スポンサーリンク

本文

Reading 2  The Happy Prince

The statue of the Happy Prince stood high above the city on a tall column. He was covered with thin pieces of gold. He had two bright sapphires for eyes, and a large, red ruby on his sword. A lot of people in the city thought he looked wonderful.
One night a little Swallow flew to this city. His friends had gone away, to Egypt, six weeks before. He saw the statue on the tall column.
“I will stay there,” he cried. “It is a fine place, with lots of fresh air.” So he stopped at the Happy Prince’s feet.
“I have a golden bedroom,” he said softly to himself as he looked around and prepared to go to sleep; but, just as he was putting his head under his wing, a large drop of water fell on him.
The eyes of the Happy Prince were filled with tears, and tears were running down his golden face. His face was so beautiful in the moonlight that the little Swallow felt very sorry for the statue.
“Who are you?” he asked.
“I am the Happy Prince.”
“Why are you crying then?” asked the Swallow. “You have made me very wet.”
“Far away,” said the statue in a low, musical voice, “far away in a little street there is a poor house. One of the windows is open, and through it I can see a woman seated at a table. Her face is thin and tired, and she has dry, red hands. She makes clothes. In a bed in the corner of the room her little boy is lying ill. He is very hot, and is asking for oranges. His mother has nothing to give him but river water, so he is crying. Swallow, Swallow, little Swallow, will you take her my ruby? I cannot move.”
“My friends are waiting for me in Egypt,” said the Swallow.
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “will you stay with me for one night, and help me? The boy wants a drink, and the mother is so sad.”
The Happy Prince looked so sad that the little Swallow was sorry. “It is very cold here,” he said, “but I will stay for one night and help you.”
“Thank you, little Swallow,” said the Prince.
So the Swallow took the great ruby from the Prince, and flew away with it in his mouth.
The Swallow came to the poor house and he looked in. The boy was feeling very ill and the mother had fallen asleep because she was so tired. He flew in and put the great ruby on the table near the woman.
The Swallow then flew back to the Happy Prince and told him what he had done. “It is strange,” he said, “but I feel quite warm now, even though it is very cold.”
“That is because you have done something good,” said the Prince. And the little Swallow began to think, and then he fell asleep.

The next day he flew down to the river and had a bath. “Tonight I will go to Egypt,” the Swallow said happily. When it got dark, he returned to the Happy Prince.
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “will you stay with me one night longer?”
“My friends are waiting for me in Egypt,” answered the Swallow.
“But Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “far away across the city I can see a young man. He is sitting at a desk covered with papers. He is trying to finish a play for the director of the theater, but he is too cold to write any more. He has no money for a fire, nor for food.”
“I will stay with you one more night,” said the Swallow. He really had a good heart. “Shall I take him another ruby?”
“Ah! I have no ruby now,” said the Prince. “My eyes are all that I have left. They are made of sapphires. Take one to him. He will sell it, and then he can buy food and firewood, and finish his play.”
“Dear Prince,” said the Swallow, “I cannot do that.” He began to cry.
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “do as I tell you.”
So the Swallow took one of the Prince’s eyes and flew to the student’s house. The young man did not hear the Swallow, but when he looked up he found the beautiful sapphire lying on his table.

The next day the Swallow flew down to the harbor. He watched the ships and the boats. That night he returned to the Happy Prince.
“I have come to say good-bye,” he cried.
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “will you stay with me for one more night?”
“It is winter,” answered the swallow, “and soon it will be very cold here. Dear Prince, I must leave you, but I will never forget you, and next spring I will bring you back a beautiful ruby and a sapphire.”
“In the street below,” said the Happy Prince, “there is a little girl. She is trying to sell pieces of wood, but she can’t because they have got wet. Her father will be angry if she does not bring home some money, and she is crying. Take my other eye and give it to her, then her father will not be angry.”
“I will stay with you one more night,” said the Swallow, “but I cannot take out your other eye. Then you would not be able to see anything.”
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “do as I tell you.”
So the Swallow took out the Prince’s other eye, and flew down to the girl. He put the sapphire into her hand.
Then the Swallow went back to the Prince. “You are unable to see now,” he said, “so I will always stay with you!”
“Dear little Swallow,” said the Prince, “you tell me of wonderful things, but the worst thing is the unhappiness of men and of women. Fly over my city, little Swallow, and tell me the things you have seen.”
So the Swallow flew over the great city, and saw the rich people enjoying themselves in their beautiful houses, while the poor people were sitting at the gates.
Then he flew back and told the Prince what he had seen.
“I am covered with fine gold,” said the Prince, “you must take it off, piece by piece, and give it to the poor people.”
The Swallow took off piece after piece of the fine gold until the Happy Prince looked very gray and uninteresting. He took the pieces to the poor people, and soon their faces grew happier and healthier. “We can eat now!” they cried.
Then the snow came. The poor little Swallow grew colder and colder, but he would not leave the Prince. He loved him too much.
At last he knew that he was going to die. He had just enough strength to fly up to the Prince’s shoulder once more. “Good-bye, dear Prince!” he said.
“I am glad that you are going to Egypt at last, little Swallow,” said the Prince. “You have stayed here too long!”
“It is not to Egypt that I am going,” said the Swallow. “I am going to the House of Death. Death is the brother of sleep, isn’t he?”
And he kissed the Happy Prince on the lips, and fell down dead at his feet.
At that moment a strange noise sounded inside the statue, as if something had broken. The Happy Prince’s heart, made of lead, had broken in two.

The next morning, the mayor of the town was walking in the street. He was surprised to see the Happy Prince. He was no longer beautiful. “How terrible the Happy Prince looks! Since he is no longer beautiful, he is no longer useful.” So they pulled down the Happy Prince, and melted him in a big furnace.
“How strange!” said the workman in the furnace. “This broken lead heart doesn’t melt. We must throw it away.” So, they threw away the Happy Prince’s heart with the dead Swallow.

“Bring me the two best things in the city,” said God to one of his Angels. The Angel brought him the heart and the Swallow.
“You have chosen correctly,” said God, “this bird will sing forever in my garden, and the Happy Prince will be happy in my city of gold.”

 

スポンサーリンク

訳文

Reading 2 幸福な王子

(p.116)
幸福の王子の像は街を見下ろし,高い柱の上にそびえ立っていました。彼は薄い金箔で覆われていました。彼は両目の代わりに二粒の鮮やかなサファイアを持ち,剣の上に大きな赤いルビーをのせていました。街の多くの人々は彼がすてきに見えると思っていました。
ある晩,この町に小さなツバメが飛んできました。彼の友だちは6週間前,エジプトにですが,飛び去っていました。彼は高い柱の上にある像を見ました。
「あそこに泊まることにしよう」と彼は大声で言いました。「あれはいい場所だ,新鮮な空気もたくさんあるし。」そこで彼は幸福の王子の足に止まりました。
彼は辺りを見回し,眠る準備をしながら,「黄金の寝室だ」と静かに独り言を言いました。しかし,頭を羽の下に入れようとしていたちょうどそのとき,大きな水滴が彼の上に落ちてきました。
幸福の王子の両目は涙でいっぱいになっており,涙が彼の黄金の顔を流れていたのです。彼の顔は月明かりの中であまりにも美しかったので,小さなツバメはその像をとてもかわいそうに思いました。
「君はだれなの?」と彼は尋ねました。
「私は幸福の王子です。」
「それならどうして泣いているの?」とツバメは尋ねました。「君のせいでぼくはびしょ濡れになったよ。」

(p.117)
「遠くの」と王子の像は低く,心地よい声で言いました。「遠くの小さな通りに一軒の貧しい家があります。窓の1つが開いていて,そこからテーブルについたご婦人が見えます。彼女の顔はやせて疲れており,彼女の手は乾燥して赤くなっています。彼女は服を作っています。その部屋の隅にあるベッドでは,幼い息子が病気で横になっています。彼はとても熱があり,オレンジが欲しいと言っています。母親が彼に与えられるものは川の水以外に何もないので,彼は泣いているのです。ツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん,私のルビーをあの婦人に持って行ってもらえませんか。私は動くことができないのです。」
「友だちがエジプトでぼくを待っているんだ」とツバメは言いました。
「ツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん」と王子は言いました。「私と一晩いっしょにいて,私を手伝ってもらえませんか。男の子は飲み物が欲しくて,お母さんはとても悲しんでいるのです。」
幸福の王子があまりにも悲しそうだったので,小さなツバメはかわいそうに思いました。「ここはとても寒いんだね」とツバメは言いました。「でも一晩とどまって君を手伝うよ。」
「ありがとう,小さなツバメさん」と王子は言いました。
そこでツバメは王子から大きなルビーを取り外すと,それをくちばしにくわえて飛んで行きました。
ツバメはあの貧しい家にたどり着くと,中をのぞきました。男の子はたいへん具合が悪く,母親はとても疲れて眠り込んでいました。彼は飛んで中に入り,大きなルビーを婦人のそばにあるテーブルの上に置きました。
ツバメはそれから幸福の王子のところに飛んで戻り,彼が何をしたのかを王子に伝えました。「不思議なことだけど」とツバメは言いました。「すごく寒いのに,ぼくは今とても温かく感じるんだ。」
「それはあなたが何かよいことをしたからです」と王子は言いました。そこで小さなツバメは考え始めましたが,そのあと眠り込んでしまいました。

(p.118)
翌日,彼は川まで飛んで降りていき,水浴びをしました。「今夜,エジプトに行こう」とツバメは楽しそうに言いました。暗くなると,彼は幸福の王子のもとへ戻りました。
「ツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん」と王子は言いました。「もう一晩長く私といっしょにいてもらえませんか。」
「友だちがエジプトでぼくを待っているんだ」とツバメは答えました。
「でもツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん」と王子は言いました。「遠くの街の向こう側に若者が見えます。彼は紙で覆われた机に向かっています。彼は劇場の演出家のために劇(の台本)を完成させようとしていますが,寒すぎてもう書くことができないのです。(暖炉の)火にも食べ物にも使えるお金がないのです。」
「もう一晩,君といっしょにいるよ」とツバメは言いました。彼は本当によい心を持っていました。「彼にもう1つのルビーを持っていこうか?」
「おお!ルビーはもうないのです」と王子は言いました。「私に残っているものは私の両目がすべてです。それらはサファイアでできています。彼に1つ持っていってください。彼はそれを売るでしょうし,そうすれば食べ物と薪を買って劇を完成させることができます。」
「親愛なる王子」とツバメは言いました。「ぼくにそんなことはできないよ。」彼は泣き始めました。
「ツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん」と王子は言いました。「私が言ったとおりにしてください。」

(p.119)
それでツバメは王子の目の1つを取り出し,学生の家へ飛んでいきました。若者はツバメが来た音を聞きませんでしたが,顔を上げたとき,テーブルの上に美しいサファイアが置いてあるのを見つけました。
次の日,ツバメは港へ飛んで降りていきました。彼は大型船や小舟を見ました。その夜,彼は幸福の王子のもとへ戻りました。
「お別れを言いに来たんだ」と彼は大声で言いました。
「ツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん」と王子は言いました。「もう一晩,私といっしょにいてもらえませんか。」
「もう冬なんだ」とツバメは答えました。「まもなくここはとても寒くなる。親愛なる王子,ぼくは行かなくちゃならない。だけど君のことは決して忘れないよ。来年の春,君に美しいルビーとサファイアを持ち帰るよ。」
「下の通りに」と幸福の王子は言いました。「小さな女の子がいます。彼女は木切れを売ろうとしていますが,濡れてしまって売ることができません。お金をいくらか家に持ち帰らないと父親は怒るでしょう。だから女の子は泣いているのです。もう片方の私の目を持っていき,彼女にあげてください。そうすれば父親は怒らないでしょう。」
「もう一晩,君といっしょにいるよ」とツバメは言いました。「でも君のもう片方の目を取り出すことはできないよ。そんなことをしたら君は何も見ることができなくなるだろうさ。」
「ツバメさん,ツバメさん,小さなツバメさん」と王子は言いました。「私が言ったとおりにしてください。」
そこでツバメは王子のもう片方の目を取り出して,女の子のもとへ飛んで降りていきました。彼は女の子の手にサファイアを持たせました。
それからツバメは王子のもとへ戻りました。「君はもう見ることができなくなったね」とツバメは言いました。「だからぼくはいつも君といっしょにいるよ!」

(p.120)
「かわいい小さなツバメさん」と王子は言いました。「あなたは私にすばらしいことを言ってくれましたが,最もひどいことは人々の不幸です。小さなツバメさん,私の街の上を飛び回って,あなたが見たことを教えてください。」
そこでツバメはその大きな街の上を飛びまわり,裕福な人々がきれいな家で楽しんでいる一方,貧しい人々が通用門の前に座っているのを見ました。
それからツバメは飛んで戻り,王子に彼が何を見たのかを話しました。
「私は純金で覆われています」と王子は言いました。「それを一枚一枚はがして,ぜひとも貧しい人々にあげてください。」
幸福の王子がひどく灰色でつまらなく見えるまで,ツバメは純金の破片を次々にはがしました。彼は貧しい人々にその破片を持っていくと,彼らの顔は幸福で健康的になりました。「今すぐご飯が食べられるんだ!」と彼らは叫びました。

(p.121)
そのあと雪が降りました。かわいそうな小さなツバメはどんどん冷たくなっていきましたが,彼は王子のもとを離れようとはしませんでした。彼は王子のことを愛しすぎていたのです。
とうとう彼は自分が死ぬのだとわかりました。彼には王子の肩までもう一度飛び上がるだけの力しかありませんでした。「さようなら,親愛なる王子!」と彼は言いました。
「とうとうあなたがエジプトに行くことになってうれしいですよ,小さなツバメさん」と王子は言いました。「あなたはここに長くいすぎましたからね!」
「ぼくが行くことになっているのはエジプトじゃないんだ」とツバメは言いました。「死の家に行くことになっているのさ。死は眠りの兄弟だよね?」
そして幸福の王子の唇にキスをすると,彼は死んで王子の足元に落下しました。
その瞬間,何かが砕けたかのように,像の中で奇妙な物音がしました。鉛でできた幸福の王子の心臓が2つに砕けたのです。

(p.122)
翌朝,市長が通りを歩いていました。彼は幸福の王子を見て驚きました。幸福の王子はもう美しくはありませんでした。「幸福の王子はなんとひどく見えることか!もう美しくないから,もう役には立ちまい。」そこで人々は幸福の王子を取り壊し,大きな溶鉱炉で溶かしました。
「なんと不思議なことか!」と溶鉱炉の作業員が言いました。「この砕けた心臓は溶けはせぬ。捨ててしまわねばならん。」そこで,彼らは幸福の王子の心臓を死んだツバメと一緒に捨てました。

「街で最も善良なものを2つ持ってきなさい」と神が天使のひとりに言いました。天使は神に心臓とツバメを持ってきました。
「正しく選んでおるのう」と神は言いました。「我が庭園にてこの小鳥は永久に歌い,幸福の王子は我が黄金の街で幸福になるじゃろう。」

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事