スポンサーリンク

問題

Chapter 18

 

Reading Comprehension

 

Any muscle in your body can be made stronger through exercise—whether you’re building your muscle by lifting barbells, or training your thumbs by text messaging. If self-control is a muscle (even a metaphorical muscle), it should be possible to train it, too. As with physical exercise, using your self-control muscle may be tiring, but over time, the workout should make it stronger.

Researchers have put (1) this idea to the test with willpower-training programs. We’re not talking about any kind of military boot camp*. These interventions take a simpler approach: Challenge the self-control muscle by asking people to control one small thing that they aren’t used to controlling. For example, one willpower-training program asked participants to create and meet self-imposed deadlines. You could do this for any task you’ve been putting off, such as cleaning your closet. The schedule might be: Week 1 open the door and stare at the mess, Week 2 take out everything from the closet, Week 3 set aside stuff that you haven’t used in over five years, Week 4 throw it away. When the willpower trainees set this kind of schedule for themselves for two months, (2) not only did closets get cleaned and projects completed, but they also improved their diets, exercised more, and cut back on cigarettes, alcohol, and caffeine. It was as if they had [  X  ] their self-control muscle.

Studies have found that committing to any small, consistent act of self-control, such as [ ] your posture, [ ] back on sweets, and keeping track of your spending, can increase overall willpower. And while these small self-control exercises may seem inconsequential, they appear to improve the willpower challenges we care about most, including [ ] at work, [ ] good care of our health, [ ] temptation, and feeling more in control of our emotions. One study, led by a team of psychologists, even tested whether two weeks of willpower training could reduce violence against a romantic partner. They randomly assigned forty adults to one of three training groups. One group was asked to use their non-dominant hand for eating, brushing their teeth, and opening doors. The second group was told to avoid swearing* and to say “yes” instead of “yeah.” The third group received no special instructions. After two weeks, participants in both self-control groups were less likely to respond to typical emotional triggering events with violence. The third group, in contrast, showed no change. Even if you don’t personally struggle with physical violence, we all know what it’s like to lose our temper and do something out of anger that we later regret.

The important “muscle” action being trained in all these studies isn’t the specific willpower challenge of meeting deadlines, using your left hand to open doors, or keeping swear words to yourself. It’s the habit of noticing what you are about to do, and choosing to do the more difficult thing instead of the easiest. Through each of these willpower exercises, the brain gets used to pausing before acting. The triviality of the assignments may even help (3) this process. The tasks are challenging, but they’re not overwhelming. And while the self-restraints require careful attention, they’re unlikely to trigger strong feelings of being deprived. (“What do you mean I’m not allowed to say, ‘yeah’!?! That’s the only way I can survive”) (4) The relative unimportance of the willpower challenges allowed participants to exercise the muscle of self-control without the internal stress that makes attempts to change difficult. (神戸大:583語)

 

A  下線部()の内容を35字以内の日本語で説明しなさい。

B  下線部()を和訳しなさい。

C  文中の[ X ] に最も適した語を選びなさい。

(a) damaged            (b) lost                      (c) strengthened         (d) weakened

D  文中の[ ] [ ] に適した語を,それぞれ選びなさい。

(a) cutting               (b) focusing              (c) improving              (d) resisting                     (e) taking

[]      []      []       []       []      

E  下線部()の具体的な内容を,日本語で説明しなさい。

F  下線部()を和訳しなさい。

G  本文の内容に合うものを1つ選びなさい。

(a) A period of two months is required to strengthen willpower.

(b) Difficult tasks are very appropriate as willpower exercises.

(c) Feelings of regret help to strengthen the willpower muscle.

(d) Willpower training invites people to pay attention to their words and behaviors.

 

Grammar & Usage

 

1 各文の(  ) に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. We have to get her (  ) what she is supposed to do by tomorrow. (宮崎大)

do                       to do                     to doing                                         will do

  1. If I (  ) the seminar last year, I would be able to speak English more fluently now. (立教大)

had attended   have attended    should have attended                                         were attending

  1. Hardly (  ) started when it began to rain. (東京電機大)

have the picnic had the picnic      the picnic have                                         the picnic had

  1. This workshop will enable (  ) your communication skills. (近畿大)

of your developing                                that you develop

to your developing                                you to develop

  1. Rarely (  ) a headache, but I’ve had a bad one for a few days. (松山大)

I get                   I have got             do I get                                         have I get

2 各組2文がほぼ同じ意味になるように,空所に適語を補いなさい。

  1. William went to sea in his teens. (青山学院大)

William became a (  ) in his teens.

  1. I am sorry I didn’t mention it earlier. (中央大)

I (  ) have mentioned it earlier.

  1. I paid more than 10,000 yen for the repairs. (佛教大)

The repairs (  ) me more than 10,000 yen.

  1. I’ll give you what help is possible. (同上)

I’ll give you (  ) the help that is possible.

(  ) 内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. あの事故がなかったら,私たちは彼と会えたのに。 (神戸学院大)

(the accident / it / been / not / for / had / if), we could have seen him.

  1. 私がもはやそんなに若くないということを忘れないでね。 (高知大)

Bear (any / am / young / in / I / not / mind / more / that / so).

  1. 昨日になってやっと,私は彼女が本当に言いたかったことがわかりました。(白百合女大)

(yesterday / only / finally / what / actually / did / she / understand / I) wanted to say.

 

Dialogue 総合問題:「理髪店で」

 

4 次の対話の(  ) に入る最も適切なものを下から選びなさい。(麗澤大)

A : Good afternoon, Mr. Sato. How would you like it today?

B : ( )

A : You don’t like this style anymore?

B : ( )

A : Oh, congratulations!

B : ( )

A : I see. So maybe you want to change the length?

B : ( )

A : Don’t worry. Look at this hairstyle catalog. Some of these are very nice.

B : ( )

I don’t want to, but the new company has a short-hair policy.

I was thinking of trying something new.

Thanks! But because of that, I’m thinking of a more professional look.

Alright, maybe I can find the right look here.

Well, you know I got a new job recently.

Well, thanks for helping! And good luck in that new job!

 

Translation

 

Translate the Japanese prompts in the following dialogue into natural English. You MUST use ALL the English words provided after each Japanese prompt, in the form and order they appear.

(早稲田大)

A : You look terrible.

B : 1(徹夜でレポート作成をしていました : up / all / working / my paper. 2(もっと早く書き始めてさえいたら : only / I / begun / writing, I wouldn’t be in such a state.

A : Are you going to be able to take today’s test?

B : Just 3(コーヒー1杯飲ませてください : have / a / cup. Then I’ll be fine.

 

(1)                                                                                     

(2)                                                                                    

(3)                                                                                    

 

解答・解説

Chapter 18

 

Reading Comprehension

〈解答〉

 

A  筋肉の場合と同様,自制心も時間をかけて鍛えれば強くできるという考え。(34字)

B  クローゼットがきれいになって計画が達成されただけでなく,食生活も改善し,運動量も増え,タバコ,アルコール,カフェインの摂取量も減った。

C  (c)

D  [1] (c)  [2] (a)  [3] (b)  [4] (e)  [5] (d)

E  自分がやろうとしていることに注意し,最も簡単なことではなく,より難しいことをする方を選ぶという習慣をつけることで,脳が行動する前に少し間を置くことに慣れていく過程。

F  意志力の課題が比較的些細なものだったので,実験の参加者は,変わろうとする努力を困難にする精神的ストレスを感じずに自制心の筋肉を鍛えることができたのだ。

G  (d)

 

解法のポイント

A 「この考え」は前段落の内容を指す。特にその第2文と第3文を中心にまとめると指定の字数に収まる。text messaging「携帯電話でメールを送ること」selfcontrol「自制心」metaphorical「比喩的な」as with ...「~の場合と同様に」 over time「時が経てば,やがて」workout「トレーニング」

B  not only A but also BA だけでなくB も」の構文だが,強調のためにnot only が頭に来ているため,後のS V の語順がYes/No 疑問文と同じ語順になっている。get cleaned「きれいになる,片づく」projects completed did projects get completedと考える。projects got completed「計画が達成された」ということである。

closets get cleaned

Not only did   (and)

projects (get) completed

they the willpower trainees「意志力訓練生」を指す。improve one’s diets「食事を改善する」cut back on ...「~(の摂取量)を減らす」

C 「まるで自制心の筋肉を鍛えた(←強化した)かのようであった」とすれば意味が通る。(a)「傷つけた」(b)「失った」(d)「弱めた」

D  [1]「姿勢をよくする」 [2]「甘い菓子(の摂取量)を減らす」 [3]「仕事中に注意を集中させる」 [4]「健康に十分留意する」 [5]「誘惑に打ち勝つ」

E  this process は前文および前々文の内容を指すが,まとめるのに少し工夫が必要である。the habit of doing「~する(という)習慣」what you are about to do「自分がやろうとしていること」instead of ...「~の代わりに,~ではなくて」get used to ...「~に慣れる」pause「少し間を置く(→思案する)」

F  relative unimportance「比較的些細なことであること」willpower challenges「意志力の課題」allow A to doA が~するのを可能にする」the muscle of self-control「自制心という筋肉」internal stress「精神的ストレス」make ... difficult「~を困難にする」attempts to change「変わろうとする努力」

G  (a)「意志力を鍛えるには2か月という期間が必要である」23行目から始まる調査では2週間の意志力訓練が行われた。そして28行目以降にあるように,意志力強化に一定の成果が出ている。従って,内容と合致しない。

(b)「困難な課題は意志力の訓練として非常に適切である」3738行目に「課題が小さなことであることが,この過程( = 意志力の訓練)を助長している」とあり,また最終文にも「課題が比較的些細なものだったので,実験の参加者は精神的ストレスを感じずに~できた」とある。これも不一致。

(c)「後悔の気持ちは意志力の筋肉を鍛えるのに役立つ」「後悔の気持ち」については本文で言及されていない。

(d)「意志力の訓練によって人は自分の言葉や行動に注意を払うようになる」35行目に「自分がやろうとしていることに注意する」,37行目に「行動する前に少し間を置く」といった表現が,訓練の成果として述べられている。これが正解。

 

全訳

1 身体のどの部分の筋肉でも運動によって強化することができる―バーベルを持ち上げて筋肉をつけているにせよ,携帯電話でメールを打つことで親指を鍛えているにせよだ。もし自制心というものが筋肉(というよりむしろ比喩的な筋肉だが)だとすると,それもまた鍛えることができるはずだ。身体的な運動の場合と同様に,自制心という筋肉を使うことは疲れるかもしれないが,時がたつにつれ,トレーニングによってそれは強くなるはずだ。

2 研究者たちは意志力訓練プログラムを使ってこの考えを試した。軍隊の新兵訓練所のようなもののことを言っているのではない。これらの訓練プログラムはもっと簡単な方法をとる。つまり,コントロールすることに慣れていない些細なことをコントロールするよう人々に求めて自制心という筋肉を試そうというのである。たとえば,ある意志力訓練プログラムでは,参加者たちに自ら課した期限を定め,それに間に合わせるよう求めた。たとえばクローゼットの掃除のような,これまで先送りしてきたあらゆる仕事に対してこれを行うことができる。予定は次のようになるかもしれない。1週目:ドアを開けて散らかった状態をじっと見つめる,2週目:クローゼットの中からすべてを取り出す,3週目:5年以上使ってないものを脇に置く,4週目:それを捨てる。意志力訓練生が自分でこのような予定を2か月間設定すると,クローゼットがきれいになって計画が達成されただけでなく,彼らは食生活を改善し,もっと運動し,タバコ,アルコール,カフェインの摂取量を減らしたのだ。まるで彼らは自制心という筋肉を鍛えたかのようであった。

3 姿勢をよくしたり,甘い菓子の摂取量を減らしたり,支出の状況を常に把握しておくといった,小さくて持続的な自制行動に専念することは意志力全般を高め得ることが研究でわかっている。それに,これらの小さな自制心の訓練は取るに足りないことのように思われるかもしれないが,仕事中に注意を集中させるとか健康に十分留意するとか誘惑に打ち勝つとか,自分の感情をより抑制していると感じることを含め,私たちが最も関心を寄せる意志力の課題を向上させるように思われる。心理学者のチームによって指導されたある調査では,2週間の意志力訓練で恋人への暴力を減らすことができるかどうかということまで試された。心理学者たちは成人40人を無作為に3つの訓練グループのうちの1つに割り当てた。1つのグループは,食べたり歯を磨いたりドアを開けたりするために,自分の利き腕でない方の手を使うよう求められた。2番目のグループは,口汚い言葉を使わないように,またyeah(うん)ではなくyes(はい)と言うように言われた。3番目のグループは特別な指示を受けなかった。2週間後,(第1と第2の)どちらの自制心グル―プの参加者たちも,感情的になることを誘発する典型的な出来事に暴力で反応することが少なくなった。対照的に,3番目のグループは何も変化を示さなかった。たとえ個人的に身体的暴力と戦っていなくても,我々は皆,かっとして怒りから後々後悔するようなことをしてしまうことがどういうことかを知っている。

4 これらのすべての研究で鍛えられている重要な筋肉活動は,期限に間に合わせるとか,ドアを開けるのに左手を使うとか,口汚い言葉を人に言わないといった特定の意志力の課題ではない。重要なのは,自分がやろうとしていることに注意し,最も簡単なことではなく,より難しいことをする方を選ぶという習慣である。これらの意志力訓練の11つを通して,脳は行動する前に少し間を置く(→思案する)ことに慣れる。課題がささいなことであることが,この過程をさらに助長するかもしれない。課題は難しいが,圧倒されるほどのものではない。そして,自制心はきめ細かな注意力を必要とするが,何かを奪われるというような強い感情(「yeah『うん』と言ってはいけないとはどういうことだ? それが何とか生きていけるたった1つの方法なのに」)を引き起こしそうにはない。意志力の課題が比較的些細なものだったので,実験の参加者は,変わろうとする努力を困難にする精神的ストレスを感じずに自制心という筋肉を鍛えることができたのだ。

 

要約

筋肉と同様,自制心も訓練によって鍛えることができるはずだ。意志力の訓練によって自制心という筋力が鍛えられ,自分の言動に注意する習慣がつく,という実験の結果がある。意志力の課題は小さい方が効果的なようだ。 (101字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 身体の筋肉と同様に,自制心も訓練によって鍛えることができるはずだ。

2 英文省略

要旨 ある実験では,自ら期限を設けてそれに間に合わせるという訓練が行われた。2か月後,計画が達成された以外に,自制心という筋力が鍛えられたような成果が見られた。

3 英文省略

要旨 小さな行動が意志力全般を高めるようだ。ある調査では,利き腕でない手を使うとか,言葉づかいを制限するといった意志力訓練で暴力的な反応をすることが少なくなったという。

4 英文省略

要旨 重要なのは,自分の言動に注意し,より難しい方を選ぶという習慣である。意志力の課題が小さい方が,ストレスがなく,自制心という筋肉を鍛えるには適切かもしれない。

 

文構造

省略

 

語句と構文

1-2. whether ..., or ...「~にせよ,~にせよ」

  1. put A to the test「A を試す」

willpower-training programs「意志力訓練プログラム」

  1. intervention「介入,干渉」ここでは前文にあるwillpowertraining programs を指す。
  2. Challenge「~(の能力)を試す」コロン以下はa simpler approach の内容を記したもの。

8-9. one small thing that they aren’t used to controlling「彼らがコントロールすることに慣れていない些細なこと」

  1. create and meet self-imposed deadlines「自ら課した期限を定めて,それに間に合わせる」
  2. put off「先延ばしにする」
  3. commit to ...「~に専念する」
  4. keep track of ...「~の経過を追う,~の最新の情報を把握する」

spending「支出」

  1. inconsequential「取るに足らない」

care about ...「~に関心がある」

22-23. feel in control of one’s emotions「自分の感情を抑制していると感じる」

  1. assign A to B「A B に割り当てる」
  2. non-dominant hand「利き腕でない方の手」

29-30. respond to A with violence「A に暴力で反応する」

typical emotional triggering events「感情(的になること)を誘発する典型的な出来事」

  1. struggle with ...「~と戦う」

31-32. what it’s like to do「~することがどういうことか」☞ 文構造 ②

  1. out of anger「怒りから」

... that we later regret「我々が後で後悔する~」関係代名詞that の先行詞はsomething

  1. being trained in ...「~で鍛えられている」直前のThe important “muscle” action を後ろから修飾する分詞句。

34-35. keep ... to oneself「~を人に言わない」

  1. swear words「口汚い言葉」

It’s the habit of doing「それは~するという習慣である」It は前文のThe important “muscle” action... these studies を指す。

  1. triviality「ささいなこと」
  2. overwhelming「圧倒するような」

self‐restraint「自制」

  1. strong feelings of being deprived「何かを奪われるという強い感情」

40-41. What do you mean ...「~だなんてどういうことですか」驚き,苛立ちを表す。

 

Grammar & Usage

〈解答〉

 1. ②  2. ①  3. ②  4. ④  5.

2  1. sailor   2. should   3. cost   4. all

3  1. If it had not been for the accident, (we could have seen him).

2. (Bear) in mind that I am not so young any more.

 3. Only yesterday did I finally understand what she actually (wanted to say).

 

解説

1.「彼女がすることになっていることを,明日までに彼女にさせなければならない」〈get + O + to do〉「O に~させる」

2.「去年そのセミナーに通っておけば,私は今もっと流ちょうに英語を話すことができるだろうに」過去の事実と異なる仮定であるから,仮定法過去完了の形にする。本文では,その仮定に基づく「想像」の部分が現在の事実と異なる内容であるため,仮定法過去完了と仮定法過去が組み合わされて用いられている。

3.「私たちが出発するかしないうちに,雨が降り出した」hardly ... when ~は「…するとすぐに~,…するかしないうちに~」の意味を表す。主節の動詞は過去完了形,when 節の動詞は過去形にするのが

ふつう。本文は準否定語のhardly が文頭に置かれているため,続く〈S + V〉の語順が倒置されてYes/No 疑問文と同じ語順になる。

4.「この研修会で,あなたはコミュニケーション能力を伸ばすことができるでしょう」〈enable + O +to do〉は「O が~することを可能にする」の意味。〈物・事〉を主語とすることが多い。

5.「私はめったに風邪を引きませんが,数日前からひどい風邪を引いています」rarely「めったに~しない」という準否定の意味を表す副詞が文頭に置かれているため,後に続く〈S + V〉はYes/No 疑問文と同じ語順にする。

1.「ウィリアムは10代のときに船乗りになった」第1文のsea が無冠詞である点に注意。go to seaは「海に行く」ではなく,「船乗りになる」の意味。

2.「もっと早く言わなくて悪かった」=「もっと早く言うべきだった」〈should + have +過去分詞〉で「~すべきだったのに(しなかった)」という後悔・非難の気持ちを表す。

3.「私はその修理に1万円以上払った」=「その修理は1万円以上かかった」「(物が)O1(人)に O2(金額が)かかる」は,物を主語にして〈cost + O1+ O2〉で表す。

4.「可能な援助は何でもしましょう」what は関係形容詞。〈what 名 ~〉で「~する全部の 名」の意味。

  1. 日本語から「過去の事実と異なる仮定」を表す内容であることがわかるから,仮定法過去完了を念頭に置く。「~がなかったら」はIf it had not been for ... を用いて表すことができる。

2.「忘れないでね」はbear O in mindO を心に留めておく」を用いて表すことができる。語群から,O that 節になることがわかるので,O mindの後に置いたbear in mind that ... という形を考える。「もはや~ない」not ... any more

3.「昨日になってやっと」という日本語から,only yesterday を強調する表現であると見当をつけ,これを文頭に置いた構文を考える。これは否定語句に準じたものと考えることができるので,続く〈S V〉をYes/No 疑問文の語順すなわちdid I understand とする。「彼女が言いたかったこと」はwhat she wanted to say。残った2つの副詞の位置だが,finally understand の前,actually wanted の前以外に考えられない。

 

Dialogue

〈解答〉

(1) ②  (2) ⑤  (3) ③  (4) ①  (5)

 

解説

(1) 続くA の発話「もうこの髪型が気に入らないのか」から,B の発話は「新しい髪型にすること」に関することであると判断できる。② にあるsomething new は,具体的にはa new style のことである。

(2) 直前のA の発話に続くものは見あたらないので,直後のA の発話に着目し,「おめでとう」の対象となる事柄を探す。

(3) Oh, congratulations! に対してThanks. と応じる。また,③の第2文にあるa more professional look「もっと職業人っぽい外見」が,次のA の発話にあるchange the length につながる点も見逃さないこと。

(4) 直前のA の発話にあるchange the length につながりそうな表現を探すと,① a shorthair policyがある。 I don’t want to の後にchange the lengthが省略されていると考えると,すべて筋が通る。

(5)「カタログの中によい髪型がある」と言われて,「ぴったりのものが見つかるかもしれない」と応じる。here in this catalog のこと。

 

全訳

A:いらっしゃいませ,佐藤様。今日はどのようにいたしましょうか。

B:ちょっと新しいのにしてみようかなと考えていたんだけど。

A:もうこの髪型はお気に召しませんか。

B:いや,それが,最近新しい仕事についてね。

A:まあ,それはおめでとうございます。

B:ありがとう。でもそのために,もっと職業人っぽく見えるようにしようと思っているんだ。

A:わかりました。では,ひょっとして髪の長さをお変えになりたいと?

B:そうしたくはないのだけれど,新しい会社がショートヘアーの方針でね。

A:心配ご無用です。このヘアースタイルのカタログをご覧ください。中にはとても素敵なものもありますよ。

B: わかった。この中でぴったりの髪型が見つけられるかもしれないね。

 

Translation

〈解答〉

(1) I stayed [sit] up all night working on my paper.

(2) If only I had begun writing it sooner [earlier]

(3) let me have a cup of coffee

 

解説

5 指示文の意味:次の対話の日本語部分を自然な英語に訳しなさい。各日本語の後に与えられている英語をそのままの形と順序で用いること。

(1) 「徹夜で~する」→「~して徹夜する」stay [sit] up all night doing「レポート作成をする」→「レポートに取り組む」work on my paper

(2)「 ~してさえいたら」If only... 仮定法過去完了で表す。「もっと早く」earlier は時刻・時間帯・時期が絶対的に早いことを,sooner は「ある時刻・時期(=実際に書き始めた時)より早く」の意味を表すので,ここはどちらでも可。

(3) 「~を飲ませてください」「飲む」に当たるhave があるので,Let me have ... とする。「コーヒー一杯」a cup of coffee

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事