スポンサーリンク

問題

Lesson 2

 

Graph

グラフの内容と照らし合わせて,次の英文1.〜5.の空所()()に入れるのに最も適当なものを⒜〜⒟からそれぞれ1つ選びなさい。(大阪経済法科大・改)

 

 

 

 

 

 

  1. ( ア ) spend 31 hours doing paid work and 9 hours doing housework.

(a) Childless women under 50                    (b) Childless men under 50

(c) Mothers with children under 5              (d) Mothers with children aged 5 to 14

 

  1. Mothers spend much less time ( イ ) than childless women do.

(a) raising a family                                     (b) doing housework

(c) doing paid work                                     (d) parenting and playing with children

 

  1. ( ウ ) spend a majority of their time attending to their children.

(a) Childless women                                   (b) doing housework

(c) Mothers with children aged 5 to 14       (d) Mothers with older children

 

 

 

  1. Fathers with a pre-school aged child spend ( エ ) in paid employment.

(a) 11 hours   (b) 37 hours         (c) 41 hours   (d) 43 hours

 

  1. Childless women under 50 spend more time doing paid work and less time doing housework than ( オ ).

(a) childless men under 50                  (b) was supporting mothers with children aged 5 to 14

(c) fathers with children under 5       (d) fathers with older children

 

 

Put the Sentences into the Correct Order

次の各問いにおいて,⒜〜⒟の英文を意味が通るように並べかえなさい。(東海大)

1.

(a) Yet, by middle-age, most adults can see themselves looking and acting similar to their parents.

(b) Teenagers and young adults are eager to try new ideas or live different lifestyles than their parents.

(c) During this brief period of time, young people want to express themselves freely with their fashion and behavior.

(d) As people become older, they often become more conservative and return to the values held by their parents.

           →    

 

2.

(a) For every choice we make, big or small, there is no easy formula for making the right decision.

(b) Everything we say and do is the result of choices we make, whether consciously or unconsciously.

(c) However, it is important to consider the decision-making process and to make sure it is reasonable and balanced.

(d) One way to achieve this is to write down the pluses and minuses of our choices before we make them.

           →    

 

 

 

Reading

1 The sun, which is the source of energy that makes all life on our planet possible, has been worshipped by many cultures throughout human history.  In agricultural societies especially, the sun was looked upon as a god to be respected and worshipped.

In ancient Egypt the sun, providing light, warmth, and growth, was worshipped as the sun god Ra.  Egyptian pharaohs, or kings, were believed to be (1)human forms of the sun god.  The pharaohs had pyramids and four sided towers, called obelisks, built to honor Ra.  It was believed that Ra traveled through the sky on a sun boat, which was believed to be what created the daytime, and the people of ancient Egypt honored Ra with prayers and songs to help him on his journey.

The ancient Greeks also worshipped a sun god and called him Helios.  In Greek mythology, Helios drove a chariot each day across the sky and into the ocean, thereby creating night and day.  In one community in ancient Greece, an annual ceremony in which a chariot pulled by four horses was run off a cliff and into the sea (2)was held to honor Helios.  In more recent ancient Greece the god Apollo was identified as the sun god.  Apollo was credited with many powers, one of which was that of a healer.

North American Plains Indians viewed the sun as a visible god and conducted sun dances to honor the sun.  The dance was (3)a detailed ceremony that lasted for several days.  Young warriors would go without food during the entire ceremony and would often (4)pass out from exhaustion and dehydration.  The ceremony was believed to be a way for young warriors to see visions that would guide them on their journey to adulthood and through life.

Today we understand the sun is a type of nuclear reactor that converts massive amounts of hydrogen into helium every second.  (5)The sun is one hundred and nine times the size of the earth and provides ninety-nine percent of the energy available on earth.  Energy forms that appear to come from within our planet such as oil and coal are in fact a result of the decomposition of plants that lived millions of years ago.  For this reason, fossil fuels such as coal, oil, and natural gas are sometimes referred to as a natural solar power bank.  Although most societies no longer worship the sun as a god, we certainly understand the importance of the sun to life on earth as we know it.

(武蔵大 418 words

 

 

 

 下線部(1)の意味に最も近いものを1つ選びなさい。

(a) the human being having taken the form of the sun god

(b) the human being who formed the sun god

(c) the sun god forming human beings

(d) the sun god in human form

 

 下線部(2)の主語を本文中から抜き出しなさい。

                      

 

 下線部(3)はどういう目的で行われたのか,日本語で説明しなさい。

                                            

                                            

 

 下線部(4)の言いかえとして最も適切な語を1つ選びなさい。

(a) cry  (b) die  (c) faint  (d) run

 

 下線部(5)as as … の構文を用いて書きかえなさい。

                                            

 

 本文の内容に合うものを1つ選び,判断の根拠となる本文の行を示しなさい。

(a) Ancient Egyptians believed that the daytime was created by the sun god Ra, who traveled through the sky on a sun boat.

(b) In ancient Greece, Helios was believed to drive a chariot between the sky and the ocean day and night.

(c) Conducting sun dances, young warriors of the North American Plains Indians would walk without food for several days.

(d) Fossil fuels such as coal, oil, and natural gas are not the result of solar energy because they come from within the earth.

根拠:    行目~    行目

 

 ( )内に指示された語を書きなさい。

  1. warmth(形容詞形)         2. believe(名詞形)         
  2. visible(反意語)           4. available(反意語)         

 

 

 

Grammar and Usage

 ( )にあてはまる最も適切な語()を選びなさい。

  1. Bill, don’t forget that the letter to Joe must ( ) by tomorrow morning. (南山大)

① mailed                      ② be mailed

③ have mailed             ④ had been mailed

  1. This factory ( ) the latest machinery in the world. (福岡大)

① equips with              ② equipped with

③ is equipped with      ④ has equipped with

  1. There’s somebody walking behind us. I think ( ). (名城大)

① we’re following        ② we’re being following

③ we followed              ④ we’re being followed

  1. The reason why the President canceled the meeting abruptly (    ) explained. (慶應大)

① hasn’t                       ② hadn’t

③ hasn’t been              ④ haven’t been

  1. On my way home, I was ( ) a stranger. (千葉工大・改)

① spoken at                 ② spoken to by

③ spoken by                 ④ spoken with by

 

 各組の文がほぼ同じ意味になるように,( )に適切な語を入れなさい。

  1. I saw Ken sneak out of the classroom.(大阪教育大)

Ken (    )(    )(    ) sneak out of the classroom.

  1. It is often said that British people are conservative.(東海大・改)

British people are often said (    )(    ) conservative.

  1. You can’t master any foreign language without patience and effort.(名城大・改)

(    ) foreign language can (    )(    ) without patience and effort.

  1. They soon lost sight of the original purpose.(東京理科大・改)

The original purpose was soon (    )(    )(    ).

 

 

 

 日本語に合うように,( )内の語()を並べかえなさい。

  1. 私の高校はバス停から徒歩10分ほどのところにある。(中京大・改)

My high school (walk / of / located / the bus stop /within / is / ten minutes’).

My high school                                    .

  1. そのような事故は二度と起こしてはならない。(中部大)

(should / such / be / happen / an / again / not / accident / allowed / to).

                                           .

  1. 30ドル以上の購入につき,期間限定で景品が付いてきます。(立命館大)

A gift will (be / every / included / of / purchase / thirty / with) dollars or more for a limited period of time.

A gift will                                dollars or more for a limited period of time.

  1. 将来私たちはコンピュータに働かされることになるかもしれない。(大阪学院大・改)

We (be / by / made / may / computers / work / to) in the future.

We                                        in the future.

 

 

Writing

英語で表しなさい。

  1. 私はカナダが試合に負けたことを聞いて本当にがっかりしました。(愛知学院大)

                                           

  1. この小説はまだ日本語に訳されていません。(学習院大)

                                           

 

 

Listening

音声を聞き,答えとして最も適切なものを,4つの選択肢のうちから1つずつ選びなさい。

  1. What’s Kentaro’s recipe for?

① Boiled eggs.  ② French fries.  ③ An omelette.  ④ A pancake.

  1. What are they going to do?

① Harry is going to Kyoto by car but William is taking the train.

② They are both going to Kyoto by car.

③ They are both going to Kyoto by train.

④ They are both going to stay in Tokyo.

  1. What problem does the speaker have?

① He forgets things.

② He has a big telephone bill.

③ He is short of cash.

④ He wants to be a doctor.

 

 

スポンサーリンク

解答・解説

Lesson 2

 

Graph〈解答〉

1.ア (a)  2.イ (c)  3.ウ(b)  4.エ (d)  5.オ (b)

 

解法のポイント

まずグラフの意味をきちんと理解しておこう。これは「子供の有無と男女による生活上の時間の過ごし方の違い」を示すグラフである。縦軸の数字は「週あたりの平均時間」を示す。横軸は「子供のいない50歳未満の男性,女性」「5歳未満の子供を持つ男性,女性」「5歳から14歳の子供を持つ男性,女性」「それ以上の年齢の子供(居住の有無は不問)を持つ男性,女性」の8つの区分に分けられ,それぞれが「賃金労働」「家事」「子育て,および子供との遊び」の各活動に費やす時間を示す24本(8×3)の棒が並んでいる。文中ではfemalesがmothersやwomen,malesがfathersやmenと言いかえられてたり,「子供を持つ〜」が〜with childrenと表されている点にも注意が必要である。また不等記号<はunderで表されている。

paid employment「賃金労働」 housework「家事」parenting「子育て」per week「週あたりの」males「男性」females「女性」resident「居住している」non-resident「居住していない」

 

  1. 「( ア )は賃金労働をして31時間,家事をして9時間過ごしている」 これは左から2番目の区分にある「子供のいない50歳未満の女性」である。
  2. 「母親は子供のいない女性より( イ )して過ごす時間がずっと少ない」 「母親」に当たるのは左から4,6,8番目の区分であり,それらの各々3本の棒のうちすべてが「子供のいない女性」の対応する棒より低いものを探す。該当するのは「賃金労働」である。
  3. 「( ウ )は子供たちの世話をするのに自分の時間の大部分を費やしている」 グラフを見ると,「子育て,および子供との遊び」に費やす時間が群を抜いて多いものが1つある。「5歳未満の子供を持つ女性」である。attend to ... 「…の世話をする」
  4. 「就学前の子供を持つ父親は賃金労働に( エ )を費やしている」 「就学前」というのはグラフでいえばaged<5に該当するから,左から3つ目の区分を調べる。「賃金労働」に費やしている時間は43時間であることが読み取れる。pre-school「就学前の」
  5. 「子供のいない50歳未満の女性は,( オ )より賃金労働をして過ごす時間が多く,家事をして過ごす時間が少ない」 グラフを見ると,この記述は他の3つの区分の女性すべてに当てはまることがわかる。(b) 以外の選択肢の男性はすべて条件にあてはまらない。

 

Put the Sentences into the Correct Order〈解答〉

  1. (b) → (c) → (a) → (d)  2. (b) → (a) → (c) → (d)

 

解法のポイント

  1. (a)はYet「けれども」という接続詞で始まっており,(c)にはthis ... という指示語句があるので,この2つが先頭に来ることはない。次に(c)のthis brief period of timeが何を指すかを考える。(a),(b),(d)という3つのセンテンスを見ていくと,これは(b)が述べている「少年期・青年期」を指す以外にないことがわかる。これで(b)→(c)というつながりができる。ここで(a)のsimilar to their parentsと(b)のdifferent lifestyles than their parentsが対照的な意味であることに着目すると,Yet「けれども」で始まる(a)が(b)→(c)の後につながるのではないかという目途が立つ。残る(d)は(a)の説明であると同時に全体のまとめとなっている。

 

  1. (c)のHowever,および(d)のto achieve thisに着目すると,これら先頭に来ないことがわかる。さて,(a), (b)どちらが先頭に来るかを考えたいところだが,(a)の「正しい決断を下す簡単な秘訣などない」と(c)の「しかしながら,〜することは大切だ」の両者が意味的に直接つながりそうなことに目をつけて,とりあえず,まずこの2つをつないで(a)→(c)というグループを作る。次に(d)のOne way to achieve this「これを達成する1つの方法」のthisが(c)のto consider ... and to make sure ... 「…を考慮して〜を確かめること」を指すと見当をつけると,(a)→(c)→(d)というかたまりが得られる。ここで,先ほどの(b)を先頭に置くことにする。これは話題を切り出すのにぴったりの文である。

 

全訳

1.【人は年齢とともに親に似てくる】

(b)10代の若者や若い成人は,新しい考えを試したり,自分の親と違った生き方をしたりすることを熱望する。(c)この短い期間の間,若い人たちは,自分のファッションや行動で自らを自由に表現したいと思うのだ。(a)ところが,中年にさしかかるころには,たいていの大人は,自分の外見や行動が自分の親によく似ていることがわかってくる。(d)人間は,年をとるにつれてより保守的になり,親が抱いていた価値観に戻っていくことがよくあるのである。

2.【決断を下す過程で大切なこと】

(b)私たちが言ったり行ったりすることはすべて,意識してであろうと無意識にであろうと,私たちが行う選択の結果である。(a)その大小を問わず,私たちが行うそれぞれの選択に対して,正しい決断を下すための簡単な秘訣などはない。(c)しかしながら,決断を下す過程を考慮し,それが理にかなっていてあらゆる点を考慮したものであることを確かめることは大切だ。(d)これを達成する1つの方法は,選択をする前に自分の選択のプラス面とマイナス面を書き留めることである。

 

重要語句・表現

  1. (a) can see oneself doing「自分が〜しているのがわかる」

similar to ... 「…によく似た」lookingとactingの補語として機能している。

(b) teenagers「10代(厳密には13〜19歳)の若者」

are eager to do「〜することを熱望する」

live ... lifestyles「…生き方をする」

different 〜 than ... 「…とは違った〜」different from ...ではなくdifferent than ... という表現もよく用いられる。

(d) conservative「保守的な」

values held by their parents「親が抱いていた価値観(←親によって抱かれていた価値観)」

  1. (a) big or small = whether it (= the choice) is big or small「その選択が大きいものであろうと小さいものであろうと」

formula「秘訣,公式」

(b) whether consciously or unconsciously「意識してであろうと無意識にであろうと」

(c) itは2つのto-不定詞句を受ける仮主語。

the decision-making process「決断を下す過程」

make sure (that ...)「(…ということを)確かめる」

balanced「あらゆる点を考慮した(←均衡のとれた)」

(d) write down「書き留める」

themはour choicesを指す。

 

 

Reading〈解答〉

□A (d)

□B (an annual) ceremony

□C 若い兵士たちが(意識もうろうとなって),自分が大人になって人生を送っていく旅路の案内となるであろう幻影を見るという目的。

□D (c)

□E The sun is one hundred and nine times as large as the earth.

□F(a)  根拠:8行目〜9行目

□G

  1. warm  2. belief  3. invisible

4. unavailable

 

 

解法のポイント

□A (a)「太陽神の形をとった人間」

(b)「太陽神を形作った人間」

(c)「人間を形作っている太陽神」

(d)「人間の姿をした太陽神」

下線部は「太陽神の人間の姿版」→「太陽神が人間の姿をしたもの」ということであるから,(d)が正解。

□B in which に着目すると,an annual ceremonyを修飾する長い関係代名詞節があることがわかる。関係詞節中の was run に着目すると,runは「(乗り物)を走らせる」の意味の他動詞が受動態で用いられており,これが関係詞節中の動詞となることがわかる。そうすると,pulled by four horses「4頭の馬に引かれた」はa chariotを修飾する分詞句とわかる。off a cliff「崖を離れて,崖から」がwas runを修飾する副詞句であることに着目し,andの前後で同じような構造の語句がないかどうか注意すると,into the sea「海の中へと」がoff a cliffと対応していると見当がつく。以上から,an annual ceremony was held to ... のSV関係が発見できる。 ☞文構造①

□C 22〜24行目のThe ceremony was believed to be a way ...「その儀式は…1つの手段であったと信じられていた」という表現に着目すれば,この部分に儀式の目的が書かれているとわかる。was believed to be ...「…であると信じられていた」a way for A to do「Aが〜する手段」vision「幻影,幻」on their journey to ... and through 〜「…への,そして〜を通した旅路」☞文構造②

□D 自動詞のpass outは「意識を失う」の意味。直後のfrom exhaustion and dehydration「疲労と脱水状態」から推測する。

□E 〜times the size of ...「…の〜倍の大きさである」は,〜times as large as ...で書きかえることができる。

□F (a)「古代エジプト人は,太陽神ラーによって昼間が作り出されると信じており,ラーは太陽の船に乗って天空を旅してまわった」〇 8〜9行目にあるIt was believed ... created the daytimeに当たる内容を,態や一部の言い方を変えて表現したもの。これが正解。

□F (b)「古代ギリシアでは,ヘリオスが昼も夜も空と海の間を,二輪戦闘馬車を駆ると信じられていた」× 12〜14行目の文にあるのは「二輪戦闘馬車を駆って天空を横断して海へと入り,それによって夜と昼を作った」のであり,「昼も夜も空と海の間を駆る」ではない。

□F (c)「太陽の舞踏会を執り行うとき,北アメリカ平原インディアンの若い兵士たちは,数日間食べ物なしで歩いたものであった」× 21行目のgo without ... は「…なしで済ます」の意味であり,「…なしで歩く」ということではない。

□F (d)「石炭,石油,天然ガスといった化石燃料は,地球の内部から採れるものであるから,太陽エネルギーの所産ではない」× 28〜31行目の記述にあるように,これらは元を正せば太陽によって供給されたものであり,「太陽エネルギーの天然の貯蔵庫」と呼ばれることもあるぐらいだから,不一致。

 

 

全訳

□1 太陽は,私たちの惑星のすべての生命を可能にしているエネルギー源であり,人類の歴史を通じて多くの文化によって崇拝されてきた。とりわけ農業社会においては,太陽は敬われ,崇拝されるべき神とみなされていた。

□2 古代エジプトでは,太陽は光,暖かさ,そして成長をもたらすので,太陽神ラーとして崇拝された。エジプトのファラオ,すなわち王は,太陽神が人間の姿をしたものと信じられていた。ファラオはラーを称えるために,ピラミッドとオベリスクと呼ばれる四面の塔を建てさせた。ラーは太陽の船に乗って天空をあちこち旅してまわると信じられており,そしてそれ(=ラーの天空の旅)が昼間を作るものだと信じられていた。そして,古代エジプトの人々は,旅の途上にあるラーを助けるための祈りと歌でラーに敬意を表した。

□3 古代ギリシア人もまた太陽神を崇拝し,ヘリオスと呼んだ。ギリシア神話の中でヘリオスは,毎日二輪戦闘馬車を駆って天空を横断して海へと入り,それによって夜と昼を作った。古代ギリシアのある社会では,4頭の馬に引かれた1台の二輪戦闘馬車を崖から海の中へと突っ込ませる儀式が,ヘリオスを称えるために毎年開かれた。古代ギリシアでもより時代が後になると(←もっと新しい古代ギリシアでは),アポロ神が太陽神と同一視された。アポロは多くの神的な力を持っていると考えられ,その1つが人を癒す力(←癒す人の力)であった。

□4 北アメリカ平原インディアンは太陽を目に見える神とみなし,太陽を称えるために太陽の舞踏会を執り行った。その舞踏会は,数日間続く,細部にわたって複雑な儀式であった。若い兵士たちは,儀式の間中ずっと食べ物なしで済ませ,しばしば極度の疲労と脱水症状で意識を失ったものだった。その儀式は,若い兵士たちが,自分たちが大人になって人生を送っていく旅路(←大人への,そして一生を通じた旅路)の案内役となってくれるであろう幻影を見る,1つの手段であったと信じられていた。

□5 今日では,私たちは,太陽が毎秒莫大な量の水素をヘリウムに変換している一種の原子炉であることを理解している。太陽は地球の109倍の大きさで,地球上で利用できるエネルギーの99%をもたらしている。私たちの惑星の内部から得られるように思われる原油や石炭のようなエネルギーの形態も,実は,何百万年も前に生きていた植物が分解してできたものなのだ。このため,石炭,原油,天然ガスなどの化石燃料は,太陽エネルギーの天然の貯蔵庫であると呼ばれることもある。ほとんどの社会はもはや太陽を神として崇拝してはいないけれども,現在あるような地球上の生命にとって重要であるということを,私たちは確かに理解している。

 

要約

太陽は,人類の歴史を通じて多くの文化によって崇拝されてきた。今日では太陽が神として崇拝されることは少ないが,地球上のエネルギーのほとんどすべてを供給する存在として,その重要性を私たちは理解している。          (99語)

 

重要文法・語句

  1. 1-2 makes ... possible「…を可能にする」
  2. 3 was looked upon as ... 「…であるとみなされた」look upon A as B「AをBとみなす」の受動態(過去形)。
  3. 3-4 to be respected and worshipped「敬われ,崇拝されるべき」a godを修飾する形容詞的用法の不定詞。
  4. 5 providing light, warmth, and growth「光と暖かさと成長をもたらすので」分詞構文。
  5. 6 Ra「ラー」古代エジプトで広く崇拝された主神・太陽神。日輪に両翼を備えた形で表現される。エジプト王はラーの子とされ神聖視された。
  6. 7-8 had ... built「…を建てさせた」〈have + O + 過去分詞〉は「Oを〜させる,してもらう,Oを〜される」などと訳されるが,ここは主語が王であるから,「〜させる」が適している。
  7. 8 obelisk「オベリスク」太陽神を象徴する古代エジプトの石柱。巨大な石材で作られており,上方に向かって細くなり先端はピラミッド型をしている。方尖柱。

It was believed that ... 「…と信じられていた」仮主語Itが指すthat節は9行目のthe daytimeまで。

  1. 9 ..., which ... 非制限用法の関係代名詞。先行詞はRa traveled ... a sun boatという節全体と取る。

what created the daytime「昼間を作り出したもの」

  1. 10 prayer「祈り」発音[●●●]に注意。cf.「祈る人」の場合は[●●●]。
  2. 13-14 across the sky and into the ocean「天空を横断して海の中へと」
  3. 14 thereby creating ... 「それによって…を作った」分詞構文。and createdと書きかえられる。
  4. 17 was identified as ... 「…であるとみなされた」

was credited with ... 「…を持っていると考えられていた」

  1. 17-18 ..., one of which was that of a healer 関係代名詞の非制限用法。and one of them (= many powers) was that (= the power) of a healerと取る。healer「癒す人」
  2. 19 view A as B「AをBと見なす」
  3. 25 a type of nuclear reactor「一種の原子炉」
  4. 25-26 massive amounts of hydrogen「莫大な量の水素」
  5. 26 every second「毎秒」
  6. 28 available on earth「地球上で利用できる」直前のthe energyを後ろから修飾する。

appear to do「〜するように思われる」

come from within ... 「…の内部から得られる」 within ... という前置詞句が前置詞fromの目的語になっている。ex.  from behind the curtains「カーテンの陰から」

  1. 29 a result of the decomposition of ...「…の分解の結果」→「…が分解してできたもの」
  2. 30-31 are referred to as ... 「…と呼ばれる」refer to A as Bは「AをBと呼ぶ」の意味。ここではrefer toを1つの他動詞のように扱って,受動態で用いている。
  3. 31-32 no longer 「もはや〜ない」
  4. 33 as we know it「私たちの知るような」→「現在あるような,今あるような」名詞の後に置かれ,名詞を修飾する。asは直前の名詞を後ろから修飾して意味を限定する接続詞としての用法で,itは修飾する名詞(本文の場合life)を指すと考える。ex. This is the American way of life as we know it.「これが,今の(←私たちの知っている)アメリカ風の生き方です。」

 

文構造

 

① ll.14-16                                      off a cliff

..., an annual ceremony    in which a chariot             was run   and              was held  (to honor Helios).

into the se

< pulled by four horses >

 

 

② ll.23-24

 

to adulthood

... a way   for young warriors to see visions   that would guide them (on their journey                and   ).

through life

 

 

Grammar and Usage〈解答〉

□A 1. ②  2. ③  3. ④  4. ③  5. ②

□B 1. was seen to           2. to be

3. No, be mastered      4. lost sight of

□C 1. (My high school) is located within ten minutes' walk of the bus stop.

2. Such an accident should not be allowed to happen again.

3. (A gift will) be included with every purchase of thirty (dollars or more for a limited period of time).

4. (We) may be made to work by computers (in the future).

 

解法のポイント

□A 1. 「ビル,ジョーへの手紙は明日の朝までに出さなければならないということを忘れないでね」mailは「〜を郵送する」の意味の他動詞だから,ここは「郵送されなければならない」という受動態になる。助動詞の後ろは原形だから,①と④はすぐに除外できる。③は「明日の朝までに」に合わない。

  1. 「この工場は世界で最新の機械を備えている」be equipped with ...「…を備えている」を成句として覚えてもよいが,これがequip A with B「AにBを備え付ける」の受動態であることを理解しておく。
  2. 「誰か私たちの後ろを歩いている人がいる。私たち,後をつけられていると思うよ」followは「〜の後について行く(来る)」の意味の他動詞。前文との関係から「後をつけられている」の意味であると見当がつく。現在進行形の受動態である。
  3. 「大統領が突然会議を中止した理由は説明されていない」explainは「〜を説明する」の意味の他動詞であり,文の主語はThe reasonであるから,「理由が説明される」という受動態になる。主語が単数であるから④も除外できる。abruptly「突然」
  4. 「家に帰る途中,私は見知らぬ人に話しかけられた」「…に話しかける」はspeak to ...。この動詞句を1つの他動詞と考えると,be spoken toという受動態ができる。その後に行為者を表すby...を置く。

□B 1. 「私はケンが教室からこっそり出ていくのを見た」→「ケンは教室からこっそり出ていくところを見られた」〈知覚動詞 + O + do〉が受動態になると,原形はto-不定詞に変わる。

  1. 「英国人は保守的であるとよく言われる」仮主語のItを用いたIt is said that A is ...という受動態の文を,A is said to be ...「Aは…だと言われる」という表現に書きかえる。
  2. 「忍耐と努力なしにはいかなる外国語も習得することはできない」Any 〜 not ... の語順は認められない(not ... any 〜 の語順になる)ので,この文を受動態にする場合は主語をNo foreign languageとするのがポイント。
  3. 「彼らはそのうちに当初の目的を見失った」→「当初の目的はそのうちに見失われた」lose sight of ...「…を見失う」という群動詞を受動態にする場合は,全体を1つの他動詞と見て be lost sight of とする。

□C 1. 「〜にある」→「〜に位置している」be located「〜から徒歩…分以内のところに」 within ... minutes’walk of 〜

  1. 「そのような事故は二度と起こることを許されるべきではない」と考え,should not be allowed to do「〜することを許されるべきではない」という受動態の形を作る。
  2. 主語がA giftであるから,「付いてきます」はwill be included「加えられる」とする。「…の購入につき」にはwithを用いるが,「…の購入ごとに」ということだから,ここに every を用いて with every purchase of ... とする。
  3. 「〜させられる」はbe made to doで表す。使役動詞makeは〈make + O + do〉の形で「Oに〜させる」の意味を表すが,これが受動態になると〈be made to do〉となって原形がto-不定詞に変わることを思い出そう。

 

Writing〈解答〉

  1. I was really disappointed to learn that Canada lost the game.
  2. This novel has not been translated into Japanese yet.

 

解法のポイント

  1. 「がっかりする」は,be disappointedという受動態を用いる。「〜を聞いて」は,原因を表すto-不定詞を用いる。to hear that ... も可。「試合に負ける」lose the game cf. 「試合に勝つ」win the game。「カナダ」は「カナダ・チーム」と解し,the national team of CanadaやCanadian teamとしても可。
  2. 「まだ〜されていない」は現在完了形の受動態〈have[has] not been + 過去分詞〉で表す。「AをBに翻訳する」はtranslate A into B

 

Listening〈解答〉

1.③  2.③  3. ①

 

スクリプトと全訳

  1. Kentaro enjoys cooking. Here’s his favorite recipe for Sunday breakfast. First beat some eggs in a bowl.  Next, heat some oil in a deep pan and cook the eggs for a few minutes.  When the eggs are half done*, turn them over and continue cooking until they are completely done.  Finally, season with salt and pepper to taste.

*done「焼けた,調理された」

 

  1. Harry and William are staying in Tokyo and planning a weekend trip to Kyoto. Harry says they can rent a car and drive to Kyoto. William has better idea on how to save on travel expenses. He suggests they use their rail passes and get on a bullet train.  Harry agrees, because it’s a cheaper and faster way to get there.

 

 

 

 

  1. My friends say I’m talking on my cell phone all the time. There is one thing that worries me a lot. Doctors say using cell phones can cause memory loss. I hope the doctors are wrong ... oh, and here is another thing. Doctors say using cell phones can cause memory loss ....

 

□訳 健太郎は料理を楽しんでいます。これが彼の一番好きな,日曜の朝食のレシピです。まず,卵をいくつかボウルのなかでつぶします。次に,深めのフライパンで油を少々熱します。溶いた卵を2,3分焼きます。卵が半分焼けたら,反対に裏返し,完全に焼きます。最後に,塩とコショウで味をつけます。

□問 健太郎のレシピは何のレシピか。

□正解 ③オムレツ。

 

 

□訳 ハリーとウィリアムは東京に滞在中で,週末京都に旅行しようと計画中です。ハリーは車を借りて京都まで運転して行くことができると言っています。ウィリアムには旅行の出費を節約する方法についてもっと良い考えがあります。彼はレール・パスを使って新幹線に乗ろうと提案しています。それが京都へ行くより安くて早い方法なので,ハリーは同意します。

□問 彼らは何をするつもりか。

□正解 ③二人とも電車で京都に行くつもりだ。

 

□訳 私がいつも携帯電話で話していると,友人たちは言います。とても心配なことが1つあります。医者が,携帯電話を使っていると記憶喪失を引き起こしかねない,と言うのです。医者が間違っているとよいのですが。ああ,もう1つ別の心配があります。医者が,携帯電話を使っていると記憶喪失を引き起こしかねない,と言うのです…。

□問 話し手が抱える問題は何か。  □正解 ①物を忘れる。

 

提出用ノート p.7 Dictation および復習問題 〈解答〉

Dictation

  1. looked upon as
  2. ancient, identified

復習問題

l.1 source「資源」

l.1 energy「エネルギー」

l.1 planet「惑星」

l.12 ancient「古代の」

l.13 mythology「神話」

l.14 community「社会」

l.20 last「続く」

l.24 adulthood「大人」

l.29 coal「石炭」

l.30 fossil fuel「化石燃料」

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事