スポンサーリンク

本文

Lesson 8 Mariko Nagai, Super Interpreter

(Part 1)
In September, 2013, wonderful news delighted a great number of people in Japan. The news was, “Tokyo wins race to host 2020 Summer Olympics.” Tokyo hosted the Olympics in 1964, and it will be the first city in Asia to host them twice. Many people worked hard for the campaign to host the Olympics, and Mariko Nagai was among them. She is one of the top interpreters in Japan. Through her job, she communicated Japan’s desire to the world and contributed a lot to the campaign’s success.
Do you know what interpreters do? They change spoken words from one language into another. At international conferences, they take turns interpreting every 20 or 30 minutes. This is because the job requires deep concentration. “The job of an interpreter is just like martial arts,” says Nagai. She explains further, “I mean, we interpreters respond instantly to what we receive. This is similar to a sword match in martial arts.”

(Part 2)
Nagai is over 70 years old. She still works as an interpreter, carrying out more than 200 jobs a year. She has interpreted for prime ministers, top athletes, Hollywood actors, and famous people in many fields. An interpreter is required to interpret the words correctly. However, Nagai conveys more than words. She conveys the speakers’ attitudes and feelings.
Here is one example. When she interpreted for an important politician, he became really angry and banged on the table. Interpreting his words, Nagai also banged on the table. Other interpreters usually do not go so far. However, when a speaker gets angry, Nagai also gets angry when she is interpreting the words. She follows the speaker’s attitudes and feelings exactly. That is one of the reasons why a lot of important people choose her as their interpreter. Nagai says, “A word is not a code, but a message. It is important to change the way of speaking according to the speaker and the atmosphere of the place.”

(Part 3)
Nagai was born in Sendai, Miyagi in 1943. When she was in the third year of high school, she studied in the US for a year. As she had been fascinated with English, she went on to university in Japan and studied English very hard. While she was at university, she worked as an interpreter for the first time at the 1964 Tokyo Olympics.
Later on, she pursued her career as an interpreter and became one of the top interpreters in Japan. Interpreters have to deal with a wide range of vocabulary at conferences. They are usually given manuscripts before the conference to prepare well. Nagai consults a dictionary to look up not only technical words but easy words just in case. Then, she makes a handwritten notebook for the words. Such hard work has made her what she is today.
Why does she do such careful preparation each time? That is because of a bad experience she had in the past. Just one time she did not do enough preparation. When the conference was over, she was told not to come any more. After that, she made a point of researching all words carefully. Nagai’s belief is “Hard work and careful preparation never fail.”

(Part 4)
In March, 2011, a great earthquake hit Japan, especially in the Tohoku area. Nagai, born in Tohoku, wanted to do something to help people there. She interpreted for the mayor of Namie Town when the United Nations study team visited Fukushima. In preparation, she read the manuscript of his speech carefully. She found a phrase “utsukushii furusato Namie-machi” several times in his speech. However, she could not think of any suitable English translation for it. An English word for furusato is, of course, ‘hometown,’ but she felt something was wrong with it. She thought very hard to find the best words for the phrase and her choice was “beautiful Namie Town as our home.” She wanted to express the deep affection the people of Namie have for their hometown.
You may be surprised to know that she has been studying Japanese as well as English. Every month she goes to Kyoto to learn waka so that she can use the best words in interpreting. She believes that yamato kotoba is easier for us to understand. With her knowledge and skill, Nagai removes the language barrier between Japanese and English. Moreover, she connects people beyond languages. These facts make her a super interpreter.

 

スポンサーリンク

訳文

Lesson 8 すばらしい通訳者,長井鞠子

(Part 1)
2013年9月,すばらしいニュースが日本の大多数の人々を喜ばせました。そのニュースは「東京が2020年の夏季オリンピックを開催するための競争に勝利す」というものでした。東京は1964年にオリンピックを開催しましたので,オリンピックを2度開催するアジアで最初の都市になります。多くの人がオリンピックを開催する活動のために懸命に働きましたが,長井鞠子さんもその中にいました。彼女は日本で最高の通訳者のひとりです。仕事を通じて,彼女は日本の願望を世界に伝え,活動の成功に大いに貢献しました。
あなたは通訳者が何をするか知っていますか。彼らは話された言葉をある言語から別の言語に変えます。国際会議では,彼らは20分か30分ごとに交替で通訳をします。これはその仕事が深い集中を必要とするからです。「通訳者の仕事はちょうど格闘技のようです」と長井さんは言います。彼女はさらに説明します―「つまり,私たち通訳者は受け取ったことに即座に反応します。これは格闘技の真剣勝負によく似ています。」

(Part 2)
長井さんは70歳を超えています。1年間に200件を超える仕事をこなしながら,彼女はまだ通訳者として働いています。彼女は総理大臣,最高のスポーツ選手,ハリウッド俳優,多くの分野の有名人の通訳をしました。通訳者は言葉を正確に通訳することが求められます。しかし,長井さんは言葉より多くのことを伝えます。彼女は話し手の態度や感情まで伝えます。
ここに1つの例があります。長井さんがある有力な政治家の通訳をしたとき,彼は本当に怒って,テーブルをドンとたたきました。彼の言葉を通訳しながら,長井さんもまた机をドンとたたきました。ほかの通訳者はふつうそこまではしません。しかし,話し手が怒ると,長井さんもまた通訳をしているときに怒ります。彼女は話し手の態度や感情に厳密にならうのです。これが多くの要人が彼女を通訳者として選ぶ理由のひとつです。長井さんは言います―「言葉は符号ではなくメッセージです。話し手やその場の雰囲気に従って話し方を変えることが大切です。」

(Part 3)
長井さんは1943年に宮城県の仙台市で生まれました。高校3年生のときに,彼女は1年間アメリカに留学しました。彼女は英語に魅了されていたので,日本で大学に進学し,英語をとても熱心に勉強しました。大学在学中に,彼女は1964年の東京オリンピックで初めて通訳者として働きました。
その後,彼女は通訳者としての仕事を続け,日本でトップクラスの通訳者のひとりになりました。通訳者は会議で広範囲の語彙を扱う必要があります。彼らはたいてい,しっかりと準備するために会議の前に原稿を与えられます。長井さんは万一に備えて,専門用語だけでなく簡単な単語を調べるためにも辞書を引きます。それから,彼女は手書きの単語ノートを作ります。このような厳しい努力が彼女を今日の彼女にしているのです。
なぜ彼女は毎回そのような入念な準備を行うのでしょうか。それは過去にあった苦い経験のためです。一度だけ,彼女は十分な準備をしませんでした。会議が終わったとき,彼女はもう来ないように言われました。その後,彼女は必ずすべての言葉を入念に調べることにしました。長井さんの信念は「厳しい努力と入念な準備は決して裏切らない(←失敗しない)」ということです。

(Part 4)
2011年3月,大地震が日本を,特に東北地方を襲いました。東北出身の長井さんは,当地の人々を助けるために何かしたいと思いました。国連の調査団が福島県を訪れたとき,彼女は浪江町長の通訳をしました。準備の際,彼女は彼のスピーチ原稿を注意深く読みました。彼女は彼のスピーチに「美しいふるさと浪江町」という言い回しを何度か見つけました。しかし,彼女はそれにふさわしい英訳を1つも思いつくことができませんでした。ふるさとを表す英単語はもちろん‘hometown’ですが,彼女はそれがどこかおかしいと感じました。その言い回しに最適な言葉を見つけようと一生懸命に考え,彼女が選んだのは“beautiful Namie Town as our home”でした。彼女は浪江町の人々のふるさとへの深い愛情を表現したかったのです。
あなたは彼女が英語と同じように日本語も勉強し続けていることを知って驚くかもしれません。毎月,通訳する際に最適な言葉が使えるように,彼女は京都へ和歌を習いに行きます。彼女は大和言葉が私たちにより理解しやすいと考えています。長井さんは,その知識と技術で,日本語と英語の間にある言語の壁を取り除きます。さらに,言語を越えて人々をつなぎます。これらの事実が彼女をすばらしい通訳者にしているのです。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事