スポンサーリンク

本文

Unit 12ワード数 583 words) 制限時間 25 分 速読目標時間 353

 

次の英文を読んで,あとの問いに答えなさい。                 (50 点)

 

A conductor in Tokyo moves his baton, and an orchestra in Cleveland starts to play. A few *bars later, a violinist in Berlin joins in. To compensate for a slight delay, the musicians play along with an electronic metronome. The performance is broadcast on *high-fidelity speakers and *high-definition television. Such a musical experiment would be (a)challenging enough for a television network to *pull off; over the Internet, it would be impossible.

That may soon change. Engineers are developing a new type of Internet connection called a dynamic-circuit network (DCN) that could carry so much data so quickly it might startle even Net surfers in Japan or South Korea. If all goes to plan, the vast data speeds required for (1)such a collaboration may soon be available to all. That might (b)go a long way to solving the problem of how to handle the enormous growth in Internet traffic, which by some estimates is doubling each year.

When a digital photo, YouTube clip or live streaming video is sent over the Internet, the data is first divided into *packets, which are routed to the destination and then reassembled. This method tends to break down when large amounts of information are sent along similar pathways at the same time — the different packets are prone to getting hung up on *bottlenecks. The result is a Web page that crashes or an online videoconference that *sputters and skips. As the Internet starts to (c)stagger under the weight of more and more data, such problems are increasingly common.

Dynamic-circuit network technology would solve the bottleneck problem by opening up a dedicated route from one point to another through which data can be sent without interruption, at speeds thousands of times faster than what is possible now. Just as quickly, the pathway can be closed and space made available for the next connection. The technology would require some new software and *fiber-optic links right up to the PC, but otherwise no change in infrastructure.

The potential difference in data speed is staggering. Whereas a PC can now stream two simultaneous video channels, on a dynamic-circuit network it could send 4,000 channels at once. Downloading a high-definition movie over a cable Internet connection of 4.5 megabytes per second would take about three hours. Over a 10-gigabit-per-second dynamic-circuit network, the same movie would download in five seconds.

The technology is being developed by Internet 2, a *consortium of U.S. universities, companies and scientific and governmental organizations. For now, only a handful of people can use it. It is being tested on the soon-to-be-operational *Large Hadron Collider in Europe, where scientists must share massive amounts of data about the collision of *subatomic particles. Astronomers are also using it to share data from *radio telescopes

And medical researchers plan to use it to collaborate on long-distance examinations and consultations.

The consortium is working on standards and open-source software designed to make the technology freely available to everybody. But some experts are not convinced that the Internet needs a new method of sending data. Recent progress in making “packet switching” software more efficient, as well as better optical fiber and faster servers and routers, have convinced them that the old ways work just fine. Even if the new technology is not essential, says Internet2 CEO Doug Van Houweling, “It’s very hard to predict what’s going to happen. (2)Every time we add an important new technical capability to the Internet, really smart people figure out how to do things with it that we never imagined.

Karen Pinchin, “Building a Faster Internet,” Newsweek, March 13, 2010.

 

 

問題

問1 (a) ~ (c) のそれぞれの語句の意味に最も近いものを,①~④の中から選びなさい。

(a) ① pleasant ② difficult ③ simple ④ promising

(b) ① be useful ② be useless ③ take a long time ④ not take a long time

(c) ① support ② push ③ slow down ④ hold

(a)(       ) (b)(       ) (c)(       )

 

問2 下線部(1) の具体的な例を日本語で説明しなさい。

 

                                    

 

問3 DCN はどのような問題を解決しますか。50 字以内の日本語で説明しなさい。

 

 

 

 

 

 

問4 下線部(2) を日本語に直しなさい。

                                    

 

 

 

問5 次の各問いの答えとして最も適切なものを,①~④の中から選びなさい。

(1) Why is it impossible for the scenario at the beginning of the article to happen over the Internet now?

① Because of the lack of orchestra conductors.

② Because of the lack of a faster Internet.

③ Because of the lack of collaboration among countries.

④ Because of the lack of good videoconference equipment.

(      )

 

(2) Who are the main developers of the dynamic-circuit network?

① Japanese and Korean Net surfers.

② Programmers from the U.S. and Japan.

③ Some Internet companies like YouTube.

④ Some American universities, companies, and other groups.

(      )

 

(3) What is necessary to make the dynamic-circuit network technology available to everybody?

① A cable Internet connection.

② Some new software.

③ A radio telescope.

④ A faster server and router.

(      )

 

 

スポンサーリンク

正解例

1  abc

2   別々の国の音楽家が一緒に演奏すること。

3   インターネットで大量のデータが同時に送られる際に, 狭い通路で渋滞が生じて

機能が停止するという問題。

[毎年倍増しているとも推定されているインターネット回線接続の著しい増加をどう

処理するかという問題。]

4  インターネットに新しい重要な技術的性能を加えるたびに,本当に頭のいい人々が

それを使って私たちが想像もしていなかったことをする方法を考え出す。

5 123

 

全訳例

東京の指揮者がバトンを振り,クリーブランドのオーケストラが演奏を始める。数小節遅れて,ベルリンのバイオリン奏者が加わる。わずかな遅れを補正するために,音楽家たちは電子メトロノームに合わせて演奏する。その演奏は高品位のスピーカーと高解像度のテレビで放送される。そのような音楽実験はテレビのネットワークでも十分にできないだろうし, インターネットでは不可能だろう。

それがまもなく変わるかもしれない。技術者たちは動的回路ネットワーク(DCN)と呼ばれる新しいタイプのインターネット接続を開発しており,それを使えば非常に大量のデータを高速で送ることができるので,日本や韓国のネットサーファーでさえ仰天するかもしれない。もしすべてが計画どおりに進めば,そのような共同制作に求められる途方もないデータ送信速度が,まもなく万人に利用できるようになるかもしれない。それは,毎年倍増しているとも推定されているインターネット上の通信量の著しい増加をどのように処理するかという問題の解決に大いに役立つかもしれない。

デジタル写真,ユーチューブのクリップ映像や生のストリーミングビデオがインターネット経由で送られるとき,データは最初パケットに分けられ,それが送り先へ転送されてその後で再構築される。この方法は,大量の情報が同種の経路で同時に送られると機能停止して,さまざまなパケットが狭い通路で渋滞を起こしやすくなる。その結果,ホームページが開かなくなったり,オンラインのテレビ会議がプツプツと音を立てたり(画面や音が)飛んだりする。インターネットがますます増えるデータの重さで不安定になり始めるにつれて,そうした問題がますますよく見られるようになっている。

動的回路ネットワークの技術は,1点から他点への専用ルートを開くことによって狭い通路の問題を解決するだろう。そのルートを通して,現在可能な速度の数千倍の速さで,途切れることなくデータを送ることができる。それとちょうど同じ速さでその経路を閉じ,空いたスペースを次の接続に利用できる。その技術はある種の新しいソフトとパソコンまでの光ファイバーの接続を必要とするだろうが,それ以外の基本設備には変更は必要ない。

起こりうるデータ速度の差は驚異的なものである。今のパソコンが同時に2つのビデオチャンネルを流すことができるのに対して,動的回路ネットワークなら4,000 のチャンネルを同時に送ることができるだろう。毎秒4.5 メガバイトのケーブル回線を使ったインターネット接続で高解像度の映画をダウンロードするには約3時間かかるだろう。毎秒10 ギガビットの動的回路ネットワークなら,同じ映画を5秒でダウンロードできることになる。

その技術は,米国のいくつかの大学,企業,科学団体および政府機関の連合体であるインターネット2によって開発されている。今のところ,ほんの一握りの人々しかそれを利用できない。ヨーロッパでまもなく運用が始まる予定の大型ハドロン衝突型加速器でテストが行われており,現地の科学者たちは素粒子の衝突に関する大量のデータを共有しなければならない。天文学者たちも,電波望遠鏡で得たデータを共有するためにそれを利用している。そして医学研究者たちは,それを利用して遠距離の検査や協議を共同で行うことを計画している。

連合体は,その技術を万人が自由に利用できるようにすることを目的とする基準とオープンソースのソフトの作成に取り組んでいる。しかし,インターネットにはデータを送る新しい方法が必要だと確信していない専門家もいる。「パケット交換」用ソフトの効率化の面での最近の進歩,加えて光ファイバーの改良とサーバーやルーターの高速化によって,旧式の方法でも全く正常に動くと彼らは確信している。たとえ新技術が不可欠ではないとしても,「何が起きるかを予知するのは非常に困難です。インターネットに新しい重要な技術的性能を加えるたびに,本当に頭のいい人々が,それを使って私たちが想像もしていなかったことをする方法を考え出すのです」と, インターネット2のCEO[最高経営責任者]ダグ・ヴァン・ハウウェリングは言う。

 

解説

問1 (a) challenging は「やりがいのある,難しい」の意味。選択肢の中では②「難しい」が最も近い。①は「楽しい」,③は「単純な」,④は「有望な」。

(b) go a long way は「遠くまで行く」から転じて「大いに役に立つ」という意味で使う。正解は①「役に立つ」。②は「役に立たない」,③は「長い時間がかかる」, ④は「長い時間はかからない」。

(c) stagger は「ふらつく,動揺する」で,ここでは③ 「スピードが落ちる」の意味で使われている。①は「支持する」,②は「押す」,④は「持ちこたえる」。

問2 「そのような共同制作」は第1段落の内容を受けた言い方だと考えられるので,それを短くまとめる。

問3 第3段落の内容を参照して,具体的な問題を説明する。あるいは第2段落の最後の文のto solving 以下を答えてもよい。

問4 every time は「~するたびに」の意味の接続詞that は〈how ~ it〉を先行詞とする目的格の関係代名詞。with it(それを使って)のit はan important new technical capability to the Internet を指す。

問5 (1)「記事の最初の筋書きが現在インターネットで起こり得ないのはなぜか」。第2段落の内容から考えて②が正解。

× ① オーケストラの指揮者がいないため。

② より速いインターネットがないため。

× ③ 国同士の協力がないため。

× ④ 優れたテレビ会議の設備がないため。

(2)「動的回路ネットワークの主な開発者は誰か」。第6 段落の第1文から考えて,正解は④。

× ① 日本と韓国のネットサーファーたち。

× ② 米国と日本のプログラマーたち。

× ③ ユーチューブのようなインターネット企業。

④ アメリカの一部の大学,企業その他の団体。

(3)「動的回路ネットワークを万人が利用できるようにするためには何が必要か」。第4段落の最後の文と最終段落の第1文から考えて,②が正解。

× ① インターネットへのケーブル接続。

② ある新しいソフト。

× ③ 電波望遠鏡。

× ④ より速いサーバーとルーター。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事