スポンサーリンク

問題

Lesson 10

Reading

“Oh, you speak English very well,” a member of your American host family tells you.  Generally, Americans are very good at making compliments.  It is said that in the United States compliments are like motor oil.  They keep American society running smoothly.

American parents praise their children both inside and outside the home.  They will proudly tell their friends and neighbors about their son’s or daughter’s achievement.  Compare (1)this to Japan, where parents seldom praise their children in front of other people.  (A), Japanese parents often complain about their children even if they are the best students in their class.

American teachers and professors praise their students frequently, both in class and outside of class.  “You did an excellent job!”  “How smart!”  “I’m very proud of you!”  “Well done!”  “Perfect ten!”  (ア)“You hit the nail on the head!”  These are some typical expressions teachers use when they want to praise their students.  Most American teachers know the importance of building self-esteem and confidence in young people.

In business also, praise and compliments are an important part of communication between management and workers.  Employees lose (イ)morale when they feel their work isn’t valued.  (B), work quality can decrease.  Therefore, management training courses stress the importance of giving praise for good work.  (2)Workers are more likely to cooperate with a manager who gives praise and encouragement, rather than one who complains.

Of course, praise and compliments must be believable.  Insincere praise, also known as (ウ)flattery, causes discomfort and uncertainty.  People wonder why the person is giving empty praise and they become suspicious.  They might even lose respect for the person giving the compliment.

Therefore, Americans are especially careful about giving suitable praise and compliments to the people around them.  Mark Twain, the great nineteenth century American writer, once said, “I can live for two months on a good compliment.”

 

 

A下線部(1)が指す内容を日本語で説明しなさい。 (5点)

B (A),(B)に入れる最も適切なものをそれぞれ選びなさい。   (2点×2=4点)

(A)  (a) So                 (b) First               (c) Instead           (d) Then

(B)  (a) As a result     (b) In contrast     (c) By the way     (d) Otherwise

C下線部ア〜ウの意味として最も適切なものをそれぞれ選びなさい。 (1点×3=3点)

(ア)  (a) 的を射た発言だ  (b) 痛いところをついた  (c) とてもいい思いつきだ

(イ)  (a) 道徳       (b) 忍耐力        (c) やる気

(ウ)  (a) 悪口       (b) お世辞        (c) うわさ

D下線部(2)を日本語に訳しなさい。 (6点)

E本文の内容に合うものを1つ選び,判断の根拠となる記述がある本文の行を示しなさい。

(a) Japanese parents seldom complain about their children in front of other people. (5点)

(b) American teachers praise their students in class, but not outside of class.

(c) Praise and compliments are important even if they are not believable.

(d) Most of the teachers in the U.S. believe it important for young people to have confidence in

themselves.

根拠:  行目〜  行目 (3点)

F(  )内に指示された語を書きなさい。 (2点×4=8点)

  1. complain (名詞形)           2. value              (形容詞形)
  2. decrease (反意語)           4. suspicious(名詞形)

頻出発音問題

下線部の発音が他の3語と異なるものを1つ選び,番号で答えなさい。 (2点×3=6点)

1.① culture     ② rude               ③ lunch             ④ uncle

2.① character  ② search            ③ each               ④ chalk

3.① women     ② wisdom          ③ similar           ④ survival

  • ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

 

Grammar and Usage       関係詞1

A(  )にあてはまる最も適切な語(句)を選びなさい。 (2点×5=10点)

1. People (    ) live in London are called Londoners.

① which      ② who                ③ whose            ④ whom

2. As we grow older, we should be careful about (     ) we eat.

① as            ② which             ③ that                ④ what

3. (    ) is often the case with him, he forgot to do his homework.

① What      ② That               ③ As                  ④ When

4. London and Paris are two cities (     ) many Japanese tourists want to visit.

① which      ② whom             ③ what               ④ where

5. I stayed up late last night.   That’s (    ) I couldn’t get up early this morning.

① how         ② when                            ③ where             ④ why

B各組の文がほぼ同じ意味になるように,(  )に適切な語を入れなさい。 (4点×3=12点)

1. I have a friend.  His mother is a pianist.

I have a friend (              ) (                ) is a pianist.

2. What was the first novel published in Japan?

What was the first novel (              ) (             ) published in Japan?

3. This is the lake.  I used to swim here.

This is the lake (               ) I used to swim.

C日本語に合うように,(  )内の語(句)を並べかえなさい。 (5点×3=15点)

1. 今日できることを明日まで延ばしてはいけない。(ことわざ)

Never put off till tomorrow ( can / today / what / do / you ).

Never put off till tomorrow                       .

2. 私の故郷は10年前とはすっかり変わってしまった。

My hometown ( not / was / what / is / it ) ten years ago.

My hometown                        ten years ago.

3. よく知られているように,パンダは竹を常食とする。

( known, / as / pandas / well / is ) live on bamboos.

                            live on bamboos.

D英語で表現しなさい。 (6点)

秋は台風がよく来る*季節です。   *haveを使う。

 

Extra Questions

次の( 1 ),( 2 )に入れる最も適切なものをそれぞれ下から選びなさい。 (4点×2=8点)

Most people think that you have to eat less food if you want to lose weight.  ( 1 ), many natural foods contain far fewer calories than the fast foods that we eat every day.  ( 2 ), it is possible to eat more of these foods and still lose weight.

(1) ① Thus    ② However        ③ Otherwise      ④ So

(2) ① But       ② In addition    ③ Therefore       ④ After all

Listening

CDを聴き,答えとして最も適切なものを,4つの選択肢のうちから1つずつ選びなさい。

1. ① 304.    ② 314.    ③ 340.    ④ 403. (3点×3=9点)

2.

  now future
A publishing company. A bank.
A publishing company. A trading company.
A bank. A publishing company.
A bank. A trading company.

3.

 

スポンサーリンク

解答・解説

Lesson10

Reading 〈解答〉

A アメリカ人の親は家の中でも外でも自分の子供をほめて,友人や隣人に子供の成績の自慢をすること。

B (A)(c)  (B)(a)

C (ア)(a)  (イ)(c)  (ウ)(b)

D 従業員は,文句を言う経営者よりも,むしろ賞賛と励ましの言葉を言ってくれる経営者に協力する可能性が高い。

E (d)  根拠:14行目〜15行目

F 1. complaint  2. valuable  3. increase

  1. suspicion

頻出発音問題  1. ②  2. ①  3. ④

 

Words     6. neighbor: 隣人 11. excellent: すばらしい 11. smart: 頭のよい,賢い 12. nail: クギ 14. importance: 重要性

  1. suitable: 適切な,ふさわしい

 

解法のポイント

A 「このことを日本と比べてみよう」とあるので前方を探すと,直前の2文の内容を答えればよいことがわかる。praise「ほめる」 proudly「得意げに」 neighbor「隣人,近所の人」

B (A):直前の文と直後の文の内容に着目。直前に「(日本では)親は自分の子供をほめない」とあり,直後に「しばしば子供のことで不満を言う」とある。Insteadは前文の内容を受けて,「それどころか」の意味で用いられるので,これが正解。

B (B):同じく直前の文と直後の文の内容に着目。直前に「従業員は自分の仕事が評価されていないと感じるとやる気をなくす」とあり,直後に「仕事の質が低下することがある」とあるので,As a result「その結果」を選ぶ。In contrast「対照的に」By the way「ところで」 Otherwise「もしそうでなければ」

C (ア) 直後の文からほめ言葉の例なので(a)か(c)が正解。「クギの頭部を打つ」という直訳から(a)を選ぶ。(b)は「弱点をとらえてせめる」の意味。

C (イ)B (B) の解説参照。「従業員がなくす」のは「やる気」。moral「道徳」と混同しないこと。

C (ウ) also known as ~は「別名〜としても知られているが」の意味で,下線部はinsincere praise「本心からでないほめ言葉」を言い換えたものである。

D be likely to do「〜する可能性が高い」cooperate with ~「〜に協力する」encouragement「励まし」A rather than B「BよりもむしろA」one = manager

E (a) 「日本人の親は人前ではめったに自分の子供の不満を言わない」8〜9行目と不一致。

E (b) 「アメリカ人教師は授業中生徒をほめるが,それ以外では生徒をほめない」10〜11行目と不一致。

E (c) 「賞賛やほめ言葉は,たとえそれらが信用できないときでも重要だ」22〜23行目と不一致。

E (d) 「合衆国の教師の大部分は,若い人たちが自分に自信を持つことは重要だと思っている」14〜15行目と一致。

F 1. complain「不平を言う」→complaint「不平」

  1. value「評価する」→valuable「価値の高い」
  2. decrease「低下する」→increase「増大する」
  3. suspicious「疑念を抱く」→suspicion「疑念」

頻出発音問題

  1. ①[k%ltƒ6R] ②[rú:d] ③[l%ntƒ]  ④[%©kl]
  2. ①[kér6kt6R] ②[s^:Rtƒ] ③[í:tƒ] ④[tƒ$:k]
  3. ①[wímın] ②[wízd6m] ③[sím6l6R]

④[s6Rv!ıvl]

 

全訳

「おや,あなたは英語を話すのがとても上手ですね」とアメリカ人のホストファミリーの1人があなたに言う。一般的にアメリカ人はとてもほめ上手だ。アメリカではほめ言葉は潤滑油のようなものだと言われる。ほめ言葉のおかげでアメリカ社会は円滑に事が運ぶ(←ほめ言葉がアメリカ社会を円滑に進ませる)。

アメリカ人の親は,家の中でも外でも自分たちの子供をほめる。彼らはよく得意げに,息子や娘の成績について友人や隣人に話す。このことを,日本と比べてみよう。日本では親は他人の前でめったに自分の子供をほめない。それどころか,日本人の親は,たとえ自分の子供がクラスで一番できる生徒であろうと,しばしば自分の子の不満を言う。

アメリカ人の教師や教授は,授業中もそうでないときでも自分たちの生徒をよくほめる。「申し分のない出来だったね!」「なんて賢いんだ!」「君のことを誇りに思うよ!」「よくやった!」「10点満点!」「的を射た発言だ!」これらは教師が自分の生徒をほめたいときに使う典型的な決まり文句のいくつかだ。ほとんどのアメリカ人教師は若い人たちの自尊心を育て,自信を持たせることの重要性を認識している。

仕事においても,賞賛やほめ言葉は労使間のコミュニケーションの重要な一部だ。従業員は自分の仕事が評価されていないと感じると,やる気をなくす。その結果,仕事の質が低下することがある。それゆえ,経営者研修講座においては,よい仕事に対して賞賛の言葉を述べることの重要性が力説される。(2)従業員は,文句を言う経営者よりも,むしろ賞賛と励ましの言葉を言ってくれる経営者に協力する可能性が高い。

もちろん,賞賛やほめ言葉は信用できるものでなければならない。本心からではない賞賛は,別名「お世辞」としても知られているが,不快感と不安感をもたらす。人々は,なぜその人が口先だけのほめ言葉を言っているのだろうかと思い,疑念を抱く。ほめ言葉を言っている人に対する尊敬の念を失うことさえあるかもしれない。

したがって,アメリカ人は周りの人々に適切な賞賛やほめ言葉を述べることに特に気をつけている。19世紀の偉大なアメリカの作家,マーク・トウェインは,かつて「一言の良いほめ言葉で,私は2か月間生きていける」と言った。

 

要約

ほめ言葉が社会生活において円滑に事を進めるのに役立つことや若者に自信を持たせたり,従業員の士気を高めたりするのに有効であることをよく知っているので,アメリカ人は家庭や学校や職場でよく人をほめる。

(97字)

 

語句と構文

  1. Generally「一般的に」 be good at doing「〜するのが上手だ」Lesson 9 語句と構文 4. 参照。
  2. motor oil「(車のエンジンの)潤滑油」 They = compliments

3-4.keep ~ running smoothly「〜を円滑に進ませる」

  1. will ~ 「よく〜する」習慣のwill。
  2. Compare A to B「AをBと比べてみよう」

~ Japan, where ... whereはJapanを先行詞にとる非制限用法の関係副詞。「日本では…」の意味。seldom「めったに〜ない」(= rarely)

  1. in front of ~「〜の面前で,〜がいる所で」
  2. even if ... 「たとえ…だとしても」
  3. professor「教授」 frequently「しばしば」
  4. Well done! 「よくやった!」Perfect ten! 「10点満点!」
  5. some typical expressions teachers use when~ 「〜のときに教師が使う,典型的な決まり文句のいくつか」teachersの前に関係代名詞that [which] が省略されている。teachersから文末のstudentsまでがsome typical expressionsを修飾。
  6. build「(自尊心)を育てる,(自信)を持たせる」
  7. confidence「自信」
  8. employee「従業員」cf. employer「雇い主」
  9. value「評価する」quality「質」canは可能性「〜することがある」を表す。decrease「低下する」
  10. stress「強調する」
  11. believable「信じられる」
  12. discomfort「不快感」 uncertainty「不安感」
  13. empty「口先だけの」
  14. the person giving the compliment「ほめ言葉を言っている人」giving the complimentはpersonを修飾する分詞句。

 

Grammar and Usage / Extra Questions      関係詞1

A 1. ②  2. ④  3. ③  4. ①  5. ④

B 1. whose mother  2. that was

  1. where

C 1. what you can do today

  1. is not what it was
  2. As is well known, pandas

D Fall[Autumn] is the season when we have a lot of typhoons.

Extra Questions     (1) ②  (2) ③

 

解説

A 1. 「ロンドンに住んでいる人たちはLondonersと呼ばれる」先行詞が「人」で,関係詞節の中では動詞liveの主語にあたるのでwhoを選ぶ。

  1. 「私たちは年をとるにしたがって,食べる物に気をつけるべきである」関係代名詞whatは先行詞をその中に含んでいる。the thing(s) which[that] と書き換えられる。
  2. 「彼にはよくあることだが,宿題をするのを忘れた」このasは関係代名詞の働きをし,isの主語になっている。先行詞は後続の節の内容。慣用表現として覚えておくとよい。
  3. 「ロンドンとパリは,多くの日本人観光客が訪れたいと思う二大都市だ」visitの目的語,つまり関係代名詞whichを選ぶ。関係副詞whereは動詞の目的語にはならない。
  4. 「私は昨晩夜更かしをした。だから今朝早く起きられなかった」関係副詞が先行詞なしで用いられている。「それが今朝早起きできなかった理由だ」と直訳するとわかりやすい。

B 1. 「私には母親がピアニストをしている友人がいる」hisと同じ代名詞の所有格の働きと,節を先行詞a friendに関係づける働きをするのはwhoseである。

  1. 「日本で最初に出版された小説は何ですか」1つ目の文は過去分詞で始まる句が名詞を後置修飾している形。これを関係詞を用いて表す場合は〈関係代名詞 + be動詞〉を補えばよい。先行詞が強く限定されている場合,関係代名詞はthatが好まれることに注意。
  2. 「ここは私が昔よく泳いだ湖です」「そこで」という「場所」を表す副詞の働きと,節を先行詞the lakeに関係づける働きをするのは関係副詞where。

C 1. till tomorrowがput offの目的語より先に置かれているのは,what you can do todayという目的語が長いため。

  1. what A is[are]で「現在のA」,what A was [were], what A used to beで「過去のA」の意味を表すことができる。what it was ten years ago「それが10年前にそうであったもの」→「10年前の姿,10年前の故郷」
  2. pandas live on bamboosという後続の節を先行詞とする関係代名詞asの用法。

D 「〜する季節」the season when ... を用いて表す。

Extra Questions

訳  たいていの人は,もし体重を減らしたければ,食べ物の量を少なくしなければならないと思っている。②しかし,多くの自然食品は毎日私たちが食べているファストフードよりも,ずっと含んでいるカロリーは少ない。③したがって,これらの食べ物(自然食品)をより多く食べても体重を減らすことは可能だ。

(1)①このように,したがって ③もしそうでなければ ④それで

(2)②その上 ④結局

解説   それぞれ前後の文の意味をとり,そのつながりが逆接か順接かを判断する。

 

Listening            〈解答〉1. ①  2. ③  3. ②

スクリプトと全訳

 

  1. W : Good morning. May I help you?

M       :             I’m looking for Mr. Grant’s office.

W       :             Mr. Grant?  His office is on the third floor.

Number 304.  If you go up to the third floor and turn to your right, you’ll find a green door that has his name on it.

M : Thank you for your help.

Question : What is Mr. Grant’s room number?

  1. M : Are you still working for a bank?

W       :             Yes, but I’m going to quit the job and look for a new one.

M       :             What would you like to do?

W       :             I want to work for a publishing company where I can use my English ability.

Question : How is the woman’s job going to change?

  1. M : Do you know any shops that sell umbrellas?

W       :             There’s a convenience store just a few blocks away.  You can buy one there.

M       :            Could you tell me how to get there?

W       :             Sure.  Look at this map.  We are here now.  Walk along High Street and turn to your right at the second street.  You can see the store on your left.  There’s a church on the opposite side.

Question : Which building is the convenience store?

 

訳 W:おはようございます。ご用件を承りましょうか。

M       :          グラント氏の事務所を探しているのですが。

W       :          グラント氏ですか。事務所は3階です。304号室です。3階まで上がって右に曲がると,彼の名前が書いてある緑色のドアが見つかります。

 

M       :教えてくれてありがとう。

問:グラント氏の部屋の番号は何番ですか。

訳 M:今も銀行に勤めているのかい。

W       :          ええ,でもこの仕事をやめて,新しい仕事を探すつもりなの。

M       :          何がやりたいの。

W       :          英語の力が生かせる出版社で働きたいわ。

 

問:女性の仕事はどのように変わろうとしていますか。

訳 M:傘を売っている店をどこか知りませんか。

W       :          ほんの数ブロック先にコンビニがあります。そこで買えますわ。

M       :          そこへの行き方を教えてもらえませんか。

W       :          いいですとも。この地図をごらんなさい。今ここにいます。ハイストリートを歩いて,2つ目の通りで右に曲がってください。左側にその店が見えます。向かい側には教会があります。

 

問:どの建物がコンビニですか。

 

Dictation

  1. American parents praise their children both inside and outside the home.
  2. These are some typical expressions teachers use when they want to praise their students.

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事