スポンサーリンク

本文

Chapter 8

 

When planning to work or study overseas, something many people forget to consider in their preparation is how to recognize and handle culture shock.  What is culture shock?  Culture shock is the emotional, physical, and mental response to living in a new culture.  It refers to how a person handles day-to-day life in the new culture.  Everybody reacts differently.  However, there are some similarities, including the stages that people go through in their new environment.  Culture shock can be separated into four different stages: preparation, participation, frustration, and independence.

First, the preparation stage is the time from when you are getting ready to enter the new culture through to when you first arrive.  It often includes feelings of excitement and expectation in a positive way.  When you first encounter the new culture, everything seems wonderful, fun, and exciting because it is different.  After a while questions start to arise, and you examine the differences between the new culture and your own.  This is the participation stage.  You begin to judge things based on your own cultural rules.  The next stage is the frustration stage.  Feelings such as missing your friends and family can result in your becoming homesick.  It is a frustrating time because you tend to look at things with a negative eye.

However, this feeling doesn’t last forever.  In time, you stop comparing things to your own culture and begin to accept the local culture for what it is.  At this point, you have reached the independence stage, and you can enjoy your experience overseas.

スポンサーリンク

和訳

8.カルチャーショックの4つの段階

KEY22   私が昨夜診てもらった医師は,私は健康だと言った。

KEY23   私は英語で日記をつけることにした。

緊急の問題は,地球温暖化をどうするかということだ。

KEY24   この墓地が,その偉大な詩人が埋葬されているところです。

高校時代は,どんなことでもやってみることができるときです。

全 訳

海外で働いたり留学をしたりする計画を立てるとき,その準備の際に多くの人が考慮するのを忘れることは,カルチャーショックを認識してそれに対処する方法である。カルチャーショックとは何か。カルチャーショックとは,新しい文化の中で生活することに対する感情的,身体的,精神的な反応である。それは,人が新しい文化の中で,日々の生活にどのように対処していくかということに関係している。対応のし方は人によってみんな異なる。しかしながら,人々が新しい環境の中で経験する段階を含めて,いくつかの類似点がある。カルチャーショックは,準備・参加・不満・自立という4つの段階に分けることができる。

まず最初に,準備の段階とは,新しい文化の中に入っていく用意をしているときから,初めて(その文化に)足を踏み入れるまでの期間である。この段階にはしばしば,興奮や前向きな期待といった感情が含まれている。初めて新しい文化に出会うと,自分の文化と違っているために何もかもがすばらしく,楽しく,刺激的であるように思われる。しばらくすると疑問が生じ始め,人は新しい文化と自分自身の文化の違いを調べる。これが参加の段階である。自分の文化の規則に基づいて物事を判断し始めるのである。次の段階は不満の段階である。たとえば,友人や家族が(そばに)いないのを寂しく思うような気持ちのせいで,ホームシックになることもある。物事を悲観的な観点から眺める傾向があるから,これは不満を感じる時期である。

しかしながら,この気持ちはいつまでも続くものではない。そのうちに,物事を自分自身の文化と比べるのをやめ,その土地の文化をありのままに受け入れるようになる。この時点で自立の段階に到達したのであり,海外での経験を楽しむことができるのである。 (257語;南山大学)

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事