スポンサーリンク

本文

Chapter 9

 

The fear of Friday has a long history in Western countries.  Christians thought of it as unlucky, and for centuries sailors refused to sail on a Friday.  This fear of traveling on a Friday continued until the early 20th century in Europe, where buses and trains were least crowded on this day.  Nowadays, only Friday the 13th is considered bad luck in Western countries.  It is estimated that 17 to 21 million people in the United States are affected by a fear of this day.  Some people are so frightened that they avoid their normal routines in doing business, taking flights or even getting out of bed.

However, there is no evidence that accidents are more likely to happen on this day than on any other day.  On the contrary, some studies have shown that there are actually fewer accidents on Friday the 13th.  A recent report by a Dutch insurance company shows that incidents of fire and crime are less likely on this particular day, probably because people are more careful.

If there is no evidence that Friday the 13th is any more dangerous than any other day, why do many people remain convinced of its unluckiness?  People often make associations.  For example, if a person lost their wallet on Tuesday the 21st, they would probably not make any connection to the date on which this occurred.  If the same individual lost their wallet on Friday the 13th, however, they might conclude that the unlucky nature of Friday the 13th was responsible.

スポンサーリンク

和訳

9.13日の金曜日

KEY25   私たちはみんなトーマス・エジソンを偉大な発明家であると考えている。

KEY26   その国の経済は何年間も成長し続けた。

先生は,私の返事にすっかり満足しているように見えた。

KEY27   これが,彼がその木を切り倒すのに用いた斧だ。

全 訳

金曜日を不安に思う気持ちには,西洋諸国では長い歴史がある。キリスト教徒は金曜日を不吉と考え,何百年にもわたって船乗りたちは金曜日には出航しようとしなかった。金曜日に旅行することを不安に思うこの気持ちは,20世紀の初めまでヨーロッパで続き,そこではこの日はバスも列車も一番空いていた。今日西洋諸国では,13日の金曜日だけが不吉な日であると考えられている。合衆国の1,700万から2,100万の人たちがこの日を不安に思う気持ちに影響されていると推定されている。中には怖がるあまり,仕事をする際の通常の日課や,飛行機に乗ること,あるいは寝床から出ることさえも避けようという人たちもいる。

しかしながら,他のどの日よりもこの日に事故が起こりやすいという証拠はまったくない。それどころか,13日の金曜日には実際には他の日より事故が少ない,ということをいくつかの研究が明らかにしている。オランダのある保険会社による最近の報告が,この日に限っては火事や犯罪といった事件が起こりにくいということを示しているが,それはおそらく,人々がこの日は他の日以上に用心するからであろう。

13日の金曜日が他のどの日より少しでも危険であるという証拠がないのなら,なぜ多くの人たちがその縁起の悪さを相変わらず確信しているのであろうか。人はよく連想をする。たとえば,もしある人が21日の火曜日に財布をなくすならば,おそらくその人はこのことが起こった日と何も関係づけないであろう。しかしながら,その同じ人が13日の金曜日に財布をなくすならば,その人は13日の金曜日の縁起の悪さのせいだと結論づけるかもしれないのである。 (253語;京都産業大学)

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事