スポンサーリンク

本文

Lesson 6 Biodiesel Adventure

(Part 1)
I am Shusei Yamada, a photojournalist. I drove around the world with “Vasco-5,” an eco-friendly car. The car runs on vegetable oil! It carries a machine which makes biodiesel fuel out of used vegetable oil. I did not buy new oil but collected waste oil from people in many countries.
There were two purposes of this adventure. One purpose was to examine how far I could go with only waste oil. The other purpose was to communicate with people around the world about biodiesel fuel.
Before beginning my journey, I had worried about one thing. In the world, there are many varieties of vegetable oils such as rapeseed, palm, and olive oil. I was not sure if Vasco-5 could process all of these oils. But some people say the only way to learn is “by doing.” So, I started the engine of Vasco-5 in Tokyo on December 5th, 2007.

(Part 2)
After test-driving Vasco-5 in Japan, I sailed across the Pacific Ocean to North America. The first city I visited was Vancouver, Canada. I asked for waste oil in many restaurants and hotels there. However, my requests were often refused because people knew little about biodiesel fuel. That made me feel disappointed. Still, as people heard about my project, they started bringing me waste oil from their homes. It took me a few days to process the oil into biodiesel fuel. After the process was finished, I was able to start on my journey again. When I ran out of fuel, I stopped and asked people for waste oil again.
A month later, I left Vancouver for the US. More and more people helped me on my journey. Some people e-mailed their friends about my project. Surprisingly, when I arrived in their town, they had already collected waste oil for me. In San Francisco, people even held a welcome party for me. I traveled from Los Angeles to the Grand Canyon and then to the East Coast. To save fuel, I had to drive carefully. Vasco-5 and I went across the North American continent and finally arrived in Washington, D.C. on April 19th. Then, Vasco-5 and I got on a ferry for Europe to cross the Atlantic Ocean.

(Part 3)
In June, my journey began again with Vasco-5 in Lisbon, Portugal. I drove Vasco-5 through Spain to Morocco in Africa. I wanted to test-drive Vasco-5 under the very severe conditions of the Sahara Desert. Although the daytime temperature there got as high as 52℃ (degrees Celsius), Vasco-5 was able to run without any problem.
Then, I drove back from Africa to Europe the next month and headed for the east end of the Eurasian continent. After visiting several European countries, I arrived in the last country on my journey, Russia, in September. It was very cold there. Even in the daytime, the temperature was below the freezing point. The oil people brought to me there had often frozen. So, I had to heat the oil on the stove before processing it into biodiesel fuel.
On December 1st, 2008, Vasco-5 and I came back to Tokyo by way of Siberia. It took me almost one year to drive 47,853 km (kilometers) around the world.

(Part 4)
Wherever I went, people who heard of Vasco-5 were waiting for me with waste oil. Some people offered me not only oil but also food or a place to stay for free. Others took a day off from work to collect waste oil for me. Moreover, other people supported me so that I could pass through the borders between countries. Since Vasco-5 carried an unusual machine on it, few border officers let me pass through the borders easily. I was moved by the kindness of the people who helped me. Meeting such good people from different races and countries was the most precious gift for me on this journey.
More than 1,000 people offered waste oil to me throughout the journey. My journey proved that I could travel around the world by using waste oil. In fact, Vasco-5 used 6,540 L (liters) of oil to make the journey. Here is a lesson I learned from this adventure: If each of us in the world makes a small effort, we will be able to produce big results.

 

スポンサーリンク

訳文

Lesson 6 バイオディーゼル・アドベンチャー

(Part 1)
私は報道写真家の山田周生です。私は環境に優しい車「バスコファイブ号」とともに世界をドライブして一周しました。その車は植物油で走るのです!その車は使用済みの植物油からバイオディーゼル燃料を作る機械を載せています。私は新しい油を買うのではなく,たくさんの国の人たちから廃油を集めました。
この冒険の目的は2つありました。1つ目の目的は,廃油だけでどこまで行けるのか調査することでした。もう1つの目的は,世界中の人たちとバイオディーゼル燃料について意見交換することでした。
旅を始める前,私は1つのことについてずっと心配していました。世界には,菜種油,ヤシ油,オリーブ油のように多くの種類の植物油があります。バスコファイブ号がこれらすべての油を加工できるかどうか確信がなかったのです。しかし,唯一の学習方法は「行動することによる」と言う人もいます。だから私は,2007年12月5日,東京でバスコファイブ号のエンジンをかけました。

(Part 2)
日本でバスコファイブ号を試運転したあと,私は太平洋を航海して北アメリカへ渡りました。私が訪れた最初の都市はカナダのバンクーバーでした。私は現地の多くのレストランやホテルで廃油を欲しいと言いました。しかし,人々はバイオディーゼル燃料についてほとんど知らなかったので,私の依頼はたびたび断られました。そのことで私はがっかりしました。それでも,人々は私の計画について聞くと,家から廃油を持って来てくれるようになりました。油をバイオディーゼル燃料に加工するのに数日かかりました。その工程が終わったあとで,私は再び旅を始めることができました。燃料を使い果たすと,私は停車して再び人々に廃油を求めました。
1か月後,私はアメリカへ向けてバンクーバーを離れました。ますます多くの人が旅の途上で私を助けてくれました。私の計画について友人にメールしてくれた人もいました。驚いたことに,私がその友人の街へ到着すると,彼らは私のためにすでに廃油を集めてくれていました。サンフランシスコでは,私の歓迎パーティーを開いてくれる人さえいました。私はロサンゼルスからグランドキャニオンへ,それから東海岸へと旅をしました。燃料を節約するために,私は慎重に運転しなければなりませんでした。バスコファイブ号と私は北アメリカ大陸を横断し,4月19日,ついにワシントンDCに到着しました。それから,バスコファイブ号と私は太西洋を横断するためにヨーロッパ行きのフェリーに乗りました。

(Part 3)
6月,私の旅はポルトガルのリスボンでバスコファイブ号とともに再開しました。私はバスコファイブ号を運転してスペインを通り,アフリカのモロッコへ行きました。サハラ砂漠の非常に過酷な状況下でバスコファイブ号を試運転したかったのです。現地の日中の気温は摂氏52度にまで上がりましたが,バスコファイブ号は何の問題もなく走りました。
それから,翌月私はアフリカからヨーロッパへ運転して戻り,ユーラシア大陸の東端へ向かいました。ヨーロッパ諸国を何か国か訪れたあと,9月に旅の最後の国であるロシアに到着しました。そこはとても寒かったです。日中でさえ,気温は氷点下でした。人々が現地で持って来てくれた油はたびたび凍っていました。そのため,バイオディーゼル燃料に加工する前に,私はコンロの上で油を温めなければなりませんでした。
2008年12月1日,バスコファイブ号と私はシベリア経由で東京に戻って来ました。世界を一周して47,853キロをドライブするのにほぼ1年かかりました。

(Part 4)
私が行くところはどこでも,バスコファイブ号のことを聞いた人たちが廃油を持って待っていてくれました。中には油だけでなく,食事や泊まる場所を無料で提供してくれる人もいました。また,仕事を1日休んで私のために廃油を集めてくれる人もいました。さらに,国家間の国境を通過できるよう支援してくれる人もいました。バスコファイブ号は車内に見慣れない機械を載せていたので,ほとんどの国境係官は簡単には私に国境を通過させてくれませんでした。私は援助してくれた人たちの親切に感動しました。さまざまな人種や国の,そのような親切な人たちに出会えたことは,この旅における私への最も貴重な贈り物でした。
旅を通して,1,000人を超える人たちが廃油を提供してくれました。私の旅によって,廃油を使って世界を一周できることが証明されました。実際,バスコファイブ号はその旅をするのに6,540リットルの油を使いました。この冒険から私が学んだ教訓があります。世界の中の私たちひとりひとりが小さな努力をすれば,大きな成果を生み出すことができるということです。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事