スポンサーリンク

問題

Chapter 16

 

Reading Comprehension

 

It’s been a bad few weeks for folks inclined to worry. There was the North Korean nuclear test and the return of the extreme weather to the Northeastern U.S., and then there was a matter of the possible end of Earth in the middle of February. (1) As it turned out we are still here, ― but we did get something of a wake-up call.

As NASA had been warning for a year, a 45-m asteroid* (“the size of a small office building,” as the space agency discomfortingly described it) was on track to buzz the planet at exactly 2:24 p.m. E. T.* on Feb. 15, coming in at a relative tree top level of 27,700 km. (2) If you think that sounds pretty far away, think again. It’s only one-fourteenth the distance to the moon and actually a few thousand miles below the altitude of our highest-flying satellites. And while a rock that size may be a flyspeck compared with the elephant bulk of Earth, the energy it carries as it barrels* in can do a lot of damage ― on the order of 2.4 megatons, or 180 times the power of the Hiroshima bomb.

So the worriers had plenty of reason to (3) wring their hands, right?  Well, no ― not this time, at least. The asteroid, known as 2012DA14, was never going to hit us, something astronomers could determine almost immediately after it was discovered in 2011. But the rock has a whole lot of friends. It’s just one of what are estimated to be up to 1 million potentially dangerous near-Earth objects out there, only 9,688 of which have been spotted and catalogued by astronomers so far. Of those, 1,377 are identified as potentially hazardous asteroids, based on their size and their eventual proximity* to Earth.

While most of these cosmic missiles fly harmlessly by, some [ ] ― and cataclysmically* so. Our moon is thought to have been created when a Mars-size planetesimal* collided with us more than 4 billion years ago. The dinosaurs were all but certainly wiped out by a 10-km rock that landed off the Yucatan Peninsula about 65 million years back. As recently as June 30, 1908, an asteroid measuring 100 m exploded in the skies over the Tunguska region in Siberia, causing a four-megaton blast that leveled trees across an 1,330-km expanse.

“We get 100 tons of interplanetary debris* hitting the atmosphere every day,” says Don Yeomans, head of the Near Earth Object Program Office at NASA. “Most of it is sand-size or pea-size, but we get a basketball-size object every day. Every few months we get one as big as a Volkswagen.”

Even those car-size chunks incinerate* before they hit the ground, but the bigger a piece of falling ordnance* is, [ ] it is that some of it will survive ― and probability alone says our planet is going to get clobbered* again. Unlike the dinosaurs, we have the ability to see it coming and, at least in theory, defend ourselves. We don’t have our asteroid shield in place yet, however, and the race is thus on to find ― and stop ― the next bullet before (4) it finds us. (早稲田大:527語)

 

A  下線部()を和訳しなさい。

B  下線部()に込められた意図として最も適切なものを選びなさい。

(a) 27,700 km is not as great a distance as most people think.

(b) The asteroid is so far from us that ordinary people hardly think about it.

(c) You need to ascertain the correct position of the asteroid repeatedly.

(d) It’s frightening that the asteroid passed so near to Earth that it shook the highest tree tops.

C  下線部()の意味として最も適切なものを選びなさい。

(a) wipe away the cold sweat                                (b) mobilize all their energies

(c) share their information globally                     (d) feel deep anxiety

D  文中の[ ] に適した語句を選びなさい。

(a) can’t destroy               (b) will disappear         (c) are missed                                              (d) do hit

E  文中の[ ] に適した語句を選びなさい。

(a) the less                       (b) the likelier              (c) the lower                                              (d) the quicker

F  下線部()は具体的にどういうことを言っているのか,日本語で答えなさい。

G  本文の内容に合うものを2つ選びなさい。

(a) 2012DA14 orbited between the moon and our highest satellites.

(b) Astronomers were not certain whether 2012DA14 was going to collide with Earth.

(c) Only a minority of all potentially dangerous asteroids are known to us.

(d) 100 tons of small rocks which hit our atmosphere every day are extremely dangerous to life on Earth.

(e) At the present moment, ensuring safety from asteroid assaults is only possible in theory.

(f) The average size of asteroids has been increasing steadily since the time of dinosaurs.

 

Grammar & Usage

 

1 各文の(  ) に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. It is necessary for children (  ) when they behave badly. (愛知学院大)

disciplined               to be disciplined          to discipline                             to have disciplined

  1. To help pay for tuition, Martha is working part-time at the local supermarket every (  ) weekend. (立教大)

other                       different                      alternate                                              same

  1. There are many books, and (  ) of them are English books. (東洋大)

second-three           second-threes              two-third                                              two-thirds

  1. There is no denying that he doesn’t do much. But what he (  ) do, he does very well. (上智大)

daren’t                    can’t                             does                                              did

2 2文の空所に同じ綴りの単語を入れて文を完成させなさい。

  1. He may (  ) his mind at the last moment. (芝浦工大)

I got five dollars (  ) from a twenty dollar bill.

  1. My brother always (  ) envelopes open without using scissors. (同上)

The sad story brought (  ) to her eyes.

  1. Are you (  ) using the wallet I gave you several years ago? (同上)

Please stand (  ) so that I can measure you for a new coat.

  1. Let’s (  ) left at the corner. (静岡大)

It is your (  ) to introduce yourself.

  1. What (  ) of food do you want to buy? (同上)

These files are all mixed up, so could you please (  ) them for me?

(  ) 内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. 彼らが言っていたことには間違いがあるようだ。 (立命館大)

There (appears / be / something / to / what / with / wrong) they said.

  1. かなり多くの人が,毎日散歩をするのが健康を保つのに良い方法だと思っている。(白百合女大)

(a few / people / quite / taking / is / think / day / a walk / every) a good way to keep fit.

  1. ティムは,両脇の髪の毛を短く切りすぎたようです。 (同上)

Tim seems (to / on / hair / had / have / short / too / cut / his) the sides.

 

Dialogue 総合問題:「買い物に行くところ」

 

4 次の対話の(  ) に入る最も適切なものを下から選びなさい。 (東京電機大)

Sam    : Hi Mary.

Mary   : Oh, hi.

Sam    : How are you doing?

Mary : I’m doing alright. How about you?

Sam     : Not too bad. ( )

Mary   : Yes. It’s absolutely beautiful today.

Sam    : ( )

Mary   : Me too. I’m just sick and tired of cold and rainy weather.

Sam    : So where are you going now?

Mary   : I’m going to meet a friend of mine at the department store.

Sam     : ( )

Mary : Yeah, I have to buy some presents for my parents.

Sam     : What’s the occasion?

Mary : ( )

Sam    : That’s great. Well, you’d better be going now. You don’t want to be late.

Mary   : ( )

Sam    : Sure. Bye.

It’s their anniversary.

Would you like to have lunch at the cafeteria?

I’ll see you next time.

The weather forecast says it will be warm this weekend.

Going to do a little shopping?

The weather is great, isn’t it?

I wish it were like this more often.

 

Translation

 

5 次の日本文を英語に直しなさい。 (中央大)

友達と一緒にいるときは,スマートフォンで頻繁にメールをチェックすることによって友達の気分を害することがないように気をつけましょう。

 

解答・解説

Chapter 16

 

Reading Comprehension

〈解答〉

A  ところが結局我々は依然としてここにいる。しかし,ちょっとした警告を確かに受けたのだ。

B  (a)

C  (d)

D  (d)

E  (b)

F  小惑星が地球に衝突すること

G  (c), (e)

 

解法のポイント

A  As it turned out「ところが結局のところ(予期に反して実際は)」it は漠然とした状況を表す。turn out は「~であることがわかる」の意味。we are still here「我々は依然としてここにいる」つまり,「何事もなく,こうして無事だ」ということ。did get got の強意表現。動詞の意味を強調するdo の用法である。「(何もなかったわけではなく)確かに受けた,受けたことは受けた」という意味合いがある。something of ...「ちょっとした~」wakeup call「警告,危険を知らせる出来事」

B  下線部に続く文で筆者が,27,700km という距離が地球にとっていかに近い距離であるかを,月までの距離と衛星の高度を引き合いに出して,説明しているところから判断する。

(a)27,700km というのは,たいていの人が考えるほど大きな距離ではない」これが正解。

(b)「小惑星は我々から非常に遠いので,普通の人々はほとんどそのことを考えない」

(c)「あなたは小惑星の正確な位置を何度も確認する必要がある」

(d)「小惑星が地球の非常に近くを通って一番高い木の梢を揺らしたのは恐ろしいことだ」

C  下線部に続いて筆者が「いや,少なくとも今回はそうする理由はなかった。その小惑星は地球に衝突することはなさそうだった」と言っていることから,下線部を含む文は「心配する理由があったのか」という内容の疑問文であると考えると意味が通る。wring one’s hands「両手をもみ合わせる」は,不安やうろたえを表すしぐさ。この意味を知らなくとも,文脈から判断して正答を得ることは十分可能である。(a)「冷や汗をぬぐう」(b)「気力を結集する」(c)「情報を地球規模で共有する」(d)「深い不安を感じる」

D  文頭のwhile は「~だが」の意味を表す接続詞だから,空所にはwhile 節にあるfly harmlessly by「危害を与えずにそばを飛んでいく」と反対の意味を持つ動詞句が適している。do hit「本当に衝突する」do は動詞の意味を強調する用法。

E 〈the +比較級…,the +比較級~〉「…であればあるほど,ますます~」の構文。「落ちてくる『武器』が大きければ大きいほど,その一部が(燃え尽きずに)生き残る可能性が高くなる」という意味になると筋が通る。

cf. It is likely that some of it will survive.

F  it the next bullet「次の弾丸」を指す。これは「次に地球に近づいて来る小惑星」を比喩的に言ったもの。「我々を見つける」とは「地球に衝突する」ことになる。

G  (a)2012DA14は,月と最も高いところを飛ぶ我々の衛星の間の軌道を回っていた」6 7 行目に「地球をかすめ飛ぶ軌道」とあり,その説明として8 10行目に「月までの距離の14分の1の距離で,最も高いところを飛んでいる我々の衛星の高度より下」とある。

(b)「天文学者たちは,2012DA14が地球に衝突するかどうか確信が持てなかった」1415行目に「それが地球に衝突することはなさそうだと天文学者たちが確認していた」ことが記されている。

(c)「危険を及ぼす可能性のあるすべての小惑星のうち,我々に知られているのはごく少数にすぎない」1618行目に「地球に接近して危害を及ぼす可能性のある物体は100万個にも及ぶと推定されるが,これまでに発見されているのはそのうちの9,688個だけだ」とある。一致する。

(d)「毎日我々の大気圏に衝突する100トンの小さな岩石は,地球上の生物にとってきわめて危険である」「地球上の生物にとって危険である」という記述は文中にない。

(e)「現在,小惑星の襲撃からの安全を保証することは,理論上可能であるに過ぎない」3334行目に「少なくとも理論上は,(小惑星の襲撃から)自分の身を守る能力を持っている」とあり,一致する。

(f)「小惑星の平均的な大きさは,恐竜の時代から着実に増大してきている」「小惑星の大きさの変化」についての言及はない。

 

全訳

1 心配性の人々にとってはひどい数週間だった。北朝鮮の核実験とアメリカ合衆国北東部の非常に厳しい天候の再来,そして2月の半ばに地球の最後となりうる事件があった。ところが結局我々は依然としてここにいる。しかし,ちょっとした警告を確かに受けたのだ。

1年前からNASA(米国航空宇宙局)が警告していたように,45メートルの小惑星(宇宙局が不安をあおるように説明したところによると,「小さなオフィスビルくらいの大きさ」)が215日のアメリカ東部時間で224分ちょうどに地球の上をすれすれに通過する軌道にあり,27,700キロメートルという相対的に考えれば木のこずえの高さくらいのところを飛んできたのだ。それがかなり遠く離れた距離のように思われるのなら,考え直してみてほしい。それは,月までの距離の14分の1の距離しかなくて,実際最も高いところを飛んでいる我々の衛星の高度を数千マイル下回っている。そして,その大きさの岩は,地球というゾウの巨体と比べるとハエの糞のシミみたいなものかもしれないが,それが猛スピードで飛んでくるときに生じるエネルギーは大きな被害を及ぼし得る―およそ2.4メガトン,つまり広島(に落とされた)の原爆の威力の180倍になるのである。

3 そういうわけで,心配性の人々が気をもむ十分な理由があったということだが,はたしてそうだろうか。ああ,いや―少なくとも今回はなかったのだ。その小惑星は,2012DA14として知られるが,地球に衝突することは決してなさそうだったし,そのことは2011年にそれが発見された後ほとんど即座に天文学者たちが確認できていた。しかし,その岩には大変な数の仲間がいる。その岩は,100万個にも達すると推定される,危害を及ぼす可能性のある地球近くのどこかにある物体の1つにすぎないが,これまでに天文学者に発見されてリストアップされているのはそれらのうちの9,688個だけである。そのうち1,377個が,その大きさや最終的な近接状況にもとづいて,危害を及ぼす可能性のある小惑星であるとされている。

4 これらの宇宙から来るミサイルのほとんどは危害を与えずにそばを飛んでいくが,中には本当に衝突するものもある―それも激変を起こすようなやり方で衝突するのだ。我々の月は40億年以上前に火星の大きさの微惑星体が地球に衝突した時にできたと考えられている。恐竜は,約6,500万年前にユカタン半島沖に落下した10キロメートルの岩によって絶滅したのはほぼ間違いない。最近では19086 30日に,100メートルの大きさの小惑星がシベリアのツングスカ地方上空で爆発し,1,330キロに渡る広範囲の樹木をなぎ倒す4メガトンの爆風を引き起こした。

5 「毎日100トンの宇宙ゴミが大気圏に衝突している」とNASA の地球近傍天体対策室長のドン・ヨーマンズは言う。「その大部分は砂やエンドー豆ほどの大きさだが,毎日バスケットボール大のものが1つ衝突する。数か月に1 度はフォルクスワーゲンくらいの大きさのものが衝突する」

6 それらの車の大きさの塊でさえ,地面に到達する前に燃えて灰になるが,落ちてくる「武器」の破片が大きければ大きいほど,ますますその一部が最後まで残る可能性が高くなる―そして,可能性だけから言うと,地球は再び激しく衝突されようとしている。恐竜とは違って,我々はそれがやって来るのを予見し,少なくとも理論上は,自分の身を守る能力を持っている。しかし,我々はまだ小惑星シールド(小惑星から身を守る楯)の設置はできていない。なのに,次の弾丸が我々を見つける前にそれを見つけて止めようとする競争がこうして始まっている。

 

要約

小惑星が地球に異常接近する事件があった。地球に接近して被害を及ぼす可能性のある小惑星は数多く,我々が確認しているのはその一部に過ぎない。我々には小惑星から身を守る能力があるはずだが,まだ準備は整っていない。 (103字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 地球の最後となりうる事件があった。結局何事もなかったが,ちょっとした警告を確かに受けたのだ。

2 英文省略

要旨 45メートルの小惑星が地球すれすれの軌道に乗って飛んできたのだ。それが猛スピードで飛んでくるときのエネルギーは甚大な被害を及ぼし得るのである。

3 英文省略

要旨 実はその小惑星が地球に衝突することはないとわかっていた。しかし,地球に危害を及ぼす可能性のある物体は非常に多く,我々に確認できているのはごく一部に過ぎない。

4 英文省略

要旨 ほとんどは危害を与えないが,中には地球に衝突するものもあり,月の誕生と恐竜の絶滅はその結果だと考えられている。最近でも小惑星による被害は生じている。

5 英文省略

要旨 毎日100トンの宇宙ゴミが大気圏に衝突している。その大部分は小さなものだが,毎日ボール大のものが1つ,数か月に1度は自動車大のものが衝突する。

6 英文省略

要旨 それらでさえ地面に到達する前に燃えて灰になるが,大きければ衝突する可能性がある。我々は小惑星から身を守る能力を持っているはずだが,まだその準備はできていない。

 

文構造

省略

 

語句と構文

  1. folks (who are) inclined to worry「心配性の人々」

be inclined to do は「~しがちである,~する傾向がある」の意味。

  1. nuclear test「核実験」
  2. NASA [National Aeronautics and Space Administration]「米国航空宇宙局」
  3. space agency「宇宙局」NASA のこと。

on track「軌道に乗って」

buzz「~をかすめて飛ぶ,~の上をすれすれに飛ぶ」to buzz track を修飾する。

6-7. the planet「地球」のこと。

  1. coming in ... は分詞構文。( = and came in ... )at a relative tree top level「比較上の木のこずえの高さで」「地球とこの小惑星の間の距離を比率で比較すると,我々と木のこずえの距離ぐらいだ」と筆者は言っている。
  2. altitude「(飛行機などの)高度」
  3. a rock that size「その大きさの岩」

flyspeck「ハエの糞のシミ」

10-11. compared with ...「~と比べると」

  1. the elephant bulk of Earth「地球というゾウの巨体」「小惑星と地球」の大きさの比較を「ハエの糞のシミとゾウの巨体」にたとえている。
  2. on the order of ...「およそ~」

14-15. something astronomers could determine「天文学者たちが確認することができたこと」コンマまでの内容のことを言っている。前に非制限用法のwhich was を補うとわかりやすい。

  1. a whole lot of ...「大変な数の~」

16-17. what are estimated to be up to 1 million ...「100万に達すると推定される~であるもの」

  1. which の先行詞はwhat are estimated ... nearearth objects out there
  2. spot「発見する」

catalogue「カタログに入れる(→リストアップする)」

so far「これまでのところ」

18-19. be identified as ...「~であると確認されている,~であることがわかっている」

  1. cosmic missiles「宇宙から来るミサイル」「地球に接近する小惑星」を比喩的に表現したもの。
  2. collide with ...「~と衝突する」

dinosaur「恐竜」

all but「ほとんど」

  1. wipe out「~を全滅させる」
  2. As recently as ...「~ほどの最近では,~という最近になって」→「最近では~に」

an asteroid measuring ...「~の大きさがある小惑星」measure は「大きさ・長さなどが~ある」という意味の動詞。ここは現在分詞句となってan asteroid を後置修飾している。

  1. causing は分詞構文。(= and caused)
  2. blast「爆風,突風」

level「(木を)なぎ倒す」

  1. We get ... hitting the atmosphere every day.「毎日~が大気圏に衝突している」〈get O doing〉は,we, you, they などを主語にして「O が~している」の意味を表し,現在の一般的状況を述べる。
  2. the Near Earth Object Program Office「地球近傍天体対策室」「地球近傍天体」は「地球に接近する軌道を持つ天体(彗星,小惑星など)の総称」
  3. Every few months「数か月に1度」
  4. Volkswagen「フォルクスワーゲン(ドイツの自動車会社;同社製の車)」
  5. chunk「大きな塊」

32-33. probability alone says (that) ...「可能性だけで言うと~」

34-35. have ... in place「~の設置ができている」

  1. the race is on to find ...「…を見つけようとする競争が繰り広げられている」to find 以下はthe race を修飾する形容詞的用法の不定詞句。C が短いため語順が入れ替わっている。☞ 文構造

 

 

Grammar & Usage

〈解答〉

1  1. ②  2. ①  3. ④  4.

2  1. change   2. tears   3. still   4. turn   5. sort

3  1. (There) appears to be something wrong with what (they said).

2. Quite a few people think taking a walk every day is (a good way to keep fit).

3. (Tim seems) to have had his hair cut too short on (the sides).

 

解説

1.「子どもは,マナーが悪いときには罰を受けることが必要だ」It is necessary for A to do「A は~することが必要だ」It for 以下を指す仮主語で,A to do の意味上の主語。discipline は「~を懲戒する[罰する]」の意味だから,ここは受動態の不定詞にする。

2.「授業料の足しにするために,マーサは隔週の週末に地元のスーパーでアルバイトをしている」 〈every other +単数名詞〉は「1つおきの~」の意味。alternate を用いたon alternate weekendsという言い方もあるが,頻度は低い。

3.「たくさん本があるが,それらの3分の2は英語の本だ」分数の読み方を確認しておこう。分子は基数,分母は序数,分子が複数のときは分母が複数形になる。

4.「彼が多くをしないということは否定できないが,いざやることとなると彼は非常にうまくやる」動詞を強調するdo の用法。what he does do「いざ彼が実際にすること」は,後のhe does の目的語が強調のために倒置されたもの。第2文を通常の語順で表すと,But he does what he does do very

well. となる。

1.「彼は最後の瞬間に気が変わるかもしれない」「私は20ドル紙幣から5ドルのおつりをもらった」第1文のchange は「~を変える」の意味の他動詞。one’s mind は「(人の)意見, 気持ち」change one’s mind は「気が変わる」ということである。第2文のchange は名詞で「つり銭,おつり」の意味。

2.「兄はいつも,はさみを使わずに封筒を破って開ける」「その悲しい話を聞いて彼女の目に涙があふれてきた」第1文のtearは「裂く,破る」の意味の他動詞。tear O openO を破って開ける」第2文のtear は「涙」の意味の名詞。複数形で表されることが多い。

3.「私が数年前にあなたにあげた財布を今でも使っているのですか」「新しい上着の寸法が採れるように,じっとしていてください」第1文のstill は「まだ,今も」の意味の副詞。第2文のstill は「静止した,動かない」の意味の形容詞。stand still は「じっとしたままでいる」ということ。

4.「そのかどで左に曲がろう」「あなたが自己紹介する番です」第1文のturn は「曲がる」の意味の自動詞。第2文のturn は「順番,番」の意味の名詞。通例one’s turn to do「~が…する番」の形で用いられる。

5.「どんな種類の食品を買いたいのですか」「これらのファイルはみんなごちゃ混ぜになっているので,より分けていただけませんか」第1文のsort は「種類,タイプ(= kind, type)」の意味の名詞。第2文のsort は「より分ける,分類する」の意味の他動詞。

1.「~には間違いがある」はThere is something wrong with .... で表せる。このis を整序部分の語群から作ったappears to be に置き換えることで「~ようだ」の意味を加えることができる。「彼らが言っていたこと」what they said

2.「かなり多くのA」はquite a few A。整序部分の語群から,think の目的語はthat のない名詞節になること,節の中のS′はtaking a walk every day という動名詞句になることが予測される。語数は多いが日本語に一致した英文なので取り組みやすい。

3.「~したようだ」は〈seem to have +過去分詞〉で表される。「髪の毛を切る」は「髪の毛を切ってもらう」have one’s hair cut と考え,この2つを組み合わせる。「(あまりにも)短く」は,cut の後にtoo short を置いて表す。これは本来C としての機能を持つものである。cf. cut A too shortA を短く切りすぎる」on the sides は「脇の部分で」ということ。

 

Dialogue

〈解答〉

 (1) ⑥   (2) ⑦   (3) ⑤   (4) ①   (5)

 

解説

(1) 次のメアリーの発話の,Yes. に続くIt’s absolutely beautiful today. とほぼ同じ意味内容を表す文が来るはず。beautiful は「いい天気だ」の意味。

(2) メアリーがMe too.「私もそうだ」と言っているから,ここはサムの自分を主体とした表現を考える。③ I’ll see you next time. は別れのあいさつだから除外できる。Me too. = I wish it were like this more often, too. と考えると,この後に続く文とも意味的にうまくつながる。

(3) 直前の「デパートに行く」と,直後の「両親にプレゼントを買う」から「買い物に行くのか」という質問が入ると判断できる。

(4)「何のお祝い?」と聞かれての返事。occasion は,ここでは「特別な出来事, 祝い事」の意味。anniversary は「(毎年の)記念日」のことだが,ここではtheir wedding anniversary「二人の結婚記念日」のことを指していると思われる。

(5) 直前の「もう行った方がいい」と,直後の「じゃあね」から,別れるときの決まり文句のひとつを探す。

 

全訳

サム  :やあ,メアリー。

メアリー:あら,サム。

サム  :どう? 元気にしてるかい。

メアリー:元気よ。あなたは?

サム  :まあまあというところかな。すばらしい天気だね。

メアリー:ええ,今日は本当にいい天気だわ。

サム  :こんな日がもっとしょっちゅうあればいいのにと思うよ。

メアリー:私も同感。私,寒くて雨の多い天気にもううんざりして,いやになっているところなの。

サム  :ところで,今どこへ行くところなの?

メアリー:デパートでお友だちと会うの。

サム  :買い物に行くのかい?

メアリー:ええ,両親にちょっとしたプレゼントを買わなきゃならないの。

サム  :何のお祝い?

メアリー:結婚記念日なのよ。

サム  :それはおめでとう。じゃあ,もう行った方がいいよ。遅れたら困るから。

メアリー:また今度ね。

サム  :そうだね。じゃあ。

 

Translation

〈解答〉

5 When you are with (your) friends, take care not to hurt their feelings by checking emails on your smartphone frequently.

別解 When you are with (your) friends, you should be careful not to offend them by frequently checking emails on the smartphone.

 

解説

5「 ~しないように気をつける」take care not to do, be careful not to do A の気分を害する」hurt [injure] A’s feelingsoffend A あるいはmake A feel unpleasant などとすることもできる。「メールをチェックする」check emails

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事