スポンサーリンク

本文

Lesson 2 Curry Travels around the World

(Part 1)
Hi, there! Today I’m going to talk about curry. When you hear the word “curry,” what country do you think of? Yes, India! Many of you know that India is the home of curry. However, do you know that there is no dish called curry in India?
Of course, there are many dishes similar to curry in India, but the Indian people do not call them curry. In India, people often stew meat or vegetables with various spices. A long time ago, the British people began to use the word “curry” to explain such Indian dishes. It comes from “kari” meaning a sauce or soup in Tamil.

(Part 2)
In the past, India was a British colony. I think you have learned about it in world history. In 1772, Warren Hastings, governor of the Bengal region, introduced a recipe for “curry” to the UK. He brought back rice, one of the main foods in Bengal, along with many spices. His recipe was a great success and eating curry with rice became popular in the UK.
From the 19th century on, curry continued to develop in the UK. At the beginning of the century, the first curry powder appeared. Until then, mixing the many spices to make curry was hard work. With the help of the curry powder, curry became easier to make and it spread across the UK. Also, the British people began to thicken curry with flour. They changed it to their own taste by using a recipe for stew, a traditional British food.

(Part 3)
British curry later sailed across the sea and came to Japan. Early in the Meiji era, curry powder was imported and people started making curry in Japan. At that time, curry was an expensive dish. For the price of a plate of “curry and rice,” a person could buy eight bowls of soba. Also, in those days, curry was a little strange. Surprisingly, long green onions and frog meat were used in it!
Since the late Meiji era, curry has been popular all over Japan. Some people say it was because the Japanese military adopted curry as a food for its soldiers. Curry was an ideal food for the soldiers because they could make it in large amounts and keep it for a few days. When the soldiers went back home, they took the recipe for curry with them. Because of this, people began eating it in many parts of Japan.

(Part 4)
With the spread of curry, a lot of new curry-based foods were invented in Japan. By combining curry with noodles and bread, curry-udon and curry-pan were made. Various curry-flavored snacks also appeared. You have probably eaten some of them. Among them, the curry roux and “curry in a pouch” were the most successful. They were exported overseas and became popular in such countries as Australia, China, South Korea, and the US. “Curry in a pouch” is eaten now even in the International Space Station (ISS)! Curry was born in India. It was later taken to the UK and then to Japan. Now it is eaten all over the world.
That’s all for my speech. Thank you for listening. Now, I’m guessing you are very hungry. Let’s go to the cafeteria and have some curry!

 

スポンサーリンク

訳文

Lesson 2 カレーは世界中を旅する

(Part 1)
やあ,こんにちは!今日はカレーについて話します。「カレー」という言葉を聞くと,みなさんはどの国を思い浮かべますか。そう,インドですね!みなさんの多くはインドがカレーの発祥地だと知っています。しかし,インドにはカレーと呼ばれる料理がないということを知っていますか。
もちろん,インドにはカレーによく似た多くの料理がありますが,インド人はそれらをカレーとは呼びません。インドでは,人々はよく肉や野菜をさまざまなスパイスといっしょに煮込みます。ずっと昔,そのようなインド料理を説明するためにイギリス人が「カレー」という言葉を使い始めました。それはタミル語でソースやスープを意味する「カリ」に起源があります。

(Part 2)
その昔,インドはイギリスの植民地でした。みなさんはそのことを世界史で習ったものと思います。1772年,ベンガル地方の総督であったウォーレン・ヘイスティングズが,イギリスに「カレー」の調理法を紹介しました。彼は多くのスパイスと共に,ベンガルの主食の1つである米を持ち帰りました。彼の調理法は大成功を収め,カレーを米といっしょに食べることがイギリスで一般的になりました。
19世紀以降,カレーはイギリスで発展し続けました。その世紀の初めには,最初のカレー粉が登場しました。それまでは,カレーを作るために多くのスパイスを混ぜ合わせることは大変な作業でした。カレー粉のおかげで,カレーはもっと作りやすくなり,イギリス中に広まりました。さらに,イギリス人は小麦粉でカレーにとろみをつけ始めました。彼らは伝統的なイギリス料理であるシチューの調理法を用いて,カレーを自分たちの好みに合うように変えたのです。

(Part 3)
イギリスのカレーはのちに,海を航海して日本へやって来ました。明治時代初期にカレー粉が輸入され,人々は日本でカレーを作り始めました。当時,カレーは高価な料理でした。「カレーライス」1皿の値段で,人はそば8杯を買うことができたのです。また当時,カレーは少し変わっていました。驚いたことに,長ネギとカエルの肉がカレーに使われていたのです!
明治時代後期以来,カレーは日本中で一般的になっています。それは日本の軍隊がカレーを兵士用の食事として採用したからだと言う人もいます。カレーは大量に作ることができ,数日保存することもできたので,兵士たちにとって理想的な食事でした。兵士たちは故郷に戻るとき,カレーの調理法をいっしょに持って帰りました。このため,人々は日本の多くの地域でカレーを食べ始めたのです。

(Part 4)
カレーの広がりとともに,カレーを基にした多くの新しい食品が日本で発明されました。カレーを麺類やパンと組み合わせることによって,カレーうどんやカレーパンが作られました。さまざまなカレー風味のスナック菓子も登場しました。みなさんはおそらく,それらのいくつかを食べたことがあるでしょう。中でも,カレールーと「レトルトカレー」が最も成功を収めました。それらは海外に輸出され,オーストラリア,中国,韓国,アメリカのような国々で一般的になりました。「レトルトカレー」は今や国際宇宙ステーション(ISS)でも食べられています!カレーはインドで生まれました。それはのちにイギリスへもたらされ,それから日本へもたらされました。今ではカレーは世界中で食べられています。
私のスピーチはこれで終わりです。ご清聴ありがとうございました。さて,みなさんはとてもお腹が空いているのではないかと思っています。カフェテリアへ行ってカレーを食べましょう!

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事