スポンサーリンク

問題

Lesson 3

 

Put the Sentences into the Correct Order

次の英文[ ][ ]は,書き出し部分の[ ]に続く文をばらばらに入れかえたものです。

.~5.の設問に答えた後,[ ]に続けて自然な流れになるように[ ][ ]を並べかえなさい。

(亜細亜大・改)

[ A ] About 17 years ago, bookstores in France started carrying French translations of Japanese manga. These graphic stories soon captured the hearts of young French readers, and the Japanese word manga quickly entered the French vocabulary.

 

[ B ] Since the German printer Johann Gutenberg invented his technology for printing in the 15th century, all published materials in the West (1)have been bound on the left-hand side.

 

[ C ] (2)Now, France prides itself as the world’s second-largest manga market after Japan.  In fact, manga is the only genre of books whose sales are rising at a time when the book market in general remains slow.

 

[ D ] (3)But today, around two-thirds of manga published in France are bound on the right-hand side, just as they are in Japanese manga books.  The reader turns pages to the right.  This is the opposite of the way Western books are bound.

 

[ E ] (4)This boom in manga also caused (5)a small revolution in the publishing industry.

 

  1. [ B ]の下線部(1)と対立する表現が,[ C ] [ D ] [ E ]にある。その箇所と表現を6語で抜き出しなさい。
[   ]にある                          という表現。

 

  1. [ C ]の下線部(2)は,[ A ] [ B ] [ D ] [ E ]のどれから続くのが適当か。[   ]

 

  1. [ D ]の下線部(3)は, [ B ] [ C ] [ E ]のどれから続くのが適当か。[   ]

 

  1. [ E ]の下線部(4)は,[ A ]~[ D ]のどれに書かれている内容を指しているか。[   ]

 

  1. [ E ]の下線部(5)の具体的な内容を日本語で説明しなさい。

                                           

                                           

 

  1. 自然な流れになるように,[ A ]に続く[ B ]~[ E ]を並べかえなさい。
[ A ]→[  ]→[  ] →[  ]→[  ]

 

 

Pronunciation

次の各問において,下線部の発音が見出し語と同じものを(a)(d)の中からそれぞれ1つ選びなさい。

(福岡大)

  1. resolve

(a) course         (b) scene          (c) across         (d) advise

 

  1. theme

(a) feature       (b) create         (c) beard          (d) steak

 

  1. sweat

(a) gear            (b) stream        (c) threat         (d) beautiful

 

  1. tunnel

(a) only            (b) month        (c) endure        (d) produce

 

  1. circumstance

(a) work           (b) whistle       (c) equal          (d) system

 

  1. chemistry

(a) chalk          (b) charm         (c) approach    (d) chaos

 

 

 

Reading

Tom is a student at a university in the United States and is meeting with his academic advisor, Professor Jones.

 

Tom      :(knocking on the half-open door) May I come in?

Prof. Jones:Ah, yes Tom, come on in.  What can I do for you?

Tom      :I would like to ask something about the classes I’m taking next semester.

Prof. Jones:Okay, am I right that this is connected to the fact that you didn’t pass Introduction to Academic Writing last year?  I don’t think that’s a particularly tough class, so I was wondering what happened there, you know?

Tom      :Well, the thing is the class was in the first period, which is too early for a (a)night person like me to be in class on time, and then I didn’t get along with the teacher.

Prof. Jones:So?

Tom      :So I stopped going.

Prof. Jones:Well, you know the saying: (b)you’ve made your bed and now you have to lie in it.

Tom      :Yeah, I (1)realize that’s my own fault really.  I understand that I have to pass this course because it’s a required class.  So I need to take it again, but next semester I want to take History of Psychology as well.  Then the problem is that both classes are offered at the same time on Friday morning.

Prof. Jones:Okay, well it turns out you’re quite fortunate and you don’t really need to be (2)concerned about the timetable clash.  All we need to do is to transfer you to the other Introduction to Academic Writing group on Monday afternoon. You said History of Psychology is on Friday, right?

Tom      :Yes, Friday.

Prof. Jones:And you’ll be able to (3)make it every Monday at 3:00 p.m., won’t you?

Tom      :Except that I usually have tennis practice at that time.

Prof. Jones:Oh, come on now, Tom!  Which is more important for you, becoming a better tennis player or passing the course?  You’d better be more serious about your studies.  You do want to graduate, don’t you?

Tom      :Yeah, I guess I’d better follow (c)your advice.

(広島大 362 words

 

 

 

 下線部(1)(3)の意味として,最もふさわしいものを1つ選びなさい。

(1) (ア) forget         (イ) propose           (ウ) remember       (エ) understand

(2) (ア) excited       (イ)  interested      (ウ)  surprised       (エ)  worried

(3) (ア)  get to class                               (イ)  prepare for class

(ウ)  register for class                     (エ)  understand the class

 

 下線部(a)はどのような人のことか。日本語で端的に説明しなさい。

                                            

 

 下線部(b)の背後にある考えとして最も妥当なものを1つ選びなさい。

(ア) People need to accept the consequences of their choices.

(イ) People need to have clear goals in their lives.

(ウ) People need to relax in difficult situations.

(エ) People need to sleep well at night.

 

 下線部(c)の具体的な内容を日本語で答えなさい。

                                            

 

 次の問いに日本語で答えなさい。

  1. Why did Tom stop going to his Introduction to Academic Writing class last year?

                                            

  1. What is Tom’s timetable clash like?

                                            

  1. Why is Tom reluctant to take the Introduction to Academic Writing class on Monday afternoon?

                                            

 

 

 ( )内に指示された語を書きなさい。

  1. introduction(動詞形)         2. academic(名詞形)        
  2. require(名詞形)            4. fortunate(名詞形)        

 

 

Grammar and Usage

 ( )にあてはまる最も適切な語()を選びなさい。

  1. I promised that I would lose weight, so I ( ) eat snacks between meals. (芝浦工大)

①  don’t have to       ②  must                      ③  have to                                  ④  mustn’t

  1. Kevin is such a diligent student that he ( ) such a low grade. (高知大)

①  must have received                                ②  should be able to receive

③  don’t need to receive                               ④  couldn’t have received

  1. There ( ) three junior high schools in this town. Now there is only one left. (宮崎大)

①  is used to be        ②  are used to be       ③  used to being                                  ④  used to be

  1. She hasn’t arrived yet. She ( ) got caught in a traffic jam. (神戸女子大)

①  should have        ②  might have           ③  mustn’t have                                  ④  won’t have

  1. I ran out of time before finishing the exam. We ( ). (日本女子大)

①  must have spent enough time                ②  need to spend enough time

③  should have been given more time         ④ were allowed to give more time

 

 各組の文がほぼ同じ意味になるように,( )に適切な語を入れなさい。

  1. I’m sure that Koji did it. (大阪教育大)

Koji (      ) (      ) (      ) it.

  1. Unable to stand the noise, I left the room immediately. (大阪教育大・改)

Because (           )(            ) stand the noise, I left the room immediately.

  1. Would you like me to bring you some coffee? (神戸学院大・改)

(            )(            ) bring you some coffee?

  1. I said, “Let’s set off at once.” (愛媛大)

I suggested that (            )(            ) set off at once.

 

 日本語に合うように,( )内の語()を並びかえなさい。

  1. 面接の時間を調整したいと思います。(中部大)

(a / an / arrange / for / interview / like / time / to / we / would).

                                          .

  1. この大聖堂に足を踏み入れると,敬虔な気持ちにならざるを得ない。(青山学院大)

We (but / cannot / feel / help / into / reverence / this / walk / we / when) cathedral.

We                                          

                  cathedral.

  1. ほんの数人のお客のために開けておくくらいなら,もうレストランを閉めた方がいいでしょう。

(武庫川女子大)

We might (as / as well / close the restaurant / for / it / keep / open) the few customers we are likely to get.

We might                                       

the few customers we are likely to get.

  1. 子どもたちの行動にはいくら注意してもしすぎることはありません。(獨協医科大)

(about / be / careful / you / what / cannot / too / your children / do).

                                          .

 

Writing

英語で表しなさい。

  1. テストに受かるためには君はもっと一生懸命勉強しなければならないだろう。(広島経済大・改)

                                           

  1. 彼女はそのようなひどいことをするべきではありませんでした。(日本女子大・改)

                                           

 

 

Listening

音声を聞き,答えとして最も適切なものを,4つの選択肢のうちから1つずつ選びなさい。

  1. When does the man check his e-mail?

① After breakfast.         ② While eating breakfast.

③  Late in the day.        ④  Right away when he gets up.

  1. Why did the man stop riding his bicycle to school?

① Because he’s too old.

② Because it would cost too much to repair the old bike.

③ Because the weather is too cold.

④ Because he doesn’t need the exercise.

  1. How can the man truly think of nothing?

① His brain is sleeping.

② His favorite science author is a man named Nothing.

③ The title of a new science book is Nothing.

④ His pet’s name is Nothing.

 

 

解答・解説

Lesson 3

 

Put the Sentences into the Correct Order〈解答〉

  1. [ D ](にある)are bound on the right-hand side(という表現。)
  2. [ A ]  3. [ B ]  4. [ C ]
  3. これまで西洋の本はすべて左綴じであったのに,今日フランスで出版されるマンガの約3分の2が右綴じであること。
  4. ([ A ])→[ C ]→[ E ]→[ B ]→[ D ]

 

解法のポイント

  1. 「本の綴じ方」についての表現。leftとrightの違いのほかは,時制が異なっているだけであることに着目する。この両者の対応に気がつくと,[B]と[D]が直接つながるのではないかという見込みが立つ。
  2. [C]の内容は,「今やフランスは日本に次ぐ世界第2位のマンガ市場を誇っている」とあるように,現在フランスでマンガが大人気であり,売れているということが書かれている。「17年前日本のマンガがフランスに紹介され始めると,すぐにフランス人読者の心をつかんだ」という主旨の[A]が[C]の前にくると考えると,「導入→現在の人気」という順になって最も自然だ。
  3. 「しかし今日では」というのだから,この前には「今日以外のこと」すなわち「過去,あるいはこれまでのこと」についての記述があるはず。[C]は現在のことについての記述であるから,この後にBut todayは続かない。内容から考えて,[E]の直後に[C]が続くのは不自然だ。これで[B]→[D]というつながりができる。
  4. マンガにおける「このブーム」とは「フランスでマンガが大人気になっていること」と察しがつくから,その内容が述べられている[C]を選ぶ。[C]は[A]を受けてその後に続く記述であるが,[A]がすべて過去形,[C]がすべて現在形で書かれていることに着目して,この両者を分けて考え,[A]は解答には含めない方がよい。本問に答えると,[C]→[E]というつながりが確定する。
  5. 「出版業界におけるちょっとした革命」とは,問3で考察した「本の綴じ方」の変化であるから,[B]→[D]の内容をまとめる。これで[E]→[B]→[D]という順序が確定した。
  6. これまでの問いに答えることで,[A]→[C],[C]→[E],および[E]→[B]→[D]というつながりが確定できているから,それらを合わせると全体の順序が決まる。

 

全訳

[A] 約17年前,フランスの書店が日本のマンガの仏訳版を置き始めた。この絵物語はすぐに若いフランス人読者の心をつかみ,マンガという日本語はたちまちフランス語の語彙の仲間入りをした。

[C] 今やフランスは日本に次いで世界で2番目に大きいマンガ市場であることを誇っている。実際,本の市場が全体的に活気がない時代にあって,マンガは売上高が伸びている唯一のジャンルなのだ。

[E]このマンガのブームはまた,出版業界におけるちょっとした革命を引き起こした。

[B] ドイツの印刷業者ヨハネス・グーテンベルクが15世紀に例の印刷技術を発明して以来,西洋の出版物はすべて左側で綴じられてきた。

[D] だが今日,フランスで出版されているマンガの約3分の2は,日本のマンガの本と同じように右側で綴じられている。読者はページを右にめくっていくわけだ。これは西洋の本の綴じられ方と逆のやり方である。

 

重要語句・表現 ([A]は左頁のパラグラフ[A]を指す。)

[A] carryはここでは「(店が)(商品)を在庫として置く,扱う,売る」の意味。

graphic「絵を使った,絵に描かれた」

[B] Johann Gutenberg 「ヨハネス・グーテンベルク」15世紀に活版印刷術を発明したとされる。

published materials「出版物」

left-hand side「左側」

[C] pride oneself as ... 「…であることを誇りにする,自慢する」

slow「活気がない」

[D] the way ... are bound「…が綴じられるやり方,…の綴じられ方」

 

Pronunciation〈解答〉

  1. (d)  2. (a)  3. (c)  4. (b)  5. (a)  6. (d)

 

解法のポイント

  1. [●●●]「解決する」

(a) [●●●]「進路」

(b) [●●●]「場面」

(c) [●●●]「〜を横切って」

(d) [●●●]「助言する」cf.名詞のadvice [●●●]と区別すること。

  1. [●●●]「主題」

(a) [●●●]「特徴」

(b) [●●●]「創造する」cf. creature [●●●]「生き物」の発音に注意。

(c) [●●●]「あごひげ」

(d) [●●●]「ステーキ」 cf. eaの綴りを[●●●]と発音するものとしてbreak, great, steakの3語を覚えておくとよい。

  1. [●●●]「汗」

(a) [●●●]「歯車」

(b) [●●●]「小川」

(c) [●●●]「脅し」

(d) [●●●]「美しい」

  1. [●●●]「トンネル」

(a) [●●●]「ただ…だけ」「オンリー」ではない。

(b) [●●●]「月」

(c) [●●●]「耐える」

(d) [●●●]「生産する」

  1. [●●●]「状況」

(a) [●●●]「働く」

(b) [●●●]「警笛」

(c) [●●●]「等しい」

(d) [●●●]「系統」

  1. [●●●]「化学」

(a) [●●●]「チョーク」

(b) [●●●]「魅力」

(c) [●●●]「接近」

(d) [●●●]「混沌」「カオス」ではない。

 

 

Reading〈解答〉

□A (1)(エ)  (2)(エ)  (3)(ア)

□B 夜遅くまで起きていて,朝早く起きられない人。

□C (ア)

□D 勉学にもっと真剣に取り組まないといけないという助言。

□E 1. 1限という時間が彼には早すぎて,時間通りに授業に出られなかったため。【別解】1限の授業だったので,夜型の彼は時間通りに出席できなかったから。/授業時間が早すぎて出席できず,先生とうまくいかなかったから。

  1. 再履修の科目と,自分が新たに受講したい科目の授業時間が重なっている。
  2. その時間が普段のテニスの練習時間に当たっているから。

□F 1. introduce 2. academy

3. requirement            4. fortune

 

解法のポイント

□A (1) 後のfault「責任」に着目すると,このrealizeは「悟る,理解する」の意味とわかる。「自分の責任(せい)だ,ということはわかっている」というのである。forget「忘れる」,propose「提案する」,remember「覚えている」では意味が通らない。

(2) concernedにはinterested「関心がある」の意味もあるが,「学生が時間割の重複について〜」という文脈を考えると,worried「心配する」の方が適していることがわかる。excited「興奮する」,surprised「驚く」は論外。

(3) make itには「出席する」の意味がある。これは慣用表現として覚えるほかないが,「毎週月曜日の3時に〜」という文脈を考えれば,prepare「準備をする」,register「登録する」,understand「理解する」ではおかしいとわかるだろう。なお,make itには「間に合う,到着する」,「成功する,うまくいく」の意味もあるから,覚えておくとよい。

□B 直前のtoo earlyと直後のto be in class on timeがつながることに着目すると,「早すぎて時間通りに授業に出られなかった」ことがわかる。この点から意味を推測する。直訳すると,夜型の人間ということだが,朝早く起きられない,朝に弱いという点を解答に盛り込むこと。

□C 「自分でベッドを整えたら,今度は自分がそこで寝なければならない」が直訳。これは「自分のしたことの報いを受ける → 自業自得」という意味のことわざ。直後のトムの言葉「はい。まったく自分自身の責任だということはわかっています」から,トムを少々たしなめる内容であることは察しがつく。また「ベッドを整える」と「そこで寝る」という2つの動作があることに着目するのも1つのやりかたである。

(ア)「人は自分の選択の結果を受け入れなければならない」

(イ)「人は人生において明確な目標を持たなければならない」

(ウ)「人は困難な状況の中でもリラックスしなければならない」

(エ)「人は夜にはよく眠らなければならない」

□D 教授の言葉の中に「命令文,あるいは忠告・助言を思わせる表現」があるはずだ。33行目にYou’d better do「〜するのがよい,〜しなさい」がある。これは単なる助言というより,「そうしないと困ったことになるぞ,そうした方が身のためだ」という警告のニュアンスを持つ表現。教授のトムに対する思いが感じられる。be more serious about ...「…に関してもっと真面目になる,…にもっと真剣に取り組む」

□E 1. 「なぜトムは昨年アカデミック・ライティングの授業に行くのをやめたのですか」 16行目にSo I stopped going.とあり,その前のトムの言葉がその理由に当たる。このまま和訳していては長すぎるから,要旨をまとめる。

□E 2. 「トムの時間割の重複とは,どのようなものですか」 timetable clash「時間割の重複(←衝突)」という表現は24〜25行目の教授の言葉に出てくる。ここは「君は時間割の重複について心配することはない」という文脈だから,Tom’s timetable clashの内容は直前のトムの言葉の中にあるはずと見当をつける。23行目にあるthe problem is that ...のthat節の中がそれだが,この中にあるboth classesの内容をわかりやすくまとめる必要がある。「ライティングと心理学史」のような書き方では不十分。「再履修しなければならない科目と自分が新たに受講した科目」のように説明する方がよい。

□E 3. 「なぜトムは月曜日の午後にあるアカデミック・ライティング入門を履修するのに気が進まないのですか」 時間割の重複が回避できたのだから,本来ならトムは喜んでこの科目を履修する意志を示すべきところである。ところがそうでもないということが31行目のExcept that ...「…ということを除いては,ただし…ですが」から読み取れる。このthat節の中身I usually have tennis practice at that timeが「気が進まない理由」である。

 

 

全訳

トムは合衆国の大学生で,指導教官のジョーンズ教授と面談しているところです。

 

トム     :(半分開いたドアをノックして)入ってもよろしいでしょうか。

ジョーンズ教授:ああ,はい,トム,どうぞ。どうしたのかな。

トム     :来学期に受講しようと思っている授業についてお尋ねしたいことがあるのですが。

ジョーンズ教授:いいですよ。これは,君が去年アカデミック・ライティング入門の授業を不合格になったということ(←事実)と関係しているということでいいかな? その授業は,特に難しいものではなかったと思うので,どうしたのかなと思っていたところなんだがね。

トム     :あのう,実は,その授業は1限目だったんです。1限目は早すぎて,私のような夜型人間は時間通りに授業に出られないのです。それで先生とうまくいきませんでした。

ジョーンズ教授:それで?

トム     :それで,行くのをやめてしまったのです。

ジョーンズ教授:そうか。君は,自業自得って言葉を知っているだろう。

トム     :はい。まったく自分自身の責任だということはわかっています。私は,この授業が必修科目なので,合格しなければならないとわかっています。それで,もう一度その授業を受講する必要があるのですが,次の学期は,心理学史も受講したいのです。そうすると,問題は2つの講座が金曜日の朝の同じ時間にあるということなのです。

ジョーンズ教授:なるほど。いや,君は実に幸運だよ。実は,君は時間割の重複(←衝突)について心配することはないんだ。月曜日の午後にあるもう1つのアカデミック・ライティング入門へと君を移動させるだけでいいんだ。心理学史は金曜日だと言ったよね?

トム     :はい,金曜日です。

ジョーンズ教授:そうすると,毎週月曜日の午後3時なら,出席できるんだね?

トム     :ただ,その時間にいつもテニスの練習があるのですが。

ジョーンズ教授:おいおい,あきれるよ,トム。科目に合格することとテニスがうまくなることと,君にとってどっちが大事なんだい? 勉学にもっと真剣に取り組まないといけないよ。本気で卒業したいんだよね?

トム     :はい。先生の助言に従った方がよいと思います。

 

重要文法・語句

  1. 1-2 meet with ... 「…と面談[会談]する」
  2. 2 academic advisor「(大学の)指導教官」
  3. 5 What can I do for you? 「(店員が客に)いらっしゃいませ。何にいたしましょうか」,「(医者が患者に)どうしましたか」ここは後者に近い。
  4. 6 the classes I’m taking「私が受けるつもりの授業」takeは「(授業,科目などを)履修する,受講する」の意味。近い未来を表す現在進行形が用いられている。
  5. 7 semester「(前期・後期という2学期制の)学期」cf. 「学校の学期」で一般的な語はterm。
  6. 8 am I right that ...? 「私は…と考えているが,それは正しいか」→「…ということでよいか」thatの前にin thinkingを補って考える。

is connected to ... 「…と関係がある」

the fact that ... 「…という事実」

  1. 9 Introduction to Academic Writing 「アカデミック・ライティング入門」授業科目の名称。アカデミック・ライティングとは,学術的な論文を書くことや,書く上で必要になる技術のことを意味する。

I don’t think (that) ... 「…ではないと思う」

  1. 10-11 you know? 「(会話文で)〜だからね」
  2. 12 the thing is (that) ... 「実は…,要するに…」他に,この表現はthe reason is that ... の意味を表すこともあるので,そちらの方に解することもできる。

... , which 非制限用法の関係代名詞。先行詞はthe first period。

  1. 12-13 too early for ... to do「…が〜するには早すぎる,早すぎて…は〜することができない」
  2. 13 be in class「出席する」

on time「時間通りに」

  1. 14 get along with ... 「…とうまくやっていく」
  2. 19 fault 「責任,罪,(〜の)せい」
  3. 20 a required class 「必修科目」
  4. 21 History of Psychology 「心理学史」授業科目の名称。
  5. 22 the problem is that ... 「問題は…ということだ」
  6. 24 it turns out (that) ... 「(結局)…ということがわかる」
  7. 25 timetable clash 「時間割の重複(←衝突)」自分の受講したい複数の科目が同じ時間帯に重なっていること。ここではIntroduction to Academic WritingとHistory of Psychologyが金曜日の1限に重なっていることを指す。
  8. 25-27 All we need to do is to do「私たちがする必要があるすべては〜することだ」→「私たちはただ〜しさえすればよいのだ」
  9. 26 the other Introduction to Academic Writing group「もう1つのアカデミック・ライティング入門の授業」同じ授業科目が別の時間帯にもう1つ開講されているのであろう。どちらを受けてもよいということである。
  10. 29-30 you’ll be ... , won’t you? 「〜だね?」付加疑問文。相手に確かめている。
  11. 32 come on now 本来は「さあ行こう,しっかりしろよ」という親しみと励ましのこもった表現だが,ここでは反語的に「いい加減にしろよ,あきれたね」といった軽い抗議の意味を表す。
  12. 34 You do want to graduate, don’t you? 「本当に卒業したいんだよね?」動詞の意味を強調するdoの用法。付加疑問文で相手の堅い決意を迫っていることがわかる。

 

 

提出用ノート p.10 Dictation および復習問題 〈解答〉

Dictation

  1. would like  2. better be

復習問題

l.8 pass「〜に合格する」

l.10 tough「難しい」

l.10 happen「起こる」

l.12 period「時限」

l.20 course「科目」

l.22 offer「ある(←提供する)」

l.26 transfer「〜を移動させる」

l.31 except「〜を除いては」

l.31 practice「練習」

l.33 had better do「〜すべきだ」

l.34 graduate「卒業する」

l.35 follow「〜に従う」

 

 

Grammar and Usage〈解答〉

□A 1. ④  2. ④  3. ④  4. ②  5. ③

□B 1. must have done    2. I couldn’t

3. Shall I       4. we should

□C 1. We would like to arrange a time for an interview.

2. (We) cannot help but feel reverence when we walk into this (cathedral).

3. (We might) as well close the restaurant as keep it open for (the few customers we are likely to get).

4. You cannot be too careful about what your children do.

 

解法のポイント

□A 1. 「私は減量すると約束したので,間食をしてはいけない」 snack「(主に間食としての)軽食」meal「(定時の)食事」 ここは「してはいけない」の④mustn’tが文意に合う。

  1. 「ケビンはとても勤勉な学生だから,こんな悪い成績を取ったはずはないだろう」 such 〜 that ... は「とても〜だから…だ」の意味を表す構文。「勤勉な学生」だから「こんな悪い成績を取ったはずがない」となる。〈cannot have + 過去分詞〉で「〜したはずがない」の意味を表すが,「〜だろう」という推量の意味を強めるためにcouldが用いられている。①〜③は文意に合わない。
  2. 「以前この町には3つの中学校があった。今はただ1つしか残っていない」 現在と対比して「(今は違うが)以前は〜だった」の意味を表すのは〈used to do〉。①〜③は文として成立しない。
  3. 「彼女はまだ着いていない。交通渋滞に巻き込まれたのかもしれない」 get caught in ... は「(雨に遭うなど,悪い状況に)捕まる」という受動態の表現。〈may have + 過去分詞〉で「〜したのかもしれない」の意味を表すが,推量の意味を強めるためにmightが用いられている。 traffic jam「交通渋滞」。①③④は文意を成さない。
  4. 「私が試験を終える前に時間切れになった。もっと時間を与えられるべきだった」 run out of ... は「…がなくなる」の意。①②④は意味が通らない。〈should have + 過去分詞〉は「〜すべきだったのに」の意味。

□B 1. 「私は,コウジがそれをやったのだと確信している」→「コウジがそれをやったにちがいない」 推量のmay, must, cannotに関して,推量の主体は話し手である「私」である。

  1. 「騒音に耐えられなかったので,私はすぐに部屋を出た」 第1文はBeingが省略された分詞構文で,主語はIだ。be unable to do「〜できない」だから時制に注意してcouldn’tを用いて書きかえる。
  2. 「私にコーヒーを持ってきてほしいですか」→「コーヒーをお持ちしましょうか」 Would you like me to do?は「〜してほしいですか」の意味。「〜しましょうか」のShall I ...? で書きかえる。
  3. 「私は『すぐに出発しよう』と言った」 被伝達文にLet’sを用いた文の間接話法は,伝達動詞にsuggest(またはpropose)を用い,that節の中は助動詞shouldを用いる。本文の場合,文の主語がIだから,that節の中の主語はweである。

□C 1. まず2つの冠詞を名詞につけてa time for an interviewというかたまりを作る。「〜したいと思う」はwould like to doで表し,arrangeを他動詞として使えばよい。

  1. 「ならざるを得ない」は「ならずにはいられない」ということ。 cannot help but doは「〜せずにはいられない」の意味を表す。「敬虔な気持ちになる」はfeel reverence。
  2. 語群を見て,might as well ... as 〜「〜するくらいなら…したほうがましだ」の構文を使うと見当をつける。「開けておく」はkeep it open。
  3. 「いくら…してもしすぎることはない」はcannot do too ... を使う。「子どもたちの行動」をwhat your children doで表すのがポイント。

 

Writing〈解答〉

  1. You will have to study harder (in order / so as) to pass the exam.
  2. She shouldn’t have done [ought not to have done] such a terrible thing.

 

解法のポイント

  1. 「〜しなければならない」ならmustでもhave toでも表せるが,「〜だろう」という未来あるいは推測の意味を加えてwill have to doを用いる。
  2. 「〜すべきではなかったのに」という,過去の行為に対する非難を表すにはshould not have done, またはought not to have doneを用いる。

 

Listening〈解答〉

  1. ④  2. ②  3. ③

 

スクリプトと全訳 (以下,WはWoman, MはManを表す。)

  1. M : The first thing I always do when I get up in the morning is check my e-mail.

W       :             Even before you have breakfast?

M       :             That’s right.

W       :             It’s just the opposite for me.  I eat first, then I check my e-mail.  Why the rush?

M       :             I’m usually waiting for an important message.  And how about you?

W       :             I’m always hungry in the morning.

 

 

 

  1. W : Why have you stopped riding your bike to school?

M       :             It was too old.  When it broke down last week, the bike ship people said it would cost more to repair than to get another one.

W       :             Will you ever buy another bike?

M       :             Maybe later.  Right now I enjoy walking to school with my friends.  The weather is a little chilly, just the way I like it.  Besides, it’s good exercise!

 

 

 

  1. W : What are you thinking about right now?

M       :             Nothing.

W       :             That’s impossible.  The living brain is always thinking about something. ― even when it’s asleep.

M       :             I can really think of nothing.  In fact, I’ve been thinking about nothing half the day.

W       :             I still don’t believe you.

M       :            Well here it is : a new book by my favorite science author.  And guess what the title is?

W       :             Nothing?

M       :             That’s right.

□訳 M : 朝起きていつも最初にすることは,電子メールをチェックすることだよ。

W       :             朝食を食べる前でも?

M       :             そうだよ。

W       :             私と正反対ね。私はまず朝食を食べてから電子メールをチェックするわ。なぜ急ぐの?

M       :             たいてい大事なメッセージを待ってるからね。君は?

W       :             私は,朝はいつもお腹がすいてるの。

□問 男性はいつ電子メールをチェックするか。

□正解 ④起床後すぐ。

 

□訳 W : なぜ自転車で通学するのを止めてしまったの?

M       :             自転車が古すぎたんだ。先週壊れて,自転車屋さんが別の自転車を買うより修理にお金がかかるだろうって言ったんだ。

W       :             別の自転車を買うつもりなの?

M       :             たぶん後でね。今は友達と歩いて通学するのが楽しいんだ。少し寒いけど,それがいいんだ。おまけにとってもいい運動になるんだ。

□問 なぜ男性は自転車で通学することを止めたのか。

□正解 ②古い自転車を修理するのには費用がかかりすぎるかもしれないから。

 

□訳 W : 今,何を考えているの?

M       :             無についてさ。(何も考えてないよ。)

W       :             それは不可能よ。生きている脳は常に何かについて考えているのよ。たとえ寝ている間でも。

M       :             本当に無について考えられるんだ。(何も考えずにいられるんだ。)  実際,半日間無について考えているよ。(何も考えてないよ。)

W       :             それでも(あなたを)信じられないわ。

M       :             ええと,ここに,僕の一番好きな科学作家の新刊があるんだ。タイトルが何かわかる?

W       :             『無?』

M       :             その通り。

□問 男性が,本当に何も考えないこと(無について考えること)ができるのはどういうわけか。

□正解 ③科学書の新刊のタイトルが『無』である。

 

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事