スポンサーリンク

問題

第7回

(解答番号[ 1 ]~[ 29 ]/100点 40分)

 

 

第1問 次の問い(A・B)に答えよ。 (配点 14)

 

A 次の問い(問1~3)において,下線部の発音がほかの三つと異なるものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

問1 [ 1 ]

① approve  ② expose  ③ joke  ④ program

 

問2 [ 2 ]

① naughty  ② ought  ③ straight  ④ tough

 

問3 [ 3 ]

① exact  ② except  ③ exhaust  ④ existence

 

 

B 次の問い(問1~4)において,第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つと異なるものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

問1 [ 4 ]

① airport  ② event  ③ fortune  ④ union

 

問2 [ 5 ]

① constitute  ② appetite  ③ illusion  ④ pyramid

 

問3 [ 6 ]

① compromise  ② continent  ③ intimate  ④ percentage

 

問4 [ 7 ]

① escalator  ② habitual  ③ supervisor  ④ voluntary

 

 

 

第2問 次の問い(問1~3)において,それぞれ下の①~⑥の語句を並べかえて空所を補い,最も適当な文を完成させよ。解答は[ 8 ]~[ 13 ]に入れるものの番号のみを答えよ。 (配点 12)

 

問1  Tim:  I’m wondering whether I should take a gap year after graduation.  I want to learn more about the system.

Jane:  I know [   ] [ 8 ] [   ] [   ] [ 9 ] [   ] the matter.

 

① advise    ② could   ③ on

④ someone   ⑤ you    ⑥ who

 

問2 Tony:  I [   ] [ 10 ] [   ] [   ] [ 11 ] [   ] come back here.

Rick:  Alright, but are you sure he’s coming back?

 

① for     ② him   ③ to

④ to wait   ⑤ you   ⑥ want

 

問3 Maya:  Are there any interesting articles?

Koji:  Yes, an article tells about an ancient Buddhist temple that [   ] [ 12 ] [   ] [   ] [ 13 ] [   ] every twelve years.

 

① only   ② to    ③ is open

④ the    ⑤ once   ⑥ public

 

 

 

第3問 次の会話は,「園児のためのカリキュラム」をテーマとして,ある幼稚園で行われた先生による話し合いでのやりとりの一部である。[ 14 ]~[ 16 ]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。 (配点 18)

 

Chris:  The principal has asked us to discuss improvements for our pre-school program next year.  Mary, would you like to start?

Mary:  These days our students are rather isolated at home.  They may not have a brother or sister and may spend a lot of time alone with games or in front of a TV screen.  This may be convenient when a family lives in a small space and parents are busy with other things.  However, we need to think of ways to get them moving, to challenge their imagination, and to get them to interact with other children.  One way to do this would be to expand our play area and rethink what we want to have there.

Chris:  So you are saying that [ 14 ].

 

① children are good at using games when playing with others

② interacting with children is a challenge for parents these days

③ we should provide more space and objects to challenge children’s imagination

④ we need to ask parents to watch TV with their children

 

Erica:  I think we need to increase our play area and also to think about what we have there for children to play with.  To encourage children to use their imagination we should have more simple things like blocks, boxes, bowls, balls or pieces of cloth of different sizes and textures.  We might suggest topics or themes for play, such as pirates, outer space, the jungle, but we should encourage children to make up their own stories and situations.  A piece of cloth can easily become a cape, for example, or a box a hat.  Blocks can be used to build a hospital, a castle, or a space ship.  I think we should consider these changes for both our inside and outside play areas.

Tom:  I agree.  Psychologists say that taking different roles helps children to go through different experiences they are interested in.  Acting out something they have experienced that might be scary, such as a visit to the doctor, will help them to become more confident.  Playing various roles together helps children to cooperate with each other and to understand other people’s feelings.  That gives them confidence, too.

Mary:  That’s right.  This will be a good way to help children use their imaginations.

Chris:  You believe then that [ 15 ].

 

① boxes and bowls can become interesting costumes for children with imagination

② children become healthy by playing different roles

③ confidence comes from having different experiences and from sharing these with other children

④ psychologists say that challenging children through play is an important role for parents

 

Carrie:  I think we also need to add more musical training in our program.  Children can learn about rhythm and tempo, which are important in developing language skills.  They should not only listen to music, but also make music themselves.  Experiencing music through listening to it or singing together allows them to feel many different emotions.  Some children may express these emotions through movement.  That cloth you mentioned could be a costume for a dancer.  In the play area we should include objects that can be used as musical instruments, too.  A box hit with a spoon or a stick can be a drum, balls shaken in a bottle or box can be another kind of instrument.

Chris:  It sounds like changing the focus of our play area should be one of our goals for improving our pre-school program.  I think we agree that we should use our resources to encourage children’s imagination and their interactions with each other.  We need to [ 16 ].

 

① have children create their own instruments by copying examples

② get everyone to bring boxes and cloth from home

③ include simple objects that can be used in many ways in our play area

④ make sure that family members take part in our program activities

 

 

 

第4問 次の文章はある説明文の一部である。この文章とグラフを読み,下の問い(問1~4)の[ 17 ]~[ 20 ]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。 (配点 20)

 

These days, there are many terms related to food which have never been heard before.  For example, “fair trade” and “slow food” weren’t heard until recently.  The chart below shows the level of consumers’ interest in each food topic.

It should be noted that terms related to food safety like “local production for local consumption,” “traceability,” and “dietary education” are listed in the top four.  “Local production for local consumption,” which attracts the interest of more than 70% of the respondents, means consuming agricultural and marine products in the area where they are produced.  You may have seen farm self-service stands at the side of the road, or farmer’s markets at michi-no-eki (roadside rest areas).  They are typical examples of “local production for local consumption.”  These days, some major supermarkets create a space for vegetables, rice, and fruits which are produced in the prefecture.  “Traceability” suggests that a product’s movement can be accurately tracked, recorded and managed.  For example, all cows produced in Japan are given identification numbers.  They are found on the label of packaged beef, and allow you to trace a cow’s date of birth and the farm where it was raised.  You can trace the record of the beef you bought easily via the Internet.  Both terms are concerned with revealing the process of food production, so we may say that consumers want to know when and where and by whom their food is made and processed.  This may be because genetically modified foods have been introduced, and because of the influence of some incidents of mislabeling of the region of origin or ingredients in foods.

“Dietary education” follows “traceability” with 65.7%.  Its purpose is to lead people to have healthy diets, but a lot of consumers are interested in it not only because they want to prepare their children for the future, but partly because they themselves hope to gain enough knowledge to determine if food is safe.

Words about health and environmental problems also attract interest.  “*Metabolic syndrome” takes the second highest place.  “*Specialized health food,” which is often seen at stores these days, gained the attention of more than 60% of the respondents.  Among environmental terms, “food miles” is in the highest place.  This means the distance food is transported from its production site to its consumption site.  The fewer the food miles are, the smaller the environmental burden of transportation becomes.

 

* metabolic syndrome  メタボリック症候群

specialized health food  特定保健用食品

 

Level of consumers’ interest in each term about food topic

[グラフ]

 

 

問1 According to the passage, what appears to be true of recent consumers?  [ 17 ]

 

① They seem to be safety-oriented because they want to know where their food comes from.

② They hope to learn about a healthy diet because they want to have nice figures through well-balanced meals.

③ They want their children to give lectures on beneficial foods for health.

④ They have started thinking of producing what they eat by themselves to reduce food miles.

 

問2 Which of the letters represents “food miles”?  [ 18 ]

 

① A   ② B   ③ C   ④ D

 

問3 Which of the following statements is true?  [ 19 ]

 

① Many people are interested in terms about health, but more than 40% of people are indifferent to “specialized health food.”

② It’s better not to transport food over long distances to reduce the environmental effect from the point of view of “food miles.”

③ According to the concept of “local production for local consumption,” food should be produced only by the people living in a particular area.

④ The traceability system allows people to know who consumes the food.

 

問4 The main purpose of this passage is to [ 20 ].

 

① inform us of food-related issues and people’s interest in them

② save the environment by attracting people’s interest and concern

③ describe how the process of food production is managed

④ list kinds of foods which help people keep their good health

 

 

 

第5問 次の文章を読み,下の問い(A・B)に答えよ。なお,文章の左にある(1)~(6)はパラグラフ(段落)の番号を表している。 (配点 36)

 

(1)  In the modern world, it is very difficult to live without coming into contact with money.  When we are hungry, we go to a supermarket.  When we want to watch a movie, we go to a movie theater.  Even when we just want to visit a friend, we often have to jump on a bus or train.  All these everyday activities involve buying something or other.  In fact, we have become so accustomed to thinking of money as only a means of purchasing things, we don’t even notice its role as a form of cultural expression.

 

(2)  These days, money takes two forms: coins and banknotes.  Coins were the first to be used approximately 2,500 years ago.  Although metal was heavy and difficult to carry around, it was strong and lasted a long time.  However, in China around the 10th century there was a severe shortage of metal, especially copper.  The Chinese, therefore, were unable to produce enough coins to sustain their economy.  Because of this, they began to use paper money as a substitute.  Paper is a very weak material and not as durable as metal.  However, it was lighter and made doing business between people easier.  This paper money developed into the banknotes we know and use today.

 

(3)  Today, most countries have their own style of banknotes, with different colors, sizes and designs.  The majority of countries decorate their banknotes with faces of people who they believe represent their culture.  For example, in the United Kingdom, Shakespeare, Darwin, Dickens and Newton have appeared on banknotes.  Currently in Japan, Fukuzawa Yukichi, Higuchi Ichiyo and Noguchi Hideyo are on the 10,000, 5,000 and 1,000 yen banknotes respectively.  Like England, it seems Japan is proud of its literary tradition, and has high respect for its scientists and doctors.  Indeed, banknotes have become cultural objects, playing an important role in national identity.

 

(4)  The important role banknotes play in symbolizing a nation’s cultural uniqueness was highlighted in 1999 when eleven of the fifteen European Union member countries began the process of changing from their own national currencies to the ‘single currency’ of the Euro.  This, however, gave rise to the problem of whose face to put on the Euro banknotes.  Europe has a complex history, so it was difficult to search for a popular figure all countries could agree on ― a hero for one country, may be a bad person for another.  For example, the French may be happy to have the figure of Napoleon on the Euro, but the Germans would surely disagree.

 

(5)  In the end, the European Union came up with a solution.  It was decided that the Euro banknotes should feature a building rather than a person.  However, this would also cause disagreement.  Should they use France’s Eiffel Tower, Spain’s Sagrada Familia, or Greece’s Parthenon?  Finally, a compromise was reached.  Instead of using images of actual buildings, they would use imaginary buildings which represented a historical architectural style such as gothic or renaissance.  Since these styles did not come from a single European country, they would symbolize the whole of Europe’s artistic heritage.

 

(6)  Money has been a vital part of human life since ancient times.  For many people, it has been a source of great happiness, for example, receiving cash for a birthday, or perhaps even winning the lottery.  In addition, money is seen by society as a sign of our success and so gives us something to work for.  However, as we have discussed, money can tell us a lot more than the economic status of a country or a person.  In fact, when we visit another country, it is possible to learn about the nation’s culture simply by putting our hand in our pocket, pulling out a few banknotes and looking at its design.

 

 

A 次の問い(問1~5)の[ 21 ]~[ 25 ]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

問1 The word durable in Paragraph (2) is closest in meaning to [ 21 ].

 

① cheap to use

② easily breakable

③ expensive to make

④ lasting a long time

 

問2 In Paragraph (3), the features of banknote design are mentioned to show [ 22 ].

 

① banknotes contribute to the identity of a nation

② most of the countries have similar designs

③ the important role money played in early societies

④ the United Kingdom is proud of its printing technology

 

問3 Paragraph (4) suggests [ 23 ] was a problem when creating the Euro banknote.

 

① deciding which language should be printed

② finding an image all nations could accept

③ making the Germans happy with the result

④ using the famous portrait of Napoleon

 

問4 Paragraph (5) shows that [ 24 ] was the solution to the problem of Euro banknote design.

 

① featuring a historic building rather than a person

② making a different banknote for each European Union country

③ using all famous structures in the European countries

④ using building designs based on traditional European architecture

 

問5 What would be the best title for this passage?  [ 25 ]

 

① The Origin of Banknotes

② The Facts We Learn from Banknotes

③ The Importance of Currency

④ The Difference between Coins and Banknotes

 

 

B 次の表は,本文のパラグラフ(段落)ごとのと内容をまとめたものである。[ 26 ]~[ 29 ]に入れるのに最も適当なものを,下の①~④のうちから一つずつ選び,表を完成させよ。ただし,同じものを繰り返し選んではいけない。

 

Paragraph Content
(1) [ 26 ]
(2) [ 27 ]
(3) Cultural influence seen in banknote design
(4) [ 28 ]
(5) How problems related to banknotes were dealt with
(6) [ 29 ]

 

① Issues connected to banknote design in Europe

② The significance of money for both society and culture

③ Typical uses of money in our daily life

④ Why banknotes were created

 

 

スポンサーリンク

解答

第1問A

問1  [ 1 ]  正解①

approve [   ] 「~に賛成する」

② expose [   ] 「~をさらす」

③ joke [   ] 「冗談」

④ program [   ] 「計画,番組」

→  長音のoは,[   ]と読まれるのがふつうだが,例外的に①のように,[   ]と発音されることがある。

 

問2  [ 2 ]  正解④

naughty [   ] 「いたずらな」

② ought [   ] 「~すべきである」

③ straight [   ] 「まっすぐな[に]」

tough [   ] 「じょうぶな,不屈の」

→  発音しない子音字の問題。’12年のセンター試験でも出題された(第1問A 問3)。ghは発音しない場合が多いが,④のように[  ]になる場合もある(e.g. enough,laugh)。

 

問3  [ 3 ]  正解②

① exact [   ] 「正確な,厳密な」

except [   ] 「~を除いて」

③ exhaust [   ] 「~を使い果たす」

④ existence [   ] 「存在,生存」

→  ② exceptのみが「xがc,p,tの前にある」ので[   ]となる。exercise [   ] (運動,練習)のように「xのにアクセントがある」ときも同様となる。①③④は「xのにアクセントがある」ので[   ]となる。

 

第1問B

問1  [ 4 ]  正解②

① airport [   ] 「空港」

event [   ] 「出来事」

③ fortune [   ] 「財産」

④ union [   ] 「結合,同盟」

→  ② eventのみ第2音節にアクセントがある(他は第1音節)。① airportは,カタカナ語の読みと混同しないようにしよう。

 

問2  [ 5 ]  正解③

① constitute [   ] 「~を構成する」

② appetite [   ] 「食欲」

illusion [   ] 「錯覚,思い違い」

④ pyramid [   ] 「ピラミッド」

→  ③ illusionのみ第2音節にアクセントがある(他は第1音節)。「-sionの直前の音節にアクセントがある」の原則が適用できる。② appetiteは「-iteの2つ前の音節にアクセントがある」の原則から,第1音節にアクセントがある。

 

問3  [ 6 ]  正解④

① compromise [   ] 「妥協(する)」

② continent [   ] 「大陸」

③ intimate [   ] 「親密な,親友」

percentage [   ] 「百分率」

→  ④ percentageのみ第2音節にアクセントがある(他は第1音節)。③ intimateは「3音節以上の語で-ateで終わる場合は,2つ前の音節にアクセントがある」,④ percentageは「-ageはその直前の音節にアクセントがある」という原則にそれぞれあてはまる。(e.g. image [   ],damage [   ],advantage [   ])

 

問4  [ 7 ]  正解②

① escalator [   ] 「エスカレーター」

habitual [   ] 「習慣的な」

③ supervisor [   ] 「監督者」

④ voluntary [   ] 「自発的な」

→  ② habitualのみ第2 音節にアクセントがある(他は第1 音節)。① escalatorはカタカナ語とはアクセントの位置が異なる。④ voluntaryもvolunteer[   ]とはアクセントの位置が異なるので注意。

 

 

第2問

問1  [ 8 ]・[ 9 ]  正解⑥・⑤

④--②-①--③ (I know someone who could advise you on the matter.)

T:卒業後,ギャップイヤーを取得すべきかどうかと迷っているんだ。そのシステムについてもっと知りたいのだけれど。

J:その件についてあなたに助言できそうな人を知っているわよ。

  whoに着目する。someoneが与えられていることから,〈関係代名詞who+動詞~〉がこれを修飾し,someone who ~ がknowの目的語になると考える。couldは仮定法過去で,現在に関して控え目に推量していることを表す。onは「~に関して」。gap year「ギャップイヤー」 高校を卒業した後,大学入学資格を保持した状態で,1年間遊学できる制度。

 

問2  [ 10 ]・[ 11 ]  正解⑤・②

⑥--④-①--③ (I want you to wait for him to come back here.)

T:彼がここに戻ってくるのを,待っていてほしいんだ。

R:いいけど,彼が戻ってくるのは確かなのかい?

→  want ~ to do「~に…してほしい」とwait for ~ to do「~が…するのを待つ」という2つの表現が用いられている文である。リックが「彼が戻ってくるのは確かか」と聞いているので,himがcome backという行動をすることがわかる。したがって,③ toと空所の直後のcome backでto come backとし,himをその意味上の主語とすると,①-②-③ for him to (come back)「彼が戻る」と整序できる。一方,リックはhimが来るのを待つように依頼されていると考えると,会話の流れが自然になるので,want you to wait「あなたに待っていてほしい」という意味で⑥-⑤-④の順に並べる。これを後半の①-②-③とつなげるとwait for ~「~を待つ」の表現にもなり,want you to wait for him toが成立する。

 

問3  [ 12 ]・[ 13 ]  正解②・①

③--④-⑥--⑤ (Yes, an article tells about an ancient Buddhist temple that is open to the public only once every twelve years.)

M:何か興味深い記事があるの?

K:うん,12年ごとに1回だけ一般公開されるある古い仏教寺院について記事に書いてあるんだ。

→  まず,②③④⑥あたりからbe open to the public (一般に公開される)の熟語が思い浮かぶ。これの主語になるのは空所の前のBuddhist temple (仏教寺院)だと考えられるので,直前のthatを主格の関係代名詞と捉え,空所の先頭に③を置いてみよう。① onlyの位置が微妙であるが,「一般にしか公開されない」というのは文意としておかしいので,残っている⑤ onceとつなげてonly onceとし③-②-④-⑥のまとまりの後に置くと自然な文になる。

 

 

第3問

クリス:園長先生から私たちに,来年の幼稚園のカリキュラムの改善事項について話し合うように依頼されました。メアリー,あなたから始めてもらえますか?

メアリー:最近,うちの園児たちは家で1人になることが多いようです。きょうだいがいないので,ゲームやテレビの画面の前で,多くの時間を1人で過ごすようです。これは,家族が狭い空間に住んでいて,両親が他のことで忙しい場合には都合がよいかもしれません。しかし,私たちは,園児たちを動かし,彼らの想像力をかき立て,他の子どもたちと関わらせる方法について考える必要があります。1つは,遊び場を広げて,そこに何を置きたいかを再考することです。

クリス:それでは,あなたは[ 14 ]子どもたちの想像力をかき立てるよう,より広い場所とより多くの物を与えてやるべきだと言っているんですね。

エリカ:遊び場は増やす必要があると思います。また,子どもたちが遊ぶのにどんな物を置くかも,考える必要があると思います。子どもたちが想像力を働かせるように,ブロックや箱,お(わん)やボール,サイズや手触りの違った布切れなど,もっとシンプルなものを置くべきです。海賊や宇宙,ジャングルなど,遊びの題材やテーマは提案してもよいですが,お話や場面は子どもたちに作らせるよう仕向けるべきです。布切れは,例えばマントに,箱は帽子に早変わりします。ブロックを使って病院やお城,宇宙船が作れます。屋内と屋外の両方の遊び場について,こういった変更を考えるべきだと思います。

トム:賛成ですね。心理学者によると,さまざまな役割を演じることは,子どもたちが興味のあるさまざまなことを経験するのに役立つそうです。子どもたちが経験したことのある,例えば医者にかかるといった,怖いと思うようなことを演じるのは,子どもたちが自信をつける一助となります。さまざまな役割を一緒に演じることは,子どもたちがお互いに協力したり,他人の感情を理解したりするのに役立ちます。それもまた自信を与えますね。

メアリー:その通りですね。これは子どもたちが想像力を働かせるのに役立つ良い方法です。

クリス:それではあなたがたは,[ 15 ]さまざまなことを経験し,その経験をほかの子どもたちと共有することで,自信が生まれると考えているのですね。

キャリー:カリキュラムに音楽教育も増やす必要があると思います。子どもたちはリズムやテンポを学ぶことができますし,これは言語技能を発達させることにおいても重要です。子どもたちは音楽を聞くだけではなく,自分たちで音楽を作るべきです。聞いたり一緒に歌ったりして音楽を経験することで,子どもたちは多種多様の感情を持つことが可能になります。この感情を動きで表現する子どもたちもいるかも知れません。あなたが言っていた布切れは,ダンサーの衣装にもなるでしょう。遊び場には,楽器として使えるような物も含めるべきです。スプーンやスティックで箱をたたけばドラムになりますし,ボトルや箱にボールを入れて振れば,別の楽器になります。

クリス:遊び場の主眼を変えることは,幼稚園のカリキュラムの改良という私たちの目標のうちの1つとすべきようですね。子どもたちの想像力をかき立て,互いに関わりをもたせるために私たちの財源を使うべきだということで意見が一致したと思います。[ 16 ]遊び場にいろんな使い方ができるシンプルなものを含める必要がありますね。

 

[ 14 ]  正解③

① 子どもたちは他の子と遊ぶとき,ゲームを使うのが得意だ

② 最近の親たちにとって,子どもたちとの関わりが課題である

④ 子どもたちと一緒にテレビを見るように,親たちに頼む必要がある

→  メアリーはll. 7~10で「園児たちの想像力をかき立て,他の子どもたちと関わらせる方法について考える必要がある」と述べており,その方法の1つとして,「遊び場を広げて,そこに何を置くかを再考する」ことを挙げている。この内容をまとめた③が正解。他の選択肢の内容については,本文に記述がない。

 

[ 15 ]  正解③

① 箱やお椀は,想像力豊かな子どもたちにはおもしろい衣装となりうる

② 子どもたちはさまざまな役割を演じることで健康になる

④ 心理学者によれば,遊びを通して子どもたちの意欲をかき立てることは,親たちの重要な役割である

→  トムは「さまざまな役割を演じること」の利点として,「さまざまなことを経験するのを助ける」,「子どもたちが自信をつける一助となる」,「お互いに協力したり,他人の感情を理解したりするのに役立つ」と述べている。これらの内容をまとめた③が正解となる。①「衣装」については,エリカの発言で触れられているが,一例にすぎず,発言の要点ではない。②④このような記述はない。④ challenge「~の意欲をかき立てる」

 

[ 16 ]  正解③

① 子どもたちに,お手本をまねて楽器を作らせる

② 全員に家から箱と布切れを持って来させる

④ 家族に,私たちのカリキュラムの活動に必ず参加してもらうようにする

→  「遊び場を広げること」「そこに何を置くべきか」という話題を中心に会話が進められている。後者について,ll. 18~20で「子どもたちが想像力を働かせるような,もっとシンプルな物」,ll. 49~50 で「楽器として使えるような物」などが挙げられていることから,③が正解。①そこにある物を楽器に見立てて使わせるのが目的で,楽器を作らせるのではない。②直前で「財源を使う」と述べているので,遊び場に置く物を持ってきてもらうという内容は不自然。get O to do「Oに(説得して)~させる」④家族の参加について,本文では触れられていない。make sure that ~「(必ず)~であるよう手配する」

 

NOTES

  1. l. 1 pre-school 幼稚園
  2. ll. 7~8 ways to get them moving, to challenge their imagination, and to get ~ to get…,to challenge…,to get…という3 つのto不定詞がwaysを修飾している。
  3. l. 7 get O doing Oを~させる〔「Oを(doing)の状態に到達させる」の意味をもち,動作の開始が強調される。〕
  4. ll. 8~10 One way to do this would be to expand our play area and rethink ~ 主語はOne way to do this,補語はto expand以下。would「~だろう」。andはexpandとrethinkをつないでいる。
  5. l. 18 what we have there for children to play with 子どもたちが遊べるように,私たちがそこに置く物
  6. l. 20 texture 手触り,生地
  7. l. 23 cape ケープ,(袖のない)マント
  8. l. 24 a box a hat =a box (can easily become) a hat
  9. l. 43 musical training 音楽教育
  10. l. 51 A box hit with a spoon or a stick スプーンやスティックでたたかれる箱hit ~ a stickがA boxを修飾している。hitは過去分詞。同様に,ll. 51~52のballs shaken in a bottle or box も,shaken以下がballsを修飾している。
  11. l. 55 resources 財源,資金

 

 

第4問

最近,以前には聞かれなかった食に関する多くのことばがある。例えば,「フェア・トレード」や「スロー・フード」などは最近になるまで耳にすることもなかった。下のグラフは食に関するそれぞれの話題についての消費者の関心の度合いを表している。

注目すべきは,「地産地消」「トレーサビリティ」「食育」のような食の安全性に関することばが上位の4つに入っていることだ。回答者の70%以上の関心を集めた「地産地消」とは,農産物や海産物をそれらが生産された地域で消費するということである。道路わきにある無人の農作物直売所や,道の駅(沿道の休憩エリア)にある農産物の直売市を見たことがあるかもしれない。それらは「地産地消」の代表的な例だ。最近ではその県で生産された野菜,米,果物のための売り場スペースを作る大手スーパーもある。「トレーサビリティ」とは生産物の動きを正確にたどり,記録し,管理することができるよう提案するものだ。例えば,日本で生まれたすべての牛には識別番号が与えられる。その番号は牛肉のパックに貼られたラベルで確認でき,それによって牛の誕生日や育った牧場を探すことができる。自分が買った牛肉の記録をインターネットから簡単に調べることができるのだ。2つのことばはどちらも食の製造過程を明らかにすることに関係しているので,消費者は食べ物がいつどこでだれによって作られ,加工されているのかを知りたがっていると言えるだろう。これは遺伝子組み換え食品が登場したためかもしれないし,いくつかの産地や食品の成分の偽装表示事件による影響のためかもしれない。

「食育」は65.7%で「トレーサビリティ」の次に来ている。「食育」の目的は,人々を健康的な食生活をするよう導くことだが,多くの消費者は自分たちの子どもを将来に備えさせたいからだけではなく,彼ら自身が食べ物が安全かどうかを判断するために十分な知識を得たいと願っているという理由からも興味をもっている。

健康と環境についての問題に関することばも注目を集めている。「メタボリック症候群」は第2位の位置を得ている。「特定保健用食品」は最近店でよく見かけるが,回答者の60%以上の注目を集めた。環境関連のことばでは,「フードマイル」が最も高い順位である。これは食品が生産地から消費される場所まで輸送される距離を意味する。フードマイルが少ないほど,輸送による環境への負担は小さくなる。

 

問1  [ 17 ]  正解①

「文章によると,最近の消費者にあてはまると思われるのはどれか。」

彼らは,食品がどこから来るのか知りたいと思っているので,安全志向であるようだ。

② 彼らは,バランスのとれた食事によって美しい容姿を得たいので,健康的な食事について学びたいと思っている。

③ 彼らは,子どもたちに健康のために有益な食品に関する講義を行ってほしいと思っている。

④ 彼らは,フードマイルを減らすために,食べ物を自分たちで生産することを考え始めている。

→  ① ll. 19~21の「消費者は食べ物がいつどこでだれによって作られ,加工されているのかを知りたがっていると言えるだろう」という内容に合致する。○

ll. 24~28参照。食育に関する選択肢だが,美しい容姿のためという記述はない。×

③ 「子どもたちに講義を行ってほしい」とは書かれていない。×

ll. 33~35ではフードマイルの概念を説明しているだけで,「消費者が自分たちで生産する」ということは書かれていない。×

 

問2  [ 18 ]  正解④

「『フードマイル』を表すのはどの文字か。」

→  まず,ll. 5~7から,A,B,Cのうち2つは「地産地消」「トレーサビリティ」であることがわかる。また,l. 30に「メタボリック症候群」は第2位とあるので,トップ3のA,B,Cに「フードマイル」が入っていないことがわかる。したがって,④ Dが正解である。

 

問3  [ 19 ]  正解②

「次の記述のうち正しいものはどれか。」

① 多くの人々が健康についてのことばに興味をもっているが,40%以上の人は「特定保健用食品」には関心がない。

「フードマイル」の観点からすると,環境への影響を減らすためには,食品を長距離輸送しないほうがよい。

③ 「地産地消」の概念によると,食物はある特定の地域に住む人々によってのみ生産されるべきである。

④ トレーサビリティのシステムによりだれがその食品を消費するかわかるようになっている。

→  ① グラフを見ると,specialized health foodに関心のない人の割合は,60%の目盛に届いておらず,40%未満である。×

ll. 34~35の説明に合致している。○

③ 「地産地消」は生産された地域で消費するべきという考えであり,どの地域で生産されるかは関係ない。×

④ トレーサビリティは食品が消費者へ渡るまでの経緯を追跡するもので,だれが消費するかを追跡するものではない。×

 

問4  [ 20 ]  正解①

「この文章の主な目的は[ 20 ]ことである。」

食に関する問題とそれらに対する人々の興味について伝える

② 人々の興味と関心をひくことで環境を守る

③ 食品の製造過程がどのように管理されているかを述べる

④ 人々が健康を維持するのに役立つ食品の種類を列挙する

→  本文前半では「食の安全性」に関する用語の説明と詳しい解説があり,それぞれの用語に対して人々がどの程度興味を示したかという調査結果について述べている。そして,本文後半では「食と健康」「食と環境」に関する用語と人々の関心について説明されている。よって,②「環境保護」や③「食品の製造過程」,④「健康維持に役立つ食品」について述べることが本文全体の主な目的とは言えず,①「食に関する問題とそれらに対する人々の興味について伝える」ことが,最も適切である。

 

NOTES

  1. 2 fair trade フェア・トレード〔生産者に適正な支払いを与え生産者の生活が向上するよう支援する運動〕
  2. 2 slow food スローフード〔土地ごとの伝統的な食文化を見直す運動〕
  3. 5~6 local production for local consumption地産地消
  4. 6 traceability [   ] トレーサビリティ,(食品などの)生産履歴管理
  5. 6 dietary education 食育
  6. 8 respondent [   ] 回答者
  7. 11 michi-no-eki 道の駅〔休憩施設と地域振興施設が一体となった,一般道路沿いにある施設〕
  8. 15 track [   ] ~の跡を追う
  9. 16 identification number 識別番号
  10. 19 process [   ] 過程,工程
  11. 21 genetically modified food 遺伝子組み換え食品
  12. 22 incident [   ] 事件
  13. 32 food miles フードマイル
  14. 35 burden [   ] 負担
[ 17 ] ① safety-oriented 安全志向の

 

 

第5問

(1) 現代社会ではお金と接することなく暮らすのはとても難しい。おなかが空けばスーパーへ行く。映画が見たいときは映画館へ行く。ちょっと友人を訪ねたいというときでさえ,バスや電車に飛び乗らねばならないことがよくある。こうしたすべての日常的な活動は何かを買うことを伴う。実際に,私たちは物を買う手段としてのみお金のことを考えることに慣れ切ってしまっているので,文化的な表現の1つの形としての役割に気づくことさえないのだ。

(2) 今日,お金は2つの形態を取っている。硬貨と紙幣である。硬貨が先で約2,500年前に使われていた。金属は重くて持ち歩きづらかったが,丈夫で長持ちした。しかし,中国では10世紀ごろに金属,特に銅がひどく不足した。そのため,中国人は国の経済を維持するために十分な硬貨を製造することができなかった。このため,代用品として紙のお金を使い始めた。紙はとても弱い素材で,金属ほど耐久性はない。しかしながら,(金属より)軽く,人々の間で商売を行うのを容易にした。この紙のお金が今日知られ使用されている紙幣へと発展していった。

(3) 現代では,たいていの国にはそれぞれの色,大きさ,デザインをした独自の紙幣がある。大多数の国では自分たちの国の文化を代表すると思う人々の顔で紙幣を飾っている。たとえば,英国ではシェークスピア,ダーウィン,ディケンズ,ニュートンが紙幣上に登場している。日本では現在,福沢諭吉,樋口一葉,野口英世がそれぞれ10,000円札,5,000円札,1,000円札に印刷されている。英国と同様,日本は自国の文学の伝統に誇りをもち,かつ科学者や医者に対して尊敬の気持ちが強いようだ。実のところ,紙幣は文化的なものとなり,国家のアイデンティティにおいて重要な役割を果たしている。

(4) 紙幣が国家の文化的な独自性を象徴することにおいて果たす重要な役割が際立ったのは1999年,15のEU参加国のうち11か国が自分たちの国の通貨からユーロという「単一通貨」に移行し始めたときのことだ。しかしながら,これはだれの顔がユーロの紙幣上にあるべきかという問題を引き起こした。ヨーロッパは複雑な歴史があるので,すべての国々が同意できるような受けのよい人物を探すのは困難だった。ある国で英雄であっても,別の国では悪人であるかもしれないからだ。たとえば,フランス人はユーロ紙幣にナポレオンの肖像画があったら喜ぶかもしれないが,ドイツ人はきっと反対するだろう。

(5) 最終的には,EUはある解決策に行き着いた。ユーロ紙幣には人ではなく建造物を取り上げることに決まったのだ。しかし,これはまた意見の不一致を引き起こした。フランスのエッフェル塔を使うべきか,スペインのサグラダ・ファミリアを使うべきか,あるいはギリシャのパルテノン神殿を使うべきか。ついに妥協案が成立した。実在の建造物のイメージを使う代わりに,ゴシック様式やルネッサンス様式のような歴史的な建築様式を表す架空の建造物を使うことにしたのだ。これらの様式はヨーロッパの1つの国から生まれたものではないので,ヨーロッパ芸術の伝統全体を象徴することになるだろう。

(6) 古代からお金は人間の生活の欠かせない一部であった。多くの人々にとって,それは大きな幸福の源であった。たとえば,誕生日に現金をもらうことや,おそらく宝くじに当たることさえもがそうかもしれない。さらに,お金は社会から成功のしるしとして見られるため,私たちに働く目的となる何かを与えてくれる。しかし,今論じてきたように,お金は国家や個人の経済的状態以上の多くのことを教えてくれる。もっとはっきり言えば,外国を訪れたとき,ポケットに手を入れ,2,3枚の紙幣を取りだしてそのデザインを見るだけで,その国の文化について知ることが可能なのである。

 

A

問1  [ 21 ]  正解④

「段落(2)にあるdurableという語は,[ 21 ]に最も近い意味である。」

① 使うのに安い

② 簡単に破れる

③ 作るのにお金がかかる

長期間持ちこたえる

→  l. 14に「紙はとても弱い素材だ」とある。それを補足・追加した記述である「金属ほど~でない」の「~」に入るのは,「長期間持ちこたえる」が合う。よって,④が正解。durable「耐久性のある」

 

問2  [ 22 ]  正解①

「段落(3)では,[ 22 ]がわかるように紙幣のデザインの特徴が述べられている。」

紙幣が国家のアイデンティティの一部を担っているということ

② たいていの国々はデザインが似ているということ

③ 古代の社会でお金が果たした重要な役割

④ 英国は自国の印刷技術に誇りをもっているということ

→  ① 英国や日本の紙幣の例を挙げて,そのデザインでその国が何を誇りに思い,何に敬意をもっているかという国のアイデンティティを,紙幣は表すものになっていることが書かれている。contribute to「~の一助となる,~に貢献する」○

ll. 18~19に多くの国はその国独自の紙幣のデザインをもっているとある。×

③ 段落(3)は現代の紙幣について書かれている。×

④ このような記述はない。×

 

問3  [ 23 ]  正解②

「段落(4)から,ユーロ紙幣を作るとき,[ 23 ]が問題であったことがわかる。」

① どの言語が印刷されるべきかを決定すること

すべての国が受け入れられるイメージを見つけること

③ ドイツ人をその結果で喜ばせること

④ ナポレオンの有名な肖像画を使うこと

→  ① 言語についての記述はない。×

ll. 32~33にすべての国々が賛成できる人物を探すのが困難だったとある。○

③ このような記述はない。×

④ ナポレオンの話は1つの例として挙がっているだけである。×

 

問4  [ 24 ]  正解④

「段落(5)から,[ 24 ]がユーロ紙幣のデザインの問題の解決策だったことがわかる。」

① 人物ではなく歴史的な建造物を取り上げること

② EUの国々ごとにそれぞれ違った紙幣を作ること

③ ヨーロッパの国々の有名な建造物をすべて使うこと

伝統的なヨーロッパの建築様式に基づいた建造物のデザインを使うこと

→  ① ll. 36~37に人物ではなく建造物を紙幣に取り上げることが決められたとあるが,次の文でこのことがまた意見の不一致を引き起こしたとあるので,最終的な解決策ではないことがわかる。×

② このような記述はない。×

③ このような記述はない。×

ll. 40~42参照。○

 

問5  [ 25 ]  正解②

「この文章の題名として,最も適切なものはどれか。」

① 紙幣の起源

紙幣から学べる事実

③ 通貨の重要性

④ 硬貨と紙幣の違い

→  ① 部分的に段落(2)で述べられているが,本文全体の主旨ではない。×

② 段落(1)で,お金の文化的表現形式としての役割に関する導入がある。段落(3)では紙幣のデザインが国のアイデンティティに深くかかわっていることが書かれている。段落(4)(5)で,それゆえ,ユーロ紙幣のデザインを決める際には困難を極めたということが書かれている。段落⑹の最後の文で「紙幣のデザインを見るだけでその国の文化について知ることができる」とまとめられている。○

③ 段落(1)で通貨が私たちの生活に必要であることは書かれているが,本文全体の主旨ではない。×

④ 段落(2)で硬貨と紙幣の歴史について書かれてはいるが,本文全体の主旨ではない。×

 

B

[ 26 ]・[ 27 ]・[ 28 ]・[ 29 ]

正解③・④・①・②

(1) 日常生活の中での典型的なお金の使い方

(2) なぜ紙幣が作られたか

(3) 紙幣のデザインに見られる文化的な影響

(4) ヨーロッパの紙幣のデザインに関連した問題

(5) 紙幣に関する問題がどのように扱われたか

(6) 社会と文化の両方にとってのお金の重要性

→  段落(1)では,生活の中でお金を使う場面が列挙されており,③が正解となる。段落(2)では,硬貨に代わって紙幣を使い始めたことが説明されているので④が正解。段落(4)はll. 30~31にgave rise to the problem of whose face ~とある。①のissuesはこのproblemを言い換えた表現。段落(6)は,前半でお金の社会的な面について,l. 49 However以降で文化的な面について述べており,②が正解。

 

NOTES

  1. 1~2 come into contact with ~と接触する
  2. 5 in fact (前言を強調・否定して)実際に,つまり,いや実際は
  3. 5~7 have become so accustomed to thinking of money as only a means of purchasing things, (that) we don’t even ~ 物を買う手段としてのみお金のことを考えることに慣れ切ってしまっているので,~することさえしない〔so ~ that ...「とても~なので…」と考える。meansは名詞で「手段」の意。〕
  4. 6 become accustomed to doing ~するのに慣れる cf. be accustomed to doing ~するのに慣れている
  5. 10 last 持ちこたえる,長持ちする
  6. 12 copper 銅
  7. 12 the Chinese 中国人〔the + 国籍を表す形容詞=国民全体を表す。〕
  8. 12 be unable to do ~することができない
  9. 13 enough ~ to do …するのに十分な~
  10. 14~15 not as ~ as ... …ほど~でない
  11. 15~16 make O C OをCにする〔Oはdoing business between people,Cはeasierである。〕
  12. 16 develop into ~に発展する
  13. 20 people who they believe represent their culture 自分たちの文化を代表していると彼らが思っている人々〔関係代名詞whoとrepresentの間にthey believeが挿入されている。〕
  14. 22 currently 現在のところ
  15. 24 respectively それぞれ,めいめいに
  16. 26 play a role in ~において役割を果たす〔importantがroleを修飾している。〕
  17. 27~28 The important role (which) banknotes play in ~ uniquenessまでが主語。
  18. 29~30 change from A to B AからBに変わる〔Aはtheir own national currencies,Bはthe ‘single currency’ of the Euroである。〕
  19. 30~31 give rise to ~を引き起こす
  20. 32~33 it was difficult to search for a popular figure all countries could agree on itは形式主語で,to search ~ agree onが真主語。
  21. 32~33 a popular figure (that) all countries could agree on 目的格の関係代名詞that[which]が省略されている。
  22. 34 another (country)と考える。
  23. 34 the French フランス人〔国民全体を表す。〕 [参考] l. 13 the Chinese
  24. 36 in the end とうとう,最終的に
  25. 36 come up with ~を思いつく,提案する
  26. 37 A rather than B BではなくA
  27. 38 this ユーロの紙幣に人物ではなく,建造物を載せると決めたこと。
  28. 40 instead of doing ~する代わりに
  29. 41~42 A such as B B(など)のようなA
  30. 42 since ~なので〔接続詞のsince。〕
  31. 47 in addition 加えて,そのうえ
  32. 51~53 simply by putting our hand in our pocket, pulling out a few banknotes and looking at its design ポケットに手を入れ,2,3枚の紙幣を取りだしてそのデザインを見るだけで〔byの後にputting ~とpulling ~と(and) lookingの3 つの動名詞が続いている。andで3つ以上の語を列挙するときは,A, B and Cとなる。〕

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事