スポンサーリンク

本文

Chapter 7

 

KEY13

Mother always tells me that if I don't sleep well, I can't focus on my studies.

  1. Some people think that many thousands of years ago there was a very large island called Atlantis.
  2. Some scholars insist that due to global warming, more and more areas are becoming deserts.

 

KEY14

The box full of postcards was brought in front of us.

  1. A chimpanzee is an intelligent creature capable of solving simple problems.
  2. The committee has made a list of six conditions necessary for the community's development.

 

The culture of Edo Japan differed completely from the cultures of mass production and waste typical of modern civilization.  The city of Tokyo, then known as Edo, was superior in many ways to London or Paris at that time.  One historian has examined the example of water systems, noting that in the mid-eighteenth century, while Londoners had water supplied to their homes only seven hours a day, three days a week, fresh water was available at all times in Edo.

What was most impressive was the recycling of resources that went on.  In Edo, not only human waste but all kinds of garbage produced by the city dwellers were used as fertilizer.  The ash obtained from burning wood, for instance, was bought by ash collectors who visited each house.  This system for recycling organic materials served to drastically reduce the amount of garbage produced.  Clothes were resold through second-hand stores and reused any number of times ― the everyday wear of ordinary people was, indeed, used clothing.  Even when these clothes could no longer be worn, they were not thrown away, but turned into “Asakusa paper” ― toilet tissue made from scraps of paper and cloth.

Objects were carefully repaired when they became unusable.  There were professional menders of every imaginable sort, from knife sharpeners to potters who mended broken earthen ware.  There were even wax collectors, who bought drippings from paper lanterns and candlesticks and used them to make new candles.  This was all part of the wisdom necessary for Japan's thirty million people to survive on the country's limited resources.

スポンサーリンク

和訳

7.江戸時代に行われていた資源の再利用
EFFECTIVE KEYS
KEY13 基本例文:母はいつも私に,寝不足だと勉強に身が入らないと言っている。
例文1:何千年も昔にアトランティスという非常に大きな島があったと考えている人もいる。
例文2:地球温暖化のために,ますます多くの地域が砂漠化しつつあると主張する学者もいる。

KEY14 基本例文:はがきがいっぱい入った箱が,私たちの前に運ばれてきた。
例文1:チンパンジーは,簡単な問題を解くことができる頭のよい動物だ。
例文2:委員会は,地域の開発に必要な6つの条件の一覧表を作成した。

全 訳
江戸時代の日本文化は,近代文明に特有の大量生産と大量廃棄の文化とは完全に異なっていた。当時江戸として知られていた東京の町は,多くの点でその当時のロンドンあるいはパリよりも優れていた。ある歴史家は給水方式の例を調べて,18世紀中ごろにはロンドン市民は週に3日,1日に7時間だけしか家庭に水が供給されなかったのに対して,江戸ではいつでも新鮮な水が手に入っていたと述べている。
最も感銘を受けるのは,江戸時代に続いた資源の再利用である。江戸では,人間の排せつ物だけでなく,町の住民によって出されたあらゆる種類の生ごみが肥料として使われていた。例えば,まきを燃やして得られる灰は,各戸をまわる灰回収業者によって買い取られた。有機物を再利用するこのシステムは,出された生ごみの量を徹底的に削減するのに役立った。衣服は古物店を通じて再販売され,何度も再使用された。実際,庶民の普段着は古着であった。これらの古着がもはや使えなくなったときでさえ,それら(古着)は捨てられず,「浅草紙」──紙や布の切れ端で作られたトイレットペーパー──にされた。
物は使えなくなると丁寧に修理された。包丁研ぎから,割れた陶器を修理する陶工まで,想像し得るあらゆる種類の専門の修理屋がいた。ろう回収業者さえもいた。彼らはちょうちんやろうそく立てからしたたり落ちたろうを買い取り,新しいろうそくを作るために使った。こうしたことはすべて,日本の3000万の人々が国の限られた資源で生きのびるために必要な知恵の一部であった。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事