スポンサーリンク

問題

4問 次の問い(B)に答えよ。

 

B 次ページの広告に関する次の問い(問13)を読み、[39][41]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

1 According to the advertisement, which statement is true?  [39]

① Children who want their face painted must be accompanied by their parents

 The Mountview Carnival is held four times a year.

 Two losing lottery tickets get a visitor a $1 discount at the Food Court.

 You need $100 or more to win the auction.

 

2 If you bring two cans of food, you can receive [40].

① a discount off the carnival entrance fee

② a ticket to bid for the auctioned item

③ free food worth up to $2.00

④ two free games of Baseball throw

 

3 A student who brought a can of beef, then went straight to the Food Court and bought a chili dog, a corn dog, and an order of French fries using a discount ticket has to pay [41] dollars.

① 4.00

② 4.50

③ 6.00

④ 6.50

 

Spring Carnival at Mountview High School!

 

    It’s springtime again, and that means it’s time for the annual spring carnival at Mountview!  Admission is free, so bring the whole family to enjoy the fun and activities on offer!

 

Games of Skill and Games of Chance!

The games listed below cost only a dollar to try, and you might win a fantastic prize!

                 Basketball toss                         Ring toss                                   Watergun race

                 Beanbag throw                         Baseball throw                         Wheel of Fortune

                 Guess Your Age                        Guess Your Weight                  Lottery tickets

The prizes include: a vacuum cleaner, writing sets, books, clothes, and much more!

Bring a losing lottery ticket to the Food Court for 50 cents off any food item!  One per customer.

 

Special this year!  Thanks to the generosity of Mr. Powell, the owner of the Power Wheel bicycle shop just around the corner, we are auctioning a BRAND-NEW Mountain bike, model MT-40!   This is an absolutely beautiful bicyclesilver frame and brown joints make it look quite expensive and sophisticated, and it’s very light!  Better still, the minimum bid starts as low as $100!  Your bids benefit the Mountview High School, so open your wallets for our common benefit.  And who knowsyou might just ride away as a winner!

 

Food, Drinks, and Fun

Visit the Food Court for a wide range of delicious fried treats.

                 Hot Dog                   $1.75       Corn Dog                                  $2.25                 Chili Dog                     $2.75

                 Fried Dough            $1.25       French Fries            $1.50

                 Onion Rings            $1.75       Fried Ice Cream       $2.00

 

For the Kids!

The following activities are available for children under the age of 7 absolutely free of charge!

                 Face Painting                            Bouncy Castle                          Apple Doll-Making

                 Arts & Crafts Table                  Sack Races                                Three-Legged Races

 

And remember our Canned Goods Charity!  We are collecting cans of food for the local homeless shelter.  Bring one or more canned goods and receive a coupon good for two free games OR $2.00 off any food order of $5.00 or more!

 

5問 次の文章を読み、下の問い(問15)の [42][46]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の のうちから一つずつ選べ。

 

    That’s right,” Malcolm answered, “I have no house.”  That’s what my dad’s best friend answered when I asked him if he really had no place to live.  “Does that make you a homeless person?” I asked next.  He laughed a little and answered, “I guess technically I could be considered homeless, but my situation is different.  Most homeless people struggle because they don’t have a job and really can’t afford to rent or buy a home.  In my case, I chose to have no house.  My home is wherever I am at the moment.”

    You see, five years ago Malcolm or Mal as I’ve called him ever since I could remember decided to sell his house and live and work while traveling the world.  For 25 years Mal worked for a newspaper company as a journalist.  He’s still a writer but instead of going to an office from 9 a.m. to 5 p.m., Monday through Friday Mal works wherever he has a laptop and Internet access.  He has a blog about technology and also contributes articles about technology and the IT industry to several publications, including the newspaper he used to work full-time for.

    I asked Mal why he decided to live as he does.  He said at first his idea was to work from home and to be his own boss.  But then he realized working in an office at home was not that different from going to an office building to work.  Also, traveling around the world and seeing different countries and cultures was something he’d always wanted to do.  “When your dad and I were in college,” he continued, “we went on the typical college backpacking trip through Southeast Asia.  Ever since, I’ve tried to take a trip to somewhere overseas at least once a year.”  “Still,” I asked, “don’t you need someplace to come home to?”  Mal looked at me and said, “That’s exactly it.  The more I traveled, the more I realized that traveling is when I’m happiest.  As long as I can still work, why not travel all the time?  And if so, who needs a home?”

    So, Mal quit the newspaper, and he and his wife Candice sold their home and used the money for their travels.  They also sold most of their possessions and put everything else into storage.  Their first stop was Greece, a place they went to for their honeymoon 20 years before.  They rented a house on an island in the Adriatic Sea and lived there for six months.  Next, they traveled by train and car into central Europe, staying in hotels, hostels, and sometimes people’s homes.  After that, they flew to Asia.  Constantly moving around has been Mal and Candice’s normal life for the past five years.  Every year or so they’ll “take a break” by coming back to the U.S. to stay with friends and family.  I guess our house is the closest thing they have to a home.

    I still had questions, like isn’t it tiring — and a bit lonely or scary — to travel all of the time?  Mal’s answer surprised me.  He said that yes, it is tiring to travel all of the time, and sometimes bad things happen, like having your stuff stolen or having no place to stay.  However, he continued, we try to balance those things out by coming home to close friends and family from time to time, or staying in one place for longer periods to rest.  He asked, “Do you think of home as just a place with walls, a living room, and bedrooms?  Or is home where the people you love are?”  I answered him that if I have my mom, dad, sister, and Poncho (our dog) then that’s where home is.  It’s a bit silly but I really believe in the old saying “home is where the heart is”.

    I had two final questions for Mal.  Where were they going next and could I come along?  He laughed and answered, “Yes, to the second question.  As for the first question, I’ll let you decide where we go next.”

 

1 At the beginning of the story, we learn that Mal [42].

① feels the need to have his own house

② finds jobs all over the world

③ is satisfied with his situation

④ is struggling to change his living condition

 

2 Mal started working for himself because [43].

① he didnt really need a job as a writer

② he no longer got along with his coworkers

③ it allowed him to work from anywhere

④ it was an attractive way to get more money

 

3 What made Mal interested in traveling overseas?  [44].

① A course he took in college.

② A story he heard from his father.

③ A trip he took with a college friend.

④ An article he wrote while working for the paper.

 

4 Where does Mal probably believe a person’s home is?  [45]

① Wherever you can afford to live.

② Wherever you can lie down to rest.

③ Wherever you go for a trip.

④ Wherever you have people you love.

 

5 In the near future, the writer will [46].

① ask Mal his first question again

② go on a trip with Mal where he wants to go

③ regret that he asked Mal the questions

④ travel without knowing his destination

 

6問 次の文章を読み、下の問い(AB)に答えよ。なお、文章の左にある(1)~(7)は段落の番号を表している。

 

(1)    One morning, John and his family were getting ready to visit John’s grandmother in Springport, a town about a hundred kilometers away.  John and his father were eating breakfast and watching a live European tennis match on TV.  John’s mother was rushing to prepare for their trip.  “I forgot to check the weather report,” she said to John’s father.  “Could you get on the Internet and see what the weather will be like in Springport for the next week?  Also, check the local web cameras there to see the road conditions.  I hope there isn’t too much snow.”  John knew that he could use the Internet to check the weather, but he didn’t know about the traffic camera.  The Internet was a part of his daily life, but he realized that it was even more useful than he had thought.

(2)    Year after year, as the amount of information available on the Internet increases, the number of people using the Internet worldwide also rises.  Because we are able to obtain all kinds of information via the Internet, people feel less restricted by time when getting information online.  In other words, our concept of “business hours” has completely changed.  The Internet Community is open 24 hours a day, all over the world.  This is true not only for obtaining information such as news, weather and traffic conditions, but also for buying merchandise and making financial transactions.

(3)    Many people today say that when they want to buy or learn about a product, the first place they turn is the Internet.  Getting online is much faster than making a phone call or going to a store, and the shopper can find, compare, and buy all kinds of goods at any time he or she likes.  Furthermore, shoppers can now accomplish these and other tasks not only with their PCs, but also with their mobile phones.  For example, if a person is traveling on business and suddenly has to change her plans, she can use her mobile phone to establish communication with her coworkers and her family.  Then even if it is the middle of the night she can go to her airline’s mobile website to cancel her existing flight reservation and make a new one, and even make hotel reservations for the following night.

(4)    The Internet has changed human behavior in other ways.  Say a person gets a craving for a certain kind of food.  He looks in his cupboard, but he does not know how to prepare the dish with the ingredients he has.  Ten or twenty years ago, if the person had no cookbooks in his house — and there were no bookstores nearby — he probably would have eaten something else.  However, now he can enter the information into a search engine and find dozens, or perhaps hundreds, of websites that offer simple and clear instructions on how to make the dish, possibly even with photographs and ideas for substitute ingredients.  Therefore, the Internet is giving people the courage and inspiration to try new things they may not have tried before.

(5)    With the Internet, people can not only obtain information easily, but also send information easily.  Compared to other types of media, there is greater doubt about the accuracy of the information found online.  When a news report is broadcast on TV or printed in a newspaper, it has been looked over by several people and its contents have been checked carefully.  However, information on the Internet is not always so trustworthy.  For example, a person could easily post a report of a crime or other such incident that never really happened, or write an untrue account of something that actually took place.

(6)    A similar example involves the timeliness of information on the Internet.  A person with special dietary needs who is traveling to a foreign country may get online to look for information about restaurants at her destination.  She may find a review of a restaurant on a person’s website that serves food she can eat.  However, when she goes to the restaurant, it may be closed, or it may have changed to an entirely different type of restaurant.  The website operator did not continuously update the site, so the visitor found outdated information.

(7)    John had never thought so carefully about the Internet before.  He has been using the Internet for several years, but now he knows that there are even more possibilities and opportunities than he had imagined.  After he returns from his grandmother’s house, he plans to look for rare videos and interesting stories from his favorite musicians, about whom he used to only get information from magazines or TV programs.  He wants to find other people who share his tastes in music, movies, and books, and share his opinions and experiences with them just as he does at school with his friends.  Meanwhile, he will keep in mind that the Internet has unique qualities, and not everything he reads is guaranteed to be 100% true.

 

A 次の問い(問15)の[47][51]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

 

1 Our lifestyles have changed in recent years due to [47].

① the ability to watch overseas sports live on TV

② the amount and types of information easily accessed via the Internet

③ the decreased frequency of weather forecasts and traffic information on TV

④ the reduced value of information because of the amount that is available on the Internet

 

2 The statement “our concept of ‘business hours’ has completely changed” implies that [48].

① businesspeople are feeling that they need to work longer hours to be successful

② people buy fewer things on the Internet when regular shops are open

③ people can buy the things they want online at any time that is convenient for them

④ shops are changing the times of the day in which they are open

 

3 In the example described in paragraph (3), the person first used her mobile phone to [49].

① contact people, and then cancel unnecessary things using the Internet

② contact people, and then purchase necessary things using the Internet

③ contact people, then cancel unnecessary things, and finally purchase necessary things using the Internet

④ contact people, then purchase necessary things and finally cancel unnecessary things using the Internet

 

4  The phrase gets a craving for in Paragraph (4) is closest in meaning to [50].

① feels a desire for

② has a responsibility for

③ is willing to buy

④ prefers to forget 

 

5 From now on, when John uses the Internet, [51].

① he will be concerned about the truth of the information, especially when it relates to cooking

② he will forget most of what he reads online and look for information in other media

③ he will look for new opportunities but be careful about the accuracy of information

④ he will try to communicate with his friends from school

 

 

B 次の表は、本文の段落と内容を表すものである。[52][56]に入れるのに最も適当なものを、下の①~⑤のうちから一つずつ選び、表を完成させよ。ただし、同じものを繰り返し選んではいけない。

 

Paragraph Content
2 [52]
3 [53]
4 [54]
5 [55]
6 [56]
7 Conclusion

 

① Concerns about timeliness of information

② Ease of access to new information

③ The convenience of online shopping

④ The Internet and changes in society

⑤ Trust in information on the Internet

解答

4

 

B

マウントビュー高校 春の学園祭!

 

再び春が巡ってきましたが、それはつまり、マウントビューでの年に一度の春の学園祭の時期ということです! 入場は無料ですのでご家族そろってお越しいただき、ご提供する愉快な催しをお楽しみください。

 

腕を競うゲームと運がものをいうゲーム!

下に並んだゲームはわずか1ドルでトライでき、すばらしい景品が当たるかもしれません!

バスケットボール投げ                   輪投げ                                      水鉄砲競争

お手玉投げ                                         野球ボール投げ                    運命の輪

年齢当て                                              体重当て                                                  くじ引き

景品は、掃除機、筆記用具、本、衣類など多数!

ハズレくじ1枚をフードコートへお持ちいただければ、どんな食べ物も50セントお値引きします。お1人様1枚。

 

今年の目玉! すぐそこの自転車店パワー・ホイールのオーナー、パウエル氏の寛大なご協力のおかげで、新品のマウンテンバイクMT-40モデルのオークションを開催します! これは最高に美しい自転車です―銀色の骨組みと茶色の継ぎ目は高級感と洗練さを放ち、しかもとても軽量です。さらによいことに、最低入札価格は100ドルという低さから始まります。あなたの入札がマウントビュー高校の利益になりますので、私たち共通の利益のために、財布のヒモをゆるめてください。そして誰あろう―あなたが落札者として乗り去ることになるかも!

 

食べ物、飲み物のお楽しみ

幅広い揚げ物料理のおもてなしのあるフードコートへお越しください。

ホットドッグ($1.75)                        アメリカンドッグ($2.25)      チリドッグ($2.75)

揚げパン($1.25)                                 フライドポテト($1.50)

オニオンリング($1.75)                    フライドアイスクリーム($2.00)

 

お子様向け!

下の活動は7歳未満のお子様がご利用できます―完全無料!

フェイスペインティング                               ゴムの城                                 アップル人形作り

図画工作テーブル                            袋跳び競走            二人三脚

 

私たちの缶詰慈善活動をお知りおきください。私たちは地元のホームレス施設のために食品の缶詰を集めています。1個以上の缶詰製品をご持参いただき、2回の無料ゲーム、または5ドル以上の食べ物のご注文から2ドル値引きができるクーポンをお受け取りください!

 

5

 

「その通り」とマルコムは答えた。「私には家はない」それが、私が本当に住む場所はないのですかと尋ねたときに、父の一番の友達が答えたことだった。「それで、あなたはホームレスになっているのですか?」[「それがあなたをホームレスにしているのですか?」]と私は次に尋ねた。彼はちょっと笑って、答えた。「厳密に言えば、私はホームレスだと見なされると思うけれど、私の状況は違う。ほとんどのホームレスの人は、仕事がなく、また本当に家を借りたり買ったりするお金がないので、苦労している。私の場合は、私が家を持たないことに決めたのだよ。私の家は、どこであろうと、今、私がいるところなんだ」

何しろ、5年前、マルコムは、私が覚えている限りの昔からずっと彼のことはマルと呼んでいるのだが、彼は家を売って、世界中を旅しながら暮らし、働くことに決めたのだ。マルは25年間、ある新聞社で記者として働いた。彼は今でも著述家ではあるが、月曜から金曜まで、朝の9時から夕方の5時まで会社に行くのではなく、ノートパソコンとインターネットのアクセスのあるところであれば、どこでも働く。彼は科学技術に関するブログを持っており、また、科学技術やIT産業についての記事を、彼がかつてフルタイムで働いていた新聞を含め、いくつかの出版物に寄稿している。

私はマルに、どうして今のような生活をすることに決めたのかと尋ねた。彼は、最初の目的は在宅で仕事をし、自営をすることだった、と言った。しかしその後、家のオフィスで働くことは、オフィスビルに行って働くこととそんなに違わないことに気づいたのだった。また、世界中を旅し、様々な国や文化を見ることは、彼がずっとやりたいことでもあった。「君のお父さんと私が大学生だった頃は」と彼は続けた。「私たちは典型的な大学生のバックパックの旅で、東南アジアを巡ったよ。それ以来、少なくとも年に1回は、海外のどこかへ旅をしようと努めてきた」「それでも」と私は尋ねた。「帰宅するべきどこかが必要なのではないのですか?」マルは、私を見て言った。「まさにそこなんだ。旅をすればするほど、私は、旅こそが、自分が一番幸せな時だということにますます気づくようになった。まだ働ける限りは、ずっと旅をしてもいいじゃないか?そして、もしそうなら、誰が家を必要となどするだろう?」

それで、マルは新聞社を辞め、彼と妻のキャンディスは家を売って、そのお金を旅行のために使ったのだ。2人は、所有物のほとんども売り、残ったものはすべて倉庫に保管した。2人が最初に立ち寄ったのはギリシャだったが、そこは、その20年前に新婚旅行で訪れた場所だった。彼らはアドリア海のある島で家を借り、そこで6か月間暮らした。次に、彼らは電車と車で中央ヨーロッパに行き、ホテルやホステル[簡易宿泊所]や、時には人の家に泊まった。その後、彼らは飛行機でアジアに向かった。常に動き回っているということが、ここ5年間のマルとキャンディスの普通の生活だった。ほぼ1年に1回、彼らは友達や家族のところに泊まるためにアメリカに戻ることによって「休息する」ことにしている。私は、私たちの家が、彼らの持っている中で一番家庭に近いものなのだろうと思う。

私には、いつも旅をしているのは疲れないか、そして、ちょっと寂しかったり怖かったりしないか、などという質問がまだあった。マルの答えは私を驚かせた。彼は、そう、いつも旅をしているのは疲れるし、時々、ものを盗まれたり、泊まる場所がなかったりというような悪いことも起こる、と言った。しかし、と彼は続けた。私たちは、時々親しい友達や家族の元に帰ってきたり、休息のために1つの場所にいつもより長くいることによって、そういうことを相殺しようとしている。彼は聞いた。「君は、家というものは単に壁や居間や寝室があるような場所だと思うかい?それとも、家とは、君の愛する人のいるところ?」私は、もし私にママとパパ、妹、そしてポンチョ(我が家の犬)がいれば、そこが家のある場所だ、と彼に答えた。ちょっとばかげているけれど、私は、「家とは心のあるところ」という古い格言を本当に信じている。

私はマルに対して最後の2つの質問があった。2人は今度はどこに行くの?僕も一緒に行っていい?彼は笑って答えた。「2番目の質問に対してはYes。最初の質問については、私たちが一緒に次にどこに行くかを、君に決めさせてあげよう」
6

 

ある朝、ジョンとその家族は100キロほど離れたところにある町、スプリングポートに住む祖母を訪ねる準備をしていた。ジョンと父は朝食を食べており、テレビの生放送でヨーロッパのテニスの試合を見ていた。ジョンの母は大急ぎで旅の準備をしていた。「天気予報を見るのを忘れちゃったわ」母は父に言った。「インターネットを開いて、来週スプリングポートがどんな天気か見てちょうだい。それと、道路状況を映してる、地元のウェブカメラもね。雪があまりなければいいんだけど」ジョンは、天気をチェックするのにインターネットが使えるのは知っていたが、交通状況をチェックできるカメラについては知らなかった。インターネットは彼の日常生活の一部になっていたが、思っていたよりもずっと役立つものなのだとわかった。

毎年、インターネットで手に入れられる情報量が増えるにつれて、世界中でインターネットを利用する人の数も増えている。インターネットを通じてあらゆる種類の情報を手に入れることができるので、人々はオンラインで情報を得る時間の制限をより感じなくなった。言い換えれば、我々の「業務時間」という概念は完全に変わったのだ。インターネット共同体は世界中、24時間営業だ。これはニュース、天気、交通状況などの情報を得ることだけにとどまらず、商品を買い付けること、金融取引にも当てはまる。

今日多くの人々が、製品を買おうと思ったり、知りたいと思ったりしたとき、最初に頼るのはインターネットだという。インターネットに接続することは、電話をかけたり店に行ったりするよりずっと早く、買い物客は自分の好きなときにあらゆる種類の商品を見つけ、比較し、買うことができる。さらに、買い物客は今やこういったことをするのに、コンピューターだけでなく、携帯電話を利用することもできる。例えば、ある人が出張し、突然計画を変えなければならなくなった場合、同僚や家族と連絡を取り合うのに携帯電話を使うことができる。それからたとえ真夜中であっても現在の飛行機の予約をキャンセルして新しい予約をするために航空会社の携帯サイトに行き、さらに次の日のホテルの予約さえもできるのである。

インターネットは人間の行動を他の点でも変えた。例えば、ある人が突然何らかの食べ物を食べたいと思ったとしよう。その人は戸棚の中を見てみるが、手持ちの食材でどのようにその料理を作ったらよいのかわからない。10年や20年前ならば、もし家に料理の本がなければそして近所に書店がなければその人はおそらく別のものを食べていただろう。しかし、今ではその情報を検索エンジンに入力すれば、もしかしたら写真や代替となる材料さえとともに、その料理をどうやって作ればよいのかについて簡単でわかりやすい指示を与えてくれる、数十、おそらく数百のウェブサイトを見つけることができるだろう。それゆえに、インターネットは人々に、それまでに試そうとも思わなかった新しいことに挑戦する勇気や刺激を与えてくれているのだ。

インターネットを使うと人々は容易に情報を得られるばかりでなく、情報を送ることも簡単にできる。他のタイプのメディアに比べて、オンライン上で見つかる情報は正確さの点で非常に疑わしいものもある。ニュース記事がテレビで放送されたり新聞に載せられたりするときは、さまざまな人がそれに目を通しており、内容は注意深くチェックされている。しかし、インターネット上の情報は必ずしも信頼に足るとは言えない。例えば、実際には起きていない犯罪やそのような出来事の記事を掲載したり、実際に起きたこととは事実が異なる説明を書くことも容易にできるだろう。

同じような例がインターネット上の情報の適時性に関係する。特別な食事を要する人が外国に旅行しようとしているとき、インターネットに接続して、その人の目的地でのレストランの情報を探すかもしれない。その人が食べることができる食事を提供するレストランについて、誰かのウェブサイトで講評が見つかるかもしれない。だが、そのレストランに行ってみると、閉店していたり、あるいはまったく違ったタイプのレストランに変わってしまっているかもしれない。ウェブサイトの運営者が継続的にサイトの情報を更新しなかったので、そのサイトを訪れた人は古くなってしまった情報を見つけてしまったのだ。

ジョンはかつて、それほど注意深くインターネットについて考えたことはなかった。彼は何年かインターネットを利用しているが、想像していたよりずっと多くの可能性や機会があることを今は知っている。祖母の家から戻ったら、お気に入りのミュージシャンのめずらしいビデオや面白い話題を探そうと思っている。こうしたミュージシャンについて、彼は雑誌やテレビ番組だけを情報源としていた。ジョンは音楽や映画、本について同じような好みを持つ人を探して、ちょうど学校で友人たちとするように、意見や経験を交換したいと思っている。その一方、インターネットは特殊な性質を持つもので、そこで読んだすべてが100%真実だと保証されるものとは限らないことを、ジョンは心にとめておくことだろう。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事