LESSON 13  自然科学

608words  京都外国語大

 

1   The great biologist Charles Darwin wrote to a scientist in 1860 that looking at a peacock feather made him feel sick.

2   OK, he was partly joking.  But still, you might wonder why that feather troubled him so much.

3   Darwin lived more than 100 years ago, but he was talking about the same kind of peacocks we know today.  Peacocks, the name for males of the species, fan out tail feathers in blues and greens that are as bright as jewels.  Not obviously something to throw up about.  Darwin’s problem was that peacocks and some other troubling life forms might have ruined the major work of his scientific life.  Or they would have done so if he hadn’t worked out a tough puzzle.

4   [              A               ]

5   Neither bumper stickers nor cars had been invented in Darwin’s day.  Otherwise, he might have ridden around England with "SURVIVAL OF THE FITTEST" between his taillights.

6   That notion of survival of the fittest was a huge part of his ideas on how evolution worked.  In any kind of animal or plant, there’s variety among individuals, he pointed out.  Some mice run faster than other mice.  Some hawks have better eyesight.  Some raspberry bushes make more berries.  And some men might be slightly overweight, but talented enough to come up with great scientific ideas.  For example, Charles Darwin!

7   Those individuals best suited to survive in their particular home range will have more offspring than those that are less well suited.  The best - suited survivors can pass along the speed or keen eyesight, or another feature that made them especially successful at surviving.  Over generations, those useful features would become more common for that kind of creature than the less useful features.  Darwin called this process natural selection.

8   Now for the sickening part about peacocks.  Could those fancy tails make the bird more fit to survive?  Darwin thought that idea just didn’t make sense!

9   A peacock tail can stand five feet high.  All those huge feathers make flying harder, not easier.  Even sprinting along the ground becomes difficult.

10   Peacocks don’t need all those feathers for finding food.  The peahens, the name for females of the species, do just fine with small tails.  Females have plainer colors too, so it’s hard to see how huge, jewel - colored tails could be so important for survival in the species’ males.

11   Other kinds of creatures raised the same troubling problem.  Darwin wrote about big, heavy horns on male beetles, which can slow them down.

12   However, Darwin figured the problem out.  Although these fancy bird feathers and animal horns often do not give a creature direct help in surviving, they do help with finding a mate.

13   So Darwin wrote about a second force in evolution, which he called sexual selection.  It works much like natural selection.  A bird with the most beautiful tail ends up as the father of lots of children, and he can pass along his beauty.  Over generations, this kind of bird’s tail gets fancier.  Or, for another example, male dung beetles use their horns to fight each other, and the winner gets the female.  Over generations, that kind of beetle’s horn gets more effective.

14   Still, Darwin called this a separate kind of selection from the survival - of - the - fittest type.  For one thing, the two forces can pull in opposite directions.  Sexual selection has been a powerful idea and scientists keep adding new twists to it.

 

 

A  Get the Details

1     空所[A]には次の3つの文が入る。意味が通じるように並べかえなさい。

(      ) (      ) (      )

They came to have their current forms as they changed over many millions of years.

For years, Darwin studied pigeons, beetles, orchids and many other kinds of creatures.

He put together the ideas we know today as evolution, a theory of how all living things today are related.

 

2     下線部⑴とはどのような考えか日本語で説明し,その例を前のパラグラフから2つ選んで日本語で答えなさい。

考え  
 

 

 

3     下線部⑵のように思われるのはなぜか。日本語で説明しなさい。

 

4     下線部⑶を何と呼んだか,本文中から2語で抜き出し,その内容を日本語で説明しなさい。

呼び名 (            ) (            )
   

 

 

5     ダーウィンはなぜ下線部⑷であると考えたのか。日本語で説明しなさい。

 

B  Comprehend the Whole Text

6     クジャクの羽がなぜダーウィンを悩ませたのか。本文全体から推測し,60字以内でまとめなさい。

 

Reading Skill

1パラグラフの理由が示されているパラグラフの組み合わせとして最も適当なものを選びなさい。

① 3 4 5 6② 3 7 14③ 3 8 9 10④ 3 12 13 14

 

 

 

LESSON 13  クジャクの羽はなぜきれい

1The great biologist Charles Darwin wrote to a scientist in 1860 that looking at a peacock feather made him feel sick.

2OK, he was partly joking.  3But still, you might wonder why that feather troubled him so much.

4Darwin lived more than 100 years ago, but he was talking about the same kind of peacocks we know today.  5Peacocks, the name for males of the species, fan out tail feathers in blues and greens that are as bright as jewels.  6Not obviously something to throw up about.  7Darwin’s problem was that peacocks and some other troubling life forms might have ruined the major work of his scientific life.  8Or they would have done so if he hadn’t worked out a tough puzzle.

9For years, Darwin studied pigeons, beetles, orchids and many other kinds of creatures.  10He put together the ideas we know today as evolution, a theory of how all living things today are related.  11They came to have their current forms as they changed over many millions of years.

12Neither bumper stickers nor cars had been invented in Darwin’s day.  13Otherwise, he might have ridden around England with “SURVIVAL OF THE FITTEST” between his taillights.

14That notion of survival of the fittest was a huge part of his ideas on how evolution worked.  15In any kind of animal or plant, there’s variety among individuals, he pointed out.  16Some mice run faster than other mice.  17Some hawks have better eyesight.  18Some raspberry bushes make more berries.  19And some men might be slightly overweight, but talented enough to come up with great scientific ideas.  20For example, Charles Darwin!

21Those individuals best suited to survive in their particular home range will have more offspring than those that are less well suited.  22The best-suited survivors can pass along the speed or keen eyesight, or another feature that made them especially successful at surviving.  23Over generations, those useful features would become more common for that kind of creature than the less useful features.  24Darwin called this process natural selection.

25Now for the sickening part about peacocks.  26Could those fancy tails make the bird more fit to survive?  27Darwin thought that idea just didn’t make sense!

28A peacock tail can stand five feet high.  29All those huge feathers make flying harder, not easier.  30Even sprinting along the ground becomes difficult.

31Peacocks don’t need all those feathers for finding food.  32The peahens, the name for females of the species, do just fine with small tails.  33Females have plainer colors too, so it’s hard to see how huge, jewel-colored tails could be so important for survival in the species’ males.

34Other kinds of creatures raised the same troubling problem.  35Darwin wrote about big, heavy horns on male beetles, which can slow them down.

36However, Darwin figured the problem out.  37Although these fancy bird feathers and animal horns often do not give a creature direct help in surviving, they do help with finding a mate.

38So Darwin wrote about a second force in evolution, which he called sexual selection.  39It works much like natural selection.  40A bird with the most beautiful tail ends up as the father of lots of children, and he can pass along his beauty.  41Over generations, this kind of bird’s tail gets fancier.  42Or, for another example, male dung beetles use their horns to fight each other, and the winner gets the female.  43Over generations, that kind of beetle’s horn gets more effective.

44Still, Darwin called this a separate kind of selection from the survival-of-the-fittest type.  45For one thing, the two forces can pull in opposite directions.  46Sexual selection has been a powerful idea and scientists keep adding new twists to it.

 

 

スポンサーリンク

要約

1,2,3     クジャクの美しい羽は生物学者ダーウィンにとって大問題であった。

4     ダーウィンは多様な生物を研究し,今日知られる進化論を唱えた。

5,6,7   生存に適した性質が子孫に伝わるという自然淘汰の考えがある。

8     クジャクの羽は自然淘汰の説に当てはまるだろうか。

9,10      メスと比較してもオスの装飾的な羽は生存に必要ではない。

11   カブトムシのオスも生存に不適な角を持つ。

12   クジャクの羽やカブトムシの角は配偶者獲得に有利である。

13   配偶者獲得に有利な性質が残ることを性淘汰という。

14   性淘汰は適者生存とは異なるもので,研究が続けられている。

 

全文訳

1     7偉大な生物学者チャールズ・ダーウィンは1860年にある科学者に,クジャクの羽を見ると気分が悪くなると手紙に書いた。

2     2まあ,彼はいくぶん冗談を言っていたのだろう。3しかしそれでも,あの羽がなぜ彼をそれほどまで悩ませたのだろうと不思議に思うかもしれない。

3     4ダーウィンは100年以上も前に生きた人だが,私たちが今日知っているのと同種のクジャクについて話していた。5peacock はオスのクジャクに対して使う呼び名であるが,宝石のように輝く青や緑の尾羽を広げる。6それが気分が悪くなるほどのものとは思えない。7ダーウィンの問題は,クジャクやほかの悩ましい生物種が彼の科学生命における主要な仕事をだめにしてしまうかもしれないことであった。8というより,もし彼が難解な問題を解かなかったならば,そうなっていただろう。

4     9何年もの間,ダーウィンはハト,カブトムシ,ランやその他のたくさんの種類の生物を研究した。10彼は今日私たちが進化として知っている考え,つまりあらゆる生物が現在どのように関連しているかについての説をまとめあげた。11生物は何百万年もの間変化しながら,現在の形態になったのである。

5     12バンパーステッカーも車もダーウィンの時代には発明されていなかった。13さもなければ,彼はテールランプの間に「適者生存」の文字を書き,イギリス中を車で走りまわったかもしれない。

6     14その適者生存という概念は,どのように進化が起こったかに関する彼の思想の大半を占めていた。15どんな種の動物や植物にも,個体の間に多様性があることを彼は指摘した。16あるネズミはほかのネズミより速く走る。17あるタカは視力が優れている。18あるラズベリーの木は多くの実をつける。19さらに,ある男性は少し体重が重いが,偉大な科学思想を思いつく才能があるかもしれない。20例えばチャールズ・ダーウィンのように!

7     21これら特有の生存地域において,生き抜くのに最適な個体は,あまり適さないものよりも多くの子孫を残すだろう。22最も適した生存者がその速度や鋭い視力,あるいは生き抜くのに特に有利となる別の特徴を伝えることができる。23世代を超え,こうした有利な特徴は不利な特徴よりもその生物種にとってはより共通のものとなっていくだろう。24ダーウィンはこの過程を自然淘汰と呼んだ。

8     25さて,クジャクの気持ちの悪い部分についてである。26こうした装飾的な尾羽がこの鳥を生き抜くのにより適したものにしているのだろうか。27ダーウィンは考えがまったく理にかなわないと思ったのだ!

9     28クジャクの尾羽は5フィートもの高さに伸ばすことができる。29こうした巨大な羽は飛ぶのを困難にするだけで,簡単にはならない。30地面を全力疾走することさえ困難にしている。

10   31クジャクは食べ物を見つけるのにこうした羽すべてを必要とはしない。32peahen はメスのクジャクに対する名前であるが,小さな尾羽で十分やっていくことができる。33またメスは地味な羽の色をしており,だからオスの生存にとって,巨大で宝石のような色をした尾羽がどうしたわけでそんなにも重要なのか,理解しがたいものである。

11   34ほかの生物種でも同様の悩ましい問題が挙がった。35ダーウィンはカブトムシのオスに大きく重い角があり,それがカブトムシの動きを遅くしていることについて書いている。

12   36しかしながら,ダーウィンはこの問題を解決した。37こうした装飾的な鳥の羽や動物の角は生きる上で直接的にその生物に恩恵を与えてはいないが,配偶者を見つけるのに役立っているのである。

13   38そこでダーウィンは進化における第二の力について書き,それを性淘汰と呼んだのであった。39それは自然淘汰のような働きをする。40最も美しい尾羽を持つ鳥が最後には多くの子どもの父となり,その美しさを残すことができる。41世代を超え,この種の鳥の尾羽はより装飾的になってゆく。42あるいは,別の例を挙げると,マグソコガネのオスは互いに戦うために角を使い,勝者がメスを得る。43世代を超え,その種のコガネムシの角もより強力になってゆく。

14   44それでも,ダーウィンはこれを適者生存の型とは異なる種類の淘汰であるとした。451つには,この2つの力は正反対の方向に引っ張りあうことがありうる。46性淘汰は強力な意見とされていて,科学者はそこに新たなひねりを加えようとし続けている。

 

スポンサーリンク

全体の要約

クジャクの装飾的な羽は,生存に適した性質が子孫に伝わるというダーウィンの自然淘汰の説に当てはまらない。そこで,配偶者獲得に有利な性質が伝わるという性淘汰の説を唱えた。これは適者生存とは異なり,正反対に作用することもある。                                                          (110)

 

Summary

The beautiful feathers of peacocks went against the theory of natural selection, which was Darwin’s idea that the useful features of a creature would become more common than the less useful features.  Then Darwin pointed out that the peacock’s huge tails are not necessary for survival but helpful for finding a mate, which he called sexual selection.  It can work opposite to the process of survival of the fittest.     (68words)

 

解答

A

1     ② → ③ → ①

2     考え:(生息している地域で,最も生存に適したものがそうでないものより多くの子孫を残し,その性質を子孫に伝えていくことで,)世代を超えてその種が生存に有利な性質をそなえるようになるという考え。
例:速く走るネズミ。視力の優れたタカ。実を多くつけるラズベリー。(この中から2つ答えること。)

3     メスの羽は小さく地味な色をしており,オスの装飾的な羽が生存に必要だとは考えられないから。

4     呼び名:sexual selection
  容:生存には不必要であっても配偶者を見つけるのに有利な性質が伝えられていくという考え。

5     自然淘汰と性淘汰はまったく反対の方向に作用することがありうるから。

B

6     クジャクの装飾的な羽は,より生存に適した性質が子孫に伝えられるというダーウィンの自然淘汰の説に当てはまらないから。(57)

Reading Skill

 

設問解説

A

1     指示語の内容を理解する

    代名詞が何を指しているかを考える。①は They が使われているので,適切な複数名詞が先にこなければならない。③の He はダーウィンのことだと考えられるから,②の次に③がくる。③には複数名詞all living thingsがあり,これが①の They に当てはまると考えると意味が通じるので,③→①であることがわかる。したがって②→③→①。

2     キーフレーズの意味をつかむ

21Those individuals best suited to survive in their particular home range will have more offspring than those that are less well suited.  22The best-suited survivors can pass along the speed or keen eyesight, or another feature that made them especially successful at surviving.  23Over generations, those useful features would become more common for that kind of creature than the less useful features.  24Darwin called this process natural selection.

    ダーウィンは this process を下線部⑴のように呼んだわけであるから,this process の内容として,前文の内容を考えればよい。

    those that are less well suited は,those の後ろに individualssuited の後ろに to survive を補って考える。「より生存に適していないもの」のこと。適したものがそうでないものより子孫を多く残し,最適なものがその性質を伝えるのである。

16Some mice run faster than other mice.  17Some hawks have better eyesight.  18Some raspberry bushes make more berries.  19And some men might be slightly overweight, but talented enough to come up with great scientific ideas.  20For example, Charles Darwin !

    Some で始まる比較級の文が例になっている。最後の例は「少し太っていて,しかし優れた科学の考えをひらめく」でダーウィンのことであるが,これは話を面白くするために挿入したものであるので,例として挙げるのはあまり適切ではない。

3     根拠となる部分を探し出す

32The peahens, the name for females of the species, do just fine with small tails.  33Females have plainer colors too, so it’s hard to see how huge, jewel-colored tails could be so important for survival in the species’ males.

    33文の how 以下は see の目的語にあたる節で「その種のオスにとって,いかに大きく宝石のような色の羽が生存のためにそれほど重要であるのか」ということ。つまり,オスの羽が重要である理由が理解しがたいのはなぜかを問う問題である。

    how の直前に so「だから」とあるので,その前に理由が書かれているとわかる。so の前を見ると,「またメスの羽は地味な色をしている」とある。 「…もまた」からもわかるが,羽の色だけでなく,前の文では羽の大きさにも言及している。

    メスは小さく地味な羽をしているのに生存に困ることはない。だからこそオスの装飾的な羽の必要性が理解しがたいということになる。

4     キーフレーズの意味をつかむ

38So Darwin wrote about a second force in evolution, (which he called sexual selection).

    which は関係代名詞非制限用法の目的格である。callOCOCと呼ぶ」で,O=a second force in evolution が先行詞となって前に出た形。もとの形に直すと,he called a second force in evolution sexual selection

    So「だから」とあり,前文を受けていることがわかるから,性淘汰(sexual selection)の具体的内容は前文(37)から探す。

37Although these fancy bird feathers and animal horns often do not give a creature direct help in surviving, they do help with finding a mate.

40A bird with the most beautiful tail ends up as the father of lots of children, and he can pass along his beauty.

    「配偶者を見つけるのに役立つ」だけでなく「その性質を子孫に伝えていく」ということが第40文からわかる。生存に有利な性質を伝える自然淘汰に対して,配偶者獲得に有利な性質を伝えるのが性淘汰である。

5     「結果→理由」の構造を見抜く

44Still, Darwin called this a separate kind of selection from the survival-of-the-fittest type.  45For one thing, the two forces can pull in opposite directions.

    for one thing1つには」で理由を表すので,この文に注目する。

  the two forces natural selection sexual selection のこと。

    クジャクの装飾的な羽が配偶者を見つけるのに有利であるが,生存には不適切であるように,2つの力は反対に引き合うことがあり,ダーウィンは性淘汰を適者生存の法則とは別であるとした。

B

6     主題に対する答えをつかむ

    冒頭で「ダーウィンはクジャクの羽を見ると気分が悪くなる」と書かれているが,理由までは述べられていない。

    67パラグラフで,適者生存や自然淘汰といった,生物種の生存に有利な性質が子孫に伝えられ,生存に適した個体が残っていくというダーウィンの考えが示されている。

    8パラグラフで再び「クジャクの気持ち悪い部分」の話題に戻る。

25Now for the sickening part about peacocks.  26Could those fancy tails make the bird more fit to survive ?  27Darwin thought that idea just didn’t make sense !

    クジャクの装飾的な羽は生存に適しているわけではない。それはつまり,生存に適した性質が残るという自然淘汰の説に反していることになる。ダーウィンは,自分の唱えた説に当てはまらないクジャクの羽に頭を悩ませたのだ。

    ダーウィンが適者生存や自然淘汰の説を唱えたこと,クジャクの羽がその説に当てはまらなかったことを中心に答えをまとめる。

Reading Skill       論の展開

    「第1パラグラフの理由」とは,「ダーウィンがクジャクの羽を見ると気分が悪くなるという手紙を書いた理由」のこと。

3:クジャクの装飾的な羽がダーウィンを悩ませたという事実について。

4~7:進化に関するダーウィンの研究や適者生存や自然淘汰の説について。

8~10:クジャクの装飾的な羽は自然淘汰の説に当てはまらず,ダーウィンを悩ませたことについて。

11:カブトムシの角について。

12~14:クジャクの羽が装飾的である理由を説明することができる性淘汰という説について。

    以上より,クジャクの装飾的な羽がダーウィンを悩ませ,気分を悪くさせた理由が書かれているのはパラグラフ3,8,9,10である。

 

別冊ノート解答

重要語句

  1. …に手紙を書く 2. 吐き出す 3. …をまとめる    4. …を指摘する    5. …を思いつく
  2. …を伝える 7. さて 8. 道理にかなう    9. うまくやる    10. ~するとき
  3. …に役立つ 12. 一つには

テーマ関連語句

  1. d. 2. c. 3. a.    4. b.

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事