スポンサーリンク

問題

Chapter 17

 

Reading Comprehension

 

Are technologies deterministic? Many people talk as though (1) they are. Students have often told me that the spread of television or the Internet was “inevitable.” Likewise, most people find the idea of a modern world without automobiles unimaginable. However, history provides some interesting (2) counterexamples to apparently inevitable technologies. The gun would appear to be the classic case of a weapon that no society could reject once it had been introduced. Yet the Japanese (3) did just that. They adopted guns from Portuguese traders in 1543, learned how to make them, and gradually gave up the bow and the sword. As early as 1575 guns proved decisive in a major battle (Nagashino), but then the Japanese abandoned them, for (4) what can only be considered cultural reasons. The guns they produced worked well, but they had little symbolic value to warriors, who preferred traditional weapons as a sign of their social status. The government restricted gun production, but (5) this alone would not be enough to explain Japan’s reversion to swords and arrows. Other governments have attempted to restrict gun ownership and use, often with [  A  ] success. But the Japanese samurai class rejected the new weapon, and the gun disappeared. It re-entered society only after 1853, when Commodore Perry sailed his warships into Japanese waters and forced the country to open itself to the West.

Japan’s long, successful rejection of guns is revealing. A society or a group that is able to act without outside interference can abolish a powerful technology. In the United States, the Amish* do not permit any device to be used before they have carefully evaluated its potential impact on the community. (6) For example, they generally resist [ ] and prefer [ ], although they permit [ ] to deal with the outside world. They reject both automobiles and gasoline tractor. Instead, they breed horses and build their own buggies and farm machinery. (7) These choices make the community far more self-sufficient than it would be if each farmer annually spent thousands of dollars on farm machinery, gasoline, and artificial fertilizer, all of which would necessarily come from outside the community. Their leaders decide such matters, rather than leaving each individual to choose in the market. Such practices might seem merely old-fashioned, but they provide a buffer* against such things as genetically modified foods or chemical pesticides, and they help to preserve the community. Indeed, the Amish are growing and flourishing. Both the Japanese rejection of the gun and the Amish [  B  ] acceptance of modern farming equipment show that communities can make self-conscious technological choices and can resist even very powerful technologies.

(九州大:436語)

 

 

 

A  下線部()について具体的に書かれていることを2つ日本語で答えなさい。

1.                                          

  1.                                           

B  下線部()の意味として適切なものを1つ選びなさい。

(a) 実例                       (b) 具体例                  (c) 好例                      (d) 反例

C  下線部()の具体的な内容を3語の英語で表しなさい。

D  下線部()に述べられた理由とは具体的にどのような理由か,60字以内の日本語で答えなさい。

E  下線部()が指す内容を日本語で答えなさい。

F  文中の[A]に適した語を選びなさい。

(a) little                       (b) much                   (c) some                   (d) the same

G  下線部()の空所[1]~[3]に適した語句を,それぞれ次の中から選びなさい。

(a) face-to-face communication  (b) limited use of phones  (c) home telephones

[ 1 ]        [ 2 ]        [ 3 ]       

H  下線部()について,なぜそう言えるのか根拠を日本語で答えなさい。

I   文中の[B]に適した語を選びなさい。

(a) total                        (b) blind                      (c) selective                (d) continuous

J   本文の内容に合うものを1つ選びなさい。

(a) Technologies are deterministic, and we have no control over their development.

(b) Japanese rejection of the gun was mainly due to the policy of the government.

(c) The Amish permit the use of genetically modified foods and chemical pesticides.

(d) There have been cases in which technologies are proved not to be deterministic.

 

 

Grammar & Usage

 

1 各文の( )に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. She said she was good at using computers, (  ) turned out to be a lie. (神奈川大)

which          what              that               who

  1. I owe (  ) I am today to my high school teacher, Mr. Takemoto. (立命館大)

whom          that               what              when

  1. Mr. Yamada felt unhappy because he had (  ) leisure time left. (同志社女大)

many           a few             few                little

  1. My son has three best friends, all of (  ) are his classmates. (九州国際大)

whom          these             those             them

  1. The teacher asked us to submit a report by the end of the week and, (  ) is more, read three books. (関西学院大)

which          what              that               how

  1. On the day following the party, there was (  ) food left in the refrigerator. (立命館大)

any              any less         any more       hardly any

2 各文の下線部から誤っている箇所を1つ選び,訂正しなさい。

  1. (1) How I liked about this book was (2) the author’s description of the (3) rapidly changing post-war world in (4) the early 70s. (学習院大)

 (  )          

  1. We have (1)many matters (2) to discuss about today, so we should allow two hours (3) for the meeting (4) at least. (中央大)

  (  )          

  1. (1) Improved medical care is helping (2) much more people to live longer and (3) healthier lives than (4) before. (学習院大)

(  )          

  1. The reasons (1) for the voyages (2) of Columbus in 1492 and (3) for Vasco da Gama in 1498 have been long (4) debated. (上智大)

(  )          

(  ) 内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. That is (agreed / why / what / to / she) her friends had suggested. (清泉女大)
  2. We had a flat tire on the way here, but a taxi driver (be passing by / change / helped / just happened / to / who) it. (獨協大)
  3. He is (to / as / as / person / said / be / nice / a) his wife. (青山学院大)
  4. It’s (meet / certainly / a / you / pleasure / this / to) afternoon. (福島大)

 

 

Dialogue 総合問題:「バス停で」/「顔色が悪いよ」

 

4 次の対話の( )に入る最も適切なものを下から選びなさい。 (立命館大)

A : Excuse me. ( )

B : Sure. What’s the problem?

A : I’m trying to get to Collingwood Market. Is this the right bus stop?

B : Well, you can get there from here, but it’s not the best way. ( )

A : Really?

B ; If you cross the road, and then walk two blocks down the hill, you’ll come to a subway station. From there, a train will take you directly to the market.

A : ( ) That sounds easy enough. Thank you for your help.

B : You’re most welcome. It’s a fantastic market! ( )

A : I’ll try to! Thanks again. Bye.

I see.                                                         I’ll take you.

It closes soon.                                           Only one transfer?

Do you need a hand?                                How do you know that?

I shop there all the time.                         There’s a faster, cheaper route.

I hope you find yourself a bargain.         I was wondering if you could help me.

5 対話文の内容を最も適切に記述しているものを選びなさい。 (宮崎大)

Pete : You’re looking pale.

Meg : Yes, I feel strange.

Pete : Why’s that?

Meg : I think the fish I had at lunch might not have been fresh.

Meg felt the fish looked strange.

Meg probably had food that was bad.

Meg felt the fish should have been off the menu.

Meg thought it was strange for Pete to say she was looking pale.

 

Translation

 

6 次の日本文を英語に直しなさい。

ものを正しく見るためには,適正な距離を見つけなければならない。美術が私たちに教えることのひとつは,そのような距離の見つけ方だろう。 (京都府立大)

スポンサーリンク

解答・解説

Chapter 17

 

Reading Comprehension

〈解答〉

 

A  (1) テレビやインターネットの普及は避けられない必然的なことであった。

(2) 自動車のない現代世界など想像することもできない。

B  (d)

C  rejected the gun

D  銃は武士にとって象徴的な価値をほとんど持たず,武士は社会的身分のしるしとなる刀や弓という伝統的な武器の方を好んだから。(59字)

E  政府が銃の製造を制限したこと。

F  (a)

G  [1] (c)   [2] (a)   [3] (b)

H  農業機械やガソリン,人工肥料などは,必然的に共同体の外部から持ち込まれるものだから。

I   (c)

J   (d)

 

解法のポイント

A  they are の次にはdeterministic「決定論的だ」が省略されている。決定論“determinism”とは,「人間の意志や行為は,(自然)法則や運命等によって必然的に定められている」という説。その具体例は,続く2文の中で言及されている。the spread of ...「~の普及」inevitable「避けられない,必然的な」find ... unimaginable「~を想像できないと思う」

B  counter- は「反対」の意味を表す接頭辞で,counterexample は「(仮説に反対の論拠として用いられる)反例,反事実,反証」の意味。難しい単語だが,However で結ばれている文の流れと,「歴史は一見必然的な科学技術に対する  を提供している」という文脈から意味を推測する。

C  前文に「銃はいったん導入されたら捨てることができない武器の典型的な例のように思われる」とあり,「けれども日本人はまさにそれをやってのけた」と言っていることに着目。

D 「文化的な理由としか考えられないこと」具体的には次文のbut 以下を和訳すればだいたい指定の字数になる。解答はこれに少しだけ手を加えたもの。

E  直前の記述,すなわち,コンマの前のThe government restricted gun production「政府は銃の製造を制限した」を指す。「これだけでは十分な説明とはならない」というのである。

F 「他国も銃の所有と使用を制限しようとしてきたが,  」,「だが日本人はこの新しい武器を拒絶したのだ」という文脈から,空所には否定的な語が入ることがわかる。「ほとんど成功を伴わない場合が多かった」ということである。

G  下線部が「その影響を慎重に評価するまで,いかなる道具も使用しない」ということの例である点を押さえる。「家庭用電話の使用を控え,直接対面したコミュニケーションの方を好む,ただし外部の世界との限られた電話の使用は許可する」となると筋が通る。

H  下線部は「これらの選択によって共同体は,~場合よりも,はるかに自給自足できる社会になっている」という内容。it would be 以下は仮定法過去で,「もしそれぞれの農場経営者が~に何千ドルも費やしたら,共同体はそうなるであろう」というのが直訳。it the community を指し,be の後にはselfsufficient が省略されている。下線部のように言える根拠は,直後に続く非制限用法の関係代名詞節に記されている。すなわち「それらはすべて必然的に共同体の外側から持ち込まれる」からであり,それは「外部に依存することになる」からである。which が指すのはfarm machinery, gasoline, and artificial fertilizer であり,これらを解答に明記することはもちろん必要である。☞ 文構造 ①

I  「アーミッシュの現代的な農業器具の受け入れ」にふさわしい形容詞はどれかを考える。

(a) 「完全な」(b)「盲目的な」(c)「一部のものに限定した」(d)「継続した」 全体の文脈から,また2021行目の「その影響を慎重に評価するまで,いかなる道具も使用しない」という記述からも(c) を選ぶ。☞ 文構造 ②

J   (a)「科学技術は決定論的であり,我々はその発達を制御することができない」4 5行目に「歴史はその反例を提供している」とあり,不一致。

(b)「日本人が銃を捨て去ったのは,主に政府の政策によるものであった」1213行目に「政府は銃を制限したが,それだけでは十分な説明にはならない」とある。不一致。

(c)「アーミッシュは遺伝子組み換え食品と科学殺虫剤の使用を許可している」2831行目に「(アーミッシュの慣行が)遺伝子組み換え食品や科学殺虫剤に対する緩衝装置となっている」とあり,不一致と判断できる。

(d)「科学技術が決定論的でないと証明される例がこれまでにある」4 5 行目の「歴史はその反例を提供している」に一致。というより,本文を構成する2つの話題がまさしくその例である。

 

全訳

1 科学技術とは決定論的なものであろうか。多くの人々は,まるでそうであるかのような話しぶりだ。学生たちはしばしば,テレビやインターネットの普及は「必然的だった」と私に言ってきた。同じように,たいていの人々は自動車のない現代世界は想像できないと思っている。しかし,歴史は一見したところ必然的な(ものと思われる)科学技術に対する興味深い反例を提供している。銃は,いったん導入されたら,どの社会も拒絶することができない武器の典型的な例のように思われるだろう。けれども日本人はまさにそれをやったのである。日本人は1543年にポルトガル商人から銃を取り入れ,銃の作り方を学び,徐々に弓と刀を手放した。早くも1575年に,銃は大きな戦い(長篠の戦い)において決め手となる(→勝敗を左右する)ことがわかったが,その後,文化的な理由としか考えられないことのために,日本人は銃を捨て去ったのだ。彼らが製造した銃は十分機能したが,武士にとって銃は象徴的な価値をほとんど持たなかった。彼らは社会的身分のしるしとして,伝統的な武器の方を好んだのだ。時の政府は銃の製造を制限したが,このことだけでは日本が刀と矢に逆戻りしたことを説明するのに十分とはいえないだろう。他にも銃の所有と使用を制限しようとしてきた国家はあるが,多くの場合うまくいかなかった。しかし,日本の武士階級はこの新しい武器を拒絶し,銃は姿を消したのである。銃は1853年以降になってようやく再び日本に入ってきたが,それはペリー提督が軍艦を操船して日本の領海内に入り,西洋に対して開国することを日本に強いた年であった。

2 日本が長い間銃を拒絶することに成功したことは啓発的だ。外部の干渉を受けずに行動できる社会や集団は,強力な科学技術を廃絶することができる。アメリカ合衆国では,アーミッシュの人たちはいかなる道具も,それが共同体に及ぼしうる影響を慎重に評価するまで,使用することを許可しない。たとえば,彼らは一般的に家庭用電話の使用を控え,直接対面したコミュニケーションの方を好む,とはいっても外部の世界に対応するために限られた電話の使用は許可しているが。彼らは自動車もガソリントラクターも受け入れていない。その代わり,彼らは馬を飼育し,独自の一頭立ての軽装馬車や農業機械類を作っている。これらの選択によって共同体は,それぞれの農場経営者が毎年農業機械類やガソリンや人工肥料に何千ドルも費やす場合よりも,はるかに自給自足できる社会になっている。というのは,それらはすべて必然的に共同体の外側から持ち込まれるからだ。それぞれの個人に市場で選択させておくのでなく,彼らの指導者たちがそういった事柄を決定する。このような慣行は単に時代遅れにすぎないように思われるかもしれないが,遺伝子組み換え食品や化学殺虫剤のようなものに対する緩衝装置になってくれるし,共同体を維持するのに役立つ。実際,アーミッシュの人たちは増えているし,繁栄し

ている。日本が銃を排除したことと,アーミッシュが現代的な農業器具を一部の物に限定して受け入れていることは,共同体が自らを意識した科学技術の選択をすることができ,また,非常に強力な科学技術にも抵抗できることを示している。

 

要約

科学技術は決定論だと考えるかもしれないが,必ずしもそうではない。いったん導入したら捨て去れない武器である銃を放棄した日本や,外部からの道具の使用を拒んで自給自足社会を築くアーミッシュはその好例である。 (100字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 運命は決定論的であるように言う人が多いが,歴史には反例もある。銃はいったん導入すると捨て去ることができない武器の典型だが,日本人は武士の象徴として伝統的な刀の方を好んだため,日本の社会では銃は定着しなかった。

2 英文省略

要旨 アーミッシュの人たちは,外部から持ち込まれる道具を使用せずに,自給自足の共同体を築いている。共同体が科学技術を選択したり,科学技術に抵抗することも可能なのだ。

 

文構造

語句と構文

  1. classic case「典型的な例(見本)」
  2. reject「拒絶する,拒否する」

once ...「いったん~すると」

  1. bow「弓」発音注意。

sword「刀」発音注意。

As early as ...「早くも~に」

prove「~であるとわかる」

decisive「決定的な役割を果たす,勝敗を左右する」

  1. work well「十分機能する」
  2. symbolic value「象徴的な価値」

11-12. a sign of their social status「彼らの社会的身分のしるし」

  1. reversion to ...「~への逆戻り」
  2. Commodore Perry「ペリー提督」
  3. open itself ここは「開国する」の意味。
  4. revealing「啓発的な,参考になる」
  5. without outside interference「外部からの干渉を受けずに」
  6. permit A to be used「A を使用する(← A が使用される)ことを許可する」
  7. its potential impact on ...「それが~に及ぼすかもしれない影響」
  8. buggy「一頭立ての軽装馬車」
  9. leave each individual to do「それぞれの個人に~させておく」
  10. genetically modified foods「遺伝子組み換え食品」

chemical pesticide「化学殺虫剤」

  1. make self-conscious technological choices「自らを意識した科学技術の選択をする」

 

Grammar & Usage

 〈解答〉

1  1. ①  2. ③  3. ④  4. ①  5. ②  6.

2  1. (1) what     2. (2) to discuss

 3. (2) many    4. (3) of

3  1. (That is) why she agreed to what (her friends had suggested).

 2. (We had a flat tire on the way here, but a taxi driver) who just happened to be passing by helped change (it).

 3. (He is) said to be as nice a person as (his wife.)

4. (It’s) certainly a pleasure to meet you this (afternoon).

 

解説

1.「彼女は自分はコンピュータを使うのがうまいと言ったが,それは嘘であるとわかった」she was good at using computers という節の内容を先行詞とする非制限用法の関係代名詞which を入れる。

2.「私が今日あるのは,高校時代の恩師である竹本先生のおかげだ」owe A to B は「A B のおかげとする」の意味。空所にwhat を入れて,A が「今日私がそうであるもの」,すなわち「今日の私」という意味になるようにする。

3.「山田氏は,暇な時間がほとんど残っていないので面白くなかった」leisure time は不可算名詞であるから,④以外は不可。

4.「私の息子には3人の親友がいるが,彼らはみんなクラスメートだ」接続詞がないので,関係詞を用いて2つの節を結ぶことになる。コンマ以下を独立した文の形で表すと,All of them are his classmates.となる。

5.「先生は私たちに,週末までにリポートを提出し,さらにそのうえ3 冊の本を読むようにと言った」what is more「そのうえ」〈what is +比較級〉は「さらに~なことに」の意味を表す。what は関係代名詞だが,成句として覚えるとよい。

6.「パーティの翌日,冷蔵庫の中に食べ物はほとんど何も残っていなかった」hardly any は「ほとんどない」の意味。There was almost no food .... ということである。

1.「この本で私が気に入ったのは,急速に変化する70年代初期の戦後世界についての著者の記述であった」liked の目的語となり,was の主語となる名詞節を導く語は,How ではなくWhat。

2.「今日は話し合う事柄がたくさんあるので,少なくとも会議に2時間を見ておくべきです」discuss は「~について話し合う,議論する」という意味の他動詞なので,後に前置詞のabout は不要。

3.「医療の向上は,さらに多くの人々が以前より長く健康な生活を送るのに役立っている」比較級で差の度合いを表す場合,〈more +複数名詞〉の前ではmuch ではなくmany を用いる。

4.「1492年のコロンブスの航海と1498年のバスコ・ダ・ガマの航海の理由については,長い間議論されている」and が何と何を結ぶかを考えると,for が不適切であることがわかる。and の後ろにthe voyagesを補って考えるとよい。

1.「そういう理由で彼女は友人たちが提案したことに同意したのです」「それが,彼女が~した理由だ」ということであるから,That is の後にはwhy で始まる先行詞のない関係副詞節が続く。what は先行

詞を中に含んだ「~すること」の意味の関係代名詞。agree to A は「A に同意する」の意味。

2.「ここに来る途中で車がパンクしたが,たまたまちょうど通りかかったタクシーの運転手がタイヤを交換するのを手伝ってくれた」語群からhappen to do「たまたま~する」とhelp do「~するのを手伝う」の形を見つけ出す。pass by「通り過ぎる」

3.「彼はその妻と同じくらい良い人だそうだ」is said to be ...「~だと言われている,~だそうだ」「~と同じくらい良い人」as nice a person as ...〈as +形容詞+ a +名詞〉の語順に注意。

4.「今日の午後にあなたにお会いできるのは本当にうれしいことです」It’s a pleasure to do「~するのはうれしいことだ」It to 以下を指す仮主語。副詞certainly の位置に注意。

 

Dialogue

〈解答〉

4  (1) ⑩  (2) ⑧  (3) ①  (4)

5  ②

 

解説

(1) 直前にExcuse me. と言っていることと,続くB の発話がSure. What’s the problem?「いいですとも。どうされましたか」であることから,依頼の表現を考える。I was wondering if ... は「~していただけませんか」という丁寧な依頼の言い方。過去形にすることで一層控えめな表現となっている。

(2) 直前の「最良の方法ではない」に続く言葉として適しているのは「もっと速くて安い行き方がある」。(3) 説明を聞いて納得する「わかりました」が適切。乗り換えは一度もないので,④は不可。

(4) 続くA の発話にあるtry to の後にfind myself a bargain が省略されている。「お買い得品が見つかるといいですね」と肩を押されて,「見つけてきます」と応じている。

feel strange「からだの調子が悪い」 the fish might not have been fresh「魚が新鮮でなかったのかもしれない」 ①「メグは魚が奇妙に見えると感じた」 ②「メグはおそらく傷んだ魚を食べた」 ③「メグは魚をメニューからはずすべきだったと感じた」 ④「ピートが私の顔色が悪いと言うのは変だ」

 

全訳

  A:すみません。ちょっと助けていただけませんでしょうか。

B:いいですとも。どうされましたか。

A:コリングウッド・マーケットに行こうと思っているんですが,このバス停でよろしいですか。

B:そうですね,ここからでも行けますが,最善の方法ではありませんね。もっと速くて安い行き方がありますよ。

A:本当ですか。

B:この道路を横断して,それから2ブロック坂道を下りていくと,地下鉄の駅に出ます。そこからだと電車でまっすぐマーケットに行けます。

A:わかりました。簡単に行けそうですね。手を貸していただいてありがとうございました。

B:どういたしました。すてきなマーケットですよ。お買い得品が見つかるといいですね。

A:がんばってみます。とにかくありがとうございました。失礼します。

 

ピート:顔色が悪いね。

メグ :ええ,からだの調子がおかしいのよ。

ピート:それ,どういうわけ?

メグ :昼食に食べた魚が新鮮でなかったのかもしれないと思うの。

 

Translation

〈解答〉

6 In order to see things correctly, we must find a suitable distance. One of the things art teaches us may be the way of finding such a distance.

別解 To see things as they are, we must find a proper distance. One of the things that art gives us is the way we understand this distance.

 

解説

6 「正しく」はcorrectly の他に, exactly「正確に」,in a proper way「適切なやり方で」,as they are「あるがままに」などで表せる。「~の見つけ方」はthe way of finding ..., the way to find ..., the way we find ... など。「見つける」をunderstand「理解する」ととらえることもできる。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事