スポンサーリンク

本文

Chapter 12

 

KEY23

The faster you write, the harder it is to avoid mistakes.

  1. The more work you have, the less time you have to play.
  2. The more words we know, the better chance we have of expressing precisely what we want to.

 

KEY24

Only then did I understand what he had meant.

  1. Little did I dream of ever seeing you again here.
  2. In no other way can the matter be explained.

 

 

Although English people are famous for their love of tea, I did not start drinking it until I was eight.  I would never have started if it had not been for the English tradition of elevenses.  At eleven o'clock every morning people stop what they are doing and put on the kettle.  And they take out their biscuits.  The only problem is that there is a rule: no tea means no biscuits.  You cannot get one without the other.

So, at the age of eight I became a tea-drinker.  It wasn't easy.  In England, we don't brew tea, we stew it.  There seems to be a belief that the longer you leave the tea in the teapot, the better it will taste.  As we wait for the tea, all eyes turn to the biscuit tray.  Everyone is thinking the same thing: how many Rich Tea biscuits will I get today?

Many foreigners do not understand the attraction of this simple dry biscuit called Rich Tea.  They complain it has no flavor and crumbles into little pieces when you bite it.  Let me tell you the secret: the Rich Tea biscuit tastes like cardboard if you eat it dry; it sticks on your teeth and to the roof of your mouth.  But dunk it into your tea and it tastes wonderful.

It is not quite so easy as it sounds, since you have to know how long to dunk the biscuit.  If you dunk it for too short a time, the sponge-like biscuit is still dry on the inside.  If you leave it in your tea too long, however, the biscuit will dissolve.  Not only does this spoil the flavor of your tea, it also makes you look very stupid in front of your friends.  “Look at him!  He doesn't know how to dunk his biscuit!”

スポンサーリンク

和訳

12.紅茶とビスケット
EFFECTIVE KEYS
KEY23 基本例文:急いで書けば書くほど,間違いを避けるのが難しくなる。
例文1:仕事が多ければ多いほど,遊ぶ時間は少なくなる。
例文2:言葉をたくさん知っていればいるほど,自分が言いたいことを正確に表現できるようになる(←表現する可能性がそれだけ強くなる)。

KEY24 基本例文:私は,ようやくそのときになって彼の言おうとしていたことがわかった。
例文1:こんなところで君に再会できるとは夢にも思わなかった。
例文2:他のいかなる方法によっても,その問題は説明がつかない。

全 訳
イギリス人は紅茶が大好きなことで有名だが,私が紅茶を飲み始めたのは8歳になってからのことだった。もし午前の休憩というイギリスの伝統がなかったら,私は決して紅茶を飲み始めなかっただろう。毎朝11時になると,人々はしていることをやめてやかんを火にかける。そしてビスケットを取り出す。唯一の問題は,ルールがあるということだ。紅茶がなければビスケットもないのである。一方がなければ他方も手に入らないというわけだ。
それで,8歳の時に私は紅茶党になった。それは容易なことではなかった。イギリスでは紅茶を入れるのではなく,煮出すのである。ティーポットに茶葉を長く入れておけばおくほどおいしくなるという信念があるようだ。紅茶を待つ間,すべての目はビスケットのお盆の方を向く。だれもが同じことを考えているのだ。今日はリッチ・ティー・ビスケットを何枚食べようかと。
多くの外国人は,このリッチ・ティーと呼ばれる素朴でパサパサしたビスケットの魅力を理解していない。何の風味もなく,かむとばらばらに崩れると文句を言う。秘密を教えてあげよう。リッチ・ティー・ビスケットは乾いたまま食べるとボール紙のような味がする。歯や上あごにくっついてしまう。でも,紅茶に浸すとすばらしい味がするのだ。
それ(=ビスケットの浸し方)はそれほど簡単というわけでもない。というのは,どれくらい長くビスケットを浸しておけばよいのかを知らなければならないからだ。浸しておく時間が短すぎると,このスポンジみたいなビスケットは中がまだ乾いたままである。でも,あまり長く紅茶の中に浸したままにしておくと,ビスケットは溶けてしまう。これ(=あまり長く紅茶の中に浸したままにしておいて,ビスケットが溶けてしまうこと)は紅茶の風味を台無しにしてしまうだけでなく,友だちの前で自分をとても間抜けに見せることにもなる。「彼を見てごらんよ! ビスケットの浸し方を知らないんだ!」

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事