スポンサーリンク

本文

Reading 2

 

Humming Through My Fingers

 

私はAmber.目が見えないけれど,耳はコウモリみたいによく聴こえるのねって母に言われるの.運動会の日,グラウンドから遠く離れた木陰でひとり点字の本を読んでいたら….

 

p.161の指示を参考にしながら,本文を朗読してみましょう.

 

1

“Hi, Amber.  It’s Kyle.”  I recognized his voice.  Kyle Bennett ― the new boy in my brother Matthew’s class.  Kyle had been to our house once or twice with some other friends, but this was the first time he’d actually said anything to me.

“Can I sit down?” he asked.

“I don’t know.  Can you?” I joked.

“I … er … I meant, do you mind if I sit down?”

“Help yourself.”  I carried on reading, my fingers skimming over the page.

“What are you reading?”

Rebecca.  It’s one of my favorites.”

Then my fingers unexpectedly touched Kyle’s and an electric shock like lightning flashed through my fingers and up my arm.

“Ouch!” Kyle exclaimed.

With his touch still humming through my fingers, I pulled my hand away.  “Are you OK?”

“Yeah, I just got a shock.  I don’t see how it happened.”  Kyle went on as I said nothing.  “Sorry about that.  I just wanted to see what braille was like.  How does it work?”

I sighed.  Another explanation.  Another embarrassed pause followed by a murmur of sympathy.

“Each of the series of dots represents a letter or number,” I explained.  “I use my fingers to read the dots rather than my eyes to read the words on a page, that’s all.”

“Can I have a try?”

“Go ahead.”

He took the book from me, careful not to touch my fingers this time.

“It would take me years to learn all this.”  Kyle whistled appreciatively.  “How long did it take you?”

“Quite a few months,” I replied.  I was surprised.  No pity, no sympathy, just two people talking.

“Were you born blind?”

Another surprise.  No one outside my family ever discussed my eyes.  It was a taboo subject.

“No.”  I forced myself to speak.  “I’m a diabetic and I’m one of the unlucky few who became blind because of it.”

“What do you miss most?”

“People’s faces ― and colors.”  Silence stretched between us as I listened to Kyle search for something else to say.

“Your brother told me that you see things with your other senses, though.”

I didn’t reply.  Slowly I closed my book and waited.

“He said that you could taste shapes and hear colors,” said Kyle.

Tasting shapes, hearing colors ….  Even to my ears, it sounded bizarre.

“It’s called synesthesia.  About ten people in every million have it.”

“What’s it like?”  Kyle asked.

“What’s it like to see using your eyes?”  I asked him back.

“Well, … it’s … it’s difficult to explain.”

I felt like changing the subject.  Then, Kyle started to say, “Would you ... er ... I’m going for a burger after all the events are over.  I don’t suppose you’d like to come with me?”

Silence stretched between us.

“Yeah, OK,” I said at last.

“Great!  Great!”  I would’ve laughed at the relief in his voice, but at that moment I didn’t feel like laughing.  I couldn’t figure out why I’d said yes.

 

2

“Are you going to go back to your friends and watch the events?” I asked.

“No, I thought I’d stay here with you, if that’s all right?”

“Sure.  Let’s go for a walk.”

“A walk?”

“Around the grounds.  Away from everyone else,” I said.

“Can you ...?”

“I can walk, you know.”  I laughed.  “It’s my eyes that don’t work, not my legs.”

“Yeah, of course.  Sorry.”  I heard Kyle get to his feet.  I stood up, ignoring the hand he put out to help me.

“Let’s walk downstream, then cross over the far bridge and walk around the tennis courts,” I suggested.

“Fine.”

We started walking.  Kyle stuffed his hands in his pockets.

“Kyle, have you got a tie on you?”

“Why?”

“Take it off and put it around your eyes.”

“Come again?”

“You heard right the first time,” I said, laughing.

“Why do you want me to do that?”

“I’m going to take you around the grounds.”

“With my eyes blindfolded?”

I laughed at the panic in his voice.  “That’s right.  You’re going to have to trust me.”

“But you ... you can’t see.”

“Are you going to do it, or are you going to chicken out?”

Slowly Kyle removed the tie from around his neck and tied it around his eyes.

“Let me touch your face to check if your eyes are really covered,” I said.

I heard him lean forward.  I ran my fingers lightly over his face.  My fingers began to hum again as I touched his skin.  He had a large forehead, a strong nose and a firm chin, and his lips were soft.  I couldn’t tell about his eyes because they were covered with his tie.  Satisfied that his eyes were indeed covered, I linked his arm with my own.  He instinctively stiffened at that.

“Don’t worry, your friends won’t be able to see us over here.”

“It’s not that.  But suppose we end up in the stream or something?”

“Then we’ll get wet!”

There was a pause; then Kyle laughed.  His body relaxing, he said, “All right, then.  Do you know where you’re going?”

“I know this school like the back of my hand.  Don’t worry,” I assured him and looked around, seeing it with my memory.  All around us were the acres of grounds, divided by a gently flowing stream.  I remembered how green the grass was, even in winter, and how in spring and early summer it was always covered in daisies.

 

3

I led Kyle down the stream before I turned us to our left and walked a few steps.

“Now you have to do exactly what I say,” I told him, leading him down a gentle slope.

“Are we going to cross the stream here?” he asked, aghast.

“That’s right.” I smiled.  “We’re going to jump across.”

“But … I can’t see where I’m going,” Kyle protested.

“Then use your other senses.  I’ll help you.  It’s less than half a meter to the other side at this point.  Just jump, then let your weight fall forward and grab hold of one of the tree roots.  Then, haul yourself up out of the way because I’ll be right behind you.  OK?”

“Do you really think this is a good idea?”

“You’ll just have to trust me.”

“OK,” Kyle said doubtfully.

I straightened him up. “Don’t worry.  You’d better believe it!  Now then.  After three.  One ... two ...”

“Three!” Kyle shouted.

And he jumped.

To be honest, I was impressed.  I didn’t think he had it in him.  I heard an “Oof!” followed by the scramble of his hands as he sought and found a tree root.  He hauled himself up the bank.

“Here I come,” I shouted.

And I jumped.  In a way, I’m sorry Kyle didn’t see me.  A sighted person couldn’t have done it better.

“Are you OK?” I asked.

“I think so.”

I turned towards his voice.  “How did it feel to jump?”

“I was ... a bit nervous,” he admitted.  “I know the water is only a few centimeters deep, but it suddenly felt like it was kilometers.”

“And how did you feel when you landed on the other side?”

“Relieved!”

“Anything else?”

“Yeah.  Kind of proud of myself.”

“Being blind,” I began, “is like jumping off a cliff with the water below kilometers deep ― except you jump, never knowing what’s on the other side of the cliff.  Everything’s an adventure.  I never know what I’ll come across or what I’ll find, whether I’ll be delighted or disappointed, hurt or happy.  Does that make sense?”

“I think so.”  Kyle didn’t sound sure.  But it was a start.

 

4

“Well, it’s time for our next step.”

I led the way towards the tennis courts.  Then, I smelled what I was looking for.  The scent was overwhelming.

“Kneel down,” I said, taking Kyle’s hand and put it out to touch what I could smell.

“Just use your index finger and your thumb to touch this,” I said.

“What is it?  It feels like a bit of velvet, but there wouldn’t be velvet around the tennis courts,” said Kyle.

I reached out and touched the object.  “A deep yellow velvet.”

“How can you tell what color it is?”

“Yellow has quite a high voice.  This yellow’s voice is slightly lower, which means the shade is deeper, but it’s definitely yellow,” I told him.

“Do you know what it is?”  Kyle asked.

“Yes, I do.”  And all at once I didn’t want to do this any more.  I felt sad.  “Take off your tie now.  Have a look at what you’re touching.”

Kyle removed his tie and gasped.  “It’s ... it’s a flower ...,” he said, shocked.

“Beautiful, isn’t it?”

“A yellow flower,” Kyle whispered.

“There’s more to seeing than looking, Kyle,” I told him.  “Your eyes work.  Never forget what a gift that is.  I can taste light and feel colors and I’m grateful.  But to see ....”

“A flower ....” Kyle was awestruck.  I wondered if he’d even heard me.

“Kyle, I see things in ways that you can’t or won’t because you don’t have to.  I’m grateful for that because I can still appreciate the things around me.  Maybe even more than a lot of sighted people do.”

I sensed Kyle looking at me.  Really looking ― for the first time.  I smiled at him.

“I ... I have something to tell you,” Kyle began uneasily.

“Forget it.”

“No, it’s important.  I ....”

“Your friends bet you that you couldn’t get me to go out for a burger with you.  They thought you had no chance because I turned them down before.”

Silence.

“How did you know that?” Kyle asked.

“I heard you.”

“But we were practically across the field.”

“The wind was blowing in my direction.”

When Kyle didn’t answer, I said, “Are you OK?”

It was a long time before Kyle answered.

“I’m sorry, Amber.  I guess you hate me now.”

“Why should I hate you?”

He looked at me then, with the eyes of someone who could see me ― I could tell.  Not a blind girl.  Not someone to be pitied.  Not someone who had less than him.  But a girl who could see without using her eyes.

“Do you know something?” Kyle looked all around him, then straight at me.  “I hadn’t noticed before, but everything around me is ....”

He shut up then, embarrassed.  I burst out laughing.  “Come on,” I said.  “Let’s go and join the others.”

 

 

p.153

Help yourself.「ご自由にどうぞ」  skim : move quickly and lightly  Rebecca『レベッカ』イギリスの小説家ダフネ・デュ・モーリアの書いた小説.  hum: make a low continuous sound  braille「点字」ブライユの考案した点字法.  murmur: a soft, quiet sound made by a person

 

p.154

taboo subject「触れてはいけない話題」  diabetic「糖尿病患者」  bizarre: very strange  synesthesia「共感覚」音や言葉に色を感じたり,味を感じたりする感覚.

 

p.155

Q1. How did Amber feel when she accepted Kyle’s offer?

Q2. What did Kyle mean when he said, “Can you …?”

 

downstream: in the direction in which a river flows

 

p.156

Q3. Why did Amber touch Kyle’s face?

 

Come again?「もう一度言ってくれる?」  blindfolded: with eyes covered by a piece of cloth  chicken out: decide not to do something because you are afraid  stiffen: suddenly stop moving because you are frightened

 

p.157

daisy「デイジー,ヒナギク」  aghast: very shocked  grab hold of : take hold of something violently  haul oneself up: pull oneself up with a lot of effort

 

p.158

straighten: make something straight  have it in : have the capacity or potential to do something  scramble: a hurried attempt to get something

 

 

p.159

Q4. How did Kyle feel when he landed after jumping across the river?

 

cliff「がけ」  kneel down「ひざをつく」  velvet「ベルベット」滑らかで光沢のある織物.

 

p.160

Q5. Why was Kyle surprised when he took off the tie?

 

all at once: suddenly  gasp: breathe in suddenly, especially because you are surprised  awestruck: feeling very impressed by something  bet: risk money on the result of a game  turn down: refuse an offer

 

p.161

Q6. How did Amber know that Kyle was going to ask her out on a date?

 

burst out doing: suddenly begin doing something

 

以下を参考にしながら,本文を朗読してみましょう.

① 作品の十分な理解

作品を繰り返し読んで,十分に理解し,解釈しましょう.

② 聞き手に伝えるための工夫

場面や登場人物の年齢,性別,性格などの特徴,動作や感情の動きを想像して,聞き手に伝わるための工夫を考えてみましょう.

③ 効果的な表現の工夫

声の調子,大きさ,速度の調節や表情,身振りなどを工夫して,聞き手を作品に引き込む効果的な方法を取り入れてみましょう.

 

 

 

和訳

Part 1

「やあ,アンバー.カイルだよ」彼の声だとわかりました.カイル・ベネット,マシュー兄さんのクラスに来た転校生です.彼はほかの数人の友達と一緒に1,2度家に来たことがあったけれど,私に直接話しかけてきたのは,これが初めてでした.

「ぼく,座れる[座っていい]かな?」と彼が聞いてきました.

「さあ,どうかしら.座れるの?」と私は冗談を返しました.

「いや,そうじゃなくて……つまり,ぼくが座ると迷惑かな?」

「ご自由にどうぞ」私は指をページの上にすべらせ,本を読み続けました.

「何を読んでいるの?」

「『レベッカ』.お気に入りの一冊なの」

その時突然,思いがけず私の指がカイルの指に触れ,稲妻のような電気ショックが指を通って腕を突き抜けました.

「痛っ!」カイルが叫びました.

彼の感触でまだ指の中がジンジンと鳴っているまま,私は手を引っ込めて言いました.「大丈夫?」

「ああ,ちょっとビリっときただけだよ.どうしてこんなふうになったんだろう」私が何も言わないでいると,カイルは話し続けました.「ごめんね.点字ってどんなものか,見たかっただけなんだ.どうやって読むの?」

私はため息をつきました.また同じ説明をしなくちゃならない.どうせまた困ったように黙って,それからぼそぼそと同情めいたことを言うんだわ.

「点の集合の一組一組が,文字や数字を表しているの」と私は説明しました.「私は目を使ってページにある言葉を読む代わりに,指を使って点を読んでいる,ただそれだけのこと」

「やってみてもいい?」

「どうぞ」

今度は私の指に触れないように用心しながら,彼は私から本を受け取りました.

「これを全部覚えるなんて,ぼくだったら何年もかかるな」カイルは感心したように口笛を鳴らしました.「君はどれくらいかかったの?」

「何か月もかかったわ」と私は答えました.私は驚いていました.哀れみも同情もなく,ただ普通に2人の人間が言葉を交わしていたのです.

「君は生まれつき目が見えないの?」

またもや驚きです.私の目のことを口にする人なんて,今まで家族以外には誰もいませんでした.それは触れてはいけない話題だったのです.

「いいえ」私はやっとのことで言葉を発しました.「私,糖尿病で,そのせいで目が見えなくなった,不運な少数派の1人というわけ」

「一番恋しいのは,何?」

「みんなの顔……それと,いろんな色」沈黙が2人の間に広がり,私はカイルが何かを言おうとして言葉を探している気配に,耳を傾けました.

「でも,お兄さんから聞いたんだけど,君は(視覚の代わりに)ほかの感覚を使って物が見えるんだってね」

私は返事をしませんでした.ゆっくりと本を閉じ,そして待ちました.

「君には形の味がわかったり,色が聞こえたりするって,お兄さんが言っていたよ」とカイルが言いました.

形の味がわかったり,色が聞こえたり…….それは私の耳にさえも奇妙に響きました.

「共感覚って呼ばれているの.百万人に10人くらい,共感覚のある人がいるのよ」

「それって,どんな感じなの?」カイルが聞いてきました.

「目を使って見るって,どんな感じなの?」私は聞き返しました.

「それは……その……説明するのは難しいよ」

私は話題を変えたくなりました.すると,カイルが切り出しました.「よかったら……えっと……(運動会の)競技が全部終わったら,ハンバーガーを食べに行くつもりなんだ.君は一緒に来たくなんかないよね?」

2人の間に沈黙が広がりました.

「ええ,いいわ」ついに,私は答えました.

「やった! やったあ!」彼の声がすごくほっとした感じだったので,笑ってしまってもおかしくないところでしたが,その時の私は,笑いたい気分ではありませんでした.どうして承諾してしまったのか,自分でもわからずにいたのです.

 

Part 2

「お友達のところに戻って,運動会を見るの?」と私は尋ねました.

「いや,ここで君と一緒にいたいなと思ったんだけど,君さえよければ」

「いいわよ.じゃあ,お散歩しましょう」

「散歩?」

「学校の敷地をぐるっと.みんながいないところに」と私は言いました.

「君,歩け……?」

「歩けるわよ」私は笑いました.「使えないのは私の目で,脚じゃないもの」

「ああ,もちろんそうだよね.ごめん」カイルが立ち上がるのが聞こえました.私を助けようと彼が差しのべた手は無視して,私も立ちました.

「小川に沿って歩きましょう.それから遠くの橋を渡って,テニスコートのまわりを歩くの」と私は提案しました.

「いいよ」

私たちは歩き始めました.カイルは両手をポケットに突っ込みました.

「カイル,ネクタイ着けてる?」

「どうして?」

「それ,外して,目隠しにして」

「もう一度言ってくれる?」

「ちゃんと一度目に聞こえたはずよ」と私は笑いながら言いました.

「どうしてそんなことしてほしいの?」

「私があなたを連れて,敷地を回ってあげるから」

「ぼくが目隠ししたままで?」

うろたえた彼の声に,私は笑い出しました.「そのとおりよ.私のこと,信頼してくれなくちゃね」

「だけど君は……君は,見えないんだよ」

「やってみるの? それとも怖じ気づいたの?」

カイルはゆっくりと首からネクタイを外すと,それで目を覆って結びました.

「ちゃんと目が隠れているかどうか確認したいから,顔を触らせて」と私は言いました.

私は彼が前にかがむのが音でわかりました.私は彼の顔に軽く指をすべらせました.彼の肌に触れると,私の指はまたジンジンと鳴り始めました.彼の額は広く,鼻は大きく,顎は頑丈で,唇は柔らかでした.彼の目がどんな感じかは,ネクタイで覆われていたので,わかりませんでした.確かに目が隠れていることに満足して,私は彼の腕に自分の腕をまわしました.するとカイルは,思わず体をこわばらせました.

「心配しなくていいわ.こんなところまで私たちがお友達に見えるはずないもの」

「そんなことじゃないよ.ただ,ぼくたち小川か何かに突っ込んでしまったら,どうする?」

「そうしたら,ぬれちゃうわね!」

少し間があって,それからカイルは笑い出しました.体の緊張がゆるんで,彼は言いました,「よし,わかったよ.君はどこに向かっているか,わかっているの?」

「この学校のことは,よくわかっているわ.心配しないで」と彼に請け合うと,私は見回して,記憶を頼りに敷地内の風景を思い浮かべました.2人のまわりには何エーカーもの敷地が広がり,ゆるやかに流れる小川がその敷地を2つに分けていました.私は覚えていました.冬でも芝生がどれほど青々としていたか,そして春から初夏にかけてずっと,その芝生がデイジーの花で覆われていたことを.

 

Part 3

私はカイルの手を引いて小川を下って行き,それから左に向きを変えると,数歩進みました.

「さあ,私の言うとおりにしてね」私は彼を導いてなだらかな斜面を下りながら言いました.

「ここで川を渡るつもりかい?」彼はぎょっとした様子で尋ねました.

「そのとおりよ」私は微笑みました.「川を跳び越えるの」

「だけど……自分の跳ぶ先が見えないよ」とカイルは抗議しました.

「じゃあ,視覚以外の感覚を使ってみて.手伝ってあげるから.ここは向こう岸まで50センチもないのよ.とにかくジャンプして,それから重心を前に傾けて,木の根っこにつかまるの.そうしたら,体を引き上げて,道を空けてね.続いてすぐに私が跳ぶから.いいかしら?」

「これって,本当にいい思いつきだと思う?」

「あなたはただ私を信じていればいいの」

「わかったよ」とカイルは不安げに言いました.

私は彼をしゃんとさせました.「心配しないで.信じればいいの! さあ,いいわね.3つ数えるわよ.1……2……」

「3!」カイルが叫びました.

そして,跳びました.

正直なところ,感動しました.彼にそんな勇気があるなんて,思っていなかったのです.「うーっ!」という声に続いて,彼がバタバタと手探りして木の根っこを見つけたらしい音が聞こえてきました.そして彼は土手をはい上がりました.

「じゃあ,いくわよ!」と私は叫びました.

そして跳びました.カイルに見てもらえなかったことは,ある意味,残念でした.目の見える人でも,これほど見事にやってのけることはできなかったでしょう.

「大丈夫?」と私は尋ねました.

「だと思う」

私は彼の声がする方に向きました.「跳ぶのはどんな感じだった?」

「ちょっと……どきどきしたよ」とカイルは認めました.「水の深さはたった数センチだとわかっているのに,急に何キロメートルもあるように感じたんだ」

「じゃあ,対岸に着地したときの気持ちは?」

「ほっとした!」

「ほかには?」

「うん,なんだか誇らしい気分になったよ」

「目が見えないってことはね,」と私は切り出しました.「何キロメートルもの深さがある水を眼下に臨む崖から跳ぶようなことなの.崖の反対側に何があるのか,まったくわからないまま跳ぶようなことなの.何もかもが冒険なの.どんなことに出くわすか,何が見つかるのか,喜ぶのか失望するのか,傷つくのか幸せになるのか,見当もつかないの.わかるかしら?」

「たぶん」カイルは自信がなさそうでした.でも,これが初めの一歩です.

 

Part 4

「じゃあ,次に行きましょう」

私はテニスコートのほうに連れていきました.すると,求めていたものの匂いがしてきました.その香りには,圧倒されるほどでした.

「ひざまずいて」と言って私はカイルの手をとって前に伸ばし,香りのもとに触らせようとしました.

「人差し指と親指だけでこれに触ってみて」と私は言いました.

「何なの,これ? ちょっとベルベットみたいな感触だけど,テニスコートのまわりにベルベットなんて,あるはずないし」とカイルが言いました.

私は手を伸ばして,その物体に触りました.「濃い黄色のベルベットだわ」

「君はどうやって何色かわかるの?」

「黄色って,すごくかん高い声なの.この黄色の声は少し低めだわ.つまり,色合いが濃いということ.だけど,まぎれもなく黄色なの」と私は彼に教えました.

「君には,それが何なのかもわかるの?」カイルは尋ねました.

「ええ,わかるわ」そのとき突然,こんなやりとりはもうこれ以上したくなくなりました.悲しくなってしまったのです.「さあ,ネクタイを外して.触っているものを見てね」

カイルはネクタイを外すと,息を飲みました.「は,……花だ……」と,カイルは衝撃を受けた様子で言いました.

「きれいでしょう?」

「黄色い花だ」とカイルはささやきました.

「見えるってことは,目を向けて見るという以上のことなのよ,カイル」と私は彼に言いました.「あなたの目は見える.それがどんなにありがたいことか,絶対に忘れないで.私は光の味がわかるし,色を感じることもできるから,感謝している.でも見えるということは……」

「花か……」カイルは畏敬の念に打たれていました.私の声が聞こえていたのかも疑わしく思われました.

「カイル,私はあなたたちができないし,必要がないからしようともしないやり方でものを見ているのよ.私はそのやり方でもまわりにあるもののすばらしさがわかるから,感謝している.もしかしたら,目が見える多くの人たちよりもずっとよくわかっているんじゃないかしら」

私はカイルが私を見ているのを感じました.本当の意味で見ていました.初めてです.私は彼に微笑みかけました.

「ぼく……ぼくは君に言わなくちゃならないことがある」とカイルは落ち着かない様子で切り出しました.

「そのことは,もういいの」

「いや,大事なことなんだ.ぼくは……」

「お友達が,あなたには私をハンバーガーを食べに連れ出せないって賭けたんでしょう? 私が前にあの人たちの誘いを断ったから,あなたも無理だろうって考えたのね」

沈黙.

「どうしてわかったの?」とカイルは尋ねました.

「聞こえたのよ」

「だけどぼくたちは,運動場のほぼ反対側にいたんだよ」

「風が私の方に吹いていたの」

カイルが黙ってしまい,私は「大丈夫?」と言いました.

カイルが答えるまで,長い時間かかりました.

「アンバー,ごめん.ぼくのこと,嫌いになっただろうね」

「どうして私があなたを嫌いにならなくちゃいけないの?」

すると,彼は私を見ました.「本当の私」が見えている人の目で.私にはわかったのです.(彼の目に映っていたのは)目が見えない女の子でも,憐れむべき存在でも,自分より恵まれない人間でもありませんでした.目を使わなくてもものが見える1人の女の子でした.

「あのさ」カイルは辺りをぐるっと見回すと,まっすぐ私を見ました.「今まで気がつかなかったんだけど,ぼくのまわりのものってみんな……」

そう言うと,カイルは照れくさそうに黙ってしまいました.私はプッと噴き出しました.「ほらほら」と私は言いました.「みんなのところに行きましょうよ」

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事