スポンサーリンク

問題

Lesson 4

Complete the Paragraph

次の英文を読んで,以下の問いに答えなさい。(北海学園大・改)

Canadians and Americans have similar lifestyles (a)in many respects.  They watch the same movies and often listen to the same music, celebrate the same holidays, and share important historical traditions.  [1] Contrary to the situation in America, Canada has two official languages.  [2] Furthermore, probably as a result of living in a cold climate, Canadians are renowned hockey fans.  [3] And let’s not forget that the metric system is widely used in Canada whereas the Imperial system is common in the U.S.  Thus, when you cross the border from Canada to the United States, speed limits on the highway are posted in (b), rather than (c), and weights are measured in (d), not (e).

 

  1. 本文中の空所 [ 1 ]〜[ 3 ] に入れる文として最も適切なものを,次の(A)〜(D)の中から選びなさい。ただし同じ文が2箇所に入ることはない。

(A) Americans, on the other hand, get more excited over baseball and football.

(B) However, there are differences as well.

(C) Also, postsecondary education in Canada is essentially public while there are a large number  

of private institutions in the United States.

(D) Both Canada and America are on the North American continent.

[ 1 ]     [ 2 ]     [ 3 ]

  1. 下線部aについて,本文中に挙げられているものを4点日本語で箇条書きしなさい。

 

  1. 本文中の空所(b)〜(e)に適した語をそれぞれ次の中から選びなさい。

(ア)kilograms   (イ)kilometers   (ウ)miles   (エ)pounds

(b)      (c)      (d)      (e)

Stress in the Conversation

次の会話について,下線部(1),(2)の中で最も強調して発音されるものを,それぞれ①〜④の中から1つずつ選びなさい。 (畿央大)

(状況)コーエンさんがレストランに予約を入れようとしている。

Staff    : Hello, this is the Marine Restaurant.  How may I help you?

Mr. Coen : Yes.  I’d like to book a table for two persons at eight tonight.

Staff    : Well, we have a table available.

Mr. Coen : (1)And I’d like a table by the window.

Staff    : Let me check ... I’m sorry, the tables by the window are all booked up, but I could arrange

for a table in the corner.

Mr. Coen : Umm....  Then, (2)I want to cancel my reservation.

Staff    : Certainly, sir.  We are looking forward to serving you in the near future.

  1. 下線部(1) ① I’d ② like a table          the window
  2. 下線部(2) ① I want cancel            reservation

 

Reading

1 In the late 1940s, an engineering student thought of a way to quickly check out products from stores.  However, it took more than twenty years to develop the technology which would make it possible to use his idea.  The idea was to label products with a code which would contain all the information necessary to check them out from a store.  Today about five billion products labeled with bar codes are sold every day.

2 The idea for the bar code began in 1948.  Bernard Silver, an engineering student, heard the president of a local supermarket chain asking a professor at his school to develop a system which would quickly read information about products.

3 Silver told his friend, Joseph Woodland, about this request.  (1)The problem fascinated Woodland and he began to work on it.  His first idea was to use patterns of ink that would glow under a special kind of light.  He had problems developing the ink, but he was still convinced that the idea could work.

4 He dropped out of school to focus on developing a code that would represent all the details of an item using symbols.  The only code Woodland knew was the Morse code.   One day he marked Morse dots and dashes in the sand as he sat on the beach.  He left his fingers in the sand, and when he moved, (2)they traced a series of parallel lines.

5 “It was a moment of inspiration.  Instead of dots and dashes, I could have thick and thin bars,” Woodland later said.

6 Silver and Woodland submitted a patent in 1949 for their invention of a code which was a straight line pattern similar to present day bar codes.  The code had four parallel white lines on a dark background.  Products were classified according to the relative positions of the four lines.  This system allowed seven different classifications.  The inventors noted that if more lines were added, more classifications could be coded.

7 Woodland joined a computer company in 1951 hoping to develop the bar code, but the technology for reading the bar codes was not developed for more than two decades, until lasers made it possible to read the code easily.  It was an invention (3)ahead of its time.

8 The company developed a bar code that became a universal standard. In 1974, the first product sold using the bar code was a pack of chewing gum.  It was not specially chosen to be the first.  It just happened to be the first item lifted from

the cart of a shopper.  Today, the pack of gum is on display at a national museum.

(神奈川大 433 words)

 

 

 下線部(1)の内容を日本語で答えなさい。

 

  Woodlandの最初の考えを実現させる上での難点を日本語で説明しなさい。

 

  下線部(2)が指す語句を文中から抜き出しなさい。

  下線部(3)の意味に最も近いものを1つ選びなさい。

(a) too complicated for people to understand quickly

(b) too advanced to be used until many years later

(c) too difficult to develop at high speed

(d) too important to be delayed for decades

  次の問いの答えに相当する内容の文を1つ選びなさい。

Why was a pack of chewing gum the first product to be sold using a bar code?

(a) It was small and easy to handle.                    (b) A museum wanted to display it.

(c) It was the same size as a bar code label.        (d) It was picked up by chance.

  本文の内容に合うものを1つ選び,判断の根拠となる本文の行を示しなさい。

(a) It was a professor at an engineering school who first wanted a system to check out products

quickly.

(b) The bar code was designed to help customers read quickly information about products.

(c) Dots and dashes of Morse code were used to create Silver and Woodland’s code in 1949.

(d) It took more than twenty years to develop a good way to read bar codes.

根拠: 行目〜 行目

  次の語の名詞形を書きなさい。

  1. fascinate               2. convince
  2. represent               4. submit

 

Grammar and Usage

  (    )にあてはまる最も適切な語(句)を選びなさい。

  1. I saw Mr. Brown ( ) his room around 11 o’clock last night. (福岡大)

is walking out       walking out of            has walked out               walks out of

  1. My son opened the window, though I told ( ). (名城大)

him not                 him not to                   not to him                   to him not

  1. The muscles in a kangaroo’s legs ( ) to jump many times its own height. (清泉女子大)

enable it                         ② enabling                     enable                         it enable

  1. I didn’t expect ( ) work in January. (鹿児島大)

his completing      him complete              he complete               him to complete

  1. You should have someone ( ) your photo. You look great today! (東京経済大)

take                       took                                           taken                             takes

  各組の文がほぼ同じ意味になるように,(     )に適切な語を入れなさい。

  1. It seems that she was ill. (実践女子大)

She seems (           )(            )(            ) ill.

  1. As Yoko is rich, she can buy that grand piano. (大阪教育大)

Yoko (            )(            )(            ) to buy that grand piano.

  1. There is no knowing who may quit the job next. (福島大)

It is (             ) (             ) (             ) who may quit the job next.

  1. I left home early so that I wouldn’t be late for the meeting. (大阪教育大・改)

I left home early in (            )(            )(            ) be late for the meeting.

  日本語に合うように,( )内の語(句)を並べかえなさい。

  1. 今日では,子どもが祖父母と同居して育つことはそれほど一般的ではない。 (関西学院大)

These days, it’s not (up / common / for / so / children / to / grow) living with their grandparents.

These days, it’s not                                   living with their grandparents.

  1. 選挙権年齢を引き下げることは,若者の民主主義への参加を促すことになるだろうか。(関西学院大)

Would lowering the (voting / encourage / age / to / people / young / participate) in democracy?

Would lowering the                              in democracy?

 

  1. 私はバスの中に荷物を放置しないよう上司から指示された。 (近畿大・改)

I was (not / instructed / leave / to / on / the luggage / unattended)the bus by my boss.

I was                                                              the bus by my boss.

  1. 警察はさらに調査するほどその事件を深刻なものとはとらえなかった。 (立命館大)

The police did not (as / case / enough / regard / serious / the / to) require further investigation.

The police did not                                          require further investigation.

Writing

英語で表しなさい。

  1. 運転中に携帯電話を使うのはとても危険だ。 (中京大)

 

  1. たとえどんなに忙しくても,少なくとも毎日一回は電子メールをチェックするようにしています。 (中京大)

 

 

Listening

音声を聞き,答えとして最も適切なものを,4つの選択肢のうちから1つずつ選びなさい。

  1. Where do you think the speaker is now?

He is in a hospital.

He is living in a house with his friends.

He is living in a retirement home.

He is living with his son and his son’s family.

  1. What caused the loss of power?

Crews working all night.                    A storm.

Too many people using electricity.     Too many residents.

 

スポンサーリンク

解答・解説

Lesson 4

 

Complete the Paragraph〈解答〉

  1. [1] B  [2] C  [3] A
  2. ・同じ映画を見る。

・同じ音楽を聴く。

・同じ休日を祝う。

・重要な歴史的慣習を共有している。

  1. (b) ウ  (c) イ  (d) エ  (e) ア

 

解法のポイント

  1. [1] 直前の文にはカナダ人とアメリカ人の類似点が列挙されており,直後の文は「アメリカの場合とは違って」で始まっていることに着目する。選択肢(A)は「一方,アメリカ人は…」となっていることから,後の文とのつながりが不自然になり,不適。選択肢(C)は,Also「また」で始まり ~ while ... 「〜,一方…」という構文で相違点を表していることから,前後の文とのつながりが不自然になり,不適。選択肢(D)は「カナダとアメリカはともに北アメリカ大陸にある」という内容で,「アメリカ人とカナダ人の生活様式の類似点」の例としては不適切。1行目に similar lifestyles in many respectsとあるのに注意する。ここはHoweverで始まる選択肢(B)「しかしながら,相違点もある」が最も適切。
[2] 直前の文が「カナダには2つの公用語がある」という相違点を表し,直後の文がFurthermore「さらに」で始まることから,ここには前文に続いて両国民の相違点が挙げられる文が来るはず。選択肢(A)はon the other handの部分が直前の文と合わないので不適。(C)が ~ while ... 「〜,一方…」という構文になっていることに着目する。

[3] 前文が,カナダ人が好むスポーツについて述べたものであるから,ここにはそれとは異なるアメリカ人のスポーツの好みを記した文が来るはずと見当をつける。

  1. 直後の文に列挙されている。celebrate the same holidays「同じ休日を祝う」。たとえばEasterやChristmasなどがそうであろう。share important historical traditions「重要な歴史的慣習を共有する」カナダも合衆国同様,イギリスとフランスの植民地から発展した多民族国家であるから,当然歴史的に共通する慣習も多い。
  2. 本文最後の2文はmetric system「メートル法」とImperial system「ポンド・ヤード法」に関する話題である。後者は英本国法定の標準であることからImperial「帝国の」の名がついている。「カナダはメートル法,合衆国はポンド・ヤード法」なのだから,「カナダから合衆国へと国境を越える」場合,制限速度と重量はどう表記されるか?

 

全訳

カナダ人とアメリカ人は多くの点で似かよった生活様式を持っている。彼らは同じ映画を見て,しばしば同じ音楽を聴き,同じ休日を祝い,重要な歴史的慣習を共有している。(B)しかしながら,相違点もある。アメリカの場合と違って,カナダには2つの公用語がある。(C)また,カナダにおける中等教育終了後の教育は基本的に公立であるのに対して,合衆国には多数の私立の教育機関がある。さらに,これはおそらく寒い気候の中で暮らしている結果であろうが,カナダ人は有名なホッケー・ファンである。(A)一方アメリカ人は,野球とサッカーの方により興奮を覚えるのである。そして,忘れてならないのが,カナダではメートル法が広く用いられているのに対して,合衆国ではポンド・ヤード法が一般的だということである。だから,カナダから合衆国へと国境を越えると,幹線道路の制限速度はキロメートルではなくマイルで掲示してあり,重さはキログラムではなくポンドで計られるのだ。

 

重要語句・表現

(行数は左頁にある英文の行数を表す。(C)は選択肢(C)を表す。)

  1. 1 respect「点,項目」
  2. 4 Canada has two official languages カナダの公用語は州によってフランス語または英語である。
  3. 7 border「国境」
  4. 8 speed limits「制限速度」

post「〜を掲示する」

 

(C) postsecondary education「中等教育終了後の教育」「中等教育」とは,日本でいえば中学と高校の教育に当たる。

public「公立の」

private「私立の」

institutions「組織,機関」ここでは「教育機関(educational institutions)」のこと。

 

Stress in the Conversation〈解答〉

  1. ④  2. ③

 

解法のポイント

  1. I’d like a tableの部分はすでに相手に伝わっており,この発話の中での新情報といえば「窓際の」だけである。
  2. 伝えなければならない一番大切な語は「取り消す」ということである。

 

全訳

スタッフ :もしもし,マリーン・レストランです。ご用件を承ります。

コーエン氏:今夜8時に2人で席を予約したいのですが。

スタッフ :かしこまりました。空いている席がございます。

コーエン氏:それで,窓際の席をお願いしたいのです。

スタッフ :お調べいたします。申し訳ございません。窓際の席は全部予約で埋まっております。ですが,すみの席でしたらご準備させていただくことができますが。

コーエン氏:うーん。それでは予約を取り消したいと思います。

スタッフ :かしこまりました。またお近いうちにご利用いただけることを心待ちにしております。

 

重要語句・表現

  1. 2 book「予約する」
  2. 3 available「利用できる,空いている」
  3. 5-6 are all booked up「全部予約されてしまっている」
  4. 6 arrange for ... 「…の準備をする,…を手配する」
  5. 8 look forward to doing「〜することを心待ちにする」

serve ... 「(客)に対応する」

 

 

Reading〈解答〉

□A 商品(製品)に関する情報を速く読み取る装置を開発するという問題。

□B 特殊な種類の光のもとで発光するインクを開発すること。

□C his fingers

□D (b)

□E (d)

□F (d)  根拠:28行目〜29行目

□G 1. fascination            2. conviction

3. representation        4. submission

 

解法のポイント

□A 直前の文に「シルヴァーがウッドランドにこの依頼について話をした」とあるから,下線部The problemの内容はすなわち「この依頼」の内容である。さらにその前文を見ると「スーパーの社長が大学の教授に〜してくれと頼んでいるのをシルヴァーが耳にした」とあるので,この「〜」の部分をまとめればよいことがわかる。

□B 11行目にHis first idea was ... とあり,本問に関わる記述はこのあたりにありそうである。12〜13行目のHe had problems developing the ink「彼はなかなかそのインクが開発できなかった」という記述から難点がわかるが,the inkについても一定の説明をすること。この前に「特殊な種類の光のもとで発光するインク」とあるのを利用する。

□C この文の主語his fingersを指す。他にある複数名詞といえばdots and dashes「(モールス符号の)短点と長点」しかない。「砂の中に入れた何本かの指が一続きの平行線を描いた」のである。

□D ahead of ... は「…に先立った」の意味。つまり,バーコードの発明は「実際にそれが十分に機能して人々に利用される時代より早すぎた」ということである。「高度すぎた,進歩的すぎた」のだ。

(a)「複雑すぎて人々はすぐには理解できない」

(b)「高度すぎて何年も後にならないと使えない」

(c)「難しすぎて迅速に開発することができない」

(d)「重要すぎて何十年も遅らせられない」

□E 「なぜひと包みのチューインガムは,バーコードを使って販売される最初の商品となったのか」32〜34行目に「それ(= チューインガム)は特別に選ばれて最初の商品となったのではなく,たまたま買い物客のカートから取り出された最初の商品だったというだけのことだ」とある。

(a)「小さくて扱いやすかった」

(b)「博物館がそれを展示したかった」

(c)「バーコードのラベルと同じ大きさだった」

(d)「たまたま購入された」

□F (a) 「レジですばやく商品の会計を済ませるシステムを最初に望んだのは,工学部の教授であった」× 7〜9行目の記述からわかるように,教授はスーパーの社長から,そういったシステムを開発してくれと頼まれたのである。最初に望んだのは「スーパーの社長」ということになる。

□F (b) 「バーコードは,客が商品に関する情報をすばやく読み取るのに役立つようにと考え出された」× これも 7〜9行目の記述から不一致とわかる。「客が情報を読み取る」のでなく,「店側がすばやく情報を読み取る(そして会計を済ませる)」のに役立つというのが目的であった。

□F (c) 「モールス符号の短点と長点は,1949年にシルヴァーとウッドランドの符号を生み出すのに使われた」× 21〜22行目に1949年のことについての記述があるが,これは彼らが「符号の発明の特許を申請した」年である。

□F (d) 「バーコードを読み取る優れた方法を開発するには20年以上かかった」〇 28〜29行目に「バーコードを読み取る技術は…20年以上開発されなかった」とある。これが正解。

 

全訳

□1 1940年代後半に,1人の工学部の学生が,商品の会計をすばやく済ませて店から出る方法を思いついた。しかしながら,彼のアイデアを活用することを可能にするような科学技術を開発するのに20年以上かかった。そのアイデアとは,会計を済ませて店から出るのに必要なすべての情報を含む符号を記入したラベルを,商品につけるということであった。今日では,バーコードのついた約50億個の商品が毎日売られている。

□2 バーコードのアイデアは1948年に始まった。工学部の学生,バーナード・シルヴァーは,地元のスーパーマーケット・チェーンの社長が,彼の大学の教授に,商品についての情報をすばやく読み込めるシステムを開発してくれるようにと頼んでいるのを耳にした。

□3 シルヴァーは,友人のジョセフ・ウッドランドに,この依頼について話をした。この問題はウッドランドを魅了し,彼はこれに取り組み始めた。彼の最初のアイデアは,特殊な種類の光のもとで発光するインクによる模様を用いるものだった。彼はなかなかそのインクを開発できなかったが,それでも彼はそのアイデアがうまくいくと確信していた。

□4 (いくつかの)記号を使って1つの品目のすべての詳細な情報を表す符号を開発することに専念するため,彼は大学を中退した。彼の知っている符号はモールス符号だけだった。ある日砂浜に座りながら,彼は砂にモールス符号の短点と長点の印をつけた。彼は指を砂の中に入れたままにした。そして彼が動くと,指がひと続きの平行な線を描いたのである。

□5 「それがひらめきの瞬間だった。短点と長点の代わりに,太い線と細い線の縞を使えばいいんだ」ウッドランドは後に語った。

□6 シルヴァーとウッドランドは,1949年に,今日のバーコードに似た直線模様の符号の発明の特許を申請した。その符号は,黒っぽい背景に4本の平行な白色の直線があるものだった。商品は,4本の直線の相対的な位置に応じて分類された。この体系によれば,7つの異なる分類が可能であった。発明者たちは,直線を加えれば,より多くの部類を符号で示すこと(←さらなる部類に符号が付けられること)ができると述べた。

□7 ウッドランドは,バーコードの開発を希望して1951年にコンピュータ会社に入ったが,バーコードを読み取る技術は,レーザー光線によってその符号が簡単に読み取れるようになるまで,20年以上開発されなかった。時代に先んじた発明だったのだ。

□8 その会社は世界標準となったバーコードを開発した。1974年,バーコードを使用して最初に販売された商品は,ひと包みのチューインガムだった。それは特別に選ばれて最初となったものではなかった。たまたま買い物客のカートから取り出された最初の商品だったというだけのことだ。今日では,そのひと包みのガムが国立博物館に展示されている。

 

要約

シルヴァーとウッドランドは商品の会計をすばやく済ませる方法を開発しようと試行錯誤した末に,太い線と細い線の縞を使う,バーコードに似た符号をひらめいたが,そのアイデアが実現するまで20年以上かかった。(99字)

 

重要文法・語句

  1. 1 1940s 「1940年代」1940年から1949年までの10年間。ここはlateがあるから,その後半。

an engineering student「工学部の学生」

  1. 2 it took ... years to do「〜するのに…年かかった」
  2. 3 make it possible to do「〜するのを可能にする」itはto doを指す仮目的語。
  3. 4 label A with B「AにBを書いたラベルを貼る」

code「符号」情報を伝えるために一定の規則に基づいて記号を組み合わせて作られた体系のこと。

  1. 5-6 labeled with bar codes「バーコードをつけられた」直前のproductsを修飾する。
  2. 8-9 heard A asking B to do「AがBに〜してくれと頼んでいるのを耳にした」AとBがどちらも少し長いから注意。A = the president of a local supermarket chainでB = a professor at his school。schoolは「大学」の意。くだけた表現。
  3. 11 fascinate「魅了する」

work on ... 「…に取り組む」

  1. 11-12 to use patterns ... kind of lightはwasの補語となる名詞句。SVCの文。patterns 「模様」
  2. 12 glow「光を放つ」

have problems doing「なかなか〜できない」

  1. 13 work「うまくいく,成功する」
  2. 14 drop out of ... 「…を中途退学する」

focus on doing「〜することに専念する」

  1. 15 using symbols「記号を使って」分詞構文。

The only code Woodland knew「ウッドランドが知っていた唯一の符号」関係代名詞thatが省略されている。

  1. 18 a series of parallel lines「一連の平行線」
  2. 21 submit a patent for ... 「…に対して特許の申請をする」
  3. 22 similar to present day bar codes「今日のバーコードによく似た」前のa straight line pattern「直線模様」を修飾する。
  4. 23-24 were classified according to ... 「…に応じて分類された」
  5. 24 allow「〜を可能にする」
  6. 25 classification「部類,タイプ」

The inventors シルヴァーとウッドランドの二人のことである。

  1. 27 hoping to develop ... 「…を開発することを希望して」分詞構文。
  2. 32 the first product sold using the bar code「バーコードを使用して販売された最初の商品」このかたまりが文の主語。sold ... bar codeはproductを後ろから修飾する分詞句。またその中にあるusing the bar codeは分詞構文。
  3. 32-33 not specially chosen to be the first「特別に最初となるように選ばれたわけではない」→「特別に選ばれて最初のものとなったのではない」
  4. 33 just happened to be ... 「たまたま…になっただけだ」
  5. 33-34 lifted from the cart of a shopper「1人の買い物客のカートから取り出された」the first itemを後ろから修飾する分詞句。
  6. 34 on display「展示されて」

 

文構造

  1. 3-5

The idea  was  [to label products with a code

 

< which would contain all the information  < necessary to check ... store > >].

 

 

Grammar and Usage〈解答〉

□A 1. ②  2. ②  3. ①  4. ④  5. ①

□B 1. to have been          2. is rich enough

3. impossible to know 4. order not to

□C 1. (These days, it’s not) so common for children to grow up (living with their grandparents).

  1. (Would lowering the) voting age encourage young people to participate (in democracy)?
  2. (I was) instructed not to leave the luggage unattended on (the bus by my boss).
  3. (The police did not) regard the case as serious enough to (require further investigation).

 

解法のポイント

□A 1. 「私は昨夜11時ごろブラウン氏が部屋から歩いて出ていくのを見た」 〈see O doing〉「Oが〜しているのを見る」の用法。①③④はいずれもI saw (that) Mr. Brown ... とthat節を念頭に置いたものだが,その場合,通常「…ということがわかる」の意になり,時制の一致が起こる。

  1. 「開けるなと言ったのに,私の息子は窓を開けた」 〈tell O not to do〉で「Oに〜するなと言う」の意味。ここはto open the windowの繰り返しを避けてtoだけに省略した代不定詞の用法である。tellは人を目的語としてとるから③④は不可。①は末尾にtoがないから不可。
  2. 「カンガルーは,その脚の筋肉のおかげで自分の背丈の何倍も跳ぶことができるのだ」 直訳すると「カンガルーの脚の筋肉が,それが自分の背丈の何倍も跳ぶことを可能にする」となる。〈enable O to do〉は「Oが〜するのを可能にする」の意味。②〜④では文にならない。
  3. 「彼が1月に仕事を完成させるとは思わなかった」 expectは〈expect O to do〉または〈expect (that) S' will do〉の形で「O / S'が〜すると思う」の意味を表す。③にwouldがあれば,正解となる。
  4. 「だれかに写真を撮ってもらったらいいよ。今日の君はすてきだから」 〈have O do〉で「Oに〜させる,してもらう」の意味。この文にはshould haveというVがすでにあるので②④は不可。③のtakenでは〈have O + 過去分詞〉となり「Oを〜させる,してもらう」の意味になるので不可。

□B 1. 「彼女は病気だったようだ」 不定詞が文の時制より前の時を表す場合,<to have + 過去分詞>という完了不定詞の形をとる。

  1. 「洋子は裕福だからあのグランドピアノが買える」

単文では〈形容詞 + enough to do〉の形で表すことができる。「あのグランドピアノが買えるくらい裕福だ」ということである。

  1. 「次にだれが仕事をやめるかわからない」 There is no doingは「〜することはできない」の意味で,ふつうit is impossible to doあるいはWe cannot doと書きかえることができる。
  2. 「私は会議に遅れないように早く家を出た」 「〜しないために」はin order not to doまたはso as not to doで表せる。not to doだけではこの意味は表せない。notの位置に注意すること。

□C 1. 「Aが〜するのは…だ」をit is ... for A to doの形で表す。Aは不定詞の意味上の主語である。soは「それほど」の意味に用いる。grow up「育つ」living ... は分詞構文。

  1. 「選挙権年齢を引き下げること」lowering the voting ageこれが主語である。encourage O to doは「Oを〜するよう促す」の意味だから,「若者の…への参加を促す」を「若者を…に参加するよう促す」ととらえ,encourage young people to participate in ... とする。
  2. 「〜しないよう指示された」は was instructed not to doで表す。「…を放置する」は「…を放置した状態にしておく」と考え,leave ... unattendedとする。unattended「放置された」は,動詞attend「〜の世話をする」から考えよう。
  3. 「〜を…と考える」regard 〜 as ... 「さらに調査をするほど深刻な〜」は「さらなる調査を必要とするほど(十分に)深刻な〜」と考え,serious enough to require further investigationとする。

 

Writing〈解答〉

  1. It is very dangerous to use a cellphone [cell phone / cellular phone] while you are driving.
  2. I make it a rule to check my e-mail at least once a day, however busy I am.

 

解法のポイント

  1. 「携帯電話」はa mobile phoneも可。「運転中に」はwhile drivingとしてもよい。
  2. 「〜するようにしている」はmake it a rule to doで表せる。「必ず〜する」と考えてI check my e-mail at least once a day without failのように表してもよい。「毎日1回」をonce every dayとするのも可。「たとえどんなに忙しくても」no matter how busy I amでも表せる。

 

Listening〈解答〉

  1. ③  2. ②

 

スクリプトと全訳

  1. After I broke my leg, it was too hard to go on living by myself. So I tried to move in with my son and his family for a while. But their house is too small and noisy.  I need my privacy, too.  So I came here, and really it isn’t bad.  This way I get proper medical attention, and the food is all right.  And I like being with people of my own age.  Coming here really was the right solution to my problem.

 

 

 

 

  1. Now for the local news. Residents of Los Angeles are still without power*. The heavy rains and strong winds that swept through the city last night tore down power lines* and left 150,000 residents without electricity.  Work crews have been working all night to bring the power back, but the winds, which remain strong, are making their work difficult.  The power company expects that the western part of the city will be able to turn on their lights this evening, but the rest of the city will be lucky to have electricity by tomorrow night.

*power「電力」 power line「送電線」

□訳 足の骨を折ったあと,一人暮らしを続けるのが困難になりました。それで,息子とその家族のところへしばらく引っ越そうとしました。しかし,彼らの家はとても狭く,うるさいのです。私にもプライバシーが必要です。それでここへ来たんですよ。とてもいいところです。このように適切な医療の手当てを受けていますし,食べ物も美味しい。そして,同じ年頃の人たちと一緒にいるのが,私は好きなのです。ここへ来たのは,私の抱える問題に対する,本当に正しい解決法でした。

□問 話し手は今どこにいると思うか。

□正解 ③老人ホームに住んでいる。

 

□訳 ローカル・ニュースの時間です。ロサンゼルスの住民は,まだ電気を使うことができません。昨晩街中に猛威を振るった大雨と強風が,送電線を倒壊させ,15万人の住民を電気のない状態にしました。作業チームが夜を徹して電気の復旧に当たっていますが,依然として風が強く,作業を困難にしています。電力会社によれば,街の西部地区は今夜電気が復旧する(←電球に明かりをともすことができる)見通しですが,残りの地区では,うまくいけば明日の夜までに電気が使えるようになるでしょう。

□問 何が停電を引き起こしたか。

□正解 ②暴風雨。

 

提出用ノート p.13 Dictation および復習問題 〈解答〉

Dictation

  1. labeled with 2. on display

復習問題

l.3 technology「科学技術」

l.4 contain「〜を含む」

l.5 billion「10億」

l.8 president「社長」

l.8 local「地元の」

l.11 pattern「模様」

l.15 details「詳細な情報」

l.15 item「品目」

l.17 trace「〜を描く」

l.20 thick「太い」

l.20 thin「細い」

l.23 background「背景」

l.24 relative「相対的な」

l.27 company「会社」

l.29 decade「10年」

l.30 invention「発明」

l.31 universal standard「世界標準」

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事