スポンサーリンク

本文

Chapter 2

 

KEY3

The truth is that the earth is not the center of the universe.

1.The question is whether he will agree to our proposal.

2.The latest study says that thousands of people die of smoking-related illnesses every year.

 

KEY4

It is adults who create the world where their children will grow up.

1.It was when the exam was close at hand that my brother started studying.

2.Tell me what it is that you want me to discuss with you.

 

 

In the United States, according to research, 99 percent of all homes keep a television set turned on for about seven hours a day, and children spend more time watching television than on any other activity except sleep.  Among teachers, parents, and psychologists, there has been growing concern about what influence TV has on children.  Indeed, some children's doctors go so far as to say that children under the age of two should not watch television at all.

One of the things people are most concerned about is the relationship of TV violence to aggressive behavior in children.  If children watch television for two hours a day, they could be exposed to as many as 8,000 murders and 100,000 other acts of violence by the time they leave elementary school.

The point is whether children become more aggressive by watching violence on TV.  In fact, one survey reveals that most young people themselves thought that TV violence was one of the factors that brought about aggressive acts among their peers.

Specialists, however, are still uncertain about the effects of TV violence, as there is no clear causal link.  Although research evidence shows children who frequently watch TV violence are more aggressive than other children, it might simply mean that children who have a tendency to be violent are attracted to violent shows.  Some researchers suggest that we also need to consider how violence is portrayed.  In many cartoons and crime dramas, violence on the part of heroes, or “good guys” tends to be justified as a way of punishing “bad guys”.  It has also been suggested that children do not respond to TV passively.  They do not just copy the behaviors but interpret what they see.  If this is the case, then it might not be the violence itself on TV that has effects on behavior, but rather the way it is presented and the underlying values in our society.

スポンサーリンク

和訳

2.テレビの暴力シーンと子供の暴力
EFFECTIVE KEYS
KEY3 基本例文:真実は,地球が宇宙の中心ではないということだ。
例文1:問題は,彼が私たちの提案に同意するかどうかということだ。
例文2:最新の研究によれば,毎年何千人もの人々が喫煙に関連した病気で死んでいるという(←最新の研究は~と言っている)。

KEY4 基本例文:子供たちが育つ世界を造っているのは大人だ。
例文1:私の弟が勉強し始めたのは,試験が目の前にせまったときだった。
例文2:あなたが私に話し合ってほしいと思っているのは何なのか言ってください。

全 訳
(ある)調査によると,アメリカ合衆国では全家庭の99%が1日約7時間テレビをつけっ放しにしており,子供は,睡眠を除くその他のどの活動に費やす時間よりも多くの時間をテレビを見ることに費やしている。教師,親,心理学者の間では,テレビが子供にどのような影響を与えるのかということについて懸念が高まっている。実際に,2歳未満の子供はいっさいテレビを見るべきではないとまで言う小児科医もいるのだ。
人々が最も懸念していることの1つは,テレビの暴力シーンと子供の攻撃的なふるまいとの関係である。もし子供が1日2時間テレビを見るなら,小学校を卒業するまでに8,000回もの殺人と100,000回ものその他の暴力行為を見せられることになるかもしれない。大事な点は,子供がテレビで暴力シーンを見ることによってより攻撃的になるかどうかということである。実際に,ある調査が明らかにするところでは,大部分の若者たち自身が,テレビの暴力シーンは同世代の者たちの間で攻撃的な行為を引き起こす要因の1つであると考えていた。
しかしながら,明確な因果関係がないために,専門家たちはテレビの暴力シーンの影響について依然として確信を持てないでいる。確かに調査の結果,頻繁にテレビの暴力シーンを見る子供は他の子供よりも攻撃的だということが明らかになっているのだが,それは単に,暴力的な傾向のある子供が暴力シーンの多い番組に引きつけられるということを意味しているだけかもしれない。私たちはまた暴力がどのように表現されているかということも考慮する必要があるのではないか,と言う研究者もいる。多くのアニメや犯罪ドラマでは,主人公あるいは「正義の味方」の側の暴力は「悪者」を懲らしめる方法として正当化される傾向がある。また,子供はテレビに受動的に反応するのではないとも言われてきた。子供はテレビで見る行動をただまねるのではなくて,目に映るものを解釈しているのだ。もしこれが事実ならば,行動に影響を与えるのはテレビの暴力シーンそのものではなく,むしろその描かれ方と私たちの社会の根底にある価値観なのかもしれない。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事