スポンサーリンク

本文

Chapter 14

 

A study following lower-income families in New York found that babies who watch TV are more likely to have slower brain development at 14 months, especially if they are watching programs intended for adults.  Babies who watch TV for 60 minutes daily had developmental scores one-third lower than those of babies who didn’t watch as much.  Other studies examining higher-income families have also come to the same result: TV watching isn’t good for learning, and it seems to slow down babies’ development.

Then what about “good” TV programs intended for children?  The researchers didn’t find any negative or positive result on babies’ development compared with non-educational programs designed for children.  TV seems so often to be a good friend to parents, as it keeps babies happy while the grown-ups cook, answer the phone, or do other everyday work, but it doesn’t support educational development.

Why does watching TV cause slower brain development?  One thing is clear: babies spend less time interacting with parents if they watch TV.  Babies need interaction and simple but correct speech models to learn to talk, and they also need to play and do things together with parents for their learning and development.  TV watching steals this time from them.  Babies who watch TV do listen to it, but get no response from it when trying to communicate.  Babies may smile at the TV enjoying what they see, but it will never smile back.  Unlike parents, TV is not interactional.

The first two years is very important for the brain development of babies.  If they watch TV during this time, no matter what the content is, they miss out on exploring and experimenting with things, and playing with parents, which are all necessary for developing their intelligence and social skills.

スポンサーリンク

和訳

14.テレビと乳幼児の脳の発達

KEY40   これよりも大きな帽子を見せていただけますか。

KEY41   天気がよかったので,彼は窓を全部開けた。

KEY42   なるほど彼は優秀な学者ではあるかもしれないが,優れた教師ではない。

 

全 訳

ニューヨークの低所得家庭を調べたある研究で,テレビを見る赤ん坊は,大人向けの番組を見ている場合は特に,生後14か月の段階で脳の発達が遅れている傾向が強いということがわかった。テレビを毎日60分見る赤ん坊は,発達を示す数値が,それほどの時間テレビを見なかった赤ん坊の数値より,3分の1の分だけ低かったのである。高所得家庭を調べた別の研究も同じ結果になった。テレビを見ることは学習にとってよくないし,赤ん坊の発達を遅らせるようだ。

では,子供向けの「有益な」テレビ番組の場合はどうだろうか。研究者たちは,子供向けの,教育とは無関係な番組と比べて,赤ん坊の発達に関する悪い結果も良い結果も何ら見出さなかった。テレビは,大人たちが料理をしたり,電話に出たり,その他の日常の用事をしている間,赤ん坊を機嫌よくさせておいてくれるから,親にとってしばしばよき友となるようだが,テレビは教育上の発達を支えてはくれない。

なぜテレビを見ることが脳の発達を遅らせる原因となるのか。明白なことが1つある。赤ん坊は,テレビを見ると,親と触れ合って過ごす時間が少なくなる。赤ん坊には,話せるようになるため,触れ合いと,簡単だが正しい話し言葉の手本とが必要であり,そして,親と一緒に遊んだり物事をしたりするということも,学習と発達のためには必要なのである。テレビを見ることは,赤ん坊からこの時間を奪うのである。テレビを見る赤ん坊は確かにテレビに耳を傾けるが,意思疎通をしようとしてもテレビから何の反応も得ることはない。赤ん坊は見ているものが楽しくてテレビに向かってほほえむかもしれないが,テレビは決してほほえみ返してはくれない。親と違って,テレビにはふれ合いがないのである。

赤ん坊の脳の発達にとって,最初の2年間は非常に重要である。この期間にテレビを見ると,その内容が何であれ,赤ん坊は物をさわって調べたり,物を使って実験したりする機会や,親と遊ぶ機会を逃してしまうのだ。それらはすべて赤ん坊の知能および人とつき合う能力を発達させるのに必要なのである。 (292語;岐阜聖徳学園大)

 

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事