スポンサーリンク

本文

Chapter 8

 

KEY15

The moment I entered the castle, I felt I was in another world.

  1. Please come to see me anytime you want to.
  2. Each time he has a meal, he has to take this medicine.

 

KEY16

My hotel bed was so uncomfortable that my back hurts this morning.

  1. His speech went on for so long that people began to fall asleep.
  2. So passionate was his letter that she was moved to tears.

 

It is summer, time to relax.  There's only one problem.  You will not be relaxing if you take it too seriously.  But taking vacations seriously is exactly what Americans seem to do.  In the same way our children's free time is now packed with activities, we adults have turned vacations into “active leisure”.  Anytime you exhaust yourself trying to relax, that's active leisure.  We take vacations for a purpose; for example, we're visiting family, attending weddings, going camping, visiting museums, and making sure we ride that roller coaster ― no matter how long the line is.  We Americans are so active in our leisure that we commonly complain we need a vacation from our vacations.  We leave home tired; we come back very tired.

That's why many of us have decided not to take vacations.  Americans are given 14 days per year for vacation on average.  These are few vacation days compared with other industrialized countries, but ironically, we don't even use them.  The average American will leave four vacation days unused, which adds up to a surprising 574 million days of untaken vacation, collectively.  Our relationship to relaxation seems contradictory.  We spend more money than anyone else in the world on leisure ― fully one-third of our income ― and yet at the same time, we are No.1 in the world at not taking vacations.

One of the top reasons given for not taking a vacation is that it's too much extra work.  We have to get ahead of our work in order to leave for a vacation, and then we have to catch up on our work upon our return.  The longer the vacation we take, the bigger the difficulties appear.  After all, it's simply become too stressful to relax.

スポンサーリンク

和訳

8.アメリカ人と休暇
EFFECTIVE KEYS
KEY15 基本例文:その城に入った瞬間,私は別世界にいるような気になった。
例文1:来たいと思ったらいつでも,どうぞいつでも遊びに来てください。
例文2:食事をするたびに,彼はこの薬を飲まなければならない。

KEY16 基本例文:ホテルのベッドがとても寝心地が悪かったので,私は今朝は腰が痛い。
例文1:彼のスピーチは長々と続いたので,人々は眠り始めた。
例文2:彼の手紙はとても情熱的だったので,彼女は感動して涙が出た。

全 訳
夏だ。リラックスする時だ。1つだけ問題がある。あまりに真剣に考えすぎるとリラックスできないことだ。しかし,休暇を真剣に考えるというのは,まさにアメリカ人がしているように思えることなのである。子供の自由時間が今やいろいろな活動でいっぱいなのと同じように,私たち大人は休暇を「活動的な余暇」に変えてしまったのだ。あなたがリラックスしようとして疲れ果てる時はいつでも,それが活動的な余暇なのである。私たちはある目的のために休暇をとる。例えば,家族を訪ねる,結婚式に出席する,キャンプに行く,博物館を訪れる,どんなに行列が長くてもあのジェットコースターに必ず乗る,といった目的のために。私たちアメリカ人は余暇の間とても活発なので,休暇からの休暇が必要だとよく不満をもらす。私たちは疲れて家を出て,非常に疲れて家に帰ってくるのである。
それが私たちの多くが休暇を取らないと決めている理由である。アメリカ人は年平均14日の休暇を与えられている。これは他の工業国と比較してごくわずかである。しかし皮肉なことに,私たちはその少ない休暇さえ使わない。平均的なアメリカ人は,4日分の休日を使わないままだろう。そして驚くべきことに,それはまとめて合計5億7400万日分の使われない休暇になる。私たちと休養の関係は矛盾しているように思える。私たちは世界中の他のだれよりもたくさんのお金──収入のまる3分の1──を余暇に使うが,同時に,休暇をとらないということで私たちは世界第1位なのである。
休暇をとらないことの理由の上位にあるものの1つは,それがあまりに多くの余分な仕事になるということだ。休暇で出かけるためには,私たちは自分の仕事を先に進めておかなければならないし,戻ってきたらすぐに仕事の遅れを取り戻さなければならない。私たちがとる休暇が長ければ長いほど,それだけ困難なことが大きく見える。結局,リラックスすることが過剰なストレスになっているだけである。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事