スポンサーリンク

問題

Chapter 1

1 Big Ben is the nickname of the clock tower of the Palace of Westminster in London.  In a survey of 2,000 British people, Big Ben was (1)named as the most popular landmark in the United Kingdom. Big Ben stands just below 100 meters tall and overlooks the Houses of Parliament (the home of the United Kingdom’s government), the River Thames and surrounding London.  Every year, thousands of tourists from all over the world stand in front of Big Ben to have their pictures taken.

2 The name ‘Big Ben’ originally only referred to the giant bell housed in the clock tower, but these days most people know the tower itself as Big Ben.  Some people say that the bell was named after Sir Benjamin Hall, a famous civil engineer and politician, while others claim that it was named after Benjamin Caunt, a heavyweight boxing champion. On every hour of the day, the giant bell of Big Ben rings to tell the people of London the time.  At one o’clock, the bell rings once, at two o’clock the bell rings [   1   ], at three o’clock the bell rings three times and so on.  The bell weighing over 16 tons, (2)some say that it can be heard more than six kilometers away.

3 Big Ben plays (3)an important role in New Year’s celebrations.  When Big Ben begins to chime twelve o’clock, people celebrate the start of the New Year.  At this time, Big Ben is broadcasted on television nationwide.  People all over the country watch Big Ben on TV to know when the New Year has officially begun.

4 The year 2012 was Queen Elizabeth II’s 60th year as the Queen of the United Kingdom.  To mark this special occasion, several politicians proposed that Big Ben be renamed Elizabeth Tower.  (4)This proposal was approved by the government and the tower was officially renamed.  However, many members of the British public were opposed to the name change.  For them, the tower was and always would be ‘Big Ben.’

331語)

1.the Palace of Westminster ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂のこと)

4.the Houses of Parliament 英国国会議事堂 the House of Commons(下院)とthe House of Lords(上院)から成る。  7house háuz](動詞)~を収蔵する  9civil engineer 土木技師

A 下線部(1)と置き換えてもほぼ意味が変わらない語を次の中から1つ選びなさい。

(a) called  (b) chosen  (c) said  (d) won

B 次の問いに対する答えとして最も適切なものを1つ選びなさい。

According to the first paragraph, which of the following is probably Big Ben’s correct height?

(a) 90 meters tall (b) 96 meters tall

(c) 100 meters tall (d) 105 meters tall

C 文中の[  1  ]に,文脈から考えて最も適切な1語を入れなさい。

D 下線部(2)が含意していることを次の中から1つ選びなさい。

(a) The bell is very loud.

(b) The people in London have very good ears.

(c) London is a very quiet place.

(d) The bell sounds better in the distance.

E 下線部(3)の内容を日本語で説明しなさい。

 

F 下線部(4)の具体的な内容を日本語で答えなさい。

 

G 本文の内容に合うものを1つ選びなさい。

(a) Big Ben was originally the name of the man who built the clock tower.

(b) Many tourists stand in front of Big Ben to pose for photographs.

(c) Sir Benjamin Hall was the engineer who designed Big Ben.

(d) The year 2012 was a special year for Queen Elizabeth II because she became

60 years old that year.

VOCABULARY  (a) 同じ発音で綴りが異なる単語を書きなさい。

 1weigh         2role         3hour

(b) 最も強く発音する部分にアクセント記号()をつけなさい。

 1cel-e-brate  2pol-i-ti-cian  3cham-pi-on  4of-fi-cial-ly

文法・語法

1 各文の(   )に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. There is (   ) strange about that company.(玉川大)

①something ②everything ③one ④anywhere

  1. It is not always easy to (   ) a genuine diamond from an artificial one.(神奈川大)

①look ②talk ③tell ④see

  1. Mark is a really nice guy. He (   ) along well with others.(南山大)

①goes ②has ③does ④gets

  1. Scott went to the police station because he (   ).(センター)

①caused his computer stolen ②got stolen his computer

③had his computer stolen ④was stolen his computer

  1. Would (   ) of you like to play on the team? There is one position left.

(芝浦工業大)

①both ②neither ③either ④none

  1. When are you going to get the burst water pipe (   )?(札幌学院大)

①to repair ②repair ③repairing ④repaired

2 各組の2文がほぼ同じ意味になるように,(     )に適語を入れなさい。

  1. Who would have thought of such an idea?(神戸学院大・改)

= (     ) would have thought of such an idea.

  1. I visited Sarah on my way home this afternoon.(西南学院大)

= I dropped (     ) on Sarah on my way home this afternoon.

  1. I can’t stand that noise.(実践女子大)

= I can’t (     ) up with that noise.

3 (    )内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. 祖父の話が現在のプロジェクトへの興味につながったと彼女は言っている。(立命館大)

She says her ( got / grandfather’s / her / in / interested / story / the ) current project.

  1. 私はそんなことを言われるのには慣れていない。(独協医大)

I’m ( like / said to / having / accustomed / not / things / to / that ) me.

  1. そんな奇妙な話は今まで誰からも聞いたことがない。(龍谷大)

( a / has ever / me / nobody / story / strange / such / told ) before.

会話表現 基本的な応答(1)

次の英文に対する応答として最も適切なものを下から選びなさい。

  1. May I help you?(15 国士舘大)

①Yes, please. ②No, I won’t.

③You are welcome. ④Nice to meet you.

  1. Would you care for a drink?

①Yes.  Coffee, please. ②Only sugar, please.

③Yes, you may. ④Yes, I will.

  1. May I see your ticket?

①No, thank you. ②Here you are.

③Not at all. ④See you later.

  1. How much is this one?

①I appreciate it very much. ②I’ll take this one.

③It’s three dollars. ④I’m just looking.

  1. May I ask who’s calling?

①This is Yamada. ②The line is busy now.

③Don’t mention it. ④I’d like to have a message.

  1. What year are you in?(駒澤大)

①I’m a college student. ②I’m a 2015.

③I’m a junior. ④I’m a grader.

英作文

  1. それはいい車ですが,私はもっと新しいのを探しているのです。(九州産業大・改)

somethingを使って)

  1. これらをドライクリーニングして*ほしいのですが。  dry-clean(東洋大・改)

英作文COLUMN1 「~をしてもらう」と「~をされる」

日本語の表現は異なるが,これらはどちらも〈have [get] O+過去分詞〉で表せる。

・「私は髪を切ってもらった」 I had [got] my hair cut. →「髪が切られる」

・「私は財布を盗まれた」 I had [got] my wallet stolen. →「財布が盗まれる」

自分が望んだことであるかどうかが異なるだけで,Oと過去分詞は「受身」の関係。

My hair was cut. / My wallet was stolen. という事実の,当事者を主語にした表現だ。

×I was stolen ...としてはいけない。誰かが「私という人間」を盗んだことになる。

 

スポンサーリンク

解答・解説

Chapter 1

長文読解

〈解答〉

A (b)   B (b)   C twice   D (a)

E テレビを見ている英国中の人たちに,新年がいつ正式に始まったかを知らせる役割。

F (エリザベス2世の英国女王在位60周年を記念して,)ビッグベンをエリザベスタワーに名称変更しようという提案。    G (b)

VOCABULARY

(a) 1. way   2. roll   3. our

(b) 1. cél-e-brate    2. pol-i-tí-cian

3. chám-pi-on    4. of-fí-cial-ly

解法のポイント

A このnamechooseとほぼ同意。name A (as) Bで「ABに選ぶ」の意味。「ABと名づける」,「ABと呼ぶ」は,それぞれname A Bcall A Bとなり,どちらもBの前にasを置かない。

B 英問の意味は「第1段落によると,次のうちどれがおそらくビッグベンの正確な高さか」3行目にjust below 100 meters tall100メートルに少し足りない高さ」とある。just belowという表現を考えると,(a) 90 meters tallではやや不適。(b) 96 meters tallが適している。(c)(d)は不適。

C 空所を含む文に「1時には鐘が1回鳴り,2時には(   )鳴り,3時には鐘が3回鳴る」とあるから,空所には「2回」に当たる単語が入ることがわかる。twicetwo timesの意味である。

D 「この鐘は6キロ以上離れたところでも聞こえるという人もいる」「遠くでも聞こえる」ということは「鐘の音が大きい」と考えるのが自然。本文が「ビッグベン」についての記述であることからも,(b)「ロンドンの人たちはとても耳が良い」,(c)「ロンドンはとても静かなところだ」は的外れ。(d)「鐘の音は遠くの方が良い音に聞こえる」も下線部の意味とは異なる。

E 続く3文で述べられている「ビッグベンの鐘の音を聞いて,英国民は新年が正式に始まったことを知る」ということを,設問の趣旨に合うようにまとめる。

F 「この提案」とあるから,求める答えは前文にあると見当をつけると,そこにproposed「提案した」とあり,その後に「ビッグベンがエリザベスタワーと改名されること」という提案の内容を示すthat節が見つかる。proposeの後のthat節の中は仮定法現在が用いられるのでbe renamedと原形になっている。

G (a)「ビッグベンは本来はこの時計塔台を建てた人の名前であった」78行目に「『ビッグベン』という名前は本来は時計台の中にある巨大な鐘だけを指していた」とあるから不一致。文中に「時計台を建てた人」についての言及はない。

(b) 「多くの観光客がビッグベンの前に立って写真のためにポーズをとる」56行目に「多くの観光客が,写真を撮ってもらうためにビッグベンの前に立つ」とあり,一致する。

(c) 「ベンジャミン・ホールはビッグベンを設計した技師であった」910行目には「有名な土木技師で政治家」とあるだけで,「ビッグベンを設計した」という記述はない。不一致。

(d) 「2012年は女王エリザベス2世にとっては特別な年であった。というのも彼女はその年60歳になったからである」1920行目に「英国女王在位60周年に当たる年であった」とあり,「女王が60歳になった」年ではない。不一致。

VOCABULARY

(a) 1. [wé●   2. róul   3. á●●●

英文再掲

CDトラック02 05

1 Big Ben is the nickname of the clock tower of the Palace of Westminster in London. In a survey of 2,000 British people, Big Ben was(1)named as the most popular landmark in the United Kingdom. Big Ben stands just below 100 meters tall and overlooks the Houses of Parliament (the home of the United Kingdom’s government), the River Thames and surrounding London.  Every year, thousands of tourists from all over the world stand in front of Big Ben to have their pictures taken.

要 旨  ロンドンにある国会議事堂の時計台ビッグベンは,毎年世界中から多くの観光客が訪れる,英国で一番人気のある歴史的建造物である。

2 The name ‘Big Ben’ originally only referred to the giant bell housed in the clock tower, butthese days most people know the tower itself as Big Ben.  Some people say that the bell was named after Sir Benjamin Hall, a famous civil engineer and politician, while others claim that it was named after Benjamin Caunt, a heavyweight boxing champion. On every hour of the day, the giant bell of Big Ben rings to tell the people of London the timeAt one o’clock, the bell rings once, at two o’clock the bell rings [   1   ], at three o’clock the bell rings three times and so on.  The bell weighing over 16 tons, (2)some say that it can be heard more than six kilometers away.

要 旨  ビッグベンという名前の由来については諸説があって定かではない。重さが16トン以上もある巨大な鐘が毎正時に鳴って人々に時を告げるが,その音は遠くからでも聞こえるという。

3 Big Ben plays (3)an important role in New Year’s celebrationsWhen Big Ben begins to chime twelve o’clock, people celebrate the start of the New Year.  At this time, Big Ben is broadcasted on television nationwide.  People all over the country watch Big Ben on TV to know when the New Year has officially begun]).

要 旨  新年の始まりはビッグベンによって告げられる。国中の人たちがテレビで全国放送されるビッグベンを見て,新年が正式に始まったことを知るのである。

4 The year 2012 was Queen Elizabeth II’s 60th year as the Queen of the United Kingdom.  To mark this special occasion, several politicians proposed that Big Ben be renamed Elizabeth Tower.  (4)This proposal was approved by the government and the tower was officially renamed.  However, many members of the British public were opposed to the name change.  For them, the  tower  was and always   would be ‘ Big Ben.’331語)

要 旨  ビッグベンは,女王の在位60周年を記念してエリザベスタワーという名前に変更された。しかし国民の多くにとって,この時計台は今もビッグベンである。

語句と構文

  1. landmark「歴史的な場所,建造物」

stands just below 100 meters tall「高さが100メートル少し足らずある」stand...tall(high)などの補語をとって,「高さが~ある」の意味を表す用法がある。

  1. overlook「~を見渡す,一望する」
  2. surrounding London「付近のロンドン」
  3. have their pictures taken「自分たちの写真を撮ってもらう」〈haveO+過去分詞〉「Oを~してもらう」
  4. refer to ...「~のことを言う,~を指す」

housed in ...「~に収蔵されている」前のthe giant bellを修飾する分詞句。

  1. know A as B「ABだと見なしている」
  2. was named after ...「~にちなんで(~の名を取っ

て)名付けられた」

  1. heavyweight「(ボクシングなど)ヘビー級の」
  2. On every hour「毎正時(分などの端数の付かない時刻)に」
  3. The bell weighing over 16 tons, some say that ...「この鐘は重さが16トン以上あり,~という者もいる」独立分詞構文。ここはThe bell weighs over 16 tons, and some say that ... と書き換えられる。
  4. New Year’s Celebrations「新年の祝賀会」
  5. chime「(時刻など)をチャイムで知らせる」
  6. nationwide「全国的に」
  7. mark「(記念日など)を祝う」
  8. approve「承認する」

22-23. be opposed to ...「~に反対である」

  1. ‘Big Ben’はwaswould beの共通の補語。

全訳

ビッグベンというのは,ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)の時計台の愛称である。英国人2,000人の調査で,ビッグベンは英国で一番人気のある歴史的建造物に選ばれた。ビッグベンは100メートルに少し足りない高さで,英国国会議事堂(英国政府の本拠地),テムズ川,そして付近のロンドンを見下ろしている。毎年,世界中からやって来る多くの観光客が,写真を撮ってもらうためにビッグベンの前に立つ。

「ビッグベン」という名前は本来は時計台の中にある巨大な鐘だけを指していたが,最近ではほとんどの人が時計台そのものをビッグベンであると見なしている。この鐘は,有名な土木技師で政治家のベンジャミン・ホール卿にちなんで名付けられたと言う人たちがいる一方で,ヘビー級のボクシングのチャンピオン,ベンジャミン・コーントにちなんで名付けられたのだと主張する人たちもいる。一日の毎正時にビッグベンの巨大な鐘が鳴って,ロンドンの人々に時を告げる。1時には鐘が1回鳴り,2時には鐘が2回鳴り,3時には鐘が3回鳴る,といった具合である。この鐘は重さが16トン以上もあり,6キロ以上離れたところでも聞こえるという人もいる。

ビッグベンは新年の祝賀会で重要な役割を演じる。ビッグベンが12時を告げ始めると,人々は新年の始まりを祝うのである。このときビッグベンはテレビで全国ネットで放送される。国中の人たちがテレビでビッグベンを見て,いつ新年が正式に始まるのかを知るのである。

2012年は女王エリザベス2世の英国女王在位60周年に当たる年であった。この特別な機会を記念して,ビッグベンをエリザベスタワーと改名しようと,数人の政治家が提案した。この提案は政府に承認され,時計台は正式に改名された。しかしながら,英国民の多くは名前の変更に反対だった。彼らにとって,時計台はその時もその後もずっと「ビッグベン」であった。(九州国際大)

要約

ロンドンにある国会議事堂の時計台ビッグベンは,英国で一番人気のある歴史的建造物であり,国民にとっても特別な存在である。近年エリザベスタワーと名称変更されたが,国民の多くは名称の変更に反対であった。(98字)

文法・語法

〈解答〉

1 1. ①  2. ③  3. ④  4. ③  5. ③ 6. ④

2 1. Nobody   2. in   3. put

3 1. (She says her) grandfather’s story got her interested in the (current project).

2. (I’m) not accustomed to having things like that said to (me).

3. Nobody has ever told me such a strange story (before).

解説

1 1.「その会社にはどこか変なところがある」something「何かある物」という不定代名詞をstrangeという形容詞が後置修飾している形。以外のどれを入れても意味が通らない。

  1. 「本物のダイヤと人工のダイヤを見分けるのは必ずしも容易ではない」tell A from Bは「ABとを見分ける,ABの区別がつく」の意味。It is ... to do「~することはだ」は仮主語構文。
  2. 「マークは本当にいいやつだ。彼は他の人たちとうまくやっていく」get along (well) with ... で「~と仲良くやっていく」の意味。
  3. 「スコットはコンピュータを盗まれたので警察署に行った」「Oを~される」は〈have [get] O+過去分詞〉で表す。以外はどれも文法的に成立しない。
  4. 「君たちのどちらか一人,チームに入ってプレイしてみないか。ポジションが1つ残っているんだ」「ポジションは1つ」なのだからboth「二人とも両方」は無理。は否定を表すので,文が成立しない。
  5. 「破裂した水道管をいつ修理してもらうつもりですか」〈have [get] O+過去分詞〉には,4.の「Oを~される」の他に「Oを~してもらう」の意味もある。(語句と構文6.)「Oが~される」の関係に注意。

2 1.  「だれがそんな考えを思いついただろう」=「そんな考えはだれも思いつかなかっただろう」上の文は相手の返事を期待するふつうの疑問文ではなく,修辞疑問という一種の強調表現である。〈would have+過去分詞〉は「~したことであろう」の意味。

  1. 「私は今日の午後家に帰る途中でサラを訪ねた」

drop in on+人〉は「人をちょっと訪ねる」の意味。cf. drop in at Sarah’s house「サラの家をひょいと訪ねる」

  1. 「私はあの騒音に耐えられない」他動詞のstandには「~に耐える」の意味があり,通例否定文で用いられる。同じ意味をput up with ... で表すことができる。

3 1.  「祖父の話が彼女に~に興味を持たせた」と考える。「OCの状態にする」の意味を表す〈getOC〉のCに当たるのがinterestedである。

  1. What got you interested in Japanese history?「日本史に興味を持ったのはなぜですか」
  2. 「~することに慣れている」はbe accustomed [used] to doingで表せる。「~を言われること」は「Oを~される」の〈haveO+過去分詞〉を使ってhaving ... saidと表せるから,あとは「そんなこと」をthings like thatとすれば完成する。
  3. 「今まで誰も私にそんな奇妙な話を語ったことがな

い」と読み替える。主語はNobody。「そんな奇妙な話」はsuch a strange story

会話表現〈解答〉       1. ①  2. ①  3. ②  4. ③  5. ①  6. ③

解説

  1. May I help you? は店内での応対の決まり文句。文脈によって「いらっしゃいませ」,「何にいたしましょうか」などと訳されるが,ここは「ご用件を承りましょうか」の意味。はお礼を言われたときの「どういたしまして」,は「お会いできてうれしいです」の意味。
  2. care for ... は「~がほしい,~を好む」の意味を表すlikeより控えめな表現。
  3. 切符を見せることを求められたときの応対は?は「いいえ,結構です」と断る表現。は「ではまた」という別れの時の決まり文句。
  4. How much is ...? は値段を尋ねるときの言い方。は丁寧な感謝の表現。は「これにします」は「見ているだけですから」と店で応対されたときに答える言い方。
  5. 電話をかけてきた相手に名前を尋ねている。May I ask ...? は丁寧な表現。電話では名乗るときI am ... と言わない。は「(電話で)話し中です」。はお礼を言われたときの「どういたしまして」という返事。haveでなくtakeなら「ご用件を承ります」,leaveなら「伝言をお願いします」の意味になる。
  6. このyearは「学年」の意味。What grade are you in? という言い方もある。a juniorは「最上級生の1年下」,a seniorは「最上級生」,freshmanは「1年生」

全訳

  1. ご用件を承りましょうか」「はい,お願いします」
  2. 「お飲み物はいかがですか」「はい,コーヒーをお願いします」
  3. 「切符を拝見できますか」「はい,どうぞ」
  4. 「これはおいくらですか「3ドルです」
  5. (電話で)「どちら様ですか」「山田です」
  6. 「あなたは何年生ですか」「(高校)2年生です」(4年制大学などの場合は「4年生」)

英作文 〈解答〉

  1. It’s a good car [That’s an excellent car] but I’m looking for something newer.
  2. I would like to have [get] these (things) dry-cleaned.

解説

  1. 「もっと新しいの」は解答例の他にa newer oneで表すこともできる。somethingを用いる場合は,形容詞を後ろに置いて修飾するという点に注意する。
  2. Oを~してもらう」の〈have [get] O+過去分詞〉を用いて表す。would like towant toでも可。

 

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事