スポンサーリンク

問題

Frames for This Chapter -この課のポイントを示す例題-

空所に入れるのに最も適切なものを選びなさい。

 

FRAME 125        Hurry up, (   ) you’ll miss the train.

              so     and  or     but

 

FRAME 126        That building is not a school (   ) a hospital.

              and  so     when              but

 

FRAME 127        It is true (   ) Mr. Johnson was a singer.

              as     that  what whatever

 

FRAME 128        We should think about the fact (   ) people cannot live without fresh water.

              where             that  what which

 

FRAME 129        (   ) Mr. White agrees or not is not important.

              Whether        That Although       If

 

FRAME 130        Let’s wait here (   ) it stops raining.

              until while              since by the time

 

FRAME 131        The baseball game had hardly started (   ) it began to rain.

              when              then that  ever

 

FRAME 132        (   ) I was busy, I didn’t have time to see the movie.

              And  Since              Although       What

 

FRAME 133        Mary is (   ) a nice girl that everyone likes her.

              very  so     what such

 

FRAME 134        I spoke in a loud voice (   ) everyone could hear me.

              so that           for that          in that           much that

 

FRAME 135        They’ll give up skiing (   ) there is enough snow.

              since because          unless            so

 

FRAME 136        (   ) she is rich, she is not happy.

              However        No matter      But   Even though

 

FRAME 137        You can go swimming as (   ) as you come back before noon.

              many             long  high short

 

FRAME 138        Take your jacket with you (   ) it gets cold.

              unless            as though      so that           in case

 

FRAME 139        Good (   ) the ice cream is, it’s too expensive.

              but   so     as     that

 

 

 

EXERCISE A >> 空所に入れるのに最も適切なものを選びなさい。

 

□ 01       Think more carefully, (   ) you can get a high score in this examination.

              if      and  or     while              〈神戸学院大〉

 

□ 02       Be careful, (   ) you’ll make a mistake again.

              in case           and  or     but     〈摂南大〉

 

□ 03       You may have (   ) soup or salad with your dinner.

              both either             neither           a choice              〈京都嵯峨芸術大〉

 

□ 04       Her baby can neither walk (   ) speak yet.

              and  nor   not   but   〈神奈川工業大〉

 

□ 05       (   ) the country has a great future is obvious to anyone.

              As    Being             In     That 〈大東文化大〉

 

□ 06       Birds differ from many other animals (   ) that they can fly.

              to     on     at     in     〈名古屋学院大〉

 

□ 07       I was surprised at the news (   ) Susan had suddenly got married.

              of      which             what that  〈大阪学院大〉

 

□ 08       (   ) Miss Evans will come to our party or not is not certain.

              Whether        Whatever       Being             Whoever              〈神奈川工科大〉

 

□ 09       The exam had started (   ) I got to class.

              by the time    on the time    after the time              in the time          〈大阪経済大〉

 

□ 10       “You seem to have had that car for years.”  “Yes, I should sell it (   ) it still runs.”

              before            during            until while              〈センター試験〉

 

□ 11       Oh, no!  I can’t find my wallet.  We can’t leave (   ) I find it.

              when              since if      until 〈帝京大〉

 

□ 12       I had (   ) gone to bed when the telephone rang.

              closely            hardly            shortly           rarely              〈中央大〉

 

□ 13       It was not long (   ) the gate was opened.

              by the time    before            until when              〈岩手医科大〉

 

□ 14       I visit my former teacher (   ) I go back to my hometown.

              wherever       now and then every time     however              〈立正大〉

 

□ 15       I had no sooner sat down to read the newspaper (   ) the telephone rang.

              as     after than while              〈追手門学院大〉

 

□ 16       (   ) I got home late tonight, I missed the news on TV.

              Although       Since              Because of     While              〈神戸学院大〉

 

□ 17       (   ) you are a university student, you should study English much harder.

              So far             Now that       As far as        Besides              〈高知大〉

 

□ 18       Miki is (   ) a tall woman that she can touch the ceiling.

              enough           so     such very  〈工学院大〉

 

□ 19       Ms. Smith is (   ) nice a teacher that every student likes her.

              such so     too    very  〈富山大〉

 

□ 20       The teacher spoke (   ) fast that nobody could understand.

              such too    so     much              〈東洋大〉

 

□ 21       Let’s take an express train (   ) we can get there 20 minutes earlier.

              so that           in order          such as          while              〈センター試験〉

 

□ 22       I can’t understand you (   ) you speak more clearly.

              since unless            if      without          〈跡見学園女子大〉

 

□ 23       Children can go and see the movie (   ) condition that their parents go together with them.

              in     on     at     for    〈東海大〉

 

□ 24       (   ) it was difficult, I enjoyed learning Spanish.

              However        Yet   Since              Even though              〈東北工業大〉

 

□ 25       You can stay here as (   ) as you promise to be quiet.

              long  good many             well  〈東京経済大〉

 

□ 26       As (   ) as I know, Tom has never made such a mistake.

              long  many             far    well  〈九州産業大〉

 

□ 27       You should write down Satsuki’s number (   ) you forget it.

              in case           in the case     so far as         so long as          〈センター試験〉

 

□ 28       Sleepy (   ) he was, he kept on studying for the examination.

              when              as     because          before              〈駒澤大〉

 

 

 

EXERCISE B >> 英文には誤りが1箇所ずつある。番号を指摘し,正しく直しなさい。

 

□ 01       The important thing is what you have done your best ornot.    〈東洋大〉

□ 02       As long as I know, prices in Spain are much lower than those in Japan.             〈松山大〉

□ 03       On case I don’t see you again, give me your number now so that I can

call you later.  〈広島経済大〉

 

 

 

EXERCISE C >> (  )内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

 

□ 01       ここアリゾナは,私がずっと滞在したいくらいとてもすてきな所です。

              Arizona ( a / is / nice / place / such / that ) I’d love to stay here forever.  〈日本大〉

□ 02       我々が知る限り,生命は水がなければ存在できない。

              As ( know, / exist / as / cannot / we / unless / far / life ) there is water.    〈東邦大〉

□ 03       雨が降るといけないから,この傘を持って行きなさい。

              Take this ( rain / it / umbrella / case / should / in ).  〈拓殖大〉

□ 04       Please ( as soon as / know / me / you / let ) have finished.              〈法政大〉

□ 05       We made sure that the gate ( come into / could / no one / so that / was locked ) the factory without permission.          〈センター試験〉

□ 06       Before you rent an apartment, find out as much about it ( as possible / in order that / no / there / will be ) misunderstanding.              〈センター試験〉

□ 07       You can play in this room ( clean it up / remember / so long as / to / you ) afterwards.        〈センター試験〉

 

解答・解説

FRAME 125 ③   急ぎなさい,さもなければ電車に乗り遅れますよ。

コンマの前が命令文なので,「~しなさい,さもなければ…」という意味になるように,③orを選ぶ。

FRAME 126 ④   あの建物は学校ではなく病院だ。

not A but Bで「AではなくB」の意味を表せばよいので,④butを選ぶ。

FRAME 127 ②   ジョンソン氏が歌手だったというのは本当だ。

形式主語It で始まる文であることに着目し,主語となる名詞節をつくる接続詞②that を選ぶ。空所以下に完結した文がきているので,節内で名詞の働きをする③whatは不可。

FRAME 128 ②   私たちは人々が真水なしでは生きられないという事実について考えるべきだ。

空所以下は直前のthe factの内容を説明しているので,同格の名詞節を導く②thatを選ぶ。

FRAME 129 ①   ホワイト氏が賛成するかどうかは重要ではない。

is の前までが主語になる名詞節なので,「…かどうか」の意味を表す①Whether を選ぶ。ifにも同様の用法があるが,if節は主語になることができないので④Ifは不可。

FRAME 130 ①   雨がやむまで,ここで待とう。

wait「待つ」という動作が「雨がやむ」という時点まで継続しているので,「…するまでずっと」という意味を表す①untilを選ぶ。④by the time「…するときまでに」はその時までに動作が完了することを表すので誤り。

FRAME 131 ①   野球の試合が始まるとすぐに雨が降りだした。

hardly when ...で「~するとすぐに…」という意味を表すので,①whenを選ぶ。

FRAME 132 ②   私は忙しかったので,その映画を見る時間がなかった。

コンマの前の文が〈理由〉を表しているので,「…だから」という意味を表す②Sinceを選ぶ。

FRAME 133 ④   メアリーはとてもすてきな少女なので,みんな彼女のことが好きだ。

空所のあとのa nice girlという語順に着目し,〈such that ...〉「とても~なので…」という形になるように,④ suchを選ぶ。② so を用いて同様の意味を表すにはso nice a girlという語順になることに注意。

FRAME 134 ①   私はみんなに聞こえるように大きな声で話した。

so that S can ...〉の形にして「Sが…できるように」という〈目的〉を表せばよいので,①so thatを選ぶ。

FRAME 135 ③   十分な雪がなければ,彼らはスキーをあきらめるだろう。

文意より,「もし…でなければ/…でない限り」という〈条件〉を表す③unlessを選ぶ。

FRAME 136 ④   彼女は裕福ではあるが,幸せではない。

文意より,「…であるけれども」という〈譲歩〉を表す④Even thoughを選ぶ。

FRAME 137 ②   正午前に戻ってくるなら,泳ぎに行ってかまいません。

「…しさえすれば」という最低限の〈条件〉を表すas long as という形を用いればよいので,②longを選ぶ。

FRAME 138 ④   寒くなるといけないから,上着を持っていきなさい。

「…するといけないから」という意味を表すように,④in caseを選ぶ。

FRAME 139 ③   そのアイスクリームはおいしいけれど,値段が高すぎる。

「…だけれども」という〈譲歩〉を表す接続詞③as を選ぶ。〈形容詞+asSV〉という語順に注意。

 

EXERCISE A >>

01 ②   もっと注意深く考えなさい,そうすればこの試験で高得点がとれますよ。

コンマの前は命令文。空所のあとの内容より,「~しなさい,そうすれば…」という意味になるように,②andを選ぶ。>> FRAME 125

02 ③   注意しなさい,さもなければまた間違えますよ。

コンマの前は命令文。空所のあとの内容より,「~しなさい,さもなければ…」という意味になるように,③orを選ぶ。>> FRAME 125

03 ②   夕食にスープかサラダのどちらかをお選びいただけます。

either A or Bで「ABかどちらか」の意味を表せばよいので, ② either を選ぶ。>> FRAME 126

04 ②   彼女の赤ちゃんはまだ歩くことも話すこともできない。

neitherに着目し,neither A nor BAでもBでもない」という意味になるように,②norを選ぶ。>> FRAME 126

05 ④   その国にはすばらしい将来性があるということは,だれの目にも明らかだ。

文の述語動詞はis で,futureまでが文の主語になる。主語となる名詞節をつくる接続詞の④Thatを選ぶ。>> FRAME 127

06 ④   鳥は飛べるという点で他の多くの動物とは異なる。

「 …の点で」という意味になるように,④inを選んでin that ...の形にする。>> FRAME 127

07 ④   スーザンが突然結婚したという知らせに私は驚いた。

空所以下は直前のthe newsの内容を説明しているので,同格の名詞節を導く④thatを選ぶ。>> FRAME 128

08 ①   エバンズさんが私たちのパーティーに来るかどうかは不確かだ。

is の前までが文の主語になる名詞節。or not に着目し,「…かどうか」の意味を表す①Whetherを選ぶ。whether ... or not で「…かどうか」という意味になる。>> FRAME 129

09 ①   私がクラスに着いたときには,試験は始まっていた。

had startedは「(過去のある時までに)始まっていた」ということを表す。したがって,「…するまでに」という意味になるように,①by the timeを選ぶ。>> FRAME 130

10 ④  「 君はあの車をもう何年も所有しているようだけど」

「そうだよ,それがまだ走るうちに売るべきだよね」

「 まだ走る間に売るべきだ」という意味になるように,④whileを選ぶ。①は「まだ走る前に」,③は「まだ走るまでずっと」となり,意味が通らない。>> FRAME 130

11 ④   ああ,なんてことだ! 財布が見つからない。私がそれを見つけるまでは我々は出発できない。

「 見つけるまでは出発できない」という意味になるように,④untilを選ぶ。①は「見つけるときに」, ② は「見つけて以来」, ③ は「もし見つけたら」となり, 意味が通らない。>> FRAME 130

12 ②   私がベッドに入ったらすぐに電話が鳴った。

hardly when ... で「~するとすぐに…」という意味を表すので,②hardly を選ぶ。>> FRAME 131

13 ②   まもなく門が開かれた。

It is not long before ...「まもなく…する」のis を過去形was にした形になるように,②beforeを選ぶ。>> FRAME 131

14 ③   私は故郷の町に帰るときはいつでも,私の昔の先生を訪ねる。

「 …するときはいつでも」という意味になるように,③every timeを選ぶ。>> FRAME 131

15 ③   私が新聞を読むために腰を下ろすとすぐに電話が鳴った。

no sooner than ... で「~するとすぐに…」という意味を表すので,③ thanを選ぶ。>> FRAME 131

16 ②   今夜は帰宅したのが遅かったので,テレビのニュースを見逃した。

コンマの前の部分が〈理由〉を表しているので,「…だから」という意味を表す②Sinceを選ぶ。①は「…だけれども」,④は「…する間に」を表す。③のBecause of のあとには名詞() が続く。>> FRAME 132

17 ②   あなたも今や大学生なのだから,もっと一生懸命英語を勉強するべきだ。

コンマの前の部分は〈理由〉を表している。「今や…だから」という意味を表す②Now thatを選ぶ。>> FRAME 132

18 ③   ミキはとても背の高い女性なので,天井に触れることができる。

thatがあることと空所のあとのa tall womanという語順に注目し,〈such that ...〉「とても~なので…」という形になるように,③suchを選ぶ。②soを用いる場合には,so tall a womanという語順になる。>> FRAME 133

19 ②   スミス先生はとてもすばらしい教師なので,どの生徒も彼女が好きだ。

空所のあとのnice a teacherという語順に注目し,〈so that ...〉「とても~なので…」という形になるように,②soを選ぶ。①suchを用いる場合には,such a nice teacherとなる。>> FRAME 133

20 ③   先生はとても速く話したので,だれも理解できなかった。

空所のあとに副詞fast と接続詞のthat があるので,〈so that ...〉「とても~なので…」という形になるように,③soを選ぶ。>> FRAME 133

21 ①   そこに20分早く着けるように,急行列車に乗ろう。

so that S can ...〉で「…するように」という〈目的〉を表すことができるので,①so thatを選ぶ。>> FRAME 134

22 ②   もっとはっきり話してくれないと,あなたの言うことが理解できない。

文意より,「…でない限り」という〈条件〉を表す②unlessを選ぶ。①「…して以来,…なので」,③「もし…ならば」では意味が通らない。>> FRAME 135

23 ②   その映画は,親が一緒に行くという条件で子どもは見に行くことができる。

on condition that ...「… という条件で」という意味になるように, ② on を選ぶ。>> FRAME 135

24 ④   難しかったけれども,スペイン語を習うのを楽しんだ。

「難しかった」と「スペイン語を習うのを楽しんだ」という内容をつなぐには,〈譲歩〉を表す④Even though「…であるけれども」を選ぶ。>> FRAME 136

25 ①   静かにすると約束するのなら,ここにいてもいいよ。

「 …しさえすれば」という最低限の〈条件〉を表すas long asという形になるように,①longを選ぶ。>> FRAME 137

26 ③   私が知る限りでは,トムはそんな間違いをしたことはない。

「…する限り(では)」と〈範囲〉を表すas far asという形になるように,③farを選ぶ。>> FRAME 137

27 ①   忘れるといけないから,君はサツキの番号を書き留めるべきだよ。

「…するといけないから」という意味を表すように,①in caseを選ぶ。>> FRAME 138

28 ②   彼は眠かったけれども,試験に向けての勉強を続けた。

「…だけれども」という〈譲歩〉を表す②asを選ぶ。〈形容詞+asSV〉という語順になることに注意する。>> FRAME 139

 

EXERCISE B >>

01 what whether

重要なのは,あなたが最善を尽くしたかどうかということだ。

is のあとは文の補語になる名詞節。①what は節内で名詞の働きをするが,このあとには完結した文がきているので不適当。or notに着目し,「…かどうか」を表し名詞節を導く接続詞whetherにする。>> FRAME 129

02 long far

私が知っている限りでは,スペインの物価は日本の物価よりもかなり安い。

as long asは〈時〉や〈条件〉を表し,「…する間は/…しさえすれば」という意味を表すので,ここでは合わない。「…する限り(では)」と〈範囲〉を表すas far as となるように,① longfarにする。>> FRAME 137

03 On In

またあなたに会えないといけないから,あとであなたに電話できるように今番号を教えてちょうだい。

in caseで「…するといけないから」という意味を表すので,①OnInにする。>> FRAME 138

 

EXERCISE C >>

01 Arizona is such a nice place that I’d love to stay here forever.

suchthat に着目し,〈such that ...〉「とても~なので…」の形にする。such a nice placeという語順になることに注意。>> FRAME 133

02 As far as we know, life cannot exist unless there is water.

「 我々が知る限り」は,as far as ... …する限り(では)」を用いてAs far as we knowで表す。「水がなければ」はunless「… でない限り」を用いてunless there is water で表す。>> FRAME 135 FRAME 137

03 Take this umbrella in case it should rain.

「 …するといけないから」はin case ...で表す。in caseに続く節内ではshouldが用いられることも多い。>> FRAME 138

04 Please let me know as soon as you have finished.

終わったらすぐに知らせてください。

let は〈let Odo〉「Oに…させる」の形で用いるので,let me knowと組み立てる。as soon as ... は「…するとすぐに」を表すので,you have finishedの前に置く。>> FRAME 131

05 We made sure that the gate was locked so that no one could come into the factory without permission.

私たちは,だれも許可なく工場の中に入れないように,門に鍵がかかっていることを確かめた。

so that S can ...〉で「…するように」と〈目的〉を表すので,so that no one could come into the factory ...とつなげる。the gate was lockedは過去の受動態。>> FRAME 134

06 Before you rent an apartment, find out as much about it as possible in order that there will be no misunderstanding.

アパートを借りる前には,誤解のないようにそれについてできるだけよく調べなさい。

as ... as possible で「できるだけ…」という意味を表すので,as much about it as possibleとつなげる。また,in order that ...で「…するために」という〈目的〉を表すので,in order that there will be no misunderstandingとつなげる。>> FRAME 134

07 You can play in this room so long as you remember to clean it up afterwards.

あとで掃除することを覚えているなら,この部屋で遊んでもいいよ。

so[as]long as ...は「…しさえすれば」という最低限の〈条件〉を表す。〈remember+to do〉で「…することを覚えている」の意味になるので,so long as you remember to clean it upとつなげる。>> FRAME 137

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事