スポンサーリンク

問題

Chapter 20

 

Reading Comprehension

 

I chose the specialty of surgery because of Matron*, that steady presence during my adolescence. “What is the hardest thing you can possibly do?” she asked when I went to her for advice. I squirmed, “Why must I do what is hardest?” She said, Because, Marion, you are an instrument of God. Don’t leave the instrument sitting in its case. Play! Leave no part of your instrument unexplored. (1) Why settle for ‘Three Blind Mice’* when you can play the ‘Gloria’*?”

“But, Matron, I can’t dream of playing Bach, the ‘Gloria’...,” I protested. I’d never played any kind of instrument. I couldn’t read music. “Not Bach’s ‘Gloria.’ Yours!” she said, “(2) Your ‘Gloria’ lives within you.”

I was temperamentally better suited to a cognitive* discipline*, to an introspective* field ― internal medicine, or perhaps psychiatry*. (3) The sight of the operating theater made me sweat. The idea of holding a surgical knife caused pain in my stomach. Surgery was the most difficult thing I could imagine. And so I became a surgeon.

Thirty years later, I am not known for speed, or technical genius. (4) Say I adopt the style and technique that suits the patient and the particular situation and I’ll consider that high praise. I get encouragement from my fellow physicians who come to me when they themselves must suffer (5) the knife. They know Marion Stone will be as involved after the surgery as before and during. (6) They know I have no use for sayings such as “When in doubt, cut it out” or “Why wait when you can operate” other than for how reliably they reveal the shallowest intellects in our field. My father, for whose skills as a surgeon I have the deepest respect, says, “The operation with the best outcome is the one you decide not to do.” Knowing when not to operate, knowing when to call for the assistance of a surgeon of my father’s caliber* ― that kind of “brilliance” goes unheralded*.

On one occasion with a patient in grave peril, I begged my father to operate. He stood silent at the bedside. In his taut expression I saw complete concentration. With utmost care he weighed one option against another. At last, he shook his head, and turned away. I followed. “Dr. Stone,” I said, using his title though I longed to cry out, Father! “An operation is his only chance,” I said. In my heart I knew the chance was infinitesimally small, and the first whiff of anesthesia* might end it all. My father put his hand on my shoulder. He spoke to me gently, “Marion, remember you shall not operate on the day of a patient’s death.” (京都大:444語)

 

 

A  下線部()はどういうことをたとえて言っているのか,日本語で説明しなさい。

B  下線部()が意味しているものを文中から抜き出しなさい。

C  下線部()を和訳しなさい。

D  下線部()を和訳しなさい。

E  下線部()と置きかえることができる語句を2つ,この段落の中から抜き出しなさい。

  1.             2.            

F  下線部()を和訳しなさい。

G  本文の内容に合うものを1つ選びなさい。

(a) The author became a surgeon because when he was young he was told to do the hardest thing he could possibly do.

(b) The author is now a surgeon who is not relied upon by his fellow physicians because he has neither speed nor technical genius.

(c) The author’s father is also a surgeon for whose skills the author doesn’t have the least respect.

(d) When the author asked his father to operate on one of his patients, his request was turned down on the spot.

 

Grammar & Usage

 

1 各文の(  ) に入る最も適当なものを下から選びなさい。

  1. I think you should see a doctor right away, (  ) your condition could get worse. (摂南大)

and                     or                          but                        so

  1. Please have your credit card (  ) when you call to purchase a ticket. (中央大)

ready                  late                       behind                  front

  1. He works hard (  ) for his own success as for his employees’ welfare. (慶應義塾大)

so as not            still watching       as opposed           not so much

  1. A little more effort, (  ) you will succeed. (清泉女大)

or                        even if                  and                       but

  1. When I first read the article, I couldn’t (  ) as understand what the title meant.(武庫川女大)

as many             as much                so many               so much

2 各文の誤っている箇所を下線部から1つ選び,訂正しなさい。

  1. “(1) Did you ever (2) find your sunglasses?” — “Yeah, (3) it was (4) in the car.” (群馬大)

(  )           

  1. I (1) hear (2) that a new book (3) written by Professor James (4) will publish soon. (同上)

(  )           

  1. (1) Only a few number of people traveled (2) abroad (3) by plane (4) in those days. (佛教大)

(  )           

  1. Their approaches to (1) teach are (2) very different in spite of their (3) shared opinions in a great variety of (4) issues. (上智大)

(  )           

(  ) 内の語句のうち1つを除いて並べかえ,英文を完成させなさい。

  1. 全ての人間は生まれながらにして平等というのは神話である。 (高知大)

(a / all / are / bearing / born / equal / is / it / men / myth / that).

  1. 身体の疲れを取るには十分な睡眠を取ることが一番よい。 (関西学院大)

The (it / to relieve / way / is / to have / best / your fatigue / sufficient) sleep.

  1. 彼の農場は私のところの2倍以上の大きさがあり,さまざまな作物を栽培している。(成蹊大)

His farm is (large / twice / than / as / times / more) as mine and grows a wide variety of crops.

 

Dialogue 総合問題:「新しい携帯電話を買いたいが」

 

Complete the conversation by filling in each blank with the most appropriate word from the box below. Do not use any word more than once. Change the form of the word if necessary (for example, sit”→“sat or eat”→“eats). (静岡大)

A : I’m thinking about getting a new phone.

B : But I thought you were ( ) with the phone you bought last year.

A : Yeah, but a newer model just came out and it’s much nicer than mine.

B : I’d be ( ) if it was that much different.

A : Well, it has a much better camera....

B : But you never take any pictures anyway!

A : And the screen is bigger....

B : But you were just ( ) about how hard it is to hold your old phone!

A : And it’s faster ...

B : Well, that’s an opinion I can agree with. But what are you going to do with the one you’re using now?

A : Hmmm.... I hadn’t ( ) about that....

B : And what will you do when an even better one ( ) on sale next year?

A : Yeah, I guess you’re right. Maybe I better wait a bit longer.

 

buy                 inspect                  rely                complain                                intend

satisfy            determine             know              surprise                                get

refer               think                     go                   reject                                want

 

()           ()           ()         

()           ()           

 

Translation

 

5 次の日本文を英語に直しなさい。 (福岡女大)

夫が間違って買ってきた料理用のワインを試しに飲んでみたら,ふつうのワインと同じくらいおいしかった。

解答・解説

Chapter 20

 

Reading Comprehension

〈解答〉

A  難しいことをする能力があるのに易しいことで満足してはいけないということ。

B  the hardest thing you can possibly do

C  手術室を見ると汗が出た。メスを握ることを考えると胃が痛くなった。

D  私が患者やその置かれた特定の状況に適したやり方とか技術を採用していると言ってくれるなら,私はそれを高い賞賛の言葉であると考えよう。

E  1. the surgery   2. the operation

F 「疑わしい時は切り取れ」とか「手術ができるのになぜぐずぐずしているのか」などという言葉は,医学界に浅はか極まりない知識人連中がいることをそれが確実に暴露していることを除けば,私にはまったく無用のものだということを,彼らはわかってくれているのである。

G  (a)

 

解法のポイント

A  この助言全体の主旨が「一番難しいことを目指せ」という点にあることをまず押さえておく。「バッハのGloria(のような難曲)を演奏する力があるのにどうしてマザーグースのThree Blind Mice(のような簡単な曲)に甘んじるのか」→「難曲を演奏する力があるのにそれより簡単な曲で満足してはいけない」→「難しいことをする能力があるのに易しいことで満足してはいけない」Why の後にdo youが省略されている。settle for ...「~で我慢しておく,~で(不本意ながら)手を打つ」Why ...?「どうして~するのか」は「~するべきではない」が本意。when ... は「~なのに」という譲歩の意味を表す。

B ‘Gloria’は難しいことを象徴的に表したものであることが,下線部(1)の表現からもわかる。「バッハのGloria ではなく,あなたのGloria」と言っていることから,これはMatron の最初の言葉にあるthe hardest thing you can possibly do を意味するものであると判断することができる。

C  2文とも無生物主語構文。The sight of ... made me sweat 「~を見ることは私に汗をかかせた」→「~を見ると私は汗をかいた」operating theater「手術室」〈make O do〉は「O に~させる」の意味。sweat は「汗をかく」という動詞の原形不定詞。The idea of doing caused pain in ...「~するという考えは~に痛みを引き起こした」→「~することを考えると~が痛くなった」surgical knife「(手術用の)メス」

D  Say ... and I’ll consider that high praise「~と言ってくれるなら,私はそれを高い賞賛の言葉であると考えよう」〈命令文+ and〉の構文で,If you say ..., I’ll consider .... と言い換えることができる。関係代名詞that の先行詞はthe style and technique「方法と技術」。suits「~に適している」の目的語はthe patient and the particular situation「患者およびその置かれた特定の状況」。

the style                  the patient

I adopt   (and)        that suits    (and)

technique                 the ... situation

consider that high praise は「A B と考える[みなす]」というSVOC 文型。

E  直前の動詞suffer「(苦痛など)を受ける,経験する」から,the knife が「外科手術」の意味を表すことを読み取る。18行目にthe surgery が,21行目にthe operation が,それぞれ用いられている。

F  have no use for ...「~に用はない」 ここでは「~をひどく嫌う,~に価値を見出さない」という意味が含まれていることを読み取る。sayings such as ...「~という言葉[発言]」when in doubt when you are in doubt「疑わしいと思うとき」ということ。主語が主節の主語と同じ場合,接続詞の後の〈S be 動詞〉は省略できるが,このことは命令文においても適用される。cut ... out「~を切り取る」Why wait ...「なぜぐずぐずしている(←待つ)のか」Why do は「(無意味だということを訴えて)なぜ~する(必要がある)のか」という意味を表す。other than ...「~以外には,~を除いて」for have no use から続く。つまり「~ということは別として」ということ。reliably「確実に」they sayings such as ... を指す。the shallowest intellects「この上なく浅はかな知識人たち」 全体をやや直訳調で訳すと,「~などという言葉は,それが我々の分野の浅はか極まりない知識人連中をいかに確実に暴露しているかということ以外,私には用がないものだということを,彼らはわかってくれている」

☞ 文構造 ①

G  (a)「筆者が外科医になったのは,若いときに,自分に何とかしてできることで最も難しいことをするようにと言われたからである」1 9行目に「最も難しいことをする」ように言われた経緯が述べられており,1213行目に「外科医学は私が想像できる最も難しい事だった。そして,だからこそ私は外科医になった」とある。正解。

(b)「筆者は,手術の速さも技術的な天賦の才もないので,今では同僚の内科医たちから信頼されていない外科医である」14行目に「私は手術の速さや技術的な天賦の才では知られていない」とはあるが,1620行目の記述を読むと彼が「同僚の内科医たちから信頼されている」ことがわかる。

(c)「筆者の父親も外科医であるが,その技術に対して筆者はまったく敬意を抱いていない」2021行目に,筆者が「父親の外科医としての腕に対して心から敬意を抱いている」ことを示す記述がある。

(d)「筆者が父親に自分の患者の1人に手術をしてくれるように頼んだとき,彼の依頼は即座に断られた」25行目から最終文までを読むと,そこには一定の時間の経過と父親の深い思考が認められるから,不一致。

 

全訳

1 私は,青年期にあの確固たる存在であった看護師長の影響で,外科を専門に選んだ。私が彼女に助言を求めに行ったとき,彼女は「あなたがひょっとしてできることで最も難しいことは何ですか」と尋ねた。私は当惑して「どうして一番難しいことをしなければいけないの」と言った。「それはね,マリオン,あなたが神の楽器だからです。楽器をケースの中に入れっぱなしにしておいてはだめ。演奏するのです。あなたという楽器のどの部分も未開発のままにしておいてはいけません。『グロリア』を演奏できるのに,どうして『3匹の盲目ねずみ』で満足するのですか」と彼女は言った。

2 「でも師長,私はバッハの『グロリア』を演奏するなんて考えられません」と私は言い張った。私はどんな種類の楽器も演奏したことがなかった。私は楽譜も読めなかった。「バッハの『グロリア』ではありません。あなたの『グロリア』です。あなたの『グロリア』はあなたの心の中に生きているのよ」と彼女は言った。

3 私は性分から言って認知に関する学問分野,内省的な分野 ― 内科,あるいはことによると精神医学 ― の方により向いていた。手術室を見ると汗が出た。メスを握ることを考えると胃が痛くなった。外科手術は私が想像できる最も難しい事だった。そんな経緯で私は外科医になったのだ。

4 あれから30年経ち,私は(手術の)素早さで,あるいは技術的な天賦の才で名を知られているわけではない。私が患者やその置かれた特定の状況に適したやり方とか技術を採用していると言ってくれるなら,私はそれを高い賞賛の言葉であると考えよう。自分自身が手術を受けなければならなくなって私のところにやって来る同僚の内科医たちから私は励まされる。マリオン・ストーンは,手術前や手術中と同じくらい手術後もかかわってくれようとするということを彼らは知っているのだ。「疑わしい時は切り取れ」とか「手術ができるのになぜぐずぐずしているのか」などという言葉は,医学界に浅はか極まりない知識人連中がいることをそれが確実に暴露していることを除けば,私にはまったく無用のものだということを,彼らはわかってくれているのである。外科医としての腕に対して私が心から敬意を抱いている私の父は,「最良の結果を伴う手術とは,しないでおくことに決めた手術だ」と言う。手術すべきでない時を知ること,私の父ほどの力量を持った外科医に助けを求めるべき時を知ること ― その種の「すばらしい才能」は世に認められることがない。

5 ある時,きわめて重篤な患者を抱えていて,私は父に手術をしてくれと懇願した。彼はベッドのそばに黙って立った。父の緊張した表情で,私は父が完全に集中していることがわかった。細心の注意を払って,彼は選択肢を11つ比較検討した。最後に彼は首を振り,その場を立ち去った。私は後を追った。私は大声で「お父さん」と叫びたかったけれど,肩書きを使って「ストーン先生」と言った。「手術は彼に残された唯一の可能性なのです」と私は言った。心の中では,可能性はごくわずかしかなく,最初の麻酔のひと嗅ぎでその可能性がすっかりなくなってしまうかもしれないことはわかっていた。父は私の肩に手を置いた。彼は穏やかに私に語りかけた。「マリオン,覚えておきなさい。患者が亡くなる日に手術などしてはならないのだよ」

 

要約

内科に向く私が不向きな外科医になったのは,最も難しいことを目指せという敬愛する看護師長の助言の影響だ。患者の状況に応じた手術を選んでいるが,手術をしないという選択もあることを同じ外科医である父より学んだ。 (102字)

 

英文再掲

1 英文省略

要旨 私が外科を専攻したのは,若いときにある人から「難しいことができるのに易しいことで満足してはいけない」と言われたことに影響されてのことだ。

2 英文省略

要旨 私が「バッハのグロリアなんて演奏できない」と言うと,その人は「バッハではなく,あなたの心の中に生きているあなたのグロリアのことだ」と言った。

3 英文省略

要旨 私は内科の方に向いていた。外科医学は私に想像できる最も難しい事だった。だからこそ私は外科医になったのだ。

4 英文省略

要旨 私は手術の速さや技術の高さで知られる外科医ではないが,患者の状態や状況に応じた医療を心掛けているつもりだ。私は,外科医としての父の腕に心から敬意を抱いている。

5 英文省略

要旨 助かる可能性のない重篤な患者に手術をしてくれと父に頼んだとき,慎重に検討した父は,死ぬとわかっている患者に手術をするものではないと私を諭した。

 

文構造

省略

 

語句と構文

  1. specialty「専門,専攻」

surgery「外科医学」18行目では「手術」の意味で用いられている。

Matron はここでは固有名詞のように扱われている

  1. adolescence「青年期,思春期(通例12歳から18歳くらいを指す)」

possibly「ひょっとしたら,ことによると」

  1. squirm「当惑する,もじもじする」
  2. instrument「楽器」an instrument of God には「神の(おぼしめしを実現するための)道具,神の僕(しもべ),神の使者」の意味があり,ここではこの意味と掛けて用いられている。

4-5. leave ... sitting in its case「~をケースの中に入れっぱなしにしておく」sit は「(物が)ある」の意味。

  1. play「演奏する,弾く」

leave ... unexplored「~を未開発のままにしておく」

  1. read music「楽譜を読む」
  2. temperamentally「気質上,性分から言って」
  3. And so「それで,そういう経緯で」

17-18. will be as involved after the surgery as before and during「手術前や手術中と同じくらい手術後も関わってくれようとする」during before の後にそれぞれthe surgery が省略されている。

20-21. for whose ... は非制限用法の関係代名詞を用いた挿入節。→ I have the deepest respect for his skills as a surgeon「私は彼の外科医としての腕に対してこの上ない敬意を抱いている」☞ 文構造 ②

22-23. Knowing when not to operate とknowing when to ... my father’s caliber はthat kind of brilliance”と同格の動名詞句。

  1. a surgeon of my father’s caliber「私の父ほどの力量を持った外科医」

brilliance「すばらしい才能」

  1. On one occasion「ある時」

a patient in grave peril「深刻な危険にさらされている患者,きわめて重篤な患者」

  1. taut「こわばった,緊張した」
  2. weigh one option against another「1つの選択肢を別の選択肢と比較検討する,選択肢を11つ比較検討する」
  3. long to do「~することを切望する」
  4. infinitesimally「微小に,極小に」

whiff「かすかな香り[におい]」

it はthe chance を指す。

 

 

Grammar & Usage

〈解答〉

 1. ②  2. ①  3. ④  4. ③  5.

2  1. (3) they were              2. (4) will be published

3. (1) Only a small          4. (1) teaching

3  1. It is a myth that all men are born equal.bearing は不要)

2. (The) best way to relieve your fatigue is to have sufficient (sleep). itは不要)

3. (His farm is) more than twice as large (as mine and grows a wide variety of crops). times は不要)

解説

1.「あなたはすぐに医者に診てもらった方がいいと思います。そうしないと病状が悪化するかもしれません」〈命令文+ or〉「~しなさい,そうしないと…」の形は,命令文以外にmust やshould を使った命令表現にも使われる。

2.「チケットを購入するために電話をするときには,クレジットカードを手元にご用意ください」〈have+ O + ready〉「~を準備する」SVOC 文型の文である。

3.「彼が一生懸命働くのは,自分自身の成功のためというより,むしろ従業員の福祉のためである」not so much A as B「A というよりむしろB」for his own success for his employee’s welfare が比較されている。

4.「もう少し努力しなさい。そうすれば成功しますよ」〈命令文+ and〉の命令文の部分が名詞句で表された表現。cf. If you make a little more effort, you will succeed.

5.「初めてその記事を読んだとき,私はその表題が何を意味しているのかさえわからなかった」〈not so much as +動詞の原形〉は「~さえしない( = not even ... )」の意味。

1.「『サングラスは見つかったのですか』-『はい,車の中にありました』」「サングラス」は複数扱い。pants「ズボン」やscissors「はさみ」なども同様である。

2.「ジェイムズ教授が書いた新刊がもうすぐ出版されるそうだ」publish は「~を出版する」という他動詞であるから,a new book が主語の場合は受動態にしなければならない。

3.「当時,飛行機で外国に旅行したのはごく少数の人たちだけだった」〈a +形容詞+ number of A〉で「~な数のA」の意味。形容詞は数の大小を表すものであるが,「少数」を表す場合は通例small を用い,few やlittle は用いない。(同様に,「多数)を表す場合はmany を用いず,large, great, good などを用いる。)

4.「教え方に対する彼らの取り組み方は,実にさまざまな問題で意見が共有されているにもかかわらず,非常に異なっている」approach to A「A への取り組み方」A は名詞相当語句なので,ここは動名詞にしなければならない。to は不定詞のto ではなく,前置詞である。

  1. 仮主語のit that 節を用いたIt is a myth that ... という構文にする。「生まれながらにして平等である」はare born equal「平等な状態で生まれる」とする。equal は文法的にはC である。cf. All men are created equal.「すべての人は平等に造られている」(アメリカ独立宣言にある言葉)
  2. 日本語を見ると仮主語構文が頭に浮かんでくるが,文頭に置かれた語からそれは無理なことがわかる。語群の中でV として使えるのはis だけ。考えられるのは,The best way to do1 is to do2 すなわち「~する最良の方法は~することである」となる英文である。「疲れを取る」はrelieve your fatigue。これをto 不定詞にしてthe best way を修飾する形にする。これで主語が確定する。is の後に「十分な睡眠を取ること」to have sufficient sleep を置いて完成。

3.「A 2 倍の大きさがある」はtwice as large as A。この前にmore than をつける。times は不要。

 

Dialogue

〈解答〉

(1) satisfied  (2) surprised  (3) complaining  (4) thought  (5) goes

 

解説

必要に応じて形を変えることに注意。

(1) But で始まっていることから,B のこの発話はAが「新しいのを買う」ことを意外に思う内容になるはず。「去年買った電話に満足しているものだと思っていた」という流れ。be satisfied with ...「~に満足している」satisfy を過去分詞形にして用いる。

(2)「(A が新しく買おうとしている電話が今のと)それほどうんと違うのであれば,ぼくは驚くだろうね」surprise を過去分詞形にして用いる。仮定法過去の表現。「それほど違いはないんじゃないか」という思いが背後にある。この先も含めて,A が新しい電話を買うことに対してB が否定的であるという文脈をつかんでおくと,解答が容易になる。

(3)「画面が今のより大きい」というA の発話に対して,「今の電話でさえ持ちにくいと文句を言っていたじゃないか。もっと大きいのを買ってどうするんだ」というB の思いを読み取る。complain about ... 「~のことで文句を言う」過去進行形なので,complain -ing 形にする。

(4)「今使っている電話はどうするつもりだ」という問いに対して,過去完了形の否定文という形で答えている。「そのことは考えていなかった」think を過去分詞形にする。think about AA について考える,A を検討する」determine about ではなくon を伴う。

(5)「来年さらにもっといいのが~したら,君はどうするつもりか」on sale があるので,go on sale「発売される」をここで用いる。時を表す副詞節の中では未来のことも現在形で表すので,三単現の主語に呼応してgoes の形にする。

 

全訳

A:新しい電話を買おうかと思っているんだ。

B:でも,君は去年買った電話に満足していると思っていたよ。

A:そうなんだけど,ちょうど新しいのが発売されて,それがぼくのよりずっといいんだよ。

B:それほどうんと違うのなら驚きだけどね。

A:ええと,ぼくのよりずっといいカメラがついていて…

B:だけど,どうせ君は写真なんかちっとも撮らないじゃないか。

A:それに画面が大きくて…

B:しかし,今の電話がどんなに持ちにくいかと,君は文句を言っていたばかりだよ!

A:それにスピードが速くて…

B:なるほど,その点については賛成できるね。だけど,今君が使っているのはどうするつもりなの?

A:うーん…,そのことは考えてなかったな…

B:それに,来年さらにもっといいのが発売された時にはどうするんだい?

A:うん,君の言う通りだと思うよ。もう少し先まで待った方がいいかもしれないな。

 

Translation

〈解答〉

I tried drinking the cooking wine that my husband had bought by mistake, and found it just as nice as any ordinary wine.

別解 I tried the cooking wine my husband had bought by mistake, and it tasted just as good as any usual wine.

 

解説

「試しに飲んでみる」はtry drinking だが,try だけでもよい。「間違って」by mistake「料理用のワイン」cooking wine「~と同じくらいおいしい」(just) as good [nice] as ...「おいしかった」は「おいしい味がした」と考えてtasted good [nice] としてもよいし,SVOC 文型でI found it good [nice]としてもよい。「~と同じくらい」はas ... as の同等比較を用いる。後半をand I found that it had just as good a taste as any usual wine などとするのもよい。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事