スポンサーリンク

問題

1 英文を読んで,次の問いに答えなさい。 R

There are many differences between Japan and America.  We often talk about the differences between the two.  The teacher’s job is, of course, different in Japan and America.  In Japan, from elementary school to university, almost all students in a class are Japanese and speak Japanese.  This makes the teacher’s job easy.

But in America, the teacher’s job is not as easy as in Japan.  Why is this?  It is because America is the “salad bowl” of the world.  Have you ever heard that expression?  As you probably know, America has welcomed people from many different countries.  So there are many different kinds of Americans.  It looks like a salad bowl which has different kinds of vegetables in it.  For example, some are people called Hispanics*. Many of these children speak only Spanish at home, so their English is not very good.  There are others from countries in Southeast Asia as well.  Sometimes they don’t know any English at all, so they don’t know how to read books or newspapers written in English.  This also makes the teacher’s job difficult.

An article in a newspaper said that at a certain school in New York City, 50% of the students are Hispanics.  In this school teachers have to think about how they can communicate with students who don’t know English very well.  Not only do they have to teach subjects, but they also have to find ways to help students with poor English.

Teachers have discovered that the best way to teach them to read and write English is to use comedy in the classroom.  “When we joke,” said one teacher, “it helps students to relax.  So we can have good communication with each other.”  Another teacher said, “Some students don’t respond to traditional teaching but become alive through humor.”  By reading joke books and making up their own humorous* stories, students can learn much faster and learn more words.  And they become interested in language in general, too.

This article tells us two things.  One is that humor can make up for a lack of communication.  The other is that ①if we really want to understand people who speak languages different from ours, we had better look for something, for example humor, that we can share.  When we laugh together, we can become friends and equals.

(注)Hispanic:ラテンアメリカ系住民  humorous:ユーモアのある,面白い

1) 本文の内容に合うように,次の空所に適切な語を入れなさい。                   (2点)

One problem of schools in America is that (     ) all students speak English.

2) 下線部①を日本語にしなさい。                                                                     (2点)

                                     

 

2 次の日本語を英語に直しなさい。 W                            (完答1点)

彼はなぜそんなことをしたのですか。(Whatで文を始めること)

                                       

 

 

1  日本文に合う英文になるように,( )に適切な語を書きなさい。 (完答各1点)

1) 日本は多くのものを輸入する。それは日本にはほとんど資源がないからだ。 R,

Japan imports a lot.  (      ) (      ) (      ) it has few resources.

2) 知っての通り,日本は工業国だ。 R

(      ) (      ) (      ), Japan is an industrial country.

3) 野菜を切って,それから肉も同様に切りなさい。 R

Cut up vegetables, and cut up meat (      ) (      ).

4) その犬は私の声に反応して私の方にやってきた。 R

The dog (      ) (      ) my voice and came over to me.

5) 彼はおもしろい話を作り出すのがうまい。 R

He is good at (      ) (      ) funny stories.

6) 私は今,スポーツ一般について話しています。 R

I’m now talking about sports (      ) (      ).

7) あなたは大学生ではないのですか。――はい。私は高校生です。 G

Aren’t you a college student? ―― (      ).  I’m a high school student.

8) このエレベーターで20階に行ける。 S

This elevator will (      ) you (      ) to the twentieth floor .

9) このようにして,缶や瓶をリサイクルすることができます。 S

(      ) (      ) (      ), you can recycle cans and bottles.

 

2  ( )に適切な語を書いて付加疑問を完成させなさい。 G               (各1点)

1) Mary belongs to the art club, (      ) (      )?

2) Let’s have a break, (      ) (      )?

 

3  日本語に合う英文になるように,( )内の語句を並べかえなさい。 G (各1点)

1) 私はどうやってそこに行ったのか覚えていません。

( don’t / how / I / I / there / remember / went ).

                                        

2) 私は彼女に会議に出るつもりかどうか聞いてみます。

( ask / attend / I’ll / her / if / the meeting / she / will ).

                                        

3) 彼らはどこで知り合ったと思いますか。

( do / each other / think / they / where / got to know / you )?

                                        

4) 彼がどんな食べ物が好きか知っていますか。

( you / what / know / kind of / likes / he / food / do )?

                                        

 

 

解答

UNIT 14 長文・作文

             1) not

                 2) 私たちが自分と違う言語を話す人々を本当に理解したいと思うなら,例えばユーモアのような,私たちが共有できるものを探すとよい。

             What did he do such a thing for?

【日本語訳】

   1) アメリカの学校における問題は,すべての生徒が英語を話すとは限らない

                  ということだ。

 

 

UNIT 14 文法編

   1) It[That] is because  2) As you know  3) as well  4) responded to

5) making up  6) in general  7) No  8) take, up  9) In this way

   1) doesn’t she  2) shall we

   1) I don’t remember how I went there.

2) I’ll ask her if she will attend the meeting.

3) Where do you think they got to know each other?

4) Do you know what kind of food he likes?

【日本語訳】

   1) メアリーは美術部に入っているんだよね。

       2) 休憩しましょうか。

 

 

スポンサーリンク

和訳

UNIT14Translation
日本とアメリカには多くの違いがある。 私たちはよく2国の違いについて話す。 もちろん,教師の仕事も日本とアメリカでは異なる。
日本では,小学校から大学に至るまで, クラスにいる生徒はほぼ全員が日本人で, 日本語を話す。 これは教師の仕事を簡単にする。
しかしアメリカでは,教師の仕事は日本ほど簡単ではない。 それはなぜだろうか。
それはアメリカが世界の「サラダボウル」だからだ。 あなたはその表現を聞いたことがあるだろうか。 おそらく知っての通り, アメリカは多くの異なる国々から来た人々を受け入れてきた。
だからアメリカ人には多くの異なる人種がいる。 それは様々な種類の野菜が入っているサラダボウルのようだ。 例えば, ラテンアメリカ系住民と呼ばれる人々がいる。その子どもたちの多くは,家ではスペイン語しか話さないので, 彼らの英語はあまり上手ではない。 同様に,東南アジアの国々から来た人々もいる。 時として彼らは英語がまったくわからないので, 彼らは英語で書かれた本や新聞の読み方がわからない。
このことも教師の仕事を困難にする。
ある新聞記事によれば, ニューヨーク市のある学校では, 生徒の50パーセントがラテンアメリカ系住民だそうだ。この学校では, 教師は英語があまりよくわからない生徒とどのようにコミュニケーションを図ることができるかについて考えなければならない。 彼らは教科を教えなければならないだけではなく, 英語が苦手な生徒を手助けする方法も見つけなければならないのだ。

教師たちは,彼らに英語の読み書きを教える最もよい方法は教室で笑いを用いることだと発見した。
「私たちが冗談を言うと,それは生徒たちをリラックスさせるのに役立ちます。だから私たちはお互いによいコミュニケーションができるのです」と1人の教師は言った。別の教師は, 「ある生徒たちは従来の教え方には反応しませんが,ユーモアを用いると生き生きとするようになります」と言った。笑い話の本を読んだり自作の笑い話を作り出すことによって,
生徒たちははるかにより速く学習し,より多くの単語を覚えることができる。そして彼らは言語一般に興味を持つようにもなる。
この記事は私たちに2つのことを教えてくれる。1つは,ユーモアはコミュニケーション不足を補ってくれるということだ。 もう1つは,私たちが自分と違う言語を話す人々を本当に理解したいと思うなら,
例えばユーモアのような,私たちが共有できるものを探すとよい,ということだ。 一緒に笑うとき, 私たちは友人で対等になれるのだ。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事