スポンサーリンク

本文

Lesson 4 Gorillas and Humans

(Part 1)
Interviewer: Today, we have an interview with Professor Yamagiwa of Kyoto University, an expert on gorillas. Professor Yamagiwa, thank you very much for your time.
Prof. Yamagiwa: My pleasure.
Interviewer: I heard you spent many years with gorillas in Africa. Could you tell us about your interest in them?
Prof. Yamagiwa: Well, although they have big bodies and scary faces, gorillas are similar to humans. For example, just as people do, they usually make eye contact with each other. They do this when they greet each other or when they want to invite others to play. They seem to keep good relationships through face-to-face communication instead of body contact. Such a communication style is an important base in human conversation, too. I think human languages developed from this style of communication.
Interviewer: Very interesting.

(Part 2)
Interviewer: I didn’t know gorillas use eye contact to keep good relationships. I always thought they were aggressive animals. I get scared when they beat their chests.
Prof. Yamagiwa: That gesture is called “chest beating.” When we see it, we usually think they are very violent. However, it doesn’t always mean they are angry.
Interviewer: When do they beat their chests?
Prof. Yamagiwa: They beat their chests when they want to catch others’ attention, show excitement, or give warnings. When young gorillas are playing, they often beat their chests in turns. Human children shout to each other when they play. These two behaviors are similar. Gorillas also beat their chests when two groups of gorillas are approaching each other. When the two groups meet, trouble can happen. Each group warns the other about coming closer.

(Part 3)
Interviewer: So, it seems that gorillas are peaceful animals. Don’t they fight with each other?
Prof. Yamagiwa: Yes, they sometimes fight for food with others in their group. However, if two gorillas fight, other gorillas usually try to stop the fight from continuing.
Interviewer: Who tries to stop it?
Prof. Yamagiwa: Usually smaller gorillas such as females and younger ones do. Eye contact communication is also used in this case. They approach the two larger gorillas who are fighting. The smaller gorillas stare at the angry gorillas. The angry gorillas then move away from each other.
Interviewer: Why do smaller gorillas play such a role?
Prof. Yamagiwa: If other large gorillas use force to stop a fight, frustration remains and another fight may happen. On the other hand, smaller gorillas do not use force. As a result, the angry gorillas stop fighting and no frustration remains. We humans often use force to control others. Some countries use great military and economic force to stop fights between countries. This method doesn’t solve any problems.
Interviewer: That may be a lesson we can learn from gorillas.

(Part 4)
Interviewer: For my last question, I would like to ask you about the present situation of gorillas. I heard their numbers have been decreasing.
Prof. Yamagiwa: Yes. Gorillas are becoming extinct. About 200,000 gorillas live in Africa now. However, in some areas, their numbers have become less than half in a few decades. This is related to the smartphones and computers we use.
Interviewer: What do you mean?
Prof. Yamagiwa: Africa is an important area for producing rare metals. These metals are used in our smartphones and computers. To collect them, people have been destroying the living areas of gorillas in the forest. In addition, hunting gorillas for their meat has been increasing. If we do not change this situation right now, our “relatives” may be extinct in the near future.
Interviewer: Then, each of us should understand this situation and consider what we can do. Thank you so much, Professor Yamagiwa. It was very interesting.
Prof. Yamagiwa: Thank you.

 

スポンサーリンク

訳文

Lesson 4 ゴリラと人間

(Part 1)
インタビュアー:本日は,ゴリラの専門家でいらっしゃる京都大学の山極教授にインタビューします。山極教授,お時間を割いていただきありがとうございます。
山極教授:どういたしまして。
インタビュアー:あなたはアフリカでゴリラといっしょに長年過ごされたと伺いました。あなたのゴリラへの関心についてお話しいただけますか。
山極教授:そうですね,ゴリラは身体が大きくて怖い顔をしていますが,人間によく似ています。たとえば,ちょうど人間がするのと同じように,常にお互いに目を合わせます。互いにあいさつをするときや,ほかのゴリラを遊びに誘いたいときに,これをします。身体の接触ではなく,顔をつき合わせたコミュニケーションを通じて,ゴリラはよい関係を保っているようです。そのようなコミュニケーション方法は,人間の会話においても重要な基盤です。人間の言語はこのコミュニケーション方法から発展したのだと私は考えています。
インタビュアー:とても興味深いですね。

(Part 2)
インタビュアー:ゴリラがよい関係を保つためにアイコンタクトを使うとは知りませんでした。私はずっとゴリラは攻撃的な動物だと思っていました。ゴリラが胸をたたくと怖くなりますし。
山極教授:そのしぐさは「胸たたき」と呼ばれています。それを見ると,私たちはたいてい,ゴリラはとても凶暴だと考えてしまいます。しかし,それは必ずしもゴリラが怒っていることを意味するわけではありません。
インタビュアー:どんなときにゴリラは胸をたたくのですか。
山極教授:ほかのゴリラの関心を引きたいとき,興奮を示すとき,あるいは警告を発するときに胸をたたきます。子どものゴリラが遊んでいるとき,よく交替で胸をたたき合います。人間の子どもたちは遊ぶときに互いに叫び合います。これら2つの行動はよく似ていますね。ゴリラは2つのゴリラの群れが互いに接近しているときにも胸をたたきます。2つの群れが出会うと,もめ事が起こることもあります。それぞれの群れがもう一方の群れに近づいていることを警告するのです。

(Part 3)
インタビュアー:そうしますと,ゴリラは平和的な動物のように思われます。お互いにけんかをしないのでしょうか。
山極教授:いいえ,ときどき群れの中で食べ物のためにほかのゴリラとけんかすることはあります。しかし,もし2頭のゴリラがけんかしたとしても,たいていほかのゴリラがけんかが続くのを止めようとします。
インタビュアー:どのゴリラが止めようとするのですか。
山極教授:たいてい雌や年少のゴリラのような小さいゴリラが止めます。アイコンタクトによるコミュニケーションはこの場合にも使われます。小さいゴリラはけんかしている2頭の大きなゴリラに近づきます。小さいゴリラは怒ったゴリラをじっと見ます。すると怒ったゴリラはお互いから離れるのです。
インタビュアー:なぜ小さいゴリラがそのような役割を果たすのでしょうか。
山極教授:もしほかの大きいゴリラがけんかを止めるのに力を使うと,欲求不満が残って別のけんかが起きるかもしれません。一方,小さいゴリラは力を使いません。その結果,怒ったゴリラはけんかするのをやめ,欲求不満は少しも残りません。私たち人間は他人を支配するために力を用いることが多いです。国家間の争いを止めるために,大きな軍事力や経済力を使う国もあります。この方法では問題は何も解決しないのです。
インタビュアー:そのことは私たちがゴリラから学べる教訓かもしれませんね。

(Part 4)
インタビュアー:最後の質問として,ゴリラの現在の状況について伺いたいと思います。ゴリラの生息数が減り続けていると聞きました。
山極教授:そうです。ゴリラは絶滅しつつあるのです。現在は約20万頭のゴリラがアフリカに生息しています。しかし,いくつかの地域では,その数が数十年で半分以下になっています。このことは私たちが使うスマートフォンやコンピュータと関係があります。
インタビュアー:どういうことでしょうか。
山極教授:アフリカはレアメタルを産出するための重要な地域です。こういった金属は私たちのスマートフォンやコンピュータに使われています。レアメタルを採集するために,人々は森にあるゴリラの住みかを破壊し続けています。さらに,肉を得るためのゴリラ狩りも増えています。もし私たちがこの状況を今すぐ変えなければ,私たちの「親類」は近い将来に絶滅しているかもしれません。
インタビュアー:そうしますと,私たちひとりひとりがこの状況を理解し,何ができるかよく考えるべきですね。たいへんありがとうございました,山極教授。実に興味深いお話でした。
山極教授:ありがとうございました。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事