スポンサーリンク

問題

Lesson 3

Reading

Jill has been teaching English at a Japanese girls’ high school for two years.  Her students do not seem to be very active or talkative in her conversation class, in which she sometimes has to endure an アawkward silence.  However, she has learned that the silence does not mean they do not want to study.  In fact, her students are highly motivated to learn English, but many of them are often too shy or イreserved to speak out in English.  During the break and after school, Jill often finds herself with some students, speaking and teaching English.  She loves her students very much.

(1)One thing which still puzzles her is that Japanese students are always doing the same things as their friends.  Although the school does not have a school uniform and students can enjoy wearing whatever they like, they are always in similar types of clothes.  When some type of clothes comes into fashion, they all follow it.  In a discussion class as well, her students usually repeat almost the same opinions, though they do not seem to have the same point of view.  For Jill, they seem to watch out for what others might do.

In her country, parents ウreinforce the idea that being different is good.  Being called a “copycat” is more エembarrassing for an American child than anything else.  A copycat person does not do anything new, original, or different, but only imitates others.  As Jill herself was taught that it was good to be different and bad to copy others, she always tried to do something different: While her friends started to learn Spanish or French, she chose Japanese; When her friends got their driver’s license, she learned to ride a motorcycle.

Jill still believes that people should value individuality or being different.  However, (2)she has begun to think about the value of uniformity or being the same, as her students get along very well with each other, without the quarrels or troubles that can often be seen in American high schools.

 

 

A下線部ア〜エの意味として最も適切なものをそれぞれ選びなさい。 (1点×4=4点)

(a) 楽しい                             (b) 気まずい      (c) 真面目な       (d) 不便な

(a) 遠慮深い            (b) 厚かましい   (c) 予約済みの   (d) 尊大な

(a) 否定する            (b) 強調する      (c) 嫌悪する       (d) 強制する

(a) 難しい                             (b) 目立つ          (c) 安易な           (d) 恥ずかしい

B 下線部(1)を日本語に訳しなさい。 (5点)

 

 

C 次の質問に日本語で答えなさい。 (4点)

What is a copycat person like?

 

D 下線部(2)のようにジルが考え始めた理由を日本語で答えなさい。 (5点)

 

 

E 本文の内容に合うものを1つ選び,判断の根拠となる記述がある本文の行を示しなさい。 (5点)

(a) In the United States, parents don’t teach their children the value of being different.

(b) Jill’s students express individuality through clothing, because her school does not have a school

uniform.

(c) In a discussion class, Jill’s students repeat the opinions similar to other students’.

(d) Jill started to learn Spanish and French because her friends studied those languages.

根拠:  行目〜  行目 (3点)

F (  )内に指示された語を書きなさい。 (2点×4=8点)

1. silence (形容詞形)                      2. similar (名詞形)

3. type (形容詞形)                     4. original (名詞形)

頻出発音問題

下線部の発音が他の3語と異なるものを1つ選び,番号で答えなさい。 (2点×3=6点)

1.① value       ② ancestor        ancient          ④ salmon

2.① trouble    ② double           ③ cousin           ④ south

3.① laugh       ② taught           ③ caught           ④ daughter

  • ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

 

Grammar and Usage 時 制2

A (  )にあてはまる最も適切な語(句)を選びなさい。 (2点×5=10点)

1. I knew the name of that movie star, for I (  ) some of her movies before.

① see ② have seen ③ had seen ④ will have seen

2. If we don’t start climbing before 4 a.m., the sun (  ) by the time we reach the top.

① rise ② has risen ③ had risen ④ will have risen

3. They were very hungry, because they (  ) almost nothing that day.

① eat ② had eaten ③ have eaten ④ have not eaten

4. Please let me read the newspaper when you (  ) reading it.

① have finished ② had finished ③ will finish ④ will have finished

5. If I watch the news again, I (  ) the same news four times.

① have watched ② have been watching ③ will watch ④ will have watched

B 各組の文がほぼ同じ意味になるように,(  )に適切な語を入れなさい。 (4点×3=12点)

1. I thought, “Our team is going to lose the game.”

I thought that our team (                ) (                ) to lose the game.

2. My mother bought a watch last Sunday, and she gave it to her friend.

My mother gave her friend a watch that she (                ) (                ) last Sunday.

3. Next June, it will be twenty years since they got married.

Next June, they (                ) (                ) (                ) (                )

for twenty years.

C 日本語に合うように,(  )内の語(句)を並べかえなさい。 (5点×3=15点)

1. 私が小説の2, 3ページを読んだところで私の母が帰宅した。

I ( a few / of / had / pages / read / the novel ) when my mother came home.

I                           when my mother came home.

2. そのチャンスを逃したら後悔するだろうと彼女にはわかっていた。

She knew ( if / missed / would / she / she / be sorry ) that chance.

She knew                             that chance.

3. その人を見た瞬間,自分が探していた人だとわかった。

The moment I saw him, I knew he was ( looking / I / been / for / the one / had ).

⇒The moment I saw him, I knew he was                    .

 

D 英語で表現しなさい。 (5点)

私の母はその病院で5年間働いています。(⇔l. 1)

 

Extra Questions

次のA〜Dを並べかえて対話を完成させたとき,最も適切な配列を下から選びなさい。

1. Henry : I feel like going for a walk. (4点×2=8点)

Tina :                     A. Oh, what’s that?

Henry :       B. Of course, I’d be delighted to have you with me.

Tina :                     C. May I join you?

Henry :                    D. Great, I’ve wanted to talk to you about something.

① A – B – D – C   ② A – D – C – B   ③ C – B – D – A   ④ C – D – A – B

2. Andy : I’m really looking forward to that concert.

Bill :       A. Do you know when we can get some?

Andy :        B. No, they’re not on sale yet.

Bill :       C. I’ll check and let you know.

Andy :       D. So am I.  Have you got the tickets yet?

① A – D – B – C   ② B – A – C – D   ③ C – A – D – B   ④ D – B – A – C

Listening

CDを聴き,答えとして最も適切なものを,4つの選択肢のうちから1つずつ選びなさい。

1. What did the doctor advise Bill to do? (5点×2=10点)

① To get regular exercise. ②To eat regular meals.

③ Not to eat too many snacks. ④Not to drink too much coffee.

2. In what period* is John taking math? *何時間目に      

  John Mary
1st period English
2nd period Math
3rd period Music
4th period ------

 

 

スポンサーリンク

解答・解説

Lesson 3

Reading 〈解答〉

A (ア)(b)  (イ)(a)  (ウ)(b)  (エ)(d)

B 今でも彼女を困惑させている1つのことは,日本の学生たちはいつも友達と同じことばかりしているということだ。

C 新しいことや独創的なこと,人と違うことをしないで,他人のまねばかりする人。

D 日本の学生たちは,アメリカの高校でよく見られる口論やもめごともなく,お互いにとても仲良くやっているから。

E (c)  根拠:12行目〜14行目

F 1. silent  2. similarity  3. typical

4. origin/originality

頻出発音問題 1. ③  2. ④  3. ①

 

Words

  1. conversation: 会話 3. silence: 沈黙 6. shy: 内気な 10. uniform: 制服 13. discussion: 討論
  2. opinion: 意見 18. original: 独創的な 18. imitate: まねをする 19. copy: まねをする 22. license: 免許
  3. quarrel: 口論

 

解法のポイント

A (ア)「彼女はときどき( )沈黙に耐えなければならない」の( )に入るものを考える。

A (イ)「あまりにも内気で( )なので英語ではっきり意見を言うことができない」shyに似た意味の語が入ることが推測できる。

A (ウ)「彼女(ジル)の国では,(他人と)違うことはいいことだという考えを( )する」日本人と対照的な考え方が述べられることが推測できる。

A (エ)「copycatと呼ばれることはアメリカの子供にとって何よりも( )ことだ」続く文からcopycatがいい意味で使われていないことがわかる。

B 文全体はS(One thing ~ her) V(is) C(that節)の文型。puzzle「困惑させる」be always doingは「いつも〜ばかりしている」と話し手の非難や不満を表している。the same A as B「Bと同じA」

C 18〜19行目にcopycat personの説明がある。original「独創的な」imitate「まねる」

D 直後のas ~「〜なので」以降の2行に理由が述べられている。get along (well) with ~「〜と仲良くやっている」 quarrel「口論」trouble「もめごと」thatは関係代名詞。先行詞はthe quarrels or troubles。

E  (a) 「合衆国では,親は子供たちに人と違うことの重要性を教えない」16行目の記述と正反対である。

E  (b) 「ジルの学校には制服がないので,教え子たちは衣服によって個性を表現している」10〜12行目に「制服はないのに,いつも似たような服を着ている」という記述がある。

E  (c) 「討論の授業で,ジルの生徒たちは他の生徒とよく似た意見を繰り返す」12〜14行目と一致。

E  (d) 「友人たちが習っていたので,ジルはスペイン語とフランス語を習い始めた」20〜21行目にあるようにジルは日本語を選んだのである。

F 1. silence「沈黙」→silent「沈黙した」

  1. similar「よく似た」→similarity「類似」
  2. type「種類」→typical「典型的な」
  3. original「独創的な」→origin「起源」/originality「独創性」

頻出発音問題

  1. ①[v●lju:] ②[●nsest●●] ③[é●n●●nt]

④[s●m●n]

  1. ①[tr●bl] ②[d●bl] ③[k●zn]  ④[s●u●]
  2. ①[l●f] ②[t●:t] ③[k●:t] ④[d●:t●●]

 

全訳

ジルは日本の女子高校で2年間英語を教えている。彼女が受け持っている生徒たちは,彼女の英会話の授業中,あまり積極的でもなく,おしゃべりする様子もないように思える。その授業では,ときどき彼女は気まずい沈黙に耐えなければならない。しかし,彼女はその沈黙は彼女たちが勉強したくないということを表しているわけではないことがわかった。むしろ,生徒たちは英語を学ぶことにとても意欲的だが,彼女たちの多くはしばしばあまりにも内気で遠慮深いので,英語ではっきりと意見を言うことができないのだ。休み時間中や放課後,ジルはしばしば自分が何人かの生徒たちと一緒にいて,英語を話したり教えたりしていることに気づく。彼女は生徒たちをとても愛している。

(1) 今でも彼女を困惑させている1つのことは,日本の学生たちはいつも友達と同じことばかりしているということだ。その学校には制服がないので,生徒たちは自分が好きな服を何でも着て楽しむことができるのだが,彼女たちはいつもよく似た種類の服を着ている。ある種の服がはやりだすと,彼女たちはみんなその流行をまねる。討論の授業のときも,同じ考え方を持っているとは思えないのに,生徒たちはたいていほとんど同じ意見を繰り返して言う。ジルには,彼女たちが他の人たちはどうするだろうかと注意しているように見える。

ジルの国では,親たちが他人と違うことはいいことだという考えを強調する。「まねっ子」と呼ばれることは,アメリカの子供にとっては他の何よりも恥ずかしいことだ。まねをする人は,新しいことや独創的なこと,人と違うことをしないで,他人のまねをするだけだ。人と違っていることはいいことで,他人のまねをすることは悪いことだとジル自身が教わったので,いつも人とは違ったことをするように努めた。友人たちはスペイン語やフランス語を習い始めたが,彼女は日本語を選んだ。友人たちが車の運転免許を取ったとき,彼女はオートバイに乗れるようになった。

ジルは今でも,個性や人と違っていることを尊重すべきだと思っている。しかし,アメリカの高校でよく見られる口論やもめごともなく,教え子たちがお互いにとても仲良くやっているので,彼女は画一性や人と同じであることの重要性について考えるようになった。

 

要約

日本で英語教師をしている米国人ジルは,母国で人と違うことはいいことで人のまねは悪いことだと教わったので,教え子たちが他の生徒と同じことをすることに最初困惑したが,協調性の大切さもわかってきた。

(96字)

 

語句と構文

  1. a Japanese girls’ high school「日本の女子高校」

「’」の位置に注意。girls(複数形)の所有格。

cf. the girl’s school「その女の子が通う学校」

  1. active「積極的な」

2-3. , in which she ... 「その会話の授業で彼女は…」前置詞のinを伴った関係代名詞whichの非制限用法。先行詞はher conversation class。

  1. highly「非常に,大いに」

5-6. too ... to do 「あまりに…なので〜できない」

  1. speak out「はっきり意見を言う」break「(授業の間の)休み時間」
  2. finds herself ..., speaking and teaching English

「自分が英語を話したり教えたりしていることに気づく」find oneself doing ~の形。

  1. whatever they like「好きな服(もの)を何でも」

11-12. in similar types of clothes「よく似た種類の服を着て」「着用」を表すin。

  1. come into fashion「はやりだす」follow it = follow the fashion「その流行をまねる」
  2. as well「…もまた」
  3. point of view「考え方,意見,観点」
  4. watch out for ~「〜に注意する,警戒する」

what others might do「他の人がするかもしれないこと,他の人がどうするか」

  1. the idea that ~「〜という考え」that節はideaと同格の関係。being different「(人と)違っていること」は動名詞句。that節中の主語。

16-17. Being called a “copycat” 「『まねっ子』と呼ばれること」動名詞の受動態。主語になっている。

  1. more ~ than anything else「他の何よりも〜」最上級と同じ内容。

18-19. not ~ , but ... 「〜しないで…する」

  1. anything new, original, or different「新しいことや,独創的なことや人と違うこと」3つの形容詞が後ろからanythingを修飾している。
  2. As ~「〜ので」

19-20. it was good to be different and (it was) bad to copy others「人と違っていることはいいことで,他人のまねをすることは悪いことだ」badの前にit wasを補って考えるとよい。

  1. learn to do「〜できるようになる」motorcycle「オートバイ」
  2. value「尊重する」24行目のvalueは「重要性」
  3. uniformity「画一性,一様であること」

 

Grammar and Usage / Extra Questions      〈解答〉             時制2

A 1. ③  2. ④  3. ②  4. ①  5. ④

B 1. was going  2. had bought

3. will have been married

C 1. had read a few pages of the novel

2. she would be sorry if she missed

3. the one I had been looking for

D My mother has been working at that hospital for five years.

Extra Questions 1. ③  2. ④

 

解説

A 1. 「私はその映画スターの名前を知っていた。というのは,以前に彼女の映画を何本か見たことがあったからだ」過去の時点で「映画を見た」経験を持っていたわけだから,過去完了を用いる。

  1. 「午前4時前に登り始めないと,私たちが頂上に着くまでに日は昇ってしまっているでしょう」「頂上に着く」という未来の時点において「日が昇ってしまっている」という完了を表すには,未来完了を用いる。
  2. 「その日はほとんど何も食べていなかったので,彼らはとてもお腹がすいていた」過去の時点まで「(ずっと)食べていなかった」ので,過去完了を用いる。
  3. 「あなたが読み終えたら,私にその新聞を読ませてください」「あなたが読み終える」は未来の時点における完了を表すが,時・条件を表す副詞節中では,未来完了の代わりに現在完了を用いる。
  4. 「もしそのニュースをもう一度見れば,同じニュースを4度見たことになる」「もしもう一度見れば」は未来の条件を表すので,後半は未来の時点において予想されることを表す。「4度見たことになる」という未来の時点における経験は未来完了で表す。

B 1. 「私たちのチームは試合に負けそうだ,と私は思った」時制の一致の問題。主節動詞のthoughtの影響を受けてisがwasに変化している。

  1. 「母はこの前の日曜日に時計を買ったが,それを友人にあげた」→「母はこの前の日曜日に買った時計を友人にあげた」「時計を買った」のは「友人にあげた」よりも前の時点のことなので,過去完了を用いる。上の文のように起こったことを順番に述べる場合は,どちらも過去形でよい。
  2. 「今度の6月で,彼らが結婚して20年になる」「今度の6月」という未来の時点まで「結婚している」状態が継続していると考え,未来完了を用いる。状態の継続なので,gotではなくbeenを用いる。

C 1. 「母が帰ったとき,すでに2,3ページ読んでいた」と考えて,過去完了を用いる。

  1. she will be sorry if she misses that chanceのwillとmissが,主節動詞のknewの影響でそれぞれwould, missedに変化している。
  2. saw, knewという過去形で表された時点よりも前から「探す」という動作が続いていたので,had been looking forという過去完了進行形が用いられている。なお,the oneの後には関係代名詞が省略されている。the one (that/whom/who) I had been looking for.

D  英文1行目で用いられている現在完了進行形を使う。It is[has been] five years since my mother began to work at that hospital.のようにも表すことができる。

Extra Questions

  1. 訳Henry : 散歩に行きたいな。

Tina : C. 私も行ってもいい?

Henry : B. もちろん,一緒に来てくれるととてもうれしいよ。

Tina : D. よかった。あることであなたと話したかったの。

Henry : A. おや,何だい?

  1. 訳Andy : そのコンサートが本当に楽しみだよ。

Bill : D. 僕もだよ。もうチケットは手に入れた?

Andy : B. いや,まだ売ってないよ。

Bill : A. いつ買えるかわかる?

Andy : C. 僕が調べて,君に教えてあげるよ。

 

Listening            〈解答〉1. ①  2. ③

スクリプトと全訳

  1. W : Hi, Bill. Where are you going?

M       :             I’m going jogging.

W       :             Jogging! That’s great.

M       :             My doctor advised me to get regular exercise for fitness.

W       :             I wish he had advised you not to eat so many late-night snacks, cookies and cakes. Didn’t he say anything about putting too much sugar in your coffee?

M       :             Well, I’d better go now.

  1. W : Hi, John. Have you registered for your classes?

M       :             Yes, I have. How about you, Mary?

W       :             Yes, I have too. On Monday I’m taking English in the first period and then math, and the next one is music. What are you taking on Monday?

M       :             Well, I’m taking four classes. The first period is the same as you, but the next one is music, and the third period is math. The last one is French.

 

訳 W : こんにちは,ビル。どこへ行くの?

M       :             ジョギングに行くところだよ。

W       :             ジョギングなの!それはすごいわね。

M       :             医者が僕に,健康のために定期的な運動をするように勧めてくれたんだ。

W       :             お医者さんがあなたに,深夜のおやつやクッキーやケーキをあまり食べないように言ってくれたらよかったのにね。コーヒーに砂糖を入れすぎることについてはお医者さんは何も言わなかったの?

M       :             あの,もう行かなくっちゃ。

訳 W : こんにちは,ジョン。授業の登録はもう済ませたの?

M       :             うん,もう済ませたよ。君はどうなの,メアリー。

W       :             私も済ませたわ。月曜日には,1時間目は英語,それから数学,そしてその次は音楽をとるのよ。あなたは月曜日にどの科目をとるの?

 

M       :             ええと,僕は4時間とるんだ。最初の時間は君と同じだけど,次は音楽で,3時間目は数学だよ。最後はフランス語だ。

 

Dictation

  1. Jill has been teaching English at a Japanese girls’ high school for two years.
  2. When some type of clothes comes into fashion, they all follow it.

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事