スポンサーリンク

本文

Chapter 6

 

No artist has affected modern art more than Pablo Picasso.  The thousands of masterpieces he created changed the way people thought about art.  Picasso was perhaps the most talented and successful artist who ever lived.

Pablo Ruiz Picasso was born in 1881 in a small town on the southern coast of Spain.  His father was a painter who taught art.  Picasso showed exceptional talent at an early age and by the time he was in his teens, he painted better than his father or any of the local art teachers.  At sixteen, Picasso was sent to the Royal Academy of Madrid, where students sketched plaster casts and copied works of the old masters.  Picasso felt these assignments were pointless and began to work on his own.  Picasso’s father became angry with his son’s rebellious behavior and scolded him, believing that he was wasting his talent.

In 1900, Picasso left for Paris — then the center of the art world.  He lived in a cold, run-down building, painting constantly, sometimes surviving for days on only a piece of bread.  During these years, his art reflected his miserable surroundings.  Homeless outcasts were the subject of many of his fairly realistic early paintings.  After seeing African masks and sculptures, his works became more simplified, leading up to the revolutionary new style known as Cubism.

Though Picasso lived to be ninety-two and became the most famous artist in the world, he spoke of his youthful days in Paris as “the happiest time in my life.”

スポンサーリンク

和訳

6.若き日のパブロ・ピカソ

KEY16   聖書ほど広く読まれている本は他にない。

前から順に意味を取っていけばよい。

KEY17   私は,トイレをさがしながら公園を歩き回った。

休憩の後,私たちはそこを離れて,町の方へ歩いた。

KEY18   ドイツから車を輸入しているある会社が,私に仕事をくれた。

クラスのみんなに紹介された新任の先生は,とても内気だった。

全 訳

パブロ・ピカソほど現代美術に影響を及ぼした画家はいない。彼が創作した何千点という傑作は,人々の美術に対する考え方を変えた。ピカソは,ことによると,今までで最も才能があって成功した画家であったかもしれない。

パブロ・ルイツ・ピカソは1881年にスペインの南海岸にある小さな町で生まれた。彼の父親は美術を教える画家であった。ピカソは幼い頃から並はずれた才能を示し,10代になる頃には父親や地元の美術の教師のだれよりも上手に絵を描いた。16歳のとき,ピカソはマドリードの王立美術院に行かされたが,そこでは学生たちが石膏像をスケッチしたり,絵画の巨匠たちの作品を模写したりするのであった。ピカソは,このような課題は無意味であると感じて,自分で勉強をやり始めた。ピカソの父親は息子の反抗的な態度に腹を立て,その才能を浪費していると思って彼をしかった。

1900年にピカソは,当時美術界の中心地であったパリに発った。彼は冷え冷えとした荒れ果てた建物に住み,たえず絵を描き時にはひとかけらのパンだけで何日間も耐え忍ぶこともあった。この年月の間,彼の作品はその悲惨な境遇を反映していた。ホームレスの浮浪者たちが,彼のかなり写実主義的な初期の絵画作品の多くの主題であった。アフリカの仮面と彫刻を見た後,彼の作品はより単純化されたものとなり,やがて立体派として知られる革命的な新しい表現形式へとつながっていった。

ピカソは92歳まで生き,世界で最も有名な画家となったが,パリでの若かった日々のことを「生涯で一番幸福だった時代」だと言った。 (250語; 大阪樟蔭女子短期大学)

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事