スポンサーリンク

問題

Chapter 12

 

Reading Comprehension

 

There are two guiding principles to remember when choosing something to write about: practicality and interest.

Being practical about your choice [ ] that you must consider the available time and the published resources on your topic. Because you have a limited time to work in, you must be sure that there will be adequate information immediately available to you in your college library or from local libraries and information sources. This is usually not a problem for most students in selecting a subject. If you are taking a course in biology, for instance, the general subject area will usually be well represented in the libraries. If the course is a more specialized one within biology, in cell biology or lipids*, for example, there will still be basic reference materials available in most libraries. However, when the subject area is not dictated by the course, there may be (1) a problem: your topic may be too unusual or too specialized for your school and public libraries. Quite often ESL* students choose to write about their home countries, perhaps their histories or education systems, but the libraries may or may not have useful materials for these topics. If you are considering [ ] about some aspect of your home country, you should not assume that there will be enough information available locally. A preliminary* survey of local resources is very essential in such a case.

Interest, as well as [  X  ], is important in topic selection because you will be [ ] with this subject for many weeks. If you do not have a real interest in it, you may [ ] motivation later, and this will make your task much harder. A common (2) [and / ask / at / frequently / question / realistic / students] this stage is, “How will I know that I can maintain interest in the subject until I have studied it thoroughly?  It seems that I must already have studied the subject in order to know if I want to study it!” There is no simple answer to this question. There is indeed some risk in [ ] a subject area you have not studied before. However, one of the aims of the research paper is to provide an opportunity for you to gain a deep understanding of a subject. So you can think positively about either approach: a familiar subject will [ ] you to explore special aspects of it in more depth, while an unfamiliar subject [ ] you discover new areas of knowledge. (3) Even with an unfamiliar subject, most researchers usually find that the more they get into it, the more interesting it becomes.

In general, you should try to select (4) something that seems to promise real value to you, perhaps something that you have always wanted to learn more about but have lacked the opportunity to study, or possibly a subject that you know will be valuable to you later in your more specialized academic work. (大分大:490語)

 

A  文中の[ ] [ ] に適した語を,それぞれ選びなさい。

(a) choosing                (b) enable                  (c) lets                        (d) lose

(e) means                    (f) working                 (g) writing

[]      []      []      []      []     []      []     

B  下線部()の具体例としてESL の学生が注意しておくべきことを,書き出しに続けて80 100字の日本語で答えなさい。

ESL の学生は

C  文中の[ X ] に入る語を文中から1語抜き出しなさい。

D  下線部()を文脈に合うように正しく並べかえなさい。

E  下線部()を和訳しなさい。

F  下線部()の例として挙げられていることを2点日本語で答えなさい。

  1.                                           
  2.                                          

G  本文の内容に合うものを1つ選びなさい。

(a) One of the guiding principles in choosing a writing topic is to write about practicality.

(b) Most libraries do not have useful materials available about cell biology and lipids.

(c) You should not select a subject area that you haven’t studied before.

(d) Both a familiar subject and an unfamiliar subject may be valuable to you.

 

Grammar & Usage

 

1 各文の(  ) に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. It’s very nice (  ) you to drive me to the station. (共立女大)

of                        for                         to                          with

  1. You must always do (  ) you think is right. (南山大)

that                    what                     it                           which

  1. Jim is so rich that he always has (  ) $1,000 in his wallet. (獨協大)

far less for         too less than         much less in        no less than

  1. This ride is (  ) more dangerous than a merry-go-round. (中部大)

any                      some                     no                         many

2 2文の(  ) 内に入る共通の単語を下から選びなさい。

  1. He’ll come straight to the (  ). (専修大)

I didn’t see the (  ) in moving to Tokyo.

center                 point                     conclusion            purpose

  1. Can you (  ) me a map of how to get there? (同上)

Jane doesn’t want to (  ) attention to herself.

draw                   paint                     picture                  take

  1. I tried to (  ) with him, but he wouldn’t listen whatever I said. (上智大)

Taro complained, with (  ), that he had been underpaid in his former job.

ground               excuse                  pretext                 reason

  1. Peter was no longer (  ) of his own life after his failure. (同上)

Jane struggled so hard to (  ) her temper.

manage              control                  master                  barter

(  ) 内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. 誰であれ外国語を学ぶのに遅すぎるということはない。 (札幌大)

It is not too (anybody / foreign / to / late / a / for / learn) language.

  1. 彼に本を貸すなんて僕は馬鹿だった。 (立命館大)

I should (better / books / have / known / lend / than / to) to him.

  1. 私たちが有罪だと思った人は,実は無罪かもしれない。 (同上)

The (guilty / man / might / thought / was / we / who) actually be innocent.

 

Dialogue 総合問題:「高級レストランで」

 

4 次の会話文の下線部それぞれに,指定された文字で始まる適切な1語を入れなさい。(西南学院大)

Jon    : Wow!  Look at that menu. I can’t even guess at what most of those dishes are.

Katy   : Well, most of it is in French. I suppose this restaurant is a bit more elegant than the places we normally eat.

Jon    : Yeah, I’m not sure that it’s really our kind of place. And we probably should have

(1) w      smarter clothes.

Katy   : It’s OK!  Look, those two over there are dressed pretty casually, and that man at the bar is even in jeans. Anyway, we deserve to treat ourselves to something special. It is our wedding anniversary, after (2) a     .

Jon       : Yes, ten years since we got (3) m     . It feels like it was yesterday, the time’s gone by so quickly. You haven’t changed a bit.

Katy   : OK, OK, that’s enough chat! As much as I like hearing you say nice things about me, I’m hungry. Let’s hurry (4) u     and choose something for dinner. What do you (5) f     like eating?

Jon    : Let’s be adventurous. I want to try something I’ve never had before.

Katy   : I’m sure that anything we (6) o     will be an adventure. As we said, we can’t even read the menu!

(1         (2)          (3)         

(4)           (5)          (6)         

 

Translation

 

5 次の日本文を英語に直しなさい。 (札幌大)

(1) 歌には私たちが普段思っている以上の不思議な力がある。

(2) 私たちは中学時代によく聴いていた歌を聴くと,自然にその懐かしい時代に戻る。

(3) また,歌は辛い経験をした人達に勇気と力を与える。

スポンサーリンク

解答・解説

Chapter 12

 

Reading Comprehension

〈解答〉

A  [1] (e)  [2] (g)  [3] (f)  [4] (d)  [5] (a)  [6] (b)  [7] (c)

B (ESL の学生は)自国の歴史や教育をテーマに選ぶことがよくあるが,図書館がそれに役立つ資料を備えていない場合も多いから,地元に利用できる情報が十分にあるかどうかを事前に調査しておくことが非常に重要である。(94字)

C  practicality

D  and realistic question students frequently ask at

E  なじみのないテーマであっても,たいていの研究者はふつう,それにのめり込めばのめり込むほどますますそれが興味深くなることがわかるものだ。

F  1. いつももっと学びたいと思っていたのに勉強する機会がなかったこと。

2. 後々自分のもっと専門的な学問的研究で価値が出てくることがわかるテーマ。

G  (d)

 

解法のポイント

A  原形,三単現,-ing 形といった語形の違いから選択の幅を狭めておくことも必要。

[1]「選択に関して実用的であるとは~という意味だ」三単現の選択肢は2つしかない。

[2] are considering の目的語であるから動名詞を選ぶ。後ろにabout ... が続くのはwriting しかない。[3] will be -ing 形が続く,ここは未来進行形。後ろにwith ... が続くのはworkingwork with ...「~に取り組む,~に専念する」

[4] may の後であるから原形。「意欲を失う」が文脈に合う。

[5] in の後だから動名詞が入る。「~テーマ分野を選ぶこと」

[6] will の後は原形。後ろに目的語とto 不定詞があるので,enable を入れる。enable O to doO が~することを可能にする」

[7] ここは三単現の動詞が入る。後ろに目的語と原形が続くから使役動詞だ。

B  ESL students の話は1317行目に記されているから,この内容を指定字数でまとめる。quite often「割によくあることだが,比較的頻繁に」 aspect「側面」 assume「仮定する, 決めてかかる」available locally「地元で手に入る」はinformation を修飾する。

C  冒頭文に「覚えておくべき指導原理」としてinterest「興味」とpracticality「実用性」の2つが挙げられている。「実用性と同様に,興味も重要だ」

D  文頭の冠詞A がつく名詞はquestion のみ。これにcommon realistic 2つの形容詞がついたものが,この文の主語。これを先行詞として,students frequently ask ... という関係代名詞のない修飾節を後に続ける。副詞frequently の位置に注意。at this stage「この段階で」

E  Even with an unfamiliar subject「なじみのないテーマであっても」with ... は「~について」という対象を表す。most researchers usually find that...「たいていの研究者はふつう,~だとわかる」the more ..., the more ...「~すればするほど,ますます~する」get into ...「~にのめり込む」

F  promise A to BB A を与えると約束する」「自分に真の見返りを約束してくれると思えるもの」の例は,直後にperhaps ..., or possibly ...「ひょっとすると~,あるいはことによると~」の形で記されている。something about study の共通の目的語。

a subject that you know will be valuable「価値が出てくるとわかっているテーマ」☞ 文構造 ②

G  (a)「書くテーマを選ぶ際の指導原理の1つは,実用性について書くことである」2 行目にあるように,これは「実用性」であって,「実用性について書くこと」ではないから,不一致。

(b)「たいていの図書館には,細胞生物学や脂質学に関して利用できる有益な資料がない」9 11行目を読むと,これらに関しても「たいていの図書館には利用できる基本的な参考資料がある」ことがわかる。よって不一致。

(c)「以前に研究したことがないテーマ分野を選ぶべきではない」2425行目に「ある危険性が伴う」とはあるが,2829行目に「なじみのないテーマは新しい領域の知識を発見させてくれる」とあるから,不一致。

(d)「なじみのあるテーマもなじみのないテーマも,どちらもあなたにとって価値があるかもしれない」2729行目の記述内容がまさしくこれに該当する。これが正解。

 

全訳

1 書く題材を選ぶときに,覚えておくべき指導原理が2つある。実用性と興味深さである。

2 選択に関して実用的であるという意味は,費やせる(←利用できる)時間と自分が選んだテーマに関する既刊の資料を考慮しなければならないということだ。書くことにあてられる時間は限られているので,大学図書館に,あるいは地元の図書館や情報源からすぐに手に入る十分な情報があることをはっきりさせておかなければならない。このことはふつう,ほとんどの学生にとってテーマを選ぶ際に問題にはならない。たとえば,もしあなたが生物学の講座を履修しているなら,一般的なテーマ分野はたいてい図書館に多く見受けられるだろう。もし講座が生物学の中でもより専門的な,たとえば細胞生物学や脂質学の講座であっても,たいていの図書館には利用できる基本的な参考資料があるだろう。しかし,テーマ分野が講座によって指定されていない時は,厄介なことになるかもしれない。あなたが選んだテーマは学校の図書室や公立図書館にとって,あまりにも変わっていたり専門的であったりするかもしれない。第2言語として英語を学ぶ学生は自分の母国について,おそらくその歴史や教育制度について,書くことに決めることがよくあるが,図書館はこれらのテーマに関して役立つ資料を備えているかもしれないし備えていないかもしれないのだ。もしあなたが自分の国のある側面について書こうと考えているなら,地元に利用できる情報が十分にあると決めてかからない方がいい。地元の資料を前もって調査することが,このような場合きわめて重要だ。

3 実用性と同様に,興味もテーマ選びには重要だ。というのもあなたは何週間もこのテーマに専念することになるからだ。もしあなたが本当にそのテーマに興味を持っていないのであれば,後になって意欲を失うかもしれないし,そうなると作業はずっと困難になるだろう。この段階で学生たちがよく尋ねてくる,よくある現実的な質問は,「そのテーマを徹底的に研究し尽くすまで自分がそれに興味を持ち続けることができるということが,どうすれば確信できるのでしょうか。自分がそれを研究したいかどうかを知るために,私はすでにそのテーマについて研究してしまったに違いないように思えます」というものだ。この質問にたいする簡単な答えなどない。自分が以前に研究したことがないテーマ分野を選ぶことには実際ある危険性が伴う。しかし,研究論文の目的の1つは,あなた方にあるテーマについて深く理解する機会を与えることだ。だから,あなた方はどちらの研究方法についても前向きに考えることができる。つまり,なじみのあるテーマなら,もっと深く突っ込んでそのテーマの特殊な側面を探求することができるし,一方,なじみのないテーマは新しい領域の知識を発見させてくれる。なじみのないテーマであっても,たいていの研究者はふつう,それにのめり込めばのめり込むほどますますそれが興味深くなることがわかるものだ。

4 一般的に,自分に本当に価値ある物を約束してくれると思えるものを選ぶようにした方がいい。ひょっとするとそれはあなたがいつももっと学びたいと思っていたのに勉強する機会がなかったものかもしれないし,もしかすると後々自分のもっと専門的な学問的研究で自分にとって価値が出てくることがわかるテーマであるかもしれない。

 

要約

書く題材を選ぶ際には,十分な資料が身近に手に入るかどうかということと,本当に興味を持ち続けられるかということの2点を心すべきである。なじみのないテーマでも,自分にとって価値があると思えるものを選ぶとよい。 (102字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 書く題材を選ぶときに重要なことは,実用性と興味深さの2点である。

2 英文省略

要旨 実用性とは費やせる時間と資料の問題だ。テーマが変わっていたり専門的であったりすると大学や地元の図書館にすぐに役立つ資料がないかもしれないから,手に入る資料の準備調査がきわめて重要だ。

3 英文省略

要旨 テーマ選びには興味も重要だ。なじみのあるテーマなら一層深い特殊な側面が探索できるし,なじみのないテーマは,リスクはあるが,新しい領域の知識を発見させてくれる。

4 英文省略

要旨 もっと学びたいと思っていたのにその機会がなかったこととか,後々自分の研究で役に立ちそうなことといった,見返りのありそうなものをテーマに選ぶとよい。

 

文構造

省略

 

語句と構文

  1. guiding principle「指導原理,指針となる原理」
  2. practicality「実用性」
  3. adequate information immediately available「すぐに手に入る十分な情報」☞ 文構造 ①
  4. general subject area「一般的なテーマ分野」

be well represented「多く見受けられる」

  1. cell biology「細胞生物学」
  2. reference materials「参考資料」
  3. dictate「指定する(←指示する)」
  4. ESL (= English as a second language)「第2言語としての英語;英語圏の国に住む,英語を母国語としない学生に教えられる英語」
  5. assume「~だと決めてかかる,当然~だと思う」
  6. locally「地元で」

preliminary survey「予備調査」

  1. motivation「意欲,やる気」
  2. thoroughly「完全に,徹底的に」
  3. research paper「研究論文」
  4. in more depth「もっと詳細に」
  5. In general「一般的に」

 

Grammar & Usage

〈解答〉

1  1. ①  2. ②  3. ④  4.

2  1. ②  2. ①  3. ④  4.

3  1. (It is not too) late for anybody to learn a foreign (language).

2. (I should) have known better than to lend books (to him).

 3. (The) man who we thought was guilty might (actually be innocent).

 

解説

1.「駅まで送ってくれて,どうもありがとう」It’s nice of A to do「A(人)が~するのは親切だ」A you だと「~してくれてご親切様,~してくれてありがとう」の意味になる。A は不定詞to do の意味上の主語。nice はここでは「親切な,思いやりのある( = kind )」の意味。

2.「いつも自分が正しいと思うことをしなければいけません」先行詞を中に含んだ関係代名詞what を入れる。what is right「正しいこと」のwhat とis right の間にyou think が挿入されたもの。

3.「ジムはとても金持ちなので,いつも財布の中に1000ドルも持っている」no less than ... は「~も( =as much as ... )」と量の多さを強調する。

4.「この乗物はメリーゴーランドと同じで,危険ではありません」A is no more ... than B (is ...) は「AはB と同様…でない」の意味。

1.「彼は単刀直入に言うだろう」「私は東京に引っ越す目的がわからなかった」第1文のpoint は「要点,重点」の意味。come straight to the point は「単刀直入に言う,ずばり言う」ということ。第2文のpoint は「目的,ねらい」の意味。

2.「そこにどうやって行けばいいか地図を描いてくれませんか」「ジェーンは自分に注意を引きたくない」第1文のdraw は「(線)を引く,(鉛筆・ペンなどで)描く」の意味。draw a map of ...「~の地図を描く」第2文のdraw は「(興味・注意など)を引く,引きつける」の意味。draw attention to ...「~に注意を引く[向けさせる]」

3.「私は彼を説得しようとしたが,何を言っても彼は耳を貸そうとしなかった」「太郎が前の仕事で十分な給料を支払われなかったと異議を申し立てたのは当然だ」第1文のreason は「理を説く,説得する」の意味の動詞。reason with A(人)で「Aを説得する」となる。第2文のreason は「(正当な)理由,根拠」の意味の名詞。with reason は文修飾の副詞句で,「もっともな理由で,当然」の意味。「~するのも当然だ(無理もない)」と訳すとよい。

4.「ピーターは失敗した後自分自身の生活をもう思い通りにはできなかった」「ジェーンは努めて怒りを抑えようとした」第1文のmaster は「支配者」の意味の名詞。be master of ... で「~を自由に扱える,~を意のままにできる」の意味となる。第2文のmaster は「(感情など)を抑える」の意味の動詞。master one’s temper は「怒りを抑える,じっとがまんする」の意味。

  1. too ... to do「~するには…すぎる」に不定詞の意味上の主語がfor anybody で加わった形。主語のIt は漠然とした状況を表すもの。
  2. 整序部分の語群からknow better than to do「~するほど愚かではない(←~するより賢い)」を使うと見当をつける。これと,後悔の気持ちを表す〈should + have +過去分詞〉「~すべきだった」とを組み合わせて「~するほど愚かであるべきではなかった,~するような馬鹿なことをすべきではなかった」という意味の英文を作る。
  3. The man might actually be innocent.「その人は実は無罪かもしれない」とWe thought he was guilty.「私たちはその人が有罪だと思った」の2文が関係代名詞で1 文に結合されたもの。The manを修飾する関係代名詞節を,who の直後にwe thought を挿入したwho we thought was guilty「私たちが有罪だと思った」という形にする。

The man might .... We thought he was guilty.

 

The man who we thought was guilty might ....

 

Dialogue

〈解答〉

(1) worn  (2) all  (3) married  (4) up  (5) feel  (6) order

 

解説

(1)should have +過去分詞〉で「~すべきだった(のにしなかった)」という後悔の気持ちを表す。目的語がclothes だから,wear「着る」の過去分詞worn が適している。

(2)「何と言っても,だって~なんだから」after all

(3)「結婚する」get married この文は,it’s [it has been] が省略されている。

(4)「急ぐ」hurry up 「おしゃべりをやめて,早く注文するものを選びましょう」ということ。

(5)「~したい気がする」feel like doing 「あなたは何が食べたいですか」

(6) anything we order ...「私たちが注文するどんなものも~」

 

全訳

ジョン :わあ。そのメニューを見てごらん。載っている料理のほとんどは,どんなものか推測することすらできないよ。

ケイティ:ええと,ほとんどがフランス語で書いてあるのね。このレストランは私たちが普段食べているところより少し格調が高いのだと思うわ。

ジョン :うん,きっと本当はぼくたちが来るような場所じゃないんだよ。だから,もっときちんとした服を着てきた方がよかったかもしれないな。

ケイティ:それは大丈夫よ。見て,あそこにいる二人はかなりカジュアルな服装をしているわ。それに,カウンターにいるあの男の人なんかジーンズじゃないの。とにかく,私たちは特別なごちそうでお祝いするだけの値打ちがあるのよ。何と言っても今日は私たちの結婚記念日なんですもの。

ジョン :そうだね。結婚して10年か。まるで昨日のことのようだ。あっという間に年月が過ぎ去った。君は少しも変わっていないね。

ケイティ:わかった,わかった。おしゃべりはそれくらいにして。あなたが私のことでいいことを言ってくれるのを聞くのはとても楽しいけれど,私,お腹が空いてるの。急いでディナーに注文するものを選びましょう。あなたは何が食べたい?

ジョン :ひとつ思い切って冒険しよう。今まで食べたことがないものに挑戦したいな。

ケイティ:きっと何を注文しても冒険になると思うわ。さっきも言ったように,私たちメニューを読むことさえできないんですもの。

 

Translation

〈解答〉

(1) Songs have more mysterious powers than we usually think.

(2) When we hear songs that we used to listen to in our junior high school days, we naturally return to those nostalgic times.

(3) Songs also give courage and power to those who have had bitter experiences.

別解 (1) In songs there are more strange powers than we usually think.

(2) Songs that we used to listen to in junior high school bring us back to those good old days.

(3) Songs also encourage and cheer up people who have experienced hardships.

 

解説

(1)「不思議な力」mysterious [strange] powers

(2)「中学時代に」in our junior high school days,  (when we were) in junior school,  when we were junior high school students など。「よく聞いていた歌」songs we used to listen to「~を聴くと,…に戻る」when we hear , we return to ...  別解はこれを「~は私たちを…に連れ戻す」という無生物主語で表したもの。「その懐かしい時代」は直訳ではthose nostalgic times だが,those good old days という言い方もできる。また,全体をWe cannot hear . . . without returning to [remembering] ... という二重否定の構文で表すこともできる。

(3)A B を与える」はSVOO文型でも表せるが,ここは「A に」の部分が長いのでgive B to A の形を用いる。「辛い経験」bitter [hard] experiences, hardships「(経験などを)する」はgo through も使用可。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事