スポンサーリンク

本文

Reading 1 Encyclopedia Brown

Mr. and Mrs. Brown had one child. They called him Leroy, and so did his teachers. Everyone else in Idaville called him Encyclopedia because his head was like an encyclopedia. He learned many facts from books, and his head was filled with them. He was like a complete library walking around in sneakers.
Old ladies who did crossword puzzles were always stopping him on the street to ask him questions. However, his father asked him more questions than anyone else. Mr. Brown was the chief of police of Idaville.
The town had four banks, three movie theaters, and a Little League. It had the usual number of gas stations, churches, schools, stores, and houses. And it had the average number of crimes for a town of its size.
Idaville, however, only looked like the usual American town. It was, really, most unusual.
For a whole year no criminal escaped arrest and no boy or girl got away with breaking a single law in Idaville.
This was partly because the town’s policemen were clever and brave. But mostly it was because Chief Brown was Encyclopedia’s father.
His hardest cases were solved by Encyclopedia during dinner in the Browns’ red brick house on Rover Avenue.
Of course, nobody knew a boy was helping the town’s police.
You wouldn’t guess it by looking at Encyclopedia. He looked like a common fifth-grade boy and acted like one, too.
Mr. Brown never said a word about the advice his son gave him. Who would believe that his best detective was only ten years old?
It began like this:
One evening at dinner, Mr. Brown said, “Natty Nat has struck again. He has held up another store-and right here in Idaville.”
“What store, Dad?” asked Encyclopedia.
“The Men’s Shop, owned by Mr. Dillon and Mr. Jones,” answered Mr. Brown. “So now Natty Nat has held up six stores in the state this month.”
“Are you sure the robber was Natty Nat?” asked Encyclopedia.
“Mr. Dillon himself said it was Natty Nat,” replied Mr. Brown.
He pulled a notebook from his pocket and put it beside his plate. “I wrote down everything Mr. Dillon told me about the holdup. I’ll read it to you.”
Encyclopedia closed his eyes. He always closed his eyes when he was getting ready to think hard.
His father began to read Mr. Dillon’s speech about the holdup:

I was alone in the store. I did not know anyone had come in. Suddenly a man’s voice told me to raise my hands. I looked up then. I was face to face with the man the newspapers call Natty Nat. He wore a gray coat with a belt in the back, just as the newspapers said. He told me to turn and face the wall. Since he had a gun, I did as he said. When I turned around again, he was gone-with all the money.

Chief Brown finished reading and closed his notebook.
Encyclopedia asked only one question: “Did the newspapers ever print a picture of Natty Nat?”
“No,” answered his father. “He never stands still long enough for a picture to be taken. Remember, he’s never been caught. But every policeman in the state knows he always wears that gray coat with the belt in the back.”
“Nobody even knows his real name,” said Encyclopedia, half to himself. “Natty Nat is just a made-up name in the newspapers.”
Suddenly he opened his eyes. “Say, the only reason Mr. Dillon thought it was Natty Nat was because of that gray coat!” he said. “The case is solved!”
“There is nothing to solve,” objected Chief Brown. “There is no mystery. Mr. Dillon was robbed. The holdup man was the same one who has robbed other stores in the state.”
“Not quite,” said Encyclopedia. “There was no holdup at The Men’s Shop.”
“What do you mean?” exclaimed Mr. Brown.
“I mean Mr. Dillon wasn’t robbed, Dad. He lied from beginning to end,” answered Encyclopedia.
“Why should Mr. Dillon lie?” demanded his father.
“I guess he spent the money. He didn’t want his partner, Mr. Jones, to know it was missing,” said Encyclopedia. “So Mr. Dillon said he was robbed.”
“Leroy,” said his mother, “please explain what you are saying.”
“It’s simple, Mom,” said Encyclopedia. “Mr. Dillon read all about Natty Nat in the newspapers. So he knew Natty Nat always wore a gray coat with a belt in the back when he held up stores.”
“Go on, Leroy,” said Mr. Brown.
“Mr. Dillon wanted to blame his holdup on someone people have read about,” said Encyclopedia. “He said he knew it was Natty Nat because of the coat he wore-”
“That could be true,” Chief Brown said.
“That couldn’t be true,” said Encyclopedia.
“Mr. Dillon never saw the back of the man who held him up. He said so himself. Remember?”
Chief Brown frowned. He picked up his notebook again. He read to himself for a while.
Then he shouted, “Leroy, I believe you are right!”
Encyclopedia said, “Mr. Dillon only saw the front of the holdup man. He had no way of knowing that the man’s coat had a belt in the back!!
“He stole money from his own store and from his partner too,” cried Chief Brown. “And he nearly got away with it!”
He rushed from the dining room.
“Leroy,” said Mrs. Brown, “did you get this idea from a TV program?”
“No,” said Encyclopedia. “I got it from a book I read about a great detective and his ways of observation.”
“Well,” said his mother proudly, “this proves how important it is to listen carefully and watch closely, to train your memory. Perhaps you will be a detective when you grow up.”
“Mom,” said Encyclopedia, “can I have another piece of pie?”
Mrs. Brown sighed. She was an English teacher in the Idaville High School before her marriage. “You may have another piece of pie,” she said.

 

スポンサーリンク

訳文

Reading 1 エンサイクロペディア・ブラウン

(p.52)
ブラウン夫妻には子どもが1人いました。彼らはその子をリロイと呼んだので,先生たちもそう呼びました。アイダヴィルのほかのみんなは彼のことを百科事典くんと呼びました。なぜなら彼の頭は百科事典のようだったからです。彼は本から多くの事実を学び,頭の中はそれらでいっぱいでした。彼はスニーカーを履いて歩きまわる完璧な図書館のようでした。
クロスワードパズルをしていた老婦人は,彼に質問をするために通りでいつも彼を立ち止まらせたものでした。しかし,彼のお父さんが,ほかのだれよりも多く彼に質問をしました。ブラウン氏はアイダヴィルの警察署長でした。
町には4つの銀行,3つの映画館,1つのリトルリーグ(少年野球連盟)がありました。通常の数のガソリンスタンド,教会,学校,お店,家がありました。そして,この規模の町に平均的な数の犯罪がありました。

(p.53)
しかしながら,アイダヴィルはふつうのアメリカの町に見えるだけでした。そこは,実際は,最も普通でない町でした。
丸1年の間,アイダヴィルで逮捕を逃れた犯罪者はおらず,たった1つの法律でさえ破って罰を逃れた少年少女はいませんでした
これは一部には町の警察官が賢明で勇敢だったからでした。しかし大部分は,ブラウン署長が百科事典くんの父親だったからでした。
彼の最も難しい事件は,ローバー通りにあるブラウン家の赤いレンガの家の中で,百科事典くんによって夕食中に解決されました。
もちろん,だれも1人の少年が町の警察を助けていることは知りませんでした。
あなたは百科事典くんを見てそのことを推測することはできないでしょう。彼はふつうの5年生の男の子に見えましたし,そんな子のようにふるまってもいました。
ブラウン氏は息子が彼に与えた助言について一言も口にしませんでした。彼の最高の探偵がわずか10歳だとだれが信じるでしょうか。
それは次のように始まりました。
ある晩の夕食で,ブラウン氏は言いました。「ナティー・ナットがまた襲ったよ。別の店を襲ったんだ。まさにここアイダヴィルでね。」
「どの店なの,お父さん」と百科事典くんは尋ねました。
「メンズショップ(紳士洋品店)だよ,ディロン氏とジョーンズ氏が所有している」とブラウン氏は答えました。「だからこれで,ナティー・ナットは今月この州の6軒の店を襲ったことになるね。」
「その強盗がナティー・ナットだったのは確かなの?」と百科事典くんが尋ねました。
「ディロン氏自身がナティー・ナットだったと言ったんだよ」とブラウン氏は答えました。

(p.54)
彼はポケットからノートを取り出して皿のそばに置きました。「私はディロン氏が強盗について私に語ったことをすべて書き留めた。お前に読んであげよう。」
百科事典くんは目を閉じました。彼は真剣に考える準備ができたときはいつも目を閉じました。
彼のお父さんは強盗についてのディロン氏の話を読み始めました。

私はひとりで店にいた。だれかが入ってきたことはわからなかった。突然,男の声で私に手を挙げるように言った。そのとき私は見上げた。私は新聞がナティー・ナットと呼んでいる男と向かい合っていた。ちょうど新聞が伝えたように,男は後ろにベルトの付いたグレーのコートを着ていた。男は私に向きを変えて壁を向くように言った。男は銃を持っていたので,私は男が言うようにした。もう一度振り向いたときには,男は立ち去っていた―お金を全部持って。

ブラウン署長は読み終えてノートを閉じました。
百科事典くんは1つだけ質問をしました。「新聞はこれまでにナティー・ナットの写真を載せたことはあるの?」
「いいや」とお父さんは答えました。「やつはぜったい写真を撮られるほど長くじっとしていないのさ。いいかい,ナティー・ナットは一度も捕まったことがないんだ。でも,この州の警察官はみんな,やつが後ろにベルトの付いたグレーのコートをいつも着ていることは知っているのさ。」
「だれも彼の本名さえ知らない」と百科事典くんはだれに言うともなく言いました。「ナティー・ナットは新聞ででっちあげられた名前でしかない。」

(p.55)
突然,彼は目を開けました。「そうだ,ディロンさんがその男をナティー・ナットだと思った唯一の理由はそのグレーのコートのためだった!」と彼は言いました。「事件は解決するぞ!」
「何も解決することはないよ」と言ってブラウン署長は反対しました。「謎は何もないよ。ディロンさんは襲われた。強盗犯はこの州でほかの店を襲ったやつと同一人物だった。」
「そうでもないよ」と百科事典くんは言いました。「紳士洋品店で強盗はなかったんだよ。」
「どういうことだ?」とブラウン氏は叫びました。
「ディロンさんは襲われなかったってことさ,お父さん。彼は最初から最後までうそをついていたんだよ。」と百科事典くんは答えました。
「いったいなぜディロンさんがうそをつくんだ?」とお父さんは問いただしました。
「(お店の)お金を使っちゃったんだろうね。それが紛失していることを共同経営者のジョーンズさんに知られたくなかったんだ」と百科事典くんは言いました。「だからディロンさんは襲われたと言ったんだよ。」
「リロイ,何を言っているのか説明してちょうだい」とお母さんが言いました。
「簡単だよ,お母さん」と百科事典くんは言いました。「ディロンさんはナティー・ナットに関することをすべて新聞で読んだ。それで彼はナティー・ナットが店を襲うときに,いつも後ろにベルトが付いたグレーのコートを着ていることを知った。」
「続けて,リロイ」とブラウン氏は言いました。
「ディロンさんは強盗を,人々が読んだことのあるだれかのせいにしたかったんだ」と百科事典くんは言いました。「彼は男が着ていたコートからナティー・ナットだとわかったと言った―」

(p.56)
「それは本当かもしれないじゃないか」とブラウン署長は言いました。
「本当のはずがないんだよ」百科事典くんは言いました。
「ディロンさんは彼を襲った男の背中を見ていないんだ。彼は自分でそう言ったんだよ。覚えてる?」
ブラウン署長は顔をしかめました。彼はもう一度ノートを手に取りました。彼はしばらく黙読しました。
それから「リロイ!お前の言うとおりだ!」と叫びました。
百科事典くんは「ディロンさんは強盗犯の正面しか見ていないんだよ。その男のコートの後ろにベルトがあるとわかるすべがないんだ」と言いました。
「やつは自分の店から,そして共同経営者からも金を盗んだ」とブラウン署長は叫びました。「そしてもう少しでその罰を逃れるところだったんだ!」
彼はダイニングルームから飛び出して行きました。
「リロイ,これはテレビ番組から思いついたの?」とブラウン夫人が言いました。
「ううん」と百科事典くんは言いました。「ぼくが読んだ名探偵と彼の観察方法についての本から思いついたんだよ。」
「へえー」とお母さんは誇らしげに言いました。「記憶力を鍛えるのに,注意深く聞いて念入りに観察することがどれほど大切かを証明しているわね。ひょっとすると,お前は大きくなったら探偵になるわね。」
「お母さん」と百科事典くんは言いました。「パイをもう一切れ食べてもいい?」
ブラウン夫人はため息をつきました。彼女は結婚前にアイダヴィル高校で英語の先生をしていました。「もう一切れ食べてもよろしい」と彼女は言いました。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事