スポンサーリンク

本文

Chapter 16

 

KEY31

I was surprised at his firm belief in ghosts.

  1. Call me on arrival at the hotel.
  2. Crimes sometimes result from ignorance of the law.

 

KEY32

The ease with which she solved the difficult problem surprised the teacher.

  1. I can't guess the speed at which the earth is moving around the sun.
  2. The product you inquired about is out of stock now.

 

 

The question “Why do we use language?” seems hardly to require an answer. But, as is often the case with linguistic questions, our everyday familiarity with speech and writing can make it difficult to appreciate the complexity of the skills we have learned.  This is particularly so when we try to define the range of functions to which language can be put.

“To communicate our ideas” is the usual answer to the question ― and indeed, this must surely be the most widely recognized function of language.  Whenever we tell people about ourselves or our circumstances, or ask for information about other people and circumstances, we are using language in order to exchange facts and opinions.  It is the kind of language that will be found in any spoken or written interaction where people wish to learn a lot from each other.  But it would be wrong to think of it as the only way in which we use language.  Language scholars have identified several other functions where the communication of ideas is an unimportant consideration.

For example, Mr. X carefully leans his walking stick against a wall, but it falls over.  He tries again, and it falls a second time.  Mr. X loudly shouts to the walking stick. How should we understand this function of language?  It cannot be “communication of ideas,” for there is no one else in the room.  Here we have one of the commonest uses of language -- a means of getting rid of our nervous energy when we are under stress.  It is the clearest case of what is often called an “emotive” or “expressive” function of language.  This kind of language can be used whether we are alone or not.

スポンサーリンク

和訳

16.言語の機能
EFFECTIVE KEYS
KEY31 基本例文:私は彼が幽霊がいると固く信じているのに驚いた。
例文1:そのホテルに着いたらすぐ電話をください。
例文2:犯罪は,時に,法律を知らないために引き起こされる。

KEY32 基本例文:彼女が難題をたやすく解いたので,先生は驚いた(←彼女が難題を解いたたやすさが先生を驚かせた)。
例文1:私は,地球が太陽の周りを回っている速さを言い当てることができない。
例文2:問い合わせをいただきました製品は,現在品切れです。

全 訳
「なぜ私たちは言語を使うのか」という問いに答えはほとんど必要ないように思われる。しかし,言語に関する問いによくあることだが,私たちは話すことや書くことに日頃から慣れ親しんでいるため,自分が身につけてきた技能の複雑さを理解するのが困難になることがある。言語に当てることができる機能の範囲を定めようとする時,このことが特に当てはまる。
「自分の考えを伝えるため」というのがこの問いに対する一般的な答えであり,実際,これがきっと最も広く認識されている言語の機能であるにちがいない。私たちが人に自分のことや自分の状況について話したり,他の人や他の状況について情報を求めたりする時はいつも,私たちは事実や意見をやり取りするために言語を使っている。それは,会話であれ文書であれ,人々がお互いから多くを学び合いたいと願うどんなふれあいにおいても見られるような言語である。しかし,それを私たちが言語を使う唯一のあり方だと考えるのは間違いであろう。言語学者は,考えの伝達ということが重要な事柄とはならないその他の機能をいくつか明らかにしている。
例えば,X氏は自分のステッキを壁に注意深く立てかけるが,それは倒れる。彼は再びやってみるが,また倒れる。X氏はステッキに向かって大声でどなる。言語のこの機能をどのように理解すればよいのだろう。「考えの伝達」ではあり得ない。なぜなら部屋には他にだれもいないのだから。ここにあるのは言語の最も一般的な使い方の1つ──ストレスを受けている時にいらいら(精神的緊張)を取り除く手段である。これは言語の「感情表出機能」あるいは「表現機能」としばしば呼ばれるものの最もわかりやすい事例である。この種の言語は,私たちが1人であろうとなかろうと使われうる。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事