スポンサーリンク

本文

Chapter 4

 

KEY7

TV commercials are short, sometimes humorous, and usually easy to understand.

  1. On Sunday mornings I can sleep late, fix a big breakfast for a change, drink lots of coffee, and really relax.
  2. Bike riders don't cause air or noise pollution, don't rely on gasoline or other fossil fuels, and don't require a lot of space for travel or parking.

 

KEY8

I know that it's a secret, and that I must try not to tell it to anyone.

  1. They said that they didn't know her, but that they would welcome her.
  2. To tell a child that the earth floats in space, but that the earth doesn't fall to the sun as the child falls to the ground, seems very confusing.

 

One of the inescapable features of modern life is fast food.  Everywhere we go in the world today, we find the familiar fast-food chains selling hamburgers and French fries that sometimes seem to dominate public dining.  This can perhaps be seen as one of the by-products of globalization, but is it really a welcome one?

The great selling points of these chains are the relative cheapness of the meals, the quick and efficient service, and the fact that the customer can be confident that the food will be basically the same no matter which country he is eating it in.

However, not everyone is going along with the spread of fast food.  In fact, a movement has arisen, called Slow Food, to combat the way of thinking underlying not only fast food itself but the whole modern food industry, with its emphasis on standardization and mass production.  This movement advocates eating good, nutritious food at an unhurried pace -- in other words, a return to the civilized eating habits that existed, at least in theory, before the rise of the fast food chains and instant meals for microwave ovens.

The symbol of the Slow Food movement is the snail, which always goes at its own pace.  Its slogan is: good, clean, and fair food.  This means that the quality of our food should be good, that it should be produced in ways that don't harm the environment, and that food producers should be paid fairly.  The movement's goal is to make people better informed about nutrition and the ways in which food is produced.  Indirectly, it is an effort to resist globalization by promoting local production and maintaining regional variety in food.

 

スポンサーリンク

和訳

4.スローフード運動
EFFECTIVE KEYS
KEY7 基本例文:テレビのコマーシャルは短くて,ときにユーモラスで,たいてい理解しやすい。
例文1:日曜日の朝は遅くまで寝て,気晴らしにたっぷりの朝食を用意し,コーヒーをたくさん飲んで,本当にくつろぐことができる。
例文2:自転車に乗る人たちは,大気汚染あるいは騒音公害を引き起こすこともなければ,ガソリンや他の化石燃料にも頼らず,移動や駐車に広いスペースも必要としない。

KEY8 基本例文:私は,それが秘密で,だれにも言わないようにしないといけないことを知っている。
例文1:彼らは,自分たちは彼女を知らないが彼女を歓迎すると言った。
例文2:地球は宇宙に浮かんでいるのだが,子供が地面に落ちるのと同じように地球が太陽のところへ落ちていくことはない,と子供に言うと,子供はたいへん混乱するようだ。

全 訳
現代生活の避けられない特徴の1つはファーストフードである。今日世界中のどこに行っても,時には大衆の食事を支配しているように思われる,ハンバーガーやフライドポテトを売るよく知られたファーストフードのチェーン店が見つかる。これはひょっとするとグローバリゼーション[世界(標準)化]の副産物の1つと見ることができるかもしれない。しかし,これは本当に歓迎すべき副産物なのだろうか。
こういったチェーン店の大きなセールスポイントは,比較的安価な食事,迅速で手際のよい接客,そしてどこの国で食べていてもその食べ物は基本的に同じであることを客が確信できるという事実である。
しかしながら,だれもかれもがファーストフードの広がりを支持しているわけではない。それどころか,規格化と大量生産に重点を置いた,ファーストフードそのものだけでなく現代の食品産業全体の背後にある考え方と戦うために,スローフードと呼ばれる運動が起こっているのである。この運動は,良質で栄養価の高い食べ物を急がないペースで食べることを提唱している──言い換えれば,ファーストフード・チェーンと電子レンジ用のインスタント食品が出現するまでは少なくとも理論上は存在した,洗練された食習慣に戻ることを提唱しているのだ。
スローフード運動の象徴はカタツムリである。カタツムリはいつもマイペースで進むからだ。そのスローガンは,良質で,汚染されていない,公正な食べ物である。これはつまり,私たちの食べ物は良質であるべきであり,それは環境を害さない方法で生産されるべきであり,また食料の生産者は公正に支払われるべきだということである。この運動の目的は人々に,栄養と,食料が生産される方法について,よりよく知ってもらうことである。間接的には,それは地方の生産を促進し,食べ物の地域的な多様性を維持することによって,グローバリゼーションに抵抗しようとする努力である。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事