スポンサーリンク

本文

Lesson 1 What Can Blood Type Tell Us?

(Part 1)
“Can you guess my blood type?”
“Well, you’re a very serious person, so I think your blood type is A.”
“Wow! Good guess!!”
This is a common conversation in Japan. Talking about a person’s blood type is very popular among many Japanese people. They like judging a person’s personality by his or her blood type. Many books about this topic become best-sellers every year. People often find articles about it in magazines. Many Japanese people think that blood type has something to do with their personality. However, in most other countries, blood type is not a common topic. A lot of people think it is nonsense to judge personality by blood type.

(Part 2)
Why do Japanese people like judging personality by blood type? There are two possible reasons for this. One reason is the distribution of blood types in Japan. Japan has a more even distribution of blood types than other countries. Take a look at the data below. Each blood type is found in a range of 9–38% (percent) of the population. So it is easy to group personalities into four groups by blood type. On the other hand, in other countries, the distribution of blood types is not very even. The rates for some blood types are very high or very low. For example, in Bolivia, 93% of people have type O blood. In such countries, it is difficult to judge personality by blood type.

(Part 3)
In Japan, most people know their blood types, so it is easy for them to talk about them. This is the other reason. In other countries, many people do not know their blood types. In fact, they first learn about them when they need a blood transfusion. If you ask a person from the United States or Europe, “What’s your blood type?” he or she may say, “Why do you want to know? Are you a doctor? Only doctors want to know that.” If people do not know their blood types, they will not use blood type to judge personality.

(Part 4)
For these two reasons, blood type is a popular way to judge personality in Japan. Interestingly, we also see this in South Korea. There is an even distribution of blood types there, and most people know their blood types. Also, people there are very interested in judging personality by blood type.
What do scientists think? Most scientists believe that there is no relationship between blood type and personality. Some scientists researched the relationship, but they could not find any scientific evidence. Yet some Japanese people still think that blood type is an interesting topic. Do you think that blood type can tell you something about your personality?

 

スポンサーリンク

訳文

Lesson 1 血液型は私たちに何を語ることができるのか

(Part 1)
「私の血液型がわかる?」
「うーん,あなたはとてもまじめな人だから,血液型はA型だと思う。」
「わーっ,当たり!」
これは日本でよくある会話です。人の血液型について話すことは多くの日本人にとても人気があります。彼らは血液型で人の性格を判断することが好きです。この話題に関するたくさんの本が毎年ベストセラーになります。人々は雑誌でそれに関する記事をよく見かけます。多くの日本人は血液型が自分たちの性格と何らかの関係があると考えています。しかし,他のたいていの国では,血液型は社会一般の話題ではありません。多くの人が血液型で性格を判断することをばかげたことだと考えているのです。

(Part 2)
なぜ日本人は血液型で性格を判断することが好きなのでしょうか。これについて考えられる理由が2つあります。1つの理由は日本における血液型分布です。日本は他国よりも均等な血液型分布になっているのです。下の資料を見てください。それぞれの血液型が人口の9~38パーセントの範囲内に見られます。そのため血液型で性格を4つのグループに分類することは容易です。一方,他国では,血液型分布があまり均等ではありません。いくつかの血液型の割合がとても高かったり低かったりします。たとえば,ボリビアでは,93パーセントの人がO型です。そのような国では,血液型で性格を判断することは難しいのです。

(Part 3)
日本では,たいていの人が自分の血液型を知っていて,そのため彼らが血液型について話すのは容易です。これがもう1つの理由なのです。他国では,多くの人が自分の血液型を知りません。実際に,輸血が必要になったときに,彼らは初めて血液型について知るのです。もしあなたがアメリカやヨーロッパ出身の人に,「あなたの血液型は何型ですか」と尋ねたら,彼や彼女は「どうして知りたがるのですか。あなたは医者ですか。医者だけが血液型を知りたがるものですよ」と言うかもしれません。もし人々が自分の血液型を知らなければ,性格を判断するために血液型を用いようとはしないでしょう。

(Part 4)
これら2つの理由によって,血液型は日本で人気のある性格判断方法になっています。興味深いことに,これは韓国でも見られることです。均等な血液型分布で,たいていの人が自分の血液型を知っています。また,韓国の人々は血液型で性格を判断することにとても興味を持っています。
科学者はどう考えているのでしょうか。たいていの科学者は血液型と性格の間には何の関係もないと考えています。その関係を研究した科学者もいましたが,科学的な証拠は何も見つけることができませんでした。けれども,血液型が興味深い話題だと考える日本人もまだいます。血液型がその人の性格について何かを語ることができると思いますか。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事