スポンサーリンク

問題

Chapter 13

 

Reading Comprehension

 

It was more than a century ago that psychologist Norman Triplett first theorized that an individual’s behavior is influenced by others. His theory was later termed the theory of social facilitation.”

Interested in bicycle racing, Triplett noticed that cyclists posted* faster times when they raced together than when each one raced alone, against the clock. Curiosity about (1) this finding led him to conduct one of social psychology’s first laboratory experiments. The experiment involved instructing children to turn a wheel as fast as possible for a fixed period of time. Sometimes two children worked at the same time in the same room, each with their own wheel; at other times they worked alone in the room. Triplett found that the children worked faster when other children were in the room, doing the same task, compared to when they worked alone in the room. Triplett accounted for this outcome by suggesting that (2) individuals strive to perform better in the presence of others, perhaps because of an underlying sense of competition.

Further research demonstrated that social facilitation is also attributed to outcomes in mental tasks. Psychologist Gordon Allport found that speed and accuracy increased in performing simple mental tasks in situations where others were present. His experiments included solving simple multiplication problems and completing word association exercises, in which some students sat alone while working on their tasks and others completed the tasks in a group setting. His results revealed that the participants who did the tasks in group settings finished (3) [accuracy / and with / faster / more / than / the tasks] the participants working alone.

While psychologists agreed that the presence of others enhances performance of simple tasks, (4) the question was yet to be answered about how the presence of others affected performance on more complex or difficult tasks. In 2008, studies by William Gardner answered that question. In one of his experiments, college students were given a list of words and told to copy them as quickly as they could. The “easy task” was to write out one list with their dominant hand, and the “difficult task” was to write out another list with their non-dominant hand. While completing the task, they were in the presence of an image of their favorite television personality displayed on a computer screen. When given the easy or well-practiced task, they wrote more words in the presence of their favorite character, but when given the difficult task, the favorite character inhibited performance. This and other studies led Gardner to conclude that even the imagined presence of others impacts a person’s performance. In the case of simple tasks, an individual’s performance is enhanced, while for more difficult tasks, performance is [ ].

Social facilitation is a widespread phenomenon in everyday life. For example, in the workplace, employees are often monitored in a variety of ways. When employees know this, social facilitation increases the productivity of highly skilled workers, but it decreases the productivity of relatively unskilled workers, perhaps because highly skilled workers find their normal tasks relatively easy while less skilled ones find their normal tasks more (5) challenging, whether being watched or not.

(聖心女子大:513語)

 

A  下線部()が指す内容を日本語で答えなさい。

B  下線部()を和訳しなさい。

C  下線部()を文意に合うように正しく並べかえなさい。

D  下線部()を和訳しなさい。

E  空所[ ] に適した語を選びなさい。

(a) completed              (b) increased              (c) improved              (d) diminished

F  下線部()の意味に最も近いものを選びなさい。

(a)  boring                 (b) demanding            (c) exciting                 (d) rewarding

G  本文のタイトルとして最も適切なもの選びなさい。

(a) Finding a solution for the best way to succeed

(b) How TV personalities can impact performance

(c) How the presence of others impacts performance

(d) Learning from others through group tasks

H  本文の内容に合うように,次の文の下線を施した部分の語句を並べかえなさい。

Social facilitation implies that when people are being watched by others, they will do well [good / things / already / at doing / on / that / they are].

 

Grammar & Usage

 

1 各文の(  ) に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. They liked the town and decided to stay there (  ) few days. (芝浦工大)

another                   other                       more                                              one more

  1. Our task has been easy (  ), but it will be difficult from now on. (亜細亜大)

before long             so far                      on no terms                                              in price

  1. The young actor has great potential but (  ) about serious acting. (獨協大)

to learn has yet      has learn to yet      has yet to learn                                              to yet has learn

  1. (  ) there is still time, I refuse to give up hope. (立命館大)

How                        That                         Until                                              While

  1. We kept on walking (  ) the top of the hill. (日本女大)

by the time we got to                                   by the time we’ve got

until we got to                                               until we’ve got

2 英文の意味がよく通るように,必要な1語を答えなさい。 (津田塾大)

  1. We could not figure out what the teacher referred at all.

(解答)      の直後に      が必要

  1. I didn’t like walking around alone at night, neither she.

(解答)      の直後に      が必要

  1. She thinks me as a highly dependable person.

(解答)      の直後に      が必要

  1. He worked way through college because he wanted to be independent.

(解答)      の直後に      が必要

(  ) 内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. 法律は「疑わしきは罰せず」と定めている。(関西学院大)

The law (are / innocent / people / provides / proven / that / until) guilty.

  1. 昨年,私たちは幸運続きの1年だった。 (日本大)

We had (luck / another / stroke / last / of / one / after) year.

  1. ここ数年は経済成長によって開発資金が著しく増加している。 (東京理大)

The past few years (a / development / have / in / increase / marked / witnessed) funds due to economic growth.

 

Dialogue 総合問題:「テストに遅れて」/「英国の天気」

 

4 次の対話の(  ) に入る最も適切なものを下から選びなさい。 (麗澤大)

A : You are over 30 minutes late.

B : ( )

A : What happened? Were the trains delayed?

B : ( )

A : I see. You know that you missed the test, right?

B : ( )

A : You can take the test during the lunch break today.

B : ( )

A : You will have to change it.

B : ( )

A : See you at noon, and don’t let this happen again.

I’m sorry.                                    Yes, what can I do?

I understand.                             I don’t know.

No, I just woke up late.              I’m sorry, but I have an appointment then.

5 対話文の内容を最も適切に記述しているものを選びなさい。 (宮崎大)

Jim : I hate English weather!

Chris : So do I! Just look at that! I want to go jogging but it’s absolutely pouring! I wish it would clear up!

Jim : I do, too!

Jim and Chris can’t go running because it’s started raining.

Jim and Chris are hopeful about the weather improving.

Jim and Chris don’t mind the weather so long as the heavy rain stops.

Jim and Chris are complaining about the English weather.

 

Translation

 

6 次の日本文を英語に直しなさい。 (青山学院大)

日本政府によれば,外国人観光客が急増している。日本の伝統的な文化に興味を持ち,寺院を訪ねる人もいれば,健康食として人気が増している日本食を楽しむ人もいる。

 

解答・解説

Chapter 13

 

Reading Comprehension

〈解答〉

A  自転車レースの選手は,各自が時計を相手に1人だけで走るときよりも,(他の選手と)一緒に走るときの方が速いタイムを記録する,とわかったこと。

B  人は他者がいるところでの方がうまくやろうと努めるが,おそらくこれは根底にある競争意識のためであろう。

C  the tasks faster and with more accuracy than

D  より複雑あるいは困難な作業の遂行に他者の存在がどのように影響するかという問題については,まだ答えが出ていなかった。

E  (d)

F  (b)

G  (c)

H  on things that they are already good at doing

 

解法のポイント

A  前文Triplett noticed that ... that 節の内容を指すから,「~とわかったこと,~という発見」という書き方でまとめるのがよい。bicycle racing の話なので,ここでは,cyclist は「自転車レースの選手」,time は「(スポーツの記録)タイム」の意味。against the clock「時計を相手に」とは「時計を計りながら」ということである。

B  strive to do「~ しようと努力する」  in the presence of ... 「~(人)のいるところで」 perhaps because of ... 「おそらく~のために」→「これはことによると~ のためであるかもしれない」 perhaps が表す確信の度合いは3050%とされる。underlying 「根底にある」 sense of competition 「競争意識」

C  まずfinished の目的語となるthe tasks を最初の位置に置く。最後がthan になることは,that 節が2つのthe participants ... を比較する文でありそうなことから容易に想像がつく。あとは,比較級の副詞(句)faster with more accuracy and で結ばれた形であることに気づけば完成する。☞ 文構造 ②

D  was yet to be answered「まだ答えが出ていなかった」yet to do は「まだこれから~することになっている,まだ~していない」の意味。about 以下はthe question を修飾して「~についての疑問」という意味になる。how A affected BA がどのようにB に影響するか」the presence of others「他者の存在」performance on ...「~の遂行」

E  対照を表すwhile に着目して,enhanced と反対の意味になる語を入れる。enhance は「高める,向上させる」の意味。「弱める,低める」の意味を持つdiminish の過去分詞がふさわしい。

F  challenging は「(仕事などが)骨が折れるが,やりがいのある」という意味。したがって,文脈によってdemanding「骨が折れる,きつい」の意味に解釈される場合とrewarding「やりがいのある」の意味に解釈される場合がある。ここは,対照を表すwhile 節の中であることから,easy と反対の意味を持つdemanding の意味であるととるのが適切である。

G  本文を流れている主題は (c)「他者の存在がいかに業務の遂行に影響するか」である。(a)「成功する最善の方法を求める解決策の発見」(b)「テレビタレントがいかに業務の遂行に影響し得るか」(d)「集団作業を通して他者から学ぶこと」

H 「社会的促進は,人は他者に見られているとき,     良い成果を上げるということを示している」の      の部分にあたる英語を作る。語群からまずthey are good at doing というかたまりを作る。この時点で空所部分が「自分がすでに得意としていることで,自分がすでにうまくできることで」という意味になることを予想すると,already の位置も定まり,前置詞on that の使われ方も明らかになる。do well on ...「~で良い成果を上げる」that things を先行詞とする目的格の関係代名詞。

 

全訳

1 心理学者のノーマン・トリプレットが,個人の行動は他者に影響されるということを最初に理論づけたのは,1世紀以上前のことであった。彼の学説は後に「社会的促進論」と呼ばれた。

2 自転車レースに興味のあったトリプレットは,自転車レースの選手は各自が時計を相手に1人だけで走るときよりも(他の選手と)一緒に走るときの方が速いタイムを記録する,ということに気がついた。この発見に対する好奇心から,彼は社会心理学の最初の実験室での実験の1つを行うことになった。その実験には,子供たちに一定時間できるだけ速く車輪を回すよう指示することが含まれていた。あるときは2人の子供が同じ部屋で同時に,それぞれ自分の車輪を回した。またあるときは子供たちは部屋で1人で車輪を回した。トリプレットは,子供たちは他の子供たちが部屋の中にいて同じ作業をしているときの方が,部屋で1人で作業するときに比べて作業が速いことを発見した。トリプレットはこの結果を,人は他人がいるところでの方がうまくやろうと努めるが,おそらくこれは根底にある競争意識のためであろう,と示唆することによって説明した。

3 さらなる研究によって,社会的促進(の特徴)は知的作業の結果にもあると考えられることが示された。心理学者のゴードン・オールポートは,他の人たちがいる状況で単純な知的作業を行うと,スピードと正確さが増すことを発見した。彼の実験には簡単な掛け算の問題を解くことと,語連想の練習問題を完成することが含まれていたが,その実験では作業に取り組んでいる間1人で座っている学生もいれば,集団の環境の中で作業を完了する学生もいた。実験の結果,集団の環境の中で作業を行う参加者の方が, 1人で取り組む参加者よりも速く,正確に作業を終えることが明らかになった。

4 心理学者たちは,他者の存在が単純作業の遂行能力を高めるということで意見の一致を見たが,より複雑あるいは困難な作業の遂行に他者の存在がどのように影響するかという問題については,まだ答えが出ていなかった。2008年にウィリアム・ガードナーによる研究がその問題に答えた。彼が行った実験の1つでは,大学生たちが単語のリストを渡され,出来るだけ速くそれを書き写すように指示された。「簡単な作業」は1つのリストを利き腕側の手で書き上げることであり,「難しい作業」はもう1つのリストを利き腕でない方の手で書き上げることであった。その作業を仕上げている間,学生たちのいるところでは彼らの好きなテレビタレントの映像がコンピュータの画面に映し出されていた。簡単な,あるいはよく練習した作業を与えられたときには,彼らは好きなキャラクターが見えている方が多くの単語を書いたが,難しい作業を与えられたときには,好きなキャラクターは作業の遂行の妨げになった。この実験および他の研究によってガードナーは,想像上の他者の存在でも人の作業の遂行に影響を与えると結論を下した。単純作業の場合は人の遂行能力は高められ,より難しい作業に関しては遂行能力は弱められるのである。

5 社会的促進は日常生活の中に広く行き渡った現象である。たとえば,職場では従業員は多くの場合いろいろな方法で監視されている。従業員がこれを知っているとき,社会的促進は高度な技術を持つ労働者の生産性を増大させるが,比較的熟練度の低い労働者の生産性を低下させる。おそらくこれは,見られていようといまいと,高度な技術を持つ労働者が自分たちの通常の仕事を比較的簡単であると感じているのに対し,熟練度の低い労働者は自分たちの通常の仕事をより骨が折れると感じているためであろう。

 

要約

社会的促進は,人は他者がそばにいるときの方が良い成果を出すという現象だが,単純な作業であれば,身体的作業だけでなく知的作業にも当てはまる。難しい作業の場合は,想像上の他者の存在でも遂行能力は低下する。 (100字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 「社会的促進論」とは,個人の行動は他者に影響されるという学説である。

2 英文省略

要旨 自転車の選手は1人より一緒に走るときの方がタイムが速い。実験で子供たちはそばに他の子供がいるときの方が作業が速かった。これは根底にある競争意識のためであろう。

3 英文省略

要旨 さらなる研究の結果,集団の中での方が1人で取り組むよりも速く正確であるという社会的促進の特徴が,知的作業においても示された。

4 英文省略

要旨 想像上の他者の存在でも人の遂行能力に影響する。他者の存在は,単純作業の場合は人の遂行能力を高めるが,より難しい作業の場合には逆に低下させることがわかった。

5 英文省略

要旨 職場での監視は熟練した労働者の生産性を高めるが,熟練度の低い労働者の生産性を低下させる。これは,仕事を易しいと感じているかきついと感じているかによるのであろう。

 

文構造

省略

 

語句と構文

  1. It was more than a century ago that ...「~は1世紀以上前のことであった」強調構文。

theorize「~を理論づける,~という理論を立てる」」

  1. be termed ...「~と呼ばれる,称される」
  2. social facilitation「社会的促進」
  3. Interested ... (= Being interested ... )は分詞構文。付帯状況を表す。

bicycle racing「自転車レース」

5-6. Curiosity about ...「 ~に対する好奇心」

  1. lead O to doO を~する気にさせる」

social psychology「社会心理学」

6-7. laboratory experiment「実験室での実験,室内実験」

  1. instruct O to doO に~するよう指示する」
  2. for a fixed period of time「ある一定時間」
  3. each (worked) with their own wheel「それぞれが自分の車輪で作業した(→を回した)」
  4. doing ... は分詞構文。付帯状況を表す。

compared to ...「~と比べて」

  1. account for ...「(~の理由など)を説明する」
  2. be attributed to ...「(性質などが)~にあると考えられる」
  3. in performing ...「 ~を行うときに」
  4. multiplication problem「掛け算の問題」

17-18. word association「語連想(心理学用語:与えられた語から他の語を連想すること)」

  1. group setting「集団の環境」
  2. enhance「高める,より良くする」
  3. dominant hand「利き腕」

28-29. were in the presence of ...「~のあるところにいた」

  1. image「画像,映像」

television personality「テレビタレント」

displayed on ...「~ に映し出された」前のan image ... personality を修飾する分詞句。

  1. well-practiced「よく練習した」
  2. inhibit「妨げる」

32-33. imagined presence of others「想像上の他者の存在」

  1. monitor「監視する」
  2. highly skilled「高度な技術を持つ」
  3. unskilled「熟練度の低い」
  4. whether being watched or not「見られていようといまいと,見られているか否かにかかわらず」whether の後にthey are が省略されている。

 

 

Grammar & Usage

〈解答〉

1  1. ①  2. ②  3. ③  4. ④  5.

2  1. referred の直後にto が必要

 2. neither の直後にdid が必要

3. thinks の直後にof が必要

4. worked の直後にhis が必要

3  1. (The law) provides that people are innocent until proven (guilty).

2. (We had) one stroke of luck after another last (year).

 3. (The past few years) have witnessed a marked increase in development (funds due to economic growth).

 

解説

1.「彼らはその町が気に入り,もう数日そこに滞在することに決めた」another は,数詞やfew などの前で「さらに[もう]~の」の意味を表す。another few days = a few more days

2.「私たちの仕事はこれまでのところは簡単だったが,これからは難しくなるだろう」so far「今までのところ,これまでは」は,しばしばfrom now on「これからは」と対照的に用いられる。

3.「その若い俳優はすばらしい素質を持っているが,深刻な演技についてはまだこれから身につけていく余地がある」have yet to do「まだ~していない,これから~すべきで」

4.「まだ時間がある間は,私は希望を捨てることを拒む」「~している間」のwhile が適している。

5.「私たちは丘の頂上に着くまで歩き続けた」接続詞until「~するまで」は,継続する動作(本文ではkept on walking )の終了時点を表す。〈by the time S’V’ 〉「S’V’する時までに」は動作の完了時点を表し,主節には本文のような継続を表す動詞ではなく,瞬間の動作を表す動詞が来る。また,主節が過去時制だから,現在完了形が用いられている②,④はそのことだけでも不適。get to ...「~に着く」

1.「私たちは先生が何のことを言っているのかまったくわからなかった」refer to A「A に言及する,~のことを言う」figure out は「わかる,理解する」の意味。

2.「私は夜に1人で歩き回るのは好きでなかったし,彼女もまたそうだった」否定文の後に置いて「~もまた…しない」の意味を表すには,〈neither +助動詞+主語〉の形にしなければならない。助動詞は,前の文に呼応してdid を用いる。

3.「彼女は私のことを非常に信頼できる人物だと思ってくれている」think of A as B「A をB と見なす」

4.「彼は自立したかったので,働いて大学を出た」work one’s way through ... は「働いて~(大学な

ど)を出る」の意味。

1.「(法律・規則などが)~と規定する,定める」はprovide that ...that 節の内容に当たると思われる「疑わしきは罰せず」はあまりにも日本語的なので,これを整序部分の語群から「人は有罪と証明されるまでは無罪だ」と読み替える。until proven guilty「有罪であると証明されるまで」until の後にthey are が省略されている。

  1. 整序部分の語群から,one after another「次々と」あるいはone A after another1つのA からまた次のA へと」のいずれかの形になることが読み取れる。「幸運の訪れ」はa stroke of luck と表されるから,これをone stroke of luck after anotherという形で用いる。
  2. 動詞witness は「(時代・場所などが)~を目撃する」といった無生物主語の構文で用いられることがある。The past few years have witnessed の主語。直訳すると「ここ数年は~の著しい増加を目撃してきている」という英文を作ることになる。「~の著しい増加」a marked increase in ... 「開発資金」development funds

 

Dialogue

〈解答〉

4  (1) ①  (2) ⑤  (3) ②  (4) ⑥  (5)

5  ④

 

解説

(1)「遅刻だ」と言われて,まず謝る。

(2) 遅刻した理由を答える。「電車が遅れていた」のではなく,「ただ寝過ごした」のである。

(3)「テストを受けなかった」ことについて,「どうすればいいか」と尋ねる。

(4) 昼休みの受験を提示されたのに対して,「約束がある」と答える。then = during the lunch break today

(5)「約束の変更」を命じられて応じる。

①「雨が降り出したため,ランニングに行けない」go running ではなく,go jogging である。

②「天気の回復に望みを抱いている」クリスの発話の第4I wish it would clear up! は,『起こる可能性の低いことを願望する仮定法の表現』であり,「望みを抱いて期待している」わけではない。

③「激しい雨が止みさえすれば,天気のことは気にしない」冒頭でジムはI hate Enlish weather! と言い,クリスもSo do I. と応じている。「イギリスの天気が気に入らない」のであるから,「天気のことは気にしない」とは言えない。

④「イギリスの天気について文句を言っている」上記冒頭の発話と,それに続くクリスの同意に一致しており,これが正解。

 

全訳

A:30分以上の遅刻だぞ。

B:申し訳ありません。

A:どうしたのかね。電車が遅れていたのかね。

B:いえ,ただ寝過ごしただけです。

A:なるほど。いいかい,君はテストを欠席してしまったんだよ。

B:その通りです。どうしたらいいでしょうか。

A:今日の昼休みにテストを受けさせてあげよう。

B:申し訳ありませんが,昼休みには約束があるんです。

A:約束を変更しなければならんだろうね。

B:わかりました。

A:では昼に会おう。こんなことを二度と起こしてはいかんよ。

ジム :イギリスの天気って大嫌いだよ!

クリス: ぼくもだ!ちょっとご覧よ! ジョギングに行きたいのに,まったくの土砂降りだ! 晴れたらいいのになあ!

ジム :ぼくもそう思うよ。

 

Translation

〈解答〉

6 According to the Japanese Government, the number of foreign tourists is increasing rapidly. Some are interested in traditional Japanese culture and visit temples. Others enjoy Japanese food, which has been gaining popularity as health food.

別解 The government of Japan says that tourists from foreign countries are rapidly increasing in number. Some people take [have, feel] interest in the traditional culture of Japan and visit temples, while others enjoy eating Japanese dishes which have become increasingly popular as healthy food.

 

解説

A によれば」according to A,あるいはA says that ...A が急増する」は「A の数が急速に増える」だから,the number of A increases rapidly とする。the number は単数形であるから,呼応する動詞の形に注意。A を主語にしてrapidly increase in number とする方法もある。この場合は動詞は複数で受ける。「~ もいれば… もいる」はsome others を用いて表す。「人気が増す」はbecome populargain popularity など。「健康食」については,healthy food は「健康を促進する食品」,health food は「添加物のない自然食品など」,という区別もないではないが,ここではどちらを使ってもよい。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事