スポンサーリンク

本文

Reading 1

 

The Love Letter

 

ニューヨークのブルックリンに住む青年ジェイクは,ある日,古道具屋で見つけた書き物机を購入します.それはありふれたアンティークの机に見えましたが,その中に彼が見つけたものとは….

 

p.161の指示を参考にしながら,本文を朗読してみましょう.

 

1

I bought a desk at a second-hand store near my apartment.  It is a legless little wall desk with three brass-knobbed drawers.  The store’s owner said it had come from the last of the big old mid-Victorian houses in Brooklyn; they were tearing it down on Brock Place, a few blocks away.

I am 24 years old.  I live in Brooklyn and work in Manhattan.  I had been in need of a desk; there’s no table in my phone-booth kitchenette, and I had been writing letters to my parents at a little end table I could not get my knees under.

So, one Saturday afternoon, I bought the desk, cheap and small, brought it home and fastened it to my living-room wall with heavy screws.  I never wondered or cared who might have used it long ago.

Late that night, I happened to discover a little secret drawer behind one of the drawers, which contained a blank, sealed envelope.  I ripped open the envelope to find the letter inside.  Even before I saw the date, I knew this letter was old.  The handwriting was obviously feminine, and beautifully clear.  The ink was rust-black, the date at the top of the page was May 14, 1882.

I saw that it was a love letter written by a Helen Elizabeth Worley for an imaginary man who she hoped would come and save her from her fiancé, who she did not love.  As I read her words, she seemed real and alive to me.

 

2

I don’t know why I decided to write her.  The night is a strange time when you are alone in it, the rest of your world being asleep.  If I had found that letter in the daytime, I would have smiled and shown it to a few friends, then forgotten it.  But alone in the dead of night, a window partly open, a cool late-at-night freshness stirring the quiet air ― it was impossible to think of the girl who had written this letter as a very old lady, or maybe long since dead.  As I wrote, I felt that I was communicating with a still-living young woman.

I began by saying that I wished I knew the way I could possibly help her.  And I ended with: “I cannot reach you or help you.  But I will think of you.  Maybe I will dream of you.”  I signed my name, Jake Belknap, but did not write the return address on the envelope.  I hated the idea of my letter being sent back to me with a rubber stamp “NO SUCH PERSON,” proof that she was around no longer.

I walked out of my apartment, with my letter in hand.  Brock Place, three blocks away, was deserted when I reached it.  As I walked on, there stood the old house.  The roof was gone, the windows and doors were all removed.  But there on the ornate post, I saw the number, 972, carved into the old wood.  I copied the number onto my envelope under the name of the girl who once lived here, Brock Place, Brooklyn, New York.  Then I turned and went to mail it.

The post office must have been one of the oldest in the district.  I supposed it had been built during the decade following the Civil War.  I pushed the worn brass plate open and dropped my letter into the silent blackness of the slot.  I felt it went into the Brooklyn of 1882.  I had a feeling of fulfillment, of having done, at least, everything I possibly could in response to the silent yearning of a young woman for someone to love truly.

 

3

I worked at home on Friday evening a week later.  It was around twelve-thirty when I finished; the center drawer of my desk, from which I had taken out paper clips, stood half open.  Then I realized suddenly that of course it, too, must have another secret drawer behind it.  It had not occurred to me the week before, in my interest and excitement over the letter I had found behind the first drawer; and I had been too busy all week to think of it since.

I pulled the center drawer all the way out, reached behind it and found the second secret little drawer.  And inside it was a note, written in rust-black ink on yellowing old paper.  I don’t claim to be speaking scientifically.  I don’t think that science has a thing to do with it.  The note read:

 

Please, oh, please ― who are you?  Where can I reach you?  Your letter arrived today, and I have wandered the house and garden ever since in excitement.  I cannot know how you saw my letter in its secret place, but since you did, you will see this one too.  Oh, tell me your letter is no hoax or cruel joke!  If it is not ― if I now address someone who has truly responded to my most secret hopes ― tell me who and where you are.  I feel and am most certain of it ― if I could know you, I would love you.  It is impossible for me to think otherwise.

I must hear from you again; I shall not rest until I do.

                                                                                          Most sincerely,

                                                                                          Helen Elizabeth Worley

 

I sat there in the night for a long moment staring at the wall, trying to figure out how to explain something I was certain was true.  Then I wrote:

 

Helen, my dear,

I don’t know how to say this so that it will seem even comprehensible to you.  But I do exist, here in Brooklyn ― in the year 1962.  We are separated not by space, but by the years which lie between us.  Now I own the desk which you once had, and at which you wrote the note I found in it.  All I can tell you is that I answered that note, mailed it late at night, and that somehow it reached you.  This is no hoax!  You must believe me.  I live, I exist, eighty years after you read this; and with the feeling that I’ve fallen in love with you.

 

Then I added:

 

Helen, there are three secret drawers in our desk.  The two of them have been used up already, one for your first letter and the other for the one before me.  Nothing else can now come down through the years to me by way of these two, for you cannot now alter what you have already done.

But I haven’t opened the third drawer.  Not yet!  It is the last way you can still reach me, and the last time.  I’ll mail this as I did before, then wait.  In a week I’ll open the last drawer.

                                                                                          Jake Belknap

 

4

It was a long week.  I worked, I kept busy in the daytime, but at night I thought of hardly anything but the third secret drawer in my desk.  I was terribly tempted to open it earlier, telling myself that whatever might lie in it had been put there decades before and must be there now, but I was not sure, and I waited.

Then, late at night, a week to the hour after I had mailed my second letter, I opened the last secret drawer.  My hand was shaking, and for a moment I could not bear to look directly into the drawer.

I had expected a long letter, of many pages, her last communication with me, and full of everything she wanted to say.  But there was no letter at all.  It was a photograph, about three inches square, a faded sepia in color, mounted on heavy stiff cardboard.

The photograph showed the head and shoulders of a girl in a high-necked dark dress with a cameo brooch at the collar.  Her dark hair was swept tightly back, covering the ears, in a style which no longer suits our ideas of beauty.  But the stark severity of that dress and hair style could not spoil the beauty of the face that smiled out at me from that old photograph.  Across the bottom of her photograph, she had written, “I will never forget.”  And I understood that was all there was to say, as she knew that this was the last time she would ever be able to reach me.

It was not the last time, though.  There was one final way for Helen to communicate with me over the years.  It took me a long time, as it must have taken her, to realize it.  Only a week ago, on my fourth day of searching, I finally found it.  It was late in the evening, and the sun was almost gone, when I found the old headstone among all the others stretching off in rows under the quiet trees.  And then I read the inscription etched in the weathered old stone:

 

HELEN ELIZABETH WORLEY, 1861-1934

 

Under this were the words:

 

I NEVER FORGOT

 

And neither will I.

 

 

 

p.145

Q1. Where did he find the letter?

Q2. Why did Helen write a letter to an imaginary man?

 

brass-knobbed真鍮(しんちゅう)の取っ手が付いた」  mid-Victorian「中期ヴィクトリア朝風の」ヴィクトリア朝はヴィクトリア女王による英国統治時代(1837-1901).  Brooklyn「ブルックリン」ニューヨーク市南部の区.  Manhattan「マンハッタン」ニューヨーク市の中心をなす区.  phone-booth kitchenette「電話ボックスのように狭い台所」  rust-black「黒さびのような色」

 

p.146

Q3. How did he feel when he wrote to Helen?

Q4. Why didn’t he write the return address on the envelope?

 

stir: make something move slightly  deserted: empty and quiet  ornate post「装飾の付いた柱」

 

p.147

Q5. Where did he find Helen’s reply to his letter?

 

the Civil War「南北戦争」(18611865

hoax: a trick to make people believe something that is not true

 

p.148

comprehensible: easy to understand

 

p.149

Q6. What did he say was the last way Helen could reach him?

Q7. What did he find in the third secret drawer?

 

alter: make something change  be tempted to do: feel you would like to do something

cannot bear to do: feel unable to do something  cameo「カメオ」貝殻や石に浮き彫りをした装飾品.

 

p.150

Q8. What was the final way for Helen to communicate with Jake?

 

stark severity: plainness in appearance, with no decoration  stretch: cover a large area of land  inscription: words that are written or cut on something

 

 

 

スポンサーリンク

和訳

Part 1

ぼくはアパートの近くの古道具屋で机を買った.それは,真鍮(しんちゅう)の取っ手が付いた3つの引き出しのある,小さな脚のない壁机だ.店の主人が言うには,それはブルックリンにある中期ヴィクトリア朝風の古い大きな屋敷の最後の1つから出たものだということだ.その屋敷は数ブロック先にあるブロック・プレースで取り壊し中だった.

ぼくは24歳.ブルックリンに住み,マンハッタンで働いている.ぼくには机が必要だった.電話ボックスのように狭い台所にはテーブルがなく,膝も入れることのできない小さな側卓(エンドテーブル)で,両親に宛てて手紙を書いてきたのだ.

ということで,ある土曜日の午後,ぼくは安くて小さなその机を買い,自宅に運んで,居間の壁にしっかりしたネジで固定した.遠い昔にどんな人がその机を使っていただろうとは考えもしなかったし,気にもしなかった.

その夜遅く,ぼくは引き出しの1つの後ろに,小さな隠し引き出しがあるのを偶然見つけた.それには,何も書かれていない,封をした封筒が入っていた.その封筒を破って開けると中に手紙があった.日付を見る前から,この手紙が古いものであることがわかった.筆跡は明らかに女性のもので,とても読みやすかった.インクは黒さびのような色で,紙面の一番上にある日付は1882年5月14日だった.

その手紙は,ヘレン・エリザベス・ウォーリーという女性が,婚約者から彼女を救いに来てほしいという願望を込めて,想像上の男性に宛てて書いたラブレターだとわかった.彼女は婚約者のことを愛していなかった.彼女の言葉を読んでいくにつれ,ぼくには彼女が実在し,そして現に生きているように思われた.

 

Part 2

ぼくがどうして彼女に手紙を書こうと思ったのかはわからない.夜というのは,自分以外の世界が寝静まっているなか,ひとりぼっちでいると,不思議な感じのする時間だ.仮にぼくがあの手紙を昼間に見つけていたとしたら,ぼくは微笑んでそれを何人かの友人に見せ,そして忘れ去っていただろう.けれども,真夜中にたった一人,窓が少し開いていて,ひんやりした夜更けのさわやかさが静かな空気をかすかに動かすと,この手紙を書いた娘が,もうひどく年老いた女性であるとか,ずっと前に亡くなっているかもしれないとは考えられなかった.手紙を書いていくうちに,ぼくは今まだ生きている若い女性に語りかけているのだという気がしていた.

ぼくは,どうにかしてあなたを助ける方法がわかればいいのですが,と書き始めた.そして,「ぼくはあなたに近づくことも助けることもできません.でも,あなたのことを考えるでしょう.たぶん,あなたのことを夢に見るでしょう」と締めくくった.ぼくは,ジェイク・ベルクナップと署名したが,封筒に差出人の住所は書かなかった.その手紙が,もう彼女は実在しないという証である「宛先人不明」というゴム印が押されて送り返されてくるのが嫌だったのだ.

ぼくは手紙を持ってアパートから出た.3ブロック先のブロック・プレースに着くと,そこには誰もいなかった.歩き続けると,例の古びた家が建っていた.屋根はすでになく,窓や扉はすべて取り払われていた.ただし,凝った装飾の柱があり,ぼくはその古い木に彫られた,972という番号を見つけた.ぼくはその番号を封筒に書き写した.かつてニューヨーク,ブルックリンのブロック・プレースのこの場所に住んでいた娘の名前の下に.それからぼくは踵を返して手紙を投函しに行った.

郵便局は,その地域で最も古いものの1つであったに違いない.南北戦争後の十年の間に建てられたのだろうと思った.ぼくは,摩耗した真鍮のプレートを押し開けて,ポストの口の静まり返った暗闇の中へ手紙を落とした.手紙は1882年のブルックリンへと吸い込まれていくように感じた.ぼくは,達成感を得た.それは,若い女性が真に愛する誰かを求める無言の願いに応じて,少なくとも,できるだけのことはした,という達成感だった.

 

Part 3

1週間後の金曜日の夜,ぼくは家で仕事をした.仕事が終わったのは12時半頃だった.机の真ん中の引き出し,そこからペーパークリップを取り出したのだが,その引き出しが半開きになっていた.そのときぼくは,その後ろにも別の隠し引き出しがもちろんあるに違いないということに突然気がついた.前の週は,最初の引き出しの後ろに見つけた手紙に対して興味津々で興奮していて,そんなことは思いつかなかったし,1週間ずっとあまりにも忙しくて,そのことについてはそれ以来考えられなかったのだ.

ぼくは真ん中の引き出しをすっかり抜き出し,その後ろに手を伸ばすと,2つ目の小さな隠し引き出しを見つけた.するとその中には手紙があり,それは黄ばんだ古い紙に黒さび色のインクで書かれていた.ぼくは,科学的に話していると言い張るつもりはないし,そのことに科学が関係しているとは少しも思わない.手紙にはこのように書いてあった.

 

ああ,お願いです.あなたは誰なの? どこへ行ったらお会いできるの? あなたの手紙は今日着きました.それからずっと,私は興奮して家や庭を歩き回っているのです.私は,あなたがどのようにして,秘密の場所にある私の手紙を見たのか知る由もありません.でも,あなたがあの手紙を見たのですから,この手紙だって見てくださるでしょうね.ああ,どうぞ,あなたの手紙は決して悪戯やひどい冗談ではない,とおっしゃってください.もし,悪戯でないなら,もし今私が,もっとも秘密にしている願いに本当に応えてくださった方に宛てて書いているのであれば,あなたがどなたで,どこにいらっしゃるのか教えてください.私は,次のように感じ,強く確信しています.もしあなたと知り合えれば,私はあなたを愛するでしょうにと.私にはそうとしか考えられません.

もう一度,きっとお便りをください.それまでは心が安まらないでしょう.

もっとも親愛なる

ヘレン・エリザベス・ウォーリー

 

ぼくは壁を見つめながら夜の中に長い間座っていた,ぼくが真実だと確信していることを,どのように説明すればいいかを考えながら.それから次のように書いた.

 

親愛なるヘレン

ぼくには,このことをどう説明したら,あなたにいくらかでもわかってもらえるのかわかりません.でも,ぼくは確かに,ここブルックリンにいるのです,ただし1962年に.ぼくたちは空間によって隔てられているのではなく,ぼくたちの間に横たわる年月によって隔てられているのです.今ぼくは,あなたがかつて持っていた机を所有しています.その中でぼくが見つけた手紙をあなたはこの机で書いたのです.ぼくに言えるのは,ぼくはその手紙に返事を書き,夜遅くにそれを投函し,そしてどういうわけか,それがあなたに届いた,ということだけです.これは悪戯などでは断じてありません! ぼくの言うことを信じてください.ぼくは,あなたがこの手紙を読む80年後に,生きて存在しているのです.あなたに恋してしまったことを感じながら.

 

それから,こう付け加えた.

 

ヘレン,ぼくたちの机には隠し引き出しが3つあります.そのうちの2つはもう使われてしまいました.1つはあなたの最初の手紙のために,もう1つはぼくの目の前にある手紙のためにです.この2つの引き出しからは,もうほかに何も,年月を超えてぼくに届くはずはありません,なぜなら,あなたがすでにしてしまったことは変えられないのだから.

でも,ぼくはまだ3つ目の引き出しは開けていません.そう,まだ! これが,あなたがまだぼくに連絡をとることのできる最後の方法で,最後の機会なのです.ぼくは,前にそうしたようにこれを投函し,そして,待ちます.1週間経ったら最後の引き出しを開けることにします.

ジェイク・ベルクナップ

 

Part 4

それは長い1週間だった.ぼくは働き,昼間は忙しくしていたが,夜になると,机の3つ目の隠し引き出し以外のことはほとんど何も考えられなかった.ぼくはもっと早くその引き出しを開けたくてしかたがなかった.その中に入っているものが何であれ,それは何十年も前に入れられて,今もきっとそこにあるはずだと自分に言い聞かせながら.しかし,ぼくには確信がなかったので,待った.

そして,ぼくが2通目の手紙を投函してから時間もきっかり1週間後の夜遅く,ぼくは最後の隠し引き出しを開けた.ぼくの手は震え,しばらくの間その引き出しの中を直視することができなかった.

ぼくは長い手紙を予想していた.多くの枚数の手紙で,彼女のぼくへの最後の連絡であり,彼女が言いたいことがすべて書き連ねてある手紙を.でも,手紙は1通もなかった.あったのは,約3インチ四方で,色はあせたセピア色で,分厚くて固いボール紙の上に貼られた写真だった.

その写真には,襟にカメオのブローチがついた,黒っぽい色のハイネックのドレスを着た少女の顔と肩の部分が写っていた.彼女の黒髪は耳を覆ってきちっと後ろにまとめられていて,もはやぼくたちの美的感覚には合っていないスタイルだった.しかしそのドレスとヘアスタイルのあまりの簡素さも,その古い写真からぼくに微笑みかける顔の美しさを損うことはできなかった.彼女の写真の下の部分には,「私は決して忘れはしない」と書いてあった.そしてぼくは,それが彼女の言うべきことのすべてだということを理解した.彼女は,これがぼくに連絡をとることができる最後の機会だと知っていたのだから.

だが,それが最後の機会ではなかった.ヘレンが時を超えてぼくに思いを伝える方法が一つだけ残っていたのだ.彼女もきっとそうだっただろうが,ぼくがそれに気づくのにかなりの時間がかかった.ほんの一週間前,捜索の4日目に,ついにぼくはそれを見つけた.夕方遅く,太陽が沈みかけた頃,ぼくは,ひっそりとした木々の下に何列にも広がっている墓石の中に,その古い墓石を見つけた.そして,雨風で傷んだ墓に彫られた墓銘碑にはこう書かれていた.

ヘレン・エリザベス・ウォーリー,1861-1934

その下に言葉があった.

「私は決して忘れはしなかった」

ぼくも,決して忘れはしない.

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事