の割合であるとわかり,13%である(D)が合う。残った(C)が『倫理的製品の購入』となる。

 

問3  [ 19 ]  正解③

「この文章の主な目的は,[ 19 ]ことだ。」

① 慈善活動の利点を述べる

② 人々の慈善活動を後押しする方法について論じる

人々がどんなタイプの慈善活動を行うかを調査する

④ 人々がなぜ特定の種類の慈善活動を行うのか説明する

→  ① 利点は述べられていない。×

ll. 5~6に「最も一般的な慈善活動の種類を理解することが,この先,より多くの慈善行動を後押しするかもしれない」とはあるが,後押しする方法について論じることが主な目的ではない。×

③ 第1段落最終文で述べられている「最もよく行われている慈善活動の種類を理解すること」がこの文章の目的。第2段落以降では,これに関わる調査について,述べられている。○

ll. 39~40で「理由はまだ調査されていない」と述べられている。×

 

問4  [ 20 ]  正解④

「最終段落に続くのに最も適当な話題はどれか。」

① 政府がどのように,慈善団体がより成功するよう助けられるか

② 我々が慈善活動をするときに直面する問題

③ 職を失った人々にお金を寄付するメリット

人の年齢や性別と慈善活動の種類の関係

→  ① 政府の支援についても慈善団体の成功についても,最終段落では触れられていない。×

② 問題に関して述べられていない。×

③ 職を失った人々について,本文で言及はない。×

④ 最終文で「そのような問題(=人の年齢や性別と慈善行動)の関連性を理解することは,我々がさらに調査しなくてはならない研究分野だ」と述べられている。○

 

NOTES

  1. l. 1 organization 団体,組織
  2. l. 1 mission 目的,使命
  3. l. 2 in need 困っている
  4. l. 4 charitable activity 慈善活動
  5. ll. 7~8 A study to investigate how much ~ activities was conducted … . ~を調査するという研究が行われた〔主語はA study ~ activities,動詞はwas conducted。how much~ activitiesは間接疑問でinvestigateの目的語。〕
  6. l. 10 donate ~を寄付する〔グラフの項目では,have donatedのhaveが省略されている。〕
  7. l. 11 A rather than B BではなくてA
  8. l. 13 sponsor 人for (慈善活動に対して)人に資金協力をする
  9. l. 15 ethical product 倫理的製品〔人権や環境などに配慮した製品をいう。〕
  10. l. 17 boycott ~の不買運動をする
  11. l. 17 child labor 児童労働
  12. l. 21 engage in ~ ~に参加する
  13. l. 22 two time periods the last year[twelve months]「過去1年」とthe last four weeks「過去4週間」の2つの期間。
  14. ll. 29~30 This was followed by ~ これに続くのは~だ〔ThisはDonated money to charityを指す。〕
  15. l. 30 Less than 10% of people surveyed 調査された人々の10%未満〔surveyedが後ろからpeopleを修飾している。分詞が1語で名詞を修飾し,かつ一時的な状態を表す場合,分詞1語が名詞の後ろに置かれることがある。一方,分詞1語が名詞の前に置かれる場合は永続的な特徴を表すことが多い。〕
[ 例 ] a surveyed map「実測図」

  1. ll. 37~38 which kind of charitable behavior people seem to prefer 人々がどの種類の慈善行動を好んでいそうか〔間接疑問〕
  2. l. 40 be yet to be examined まだ調査されていない〔be [have] yet to do 「まだ~していない,これから~することになっている」〕
  3. 41 give to 「~に寄付する」自動詞。

 

 

第5問

(1) 何か売るものがあるとき,企業は必ずテレビや雑誌,インターネットのようなメディアを使って,それらの商品をできるだけ効果的に消費者に見せようとする。これらの手段は非常に強力なので,この影響からはほとんどだれも逃れられない。さまざまなメディアを通して,広告は大衆の目に触れ,認知される。実際,中にはかっこうよく見せられるというだけで商品に興味をもつ人もいる。しかしすべての広告が注目を集めるわけではない。購入する可能性のある人がさまざまな広告を見ているとき,少数の選ばれた広告だけが抽出,認識され,そして宣伝される商品の売り上げに結びつくかもしれないのだ。

(2) 美しくデザインされた明るい色の広告は効果的かもしれないが,さらに強く訴えかけるのは過激な画像の広告だ。そういった広告は,よいことを言われようと悪いことを言われようと,見る者の話題に上る。ここで最も重要なのは,見る者の注意を引くことだ。ときどき言われるように,「目的は手段を正当化する」。広告主は,ほほ笑みかける美しい女性モデルの代わりに,ひどく衝撃的なものを見せることで物議をかもすことなど気にも留めないのだ。

(3) 特殊な広告の中では,この手法により,売る商品と無関係の何かとがよく組み合わされる。ある有名な服飾関係の企業が,かつて世界キャンペーンの際に死刑囚の写真を使用した。この光景は私たちが日々目にするものではないので,複雑な感情を自然と私たちの中に沸き起こした。私たちは死刑囚につい同情してしまうが,同時にその死刑囚はその罰を受けるに値するのだとも感じる。これらの相反する感情が,私たちの目を写真にくぎづけにするのだ。ここで白黒の写真の上に,企業のロゴが私たちの目に飛び込んできた。

(4) 企業が新商品を宣伝するとき,それがどんなものなのかを説明しないことがよくある。特徴や機能の代わりに,その商品を持った有名人がいる場面を見せるだけなのである。あるイギリスの携帯電話会社は,この手法を最大限活用した。その広告では,かっこいいビジネススーツを着て高級なスポーツカーの隣に立つ美人モデルが,満面の笑みを浮かべながら電話をしている。これは彼女の携帯電話,つまり彼らの商品が豊かな暮らしの一部であることや,その携帯電話が彼女の富の源であることをにおわせている。彼女の富と携帯電話には何の論理的つながりもないのだが,重要なのは,つながりがあるように見えるなら,それは有効だということだ。広告の目的は果たされる。しかしこの広告には,顧客が支払うことになる実際の費用に関する情報はない。さらに,携帯電話の特徴も含まれていない。使用する可能性のある人は,すでに自分が見た魅力的な映像に囚われているので,実際の商品について尋ねるべき疑問は文字通り吹き飛ばされているか,あるいは単純に放置されているのだ。

(5) 広告の中で魔法のことばのように働く用語がある。ひとつは「付属品無料」とか「送料無料」の中の「無料」ということばだ。たとえ費用が部分的に,あるいは全部値段に含まれていても,広告主は「無料」と言うことによって,ちょっとした魔法をかける。また,インターネット上で買い物をしているとき,よく「期間限定」とか「このサービスは(実)店舗では利用できません」「ウェブ限定」といった似たようなことばを目にするかもしれない。これらのことばは購入者に,「このサービスを逃すのは愚かだ」というメッセージを伝えるので,購入者は行動を起こしてすぐにその商品を買う。

(6) 広告主はさまざまなメディアを利用して,私たちが気づいているかいないかにかかわらず,彼らが望むことをするよう説得したり,促したりしている。それには莫大な額の費用がかかるが,効果的に作用するのである。

 

A

問1  [ 21 ]  正解①

「段落(1)では,[ 21 ]ということが述べられている。」

企業は自社の商品を効果的に売るためにメディアを利用する

② 人々はふつうメディアを通して宣伝される商品のすべてを知っている

③ 消費者は無意識のうちに宣伝された商品だけを買う

④ ほとんどの広告は消費者による商品の購入につながる

→  ll. 1~3参照。企業がメディアを通して,効果的に商品を消費者に見せようとすることが書かれているので,正解は①。l. 7以降に,すべての広告が注目を集めるわけではないこと,さまざまな広告を見ても,少数の選ばれた広告だけが認識され,売り上げに結びつくかもしれないということが述べられているので,②③④のような強力な効果はない。

 

問2  [ 22 ]  正解①

「段落(2)の “The end justifies the means”という格言は[ 22 ]に最も意味が近い。」

悪い方法でさえ,それがもたらす結果がよければ容認される

② よい方法であっても,それが効果的でないとわかるならば容認されない

③ よい方法が必ずしも好ましい効果を生むとは限らない

④ よい手段だけが好ましい結果を生み出す

→  下線部の定訳は「目的は手段を正当化する」。下線部の直前に「最も重要なのは,見る者の注意を引くこと」,直後に「物議をかもすことなど気にも留めない」とあるところから判断できる。続く段落(3)でその事例を挙げている。

 

問3  [ 23 ]  正解④

「段落(4)において,次のうちイギリスの携帯電話会社の広告の特徴として述べられていないものはどれか。」

① その製品が豊かな暮らしの一部であると信じさせること。

② 製品とモデルの富の関係に関する説明を欠くこと。

③ その製品を入手するためにいくらかかるかについての情報をほとんど提供しないこと。

その製品がどんな種類の機能を搭載しているか見せること。

→  ①はll. 30~31,③はll. 34~35にそれぞれ記述がある。②はll. 30~31に「携帯電話が彼女の富の源であることをにおわせている」とあるが,実際には何の説明もしておらず,ll. 31~32には「論理的なつながりはない」とあるので,本文と一致する。l. 35に「携帯電話の特徴も含まれない」ことが書かれているので,④が本文と一致しない。

 

問4  [ 24 ]  正解③

「段落(5)では[ 24 ]を論じている。」

① インターネット上の店舗では大幅な割引がなされているというメッセージ

② 送料込みの値段を知らせるための用語

その商品が特別提供の品であるという考えを印象づけることば

④ 人を脅してすぐに商品を買わせる表現

→  「○○無料」や「○○限定」といったことばで,このサービスを逃すのは愚かだと感じさせ,商品を購入する気を起こさせることが書かれている。よって正解は③。①は近いが,インターネットの割引に限定している点が不適切である。

 

問5  [ 25 ]  正解①

「この文章の題名として,最も適切なものはどれか。」

効果的な広告

② 広告における魔法のことば

③ 広告の利点

④ 賢い消費者になる方法

→  ① デザインやことば遣いなど,いろいろな手法を使った効果的な広告について述べられている。○

② 段落(5)で触れられているが,効果的な広告の一例として挙がっているだけで,本文全体の主旨ではない。×

③ 広告の効果について述べられているが,利点に関しては述べられていない。×

④ 広告の影響で商品を買うことがあるとは書いてあるが,賢い消費者になる方法までは述べられていない。×

 

B

[ 26 ]・[ 27 ]・[ 28 ]・[ 29 ]

正解④・②・③・①

(1) 広告の力

(2) 見る者の注目を集めること

(3) 異なる要素の組み合わせ

(4) 画像を見せるだけの広告

(5) 消費者を引きつけるためのことば

(6) 結論

→  英語の論説文では,その段落の主題が冒頭で述べられるのが一般的であるので,各段落の最初の1~2文に注目すると内容がつかみやすい。段落(1)には,広告がメディアを通して人の目に触れ,購入する可能性のある人は,そのうち少数を認識し,購入へと結びつくかもしれないということが書かれている。これは広告のもつ力の説明と言えるので④が相当する。段落(2)では,過激な広告のほうがより見る者に訴えかけること,そして見る者の注目を集めることが広告主にとっていかに重要かということが説明されるので,②が相当する。続いて段落(3)は,冒頭に「この手法により,売る商品と無関係の何かとがよく組み合わされる」とあり,これを言い換えた③が相当する。段落(4)は冒頭の2文から,商品の詳細を説明せず,ただ商品を持っている場面を見せるだけの広告に関する話であることがわかる。よって①が相当する。

 

NOTES

  1. 3 device [   ] 装置,手段〔ここでは,テレビや雑誌,インターネットなどメディアのことを指している。〕
  2. 5 mass [   ] 大衆
  3. 7~8 would-be buyer 購入する可能性のある人〔would-beは「~になるつもりの,自称~」といった意味で用いられる。〕
  4. 9 pick out ~を選ぶ,抽出する
  5. 13 primary [   ] importance 最重要
  6. 15 controversial [   ] 物議をかもす,賛否両論の
  7. 18 distinctive [   ] 独特の
  8. 18 corporation [   ] 企業,法人
  9. 20 arouse [   ] ~を呼び起こす
  10. 22 deserve [   ] ~に値する
  11. 22 punishment [   ] 罰(すること)
  12. 31 logical [   ] 論理的な
  13. 33 count [   ] 重要である,価値がある
  14. 36 favorable [   ] 好ましい
  15. 41 partially [   ] 部分的に
  16. 45 take action 行動を起こす,取り掛かる

 

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事