スポンサーリンク

問題

Chapter 19

 

Reading Comprehension

 

We’re standing on the banks of the Humber River, my father and I, the two of us enjoying the sun, the pleasant breeze. This is a rare outing for him. His loss of memory, a gradual loosening of his grip on the world, has made him increasingly reluctant to leave home, where he’s surrounded by things that are familiar, that can be named. But, today, he is coping well with the unfamiliarity all around him, remarkably well in fact. (1) Who knows when there’ll be another day like this — I’m determined we make the most of it.

To our right is the Humber Bridge. He gazes at it admiringly and says, “That must have taken some work, boy.”

This is the cue to take my notebook from my pocket, flip to the page where I’d scrawled some notes while reading the display about the bridge at the Information Center. He likes facts, cherishing their lack of ambiguity — clear and solid clues in a shape-shifting world.

“It took 480,000 tons of concrete and 11,000 tons of steel wire to build it,” I tell him. When I glance up at him, he’s alert, focused; nothing grabs his attention like detailed information about construction. He worked as a laborer all his life, this is his currency, these are things that still bring him satisfaction.

“That’s enough wire,” I continue, “to stretch one and a half times across the world.”

“That’s amazing!”

I knew he’d love that one. He shakes his head and looks back at the bridge.

“That took some work alright.”

(2) It’s good to see him re-engage with the world. There should be more days like this.

“When the winds reach eighty miles an hour,” I say, encouraged by his reaction, “the bridge bends by up to three meters in the middle. That’s close to ten feet — amazing, isn’t it?”

(3) Bad idea. His face grows tense, worried, and a nerve begins to jump under his eye. This drags him back to some dark and threatening place.

“Nature is fierce, boy. It doesn’t matter how hard he tries, man will never beat it.” He shakes his head emphatically, “Never.”

I wonder if he’s remembering the pitch and roll of the British navy ship on which he served in the Second World War. It must have been a terrifying experience, working hard as a stoker* in the bowels of the ship, knowing that if it went down, he would go down with it.

He looks at the bridge again and says, “I wouldn’t want to be on that on a [ ] day.”

“You’d be safe,” I say gently, “you wouldn’t actually feel the bridge moving.”

He looks doubtful. When I was young he was brave to the point of recklessness, burning with excited energy, refusing to ever compromise. In fact, while we’re on the subject of bridges, he once got into a fight with a Military Policeman while crossing one in Berlin shortly after the war — it ended when my father threw him into the Spree River. Oh yes, he was a tough character back then, well able to stand up for himself. But, as he grew older, (4) something hiding inside that he’d kept away for so long by sheer willpower, some dark and twisted thing, grew stronger, began to destroy his spirit. (首都大学東京:551語)

 

A  下線部()を和訳しなさい。

B  下線部()のように述べるのは,最近の彼のどのような状態を前提にしているのか,35字程度の日本語で説明しなさい。

C  下線部()の具体的な内容を35字程度の日本語で説明しなさい。

D  文中の[ ] に適した語を選びなさい。

(a) cloudy   (b) sunny   (c) rainy   (d) windy

E  下線部()を和訳しなさい。

F  本文の内容に合うものを1つ選びなさい。

(a) The author’s father is particularly in a bad temper today because things around him are all unfamiliar.

(b) The author has some knowledge about the Humber Bridge, which he acquired at the Information Center.

(c) The author didn’t think his father would get interested in the construction of the bridge.

(d) The author’s father used to be such a brave man as to dive into the Spree River.

 

Grammar & Usage

 

1 各文の(  ) に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. What (  ) you to change your mind so suddenly? (神奈川大)

thought     resulted         occurred               caused

  1. Oh no! The train’s running late again this morning, (  ) it? (南山大)

isn’t          won’t             doesn’t                  hasn’t

  1. A previous engagement (  ) me from accepting your invitation. (実践女大)

had           kept               made                    showed

  1. Jason hasn’t received his books yet. They might (  ) to the wrong address. (南山大)

send          have sent      have been sent     be sending

  1. Let me have a look at your new plan, (  ) you? (高知大)

shall         do                  will                       have

2 各組2文がほぼ同じ意味になるように,空所に適語を補いなさい。

  1. Why did you say such a thing to him? (大阪教育大)

(  )(  ) you say such a thing to him?

  1. Because I had a bad toothache, I couldn’t sleep all night. (愛知学院大)

A bad toothache (  ) me awake all night.

  1. His performance was perfect. (実践女大)

His performance left (  ) to be desired.

  1. You just have to click this URL. (同上)

(  ) you have to do is to click this URL.

  1. Who would have thought of such an idea? (神戸学院大)

(  ) would have thought of such an idea.

(  ) 内の語句を並べかえて英文を完成させなさい。

  1. 病気のため,私はやむをえずパーティには不参加となった。 (名城大)

Illness (part / me / in / to / give / taking / forced / up) the party.

  1. その経験で,私は自分がどれだけ世の中をわかっていないのかを思い知らされました。(摂南大)

The experience (knew / little / made / how / realize / me / about / I) the world.

  1. スクールバスがそんな短時間でそれほど遠くへ行ったはずはありません。 (武庫川女大)

(cannot / far in / gone so / have / short time / such a / the school bus).

 

Dialogue 総合問題:「早く出発しよう」

 

Read the following conversation, and for each of the numbered spaces ()(),choose the most suitable option from those given below. (日本大)

Kelly    : What time should we leave?

Miguel  : I think we should leave at about 4 :30 to beat the traffic.

Kelly    : 4 :30!  ( )

Miguel  : But if we get stuck in a traffic jam we’ll miss our flight.

Kelly    : But traffic doesn’t get heavy until about 6 :00. We can leave later.

Miguel  :  ( )

Kelly    : Yeah, but we still got to the airport in plenty of time.

Miguel  : It wasn’t plenty of time. We barely made it!

Kelly    : What are you talking about? We had time for a leisurely breakfast!

Miguel  : Leisurely?  ( )

Kelly    : No, we had to rush after going through security.

Miguel  :  ( )

Kelly    : No, it was because security was crowded.

Miguel  : So if we had gotten there earlier, it wouldn’t have been a problem.

Kelly    : You really want to leave at 4 :30, don’t you?

Miguel  :  ( )

But remember what it was like last year?            It is cheaper that way.

That’s because we left too late.                              That’s way too early!

There’s no plan.                                                      We had to rush.

What time do we return?                                       Yes, better safe than sorry.

 

Translation

 

5 次の日本文を英語に直しなさい。

  1. 理科の試験のために,もっとしっかり勉強しておくべきでした。 (日本女大)
  2. スマートフォンはたくさんの機能があってとても便利だが,家に置いてきてしまったら,その日一日まるで何もできない気がする。 (中央大)
スポンサーリンク

解答・解説

Chapter 19

 

Reading Comprehension

〈解答〉

A  こんな日が次にいつ来るのかだれにもわからない。私はこの日を最大限に活かそうと心に決めている。

B  記憶が衰え,現実の世界が把握できなくなって,家からあまり出ない状態。(34字)

C  技術を尽くした橋でも強風が吹くと中央部がたわむ,と父親に伝えたこと。(34字)

D  (d)

E  父が意志の力だけでこれほど長い間遠ざけてきた,心の内に隠れたもの,何か暗くてねじれたものが力を増し,父の精神を破壊し始めたのだった。

F  (b)

 

解法のポイント

A  Who knows ...? は「だれにわかるだろう」と問う形で,「だれにもわからない」ということを強調する修辞疑問。another day like this「このような別の日」とは「またやって来るこのような日」ということ。be determined that ...「~ということを心に決めている」make the most of ...「~を最大限に活用する」

B  下線部は「父が再び世の中と関わるのを見るのはうれしいことだ」という意味。reengage with ... 「~と再び関わりを持つ[触れ合う]」2 4行目に,「記憶を失い,現実の世界が把握できずに,家から出たがらない」という最近の父親の様子が描写されている。loss of memory「記憶喪失」a gradual loosening of ...「~が徐々にゆるんでくること」grip on the world「世間を把握する力」make A increasingly reluctant to doA をますます~したがらなくする」

C 「まずい考え」とは,父親に「風が時速80マイルに達すると,橋は真ん中のところで最大3メートルもたわむんだ。10フィート近くだよ。すごいだろ?」と言ったことである。建築物についての詳細な情報が父親を喜ばせると思った筆者が,思わず言ってしまったのである。これを聞いた父親の表情の変化を見た瞬間,筆者は「しまった。まずいことを言った(→言わなければよかった)」と後悔するのであった。具体的な数字を書かなければ指定の字数に収まるであろう。

D  筆者が口にした強風時の橋の揺れがきっかけとなって,父親は自然の恐ろしさを思い出したのであった。a windy day「風の強い日」

E  that ... willpower something hiding inside「心の内に隠れているもの」を先行詞とする関係代名詞節。keep away「遠ざける」for so long「こんなにも長い間にわたって」by sheer willpower「すさまじい意志の力で」some dark and twisted thing「何か暗くてねじれたもの」はsomething ... willpower を言い換えたもので,文法的には同格関係にある。☞ 文構造

F  (a)「筆者の父親は今日は特に機嫌が悪い。それは周りがすべて見慣れないものばかりだからだ」5 6行目に「今日は父は周りの見慣れないものに非常にうまく対応している」とあり,「機嫌が悪い」とは考えられないから,不一致。

(b)「筆者はハンバー橋についていくらか知識があるが,それはインフォメーションセンターで」得たものである。1012行目に「インフォメーションセンターでその橋に関する情報を読みながらメモを走り書きしておいたページ」という記述がある。これが正解。

(c)「筆者は父親が橋の建設に興味を持つだろうとは思わなかった」1517行目に「工事についての詳細な情報が彼の関心を引き,父に満足感をもたらす」という筆者の思いが記されている。よって不一致。

(d)「筆者の父親は,昔はシュプレー川に飛び込むほど勇敢な男だった」3839行目に「けんかの相手をシュプレー川に放り投げた」とあるが,彼自身が川に飛び込んだという記述はないから不一致。

 

全訳

1 私たち,父と私はハンバー川の川岸に立ち,二人は日差しと心地よいそよ風を楽しんでいる。今日は父にとってめったにない遠出だ。記憶喪失や現実の世界を徐々に把握できなくなっていることで,父はますます家から出たがらないようになってきた。家ではなじみのあるもの,名前が言える物に囲まれているからだ。しかし,今日父は周りの不慣れなものにうまく対処している,実際非常にうまく。こんな日が次にいつ来るのかだれにもわからない。私はこの日を最大限に活かそうと心に決めている。

2 私たちの右側にハンバー橋がある。父はうっとりとしてそれを見つめ,「なあ,あれを建てるにはずいぶんと大変だっただろうな」と言う。

これをきっかけに,私はポケットからノートを取り出し,インフォメーションセンターでその橋に関する情報を読みながらメモを走り書きしておいたページをめくる。父は事実を好む。そのあいまいさがないことを大切にしている。それは形が変わっていく世界の中で,明快で確かな手がかりだからだ。

3 「橋を建てるのに48万トンのコンクリートと11千トンの鋼鉄ワイヤーが必要だったんだ」と私は父に言う。父をちらっと見上げると,父は気を緩めず集中している。建設についての詳細な情報ほど彼の関心を引くものはない。父は生涯肉体労働者として働いた。これなら父にも通じる情報であり,今でも父に満足感をもたらすのはこういった具体的な情報なのだ。

「そのワイヤーは」と私は続ける。「伸ばすと世界をゆうに1周半する長さになるんだ」

「信じられないような話だな!」

その話を父が気に入ることはわかっていた。彼は首を振ってその橋を振り返る。

「間違いなくずいぶんと大変だったんだ」

父が再び世の中と関わりを持つのを見るのはうれしいことだ。こんな日がもっと増えた方がいい。

「風が時速80マイルに達すると」と私は父の反応に元気づけられて言う。「橋は真ん中のところで最大3メートルもたわむんだ。10フィート近くだよ。すごいだろ?」

4 まずいことを言った。父の表情はこわばって,不安そうになり,神経が目の下でぴくぴくし始める。このことが父をどこか暗くて脅迫的な場所へと引き戻す。

「なあ,自然はどう猛だ。どんなに懸命に努力しようと問題じゃない。人間が自然に打ち勝つなんてことは絶対にないだろう」父は強く首を振って「絶対に」ときっぱり言った。

父は第2次世界大戦中軍務についていた英国軍艦の縦横の揺れを思い出しているのだろうか。その揺れは恐ろしい経験だったに違いない。というのも,船底でかまたきとして懸命に働き,船が沈めば自分も一緒に沈んでしまうとわかっていたのだから。

父はもう1度橋を見て,「風の強い日にはあれの上にいたくないものだ」と言う。

「お父さんは安全だよ」と私は優しく言う。「実際に

橋が動いているのを感じることはないんだ」

5 父は疑っているようだ。私が若かった頃,父は無謀と言ってもよいほどに勇敢で,抑えきれないエネルギーで燃えていて,一切妥協しようとはしなかった。実際,橋を話題にしているのだが(→橋の話題で言うと),戦後間もなくベルリンで橋を渡っていた時に父は1人の憲兵隊員となぐり合いのけんかになったことがあった ― そのけんかは父が相手をシュプレー川に放り投げて終わったのだが。そう,父は当時簡単にへこたれない性格で,十分自分で生きていくことができたのだ。しかし,年をとるにつれて,父がすさまじい意志の力でこれほど長い間遠ざけてきた,心の内に隠れたもの,何か暗くてねじれたものが力を増し,父の精神を破壊し始めたのだった。

 

要約

記憶喪失で現実把握の困難な父が,橋の工事の詳細な情報に触れて,世間との関わりに関心を示す。しかし,強風時への言及がきっかけとなって,心の内に秘めていた戦時中の過酷な経験を思い出し,自然の恐ろしさが蘇る。 (101字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 記憶喪失と困難な現実把握のため家から出たがらない父が,今日は珍しく遠出して外部の世界とうまく対処している。私はこの日を最大限に活かそうと思っている。

2 英文省略

要旨 父はハンバー橋を感慨深げに眺めている。私はノートを取り出し,その橋に関する情報をメモしておいたページをめくる。父は事実を好むからだ。

3 英文省略

要旨 橋の工事についての詳細な情報を伝えると,父は気を緩めずに集中している。思わず強風が吹くと橋の中央部がたわむという話をしてしまう。

4 英文省略

要旨 これを言ったのはまずかった。父は不安な表情になり,暗い世界に引き込まれて行く。戦時中軍艦の底で働いていた頃の恐ろしい経験を思い出しているようだ。

5 英文省略

要旨 父はかつては勇敢で,一切妥協のないタフな人であった。しかし,年をとるにつれ,これまで心の内に秘めてきた暗いものが力を増して,父の精神を破壊し始めたのだ。

 

文構造

省略

 

語句と構文

  1. outing「遠出,小旅行」
  2. cope well with ...「~とうまく対処する」
  3. To our right is A「私たちの右側にA がある」方向を表す副詞句が文頭に置かれたことによる倒置構文。
  4. must have taken some work「相当な労力を要したに違いない」

boy「(親しい男性に呼びかけて)なあ,おい」

  1. This is the cue to do「これが~する合図だ」→「これがきっかけとなって~する」This は直前にある父親の言葉。

flip「ページなどをすばやくめくる」

  1. scrawl「走り書きする」
  2. cherishing ... は分詞構文。(= and cherishes ...

lack of ambiguity「あいまいさがないこと」their facts を指す。

  1. alert, focused「気を緩めずに集中している」focused は「注意を集中させる」の過去分詞。
  2. this は前文にあるdetailed information about construction を指す。
  3. currency「受容」his currency は「彼に受け入れられる情報,彼によく通用する情報」の意味で用いられている。

these は具体的には480,000 tons of concrete and 11,000 tons of steel wire を指す。

  1. enough wire ... to stretch one and a half times across the world「世界を1 周半するぐらい伸ばせるワイヤー」
  2. shake one’s head「首を横に振る」No. と言うのに相当し,否定を表す。直前に発した「信じがたい驚くべき話だ」という言葉を打ち消して,次の「いや確かにずいぶんと大変だったんだ」に移るときの動作である。
  3. alright = all right「間違いなく,確かに」
  4. encouraged by ...「~に元気づけられて」分詞構文。
  5. bend「たわむ,しなる」

by up to three meters「(最大)3メートルまで」

26-27. a nerve begins to jump under his eye「神経が目の下でさっと動き始める」とは「目元に緊張が走り始める」ということ。

  1. This は2325行目の「強風時の橋への筆者の言及」を指す。

drags him back to some dark and threatening place「彼(父)をどこか暗くて脅迫的な場所へと引き戻す」具体的には3033行目にある「戦時中の恐ろしい経験」を「思い出させる」こと。

  1. It doesn’t matter how ...「どんなに~しても問題じゃない」
  2. pitch and roll「(船の)縦横の揺れ」
  3. It はthe pitch and ... navy ship を指す。

31-32. working ..., knowing は「理由」を表す分詞構文。

  1. bowel「奥深いところ,奥底」
  2. to the point of ...「~と言ってもよいほどに」
  3. burning with ... とrefusing to ... は,どちらも分詞構文。

37-38. while we’re on the subject of bridges「私たちは橋を話題にしているところだが」ここが現在形であることに注意。

  1. get into a fight with ...「~となぐり合いのけんかになる」

Military Policeman「憲兵隊員」

  1. stand up for oneself「自力で生きていく」

 

Grammar & Usage

〈解答〉

1  1. ④  2. ①  3. ②  4. ③  5.

 1. What made   2. kept   3. nothing   4. All  5. Nobody

3  1. (Illness) forced me to give up taking part in (the party).

2. (The experience) made me realize how little I knew about (the world).

3. The school bus cannot have gone so far in such a short time.

 

解説

1.「どうしてそんなに突然気が変わったのですか」「何があなたに気持ちをそんなに突然変えさせたのか」という無生物主語の文。〈cause + O + to do〉は「(人)に~させる」の意味。

2.「何ということだ。電車は今朝もまた遅れているんだね」肯定文の付加疑問。進行形の場合,前の文と同じbe 動詞を用いる。

3.「先約があったので,私はあなたの招待を受けることができなかったのです」keep O from doing は事・物を主語にして「O(人)に~させない」の意味を表す。

4.「ジェイソンはまだ本を受け取っていない。間違った住所に送られたのかもしれない」They his books を指すから,send「送る」は受動態にしなければならない。「~されたのかもしれない」は〈might + have + been +過去分詞〉という「助動詞+完了形」の受動態にする。

5.「あなたの新しい計画を見せてもらえませんか」肯定命令の付加疑問はwill you? またはwon’t you?で表す。have a look at ... は「~を見る,~に目を通す」の意味の名詞構文。

1.「なぜあなたは彼にそんなことを言ったのですか」「何があなたに~させたのか」という無生物主語の文にする。you の後がsay という原形なので,使役動詞make を用いる。

2.「ひどい歯痛のために一晩中眠れなかった」「目が覚めている」の意味の形容詞awake があるので,keep O awake「O を目覚めさせておく,O を眠らせない」を用いて「ひどい歯痛が私を一晩中眠らせなかった」という無生物主語の文にする。

3.「彼の演技はまったく申し分なかった」leave nothing to be desired で「(行動などが)直すべきところ[残念な点] がまったくない」( = be perfect )の意味を表す。cf. leave something to be desired「直すべきところが少しある」

4.「このURL を押すだけでいい」このjust onlyと同意。All you have to do is to do.「あなたがしなければならないのは~することだけだ」でほぼ同じ意味を表すことができる。

【注】URL Uniform Resource Locator の略で,インターネット上で文書や画像などの情報の格納場所を示すアドレスのこと。

5.「だれがそんな考えを思いついたことだろう」は「だれもそんな考えを思いつかなかったことだろう」という意味の修辞疑問。

  1. illness を主語とした「病気が私にパーティに参加することをやめるように強制した」という無生物主語構文の英文にする。force O to doO に~することを強制する」take part in ...「~に参加する」
  2. The experience が文頭に置かれているので,使役動詞make の過去形を使った「その経験が私に~を実感させた」という無生物主語の構文で表す。「~をどれだけわかっていないのか」は感嘆文を名詞節に用いて,how little I knew about ... とする。

3.「~したはずはない」は〈cannot have +過去分詞〉で表す。「そんな短時間で」in such a short time

 

Dialogue

〈解答〉

1. ④  2. ①  3. ⑥  4. ③  5.

 

解説

1.「430分出発」と聞いて,「それはあまりにも早すぎる」と言い返す。この後のやりとりからもわかるように,ケリーはもっと遅い出発でも大丈夫だという思いがある。④にあるway too を強調して「非常に」の意味を表す副詞。

  1. ここまでの対話が現在形で進められているのに対して,これに続くケリーの発話から使われている動詞が過去形に変わっている点に着目する。「去年どうだったか覚えてるかい」を入れると話が続く。
  2. 続くケリーの発話にあるwe had to rush ... は,この空所の表現を受けてのもの。つまり,rush しなければならなかったのは別のときだと主張しているわけ。rush「大急ぎで行動する,あわてる」
  3. これも,続くケリーの発話にあるit was because ... がこれを受けた表現であることに察しがつくと,理解が早い。「大急ぎで行動しなければならなくなった理由」についての見解の相違というところである。
  4. better safe than sorry は「後で後悔するよりも(時間がかかっても)慎重にした方がよい(=転ばぬ先の杖)」という意味のことわざ。「用心するに越したことはない」ということ。

 

全訳

ケリー :ぼくたち,何時に出発したらいい?

ミーゲル:渋滞を避けるために,430分頃に出た方がいいと思う。

ケリー :430分! それはあまりも早すぎるよ!

ミーゲル:だけど,もし交通渋滞に巻き込まれたら,予定の便に乗れないよ。

ケリー :でも,6時頃まで交通量は多くならないよ。もっと遅く出発しても大丈夫だよ。

ミーゲル:だけど,去年どうだったか覚えてるかい?

ケリー :覚えてるよ。でもぼくたちそれでも十分間に合って空港に着いたじゃないか。

ミーゲル:十分間に合ってなんかいないぞ。かろうじて間に合ったんだ!

ケリー :何のことを言ってるの? ゆっくりとした朝食の時間を過ごしたじゃない!

ミーゲル:ゆっくりとした? ぼくたち,大急ぎで行動しなければならなかったじゃないか。

ケリー :いや,大急ぎで行動しなければならなかったのはセキュリティ(保安検査場)を通り抜けてからのことだよ。

ミーゲル:それは,ぼくたちが出発したのが遅すぎたせいだ。

ケリー :いや,セキュリティ(保安検査場)が混雑していたせいだよ。

ミーゲル:ということは,もっと早くそこに着いていれば,問題にならなかったわけだ。

ケリー :君は本当に430分に出発したいと思っているんだね。

ミーゲル: その通り。「用心するに越したことはない」ということだよ。

 

Translation

〈解答〉

  1. I should have studied much harder for the science test.

別解 I wish I had studied much harder in preparation for the science test.

  1. Smartphones have a lot of functions and very convenient. However, if we leave them at home, we feel like we can’t do anything all day.

別解 Though smartphones are very convenient with many functions, I feel as if I can’t[couldn’t] do anything the whole day if I forget mine at home

 

解説

  1. 「~しておくべきでした」は〈should [ought to] have +過去分詞〉で表す。別解では「~しておけばよかった」と考えて仮定法過去で表してみた。「理科の試験」the science test
  2. 「便利だ」convenient 以外にuseful も使える。「多くの機能」many functions「~を家に置いてきてしまう」leave [forget] ... at home「まるで~気がする」はfeel like(このlike は接続詞)~,またはfeel as if ~で表す。as if 節内の動詞はふつう仮定法が用いられるが,くだけた表現では主節が現在形の場合には直説法を用いることが多い。「その日一日」は「一日中」ということで,all day またはthe whole day とする。
最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事