スポンサーリンク

本文

Chapter 11

 

KEY21

She sat all day in her room, with all the windows closed.

  1. I was very nervous with thousands of people watching me.
  2. In summer, with air conditioners on all day, electricity consumption rises sharply.

 

KEY22

She left her son the company she had run by herself.

  1. The creature we saw running across the garden was too big for a rat.
  2. You can invite anyone you want to come to the party.

 

 

Saving energy at home is a big concern nowadays with the cost of energy rising and our eco-friendly thinking growing every year.  Now, more than ever, people are constantly thinking of ways to save energy at home and increase their “green” efforts to save money as well as the environment.  It is not difficult to save energy if you follow some basic principles.

There are many ways to save energy at home.  Perhaps the easiest is to cut the amount of energy you use on a daily basis.  Common-sense things, such as turning off lights when you leave a room, turning the water off while brushing your teeth, and keeping outside doors closed when the air conditioner is on, can dramatically reduce your utility bills.  However, there is a lot more you can do.

Replace standard light bulbs with energy-saving fluorescent bulbs.  This can save you a ton of cash over the course of the year.  Change air flow filters every month.  This will save cash as well as keep the air in your home cleaner and healthier.  Unplug chargers and electric devices when they are not in use.  Energy is wasted when these devices are plugged in and not in use.  Power strips with on/off switches work well for this.  Just simply switch them off at the source.

Use motion sensors or day/night sensors for outside lights so they are only on when needed.  You don't have to worry about turning them off.  Motion sensors can also be used for inside lights.

 

 

和訳

11.家庭でできる省エネ法
EFFECTIVE KEYS
KEY21 基本例文:彼女は窓を全部閉めて一日中自分の部屋に座っていた。
例文1:何千人という人たちが私を見ていたので,私はとても緊張していた。
例文2:夏は一日中エアコンが入るので,電気の消費量が急激に上昇する。

KEY22 基本例文:彼女は自分1人で経営していた会社を息子に残した。
例文1:庭を走って横切っているところを我々が見た生き物は,ネズミにしては大きすぎた。
例文2:あなたがそのパーティーに来てほしいと思う人をだれでも招待していいですよ。

全 訳
エネルギーにかかる費用が上がり,私たちの環境に優しい考え方が年々進んできて,最近では家庭でのエネルギーの節約が大きな関心事である。今や人々は,これまで以上に,環境を保護するためだけでなくお金を節約するためにも,家庭でエネルギーを節約し,「環境保護」に一層努める方法を絶えず考えている。いくつかの基本原則に従えば,エネルギーを節約することは難しいことではない。
家庭でエネルギーを節約する方法はたくさんある。ひょっとすると最も容易なことは,毎日使用するエネルギーの量を削減することであるかもしれない。部屋を出るときには明かりを消すとか,歯を磨いている間は水を止めるとか,エアコンが入っているときは外に通じるドアを閉めておくといった常識的なことでも,ガス電気水道代を劇的に減らすことができる。しかし,まだまだたくさんできることがあるのだ。
通常の白熱電球をエネルギー節約型の電球型蛍光灯と取り換えなさい。これで年間に多額のお金が節約できる。エアコンのフィルターを毎月交換しなさい。こうすることで家の中の空気がよりきれいに,そしてより健康によく保たれるだけでなく,お金も節約できるのだ。充電器や電気器具を使用していないときはプラグを抜きなさい。これらの器具がプラグが差し込まれたままで使用されていないとき,エネルギーが浪費されているのである。これにはオン・オフ・スイッチの付いたスイッチ板がうまく機能する。ただそのスイッチを元のところで切るだけでよいのだ。
屋外の明かりには,必要なときにそれらに電源が入るだけとなるようにモーション・センサーか昼夜センサーを使いなさい。明かりを消すことについて心配しなくてもよくなる。モーション・センサーは屋内の明かり用にも使うことができる。

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事