スポンサーリンク

本文

Chapter 2

In the United States the bicycle began as a toy for rich people in the nineteenth century.  Then it became a means of transportation.  Because of the automobile, it became a toy again around the middle of the twentieth century.  Today the bicycle is becoming popular as a means of transportation once again.

Many Americans are riding bicycles to save money that would otherwise be spent on gasoline.  Bicycles are also “environmentally friendly.”  Using no fuel, they do not cause pollution or waste resources.  Besides that, bicycles are good for physical exercise.

The bicycle is more economical and actually faster than the automobile on crowded city streets.  It is also cheaper and easier to park.  Yet, most Americans, even in crowded cities, still prefer cars to bicycles.  Why is this?  Cars are weather-resistant.  In a rainstorm you’ll get wet on a bicycle but not in a car. Bicycles in city traffic are not as safe as cars, which offer more protection in an accident.

Outside these practical reasons, many Americans lack confidence as cyclists. They fear losing control and falling off.  They also become frustrated because they lack knowledge about basic bicycle handling.  The average person, for example, does not know how to shift gears on a multi-speed bicycle.  Bicycle manufac­turers’ research has found that 80 percent of all multi-speed bicycles in the United States have never been shifted!

Better bicycle education would probably turn more Americans into cyclists.

スポンサーリンク

和訳

2.アメリカの自転車事情

KEY4    私は走った。走らなかったら遅刻していたことだろう。

本当の友人だったら,そんなことは言わないだろう。

KEY5    私はやせすぎです。そのドレスはあなたが着る方が似合うでしょう。

KEY6    彼は私に3通手紙をくれたが,私はそれらをまだ読んでいない。

全 訳

合衆国では自転車は19世紀に金持ちのための遊び道具として使われ始めた。それから交通手段となった。自動車のおかげで,自転車は20世紀の中頃に再び遊び道具となった。今日,自転車は再び交通手段の1つとして人気が出てきている。

多くのアメリカ人が,自転車に乗らなかったらガソリン代に消えてしまうと思われるお金を節約するために,自転車に乗っている。自転車はまた「環境にやさしい」。燃料を使わないので,汚染の原因となったり資源を浪費することがない。その上,自転車は身体の運動に適している。

自転車は自動車より経済的で,実際のところ混み合った街の通りでは自動車より速い。また,(自転車を)駐輪するのは,(自動車を駐車する)より安上がりで簡単だ。にもかかわらず,たいていのアメリカ人はなお,混み合った市中でさえ,自転車より車の方を好む。これはなぜか。車は風雨に耐えるからである。暴風雨のとき自転車だったらぬれるが,車の中だとぬれない。都会の往来では自転車は車ほど安全ではない。車の方が事故のときに身を守ってくれるからだ。

こういった実際的な理由の他に,自転車に乗る自信がないというアメリカ人が多い。操作が思い通りにならずに転ぶのが恐いのである。また,彼らは基本的な自転車の取り扱いに関する知識がないためにいらだちもする。たとえば,ふつうの人は多変速自転車のギアの変え方を知らない。自転車業界の調査では,合衆国のすべての多変速自転車の80パーセントがギアを変えられたことがないということがわかっているのだ!

自転車のことをもっと知れば,おそらくもっと多くのアメリカ人が自転車に乗るようになるだろう。(240語;神戸女子短期大学)

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事