スポンサーリンク

本文

Chapter 17

 

KEY33

The rumor is well known that that doll weeps at midnight.

  1. The chances are very good that our team will win.
  2. The campaign is trying to get the message across to young people that drugs are dangerous.

 

KEY34

Will you introduce me to someone [you know] who is familiar with this town?

  1. You are the only person I have met who could do it.
  2. There are some people I've spent important parts of my life with whom I'll never see again.

 

When Albert Einstein first came into Rothman's Department Store in July 1939, the owner, David Rothman, recognized him immediately.  News had already spread across this sleepy bayside village far out on Long Island that the strange genius with wild hair considered himself a sailor and had rented a summer cottage overlooking the bay.

The name of his poor-looking, 15-foot sailboat was Tinef, which means “worthless” or “junk” in Yiddish, and, according to tales across the bay, it could have equally described Einstein's sailing skills.  “You had 30 people around here who'd tell you they rescued Einstein when his boat turned over,” said David Rothman's son, Robert, who now runs the store.  Robert was 12 that summer when Einstein, then 60, came in and, in his heavy German accent, seemed to be asking whether the store sold sundials.

“So my father took him out back and showed him a sundial,” Robert recalled in the store.  “Einstein said, ‘No, no.  Sundials,' and pointed at his feet.  He was looking for sandals.”  The only sandals Rothman's stocked were a narrow feminine pair, but they seemed to fit right into Einstein's careless appearance.  “I can still see him standing here with that big head of hair,” Rothman said.  “The hair was very unusual at that time for a man, and he used a white cotton rope for a belt -- probably something that came off his sailboat.”  Rothman, 80, is one of a handful of people here who still remember Einstein's Long Island summer vacation, which had moments of both great importance and great amusement.  There was the letter he wrote to President Franklin D. Roosevelt that some believe may have led to the development of the atomic bomb, and then there was the widespread delight among locals over the professor's needing constant rescue after getting lost in town or sailing his boat ashore.

スポンサーリンク

和訳

17.アインシュタインのエピソード
EFFECTIVE KEYS
KEY33 基本例文:あの人形が真夜中に泣くといううわさはよく知られている。
例文1:うちのチームが勝つ見込みは非常に大きい。
例文2:その運動は,麻薬が危険であるというメッセージを若者に伝えようとしている。

KEY34 基本例文:君が知っている人で,この町のことをよく知っている人を紹介してくれませんか。
例文1:ぼくが会った人で,それができたのは君だけだ。
例文2:私が人生の大切な時期をともに過ごした人たちで,二度と会わないであろう人たちが何人かいる。

全 訳
アルバート・アインシュタインが1939年の7月に初めてロスマンのデパートにやって来た時,オーナーのデイヴィッド・ロスマンはすぐに彼だとわかった。ロングアイランドの片隅にある,入り江に面した活気のないこの村のあちこちに,髪の乱れたその一風変わった天才が自分をヨット乗りと見なして,入り江を見下ろす夏の別荘を借りたというニュースがすでに広まっていた。
彼のみすぼらしい15フィートのヨットの名前は「ティネフ」で,それはイディッシュ語で「役立たず」とか「くず」の意味であり,入り江中に広まったうわさによれば,この言葉はアインシュタインのヨット操縦の腕前をも同様に言い表していたのかもしれない。「アインシュタインのヨットが転覆した時に彼を救助したと言いそうな連中がこの辺りに30人ばかりいましたよ」とデイヴィッド・ロスマンの息子で,今この店を経営しているロバートは言った。当時60歳だったアインシュタインが店に入ってきて,ひどいドイツ語なまりで,サンダイアル(日時計)を売っているかと尋ねているように見えたその夏,ロバートは12歳だった。
「それで親父が彼を店から裏に連れて行って日時計を見せたんですがね」とロバートは店で思い出しながら語った。「アインシュタインは『違う,違う,サンダイアルだよ』と言って自分の足を指さしたんです。サンダルを探していたわけですよ。」ロスマンの店に置いていた唯一のサンダルは幅の狭い女性用だったが,それがアインシュタインの無頓着な風ぼうにぴったり合うようだった。「今でも彼が例の大きな髪型でここに立っている姿が目に浮かびます」とロスマンは言った。「あの髪型は当時,男性としては非常に珍しいものでした。また,白い綿のロープをベルト代わりに使っていましたが,たぶん自分のヨットから取り外してきたのでしょうね。」
80歳のロスマンは,今でもアインシュタインがロングアイランドで過ごした夏休みを覚えている当地の数少ない人たちの1人だが,その夏休みは非常に重要な時でもあり非常に愉快な時でもあった。彼がフランクリン・D・ルーズベルトに宛てて書いた,原子爆弾の開発につながったかもしれないと一部の人たちが信じている手紙があったし,それから教授が町で道に迷ったりヨットを岸に乗り上げたりしていつも救助を必要としていたということをめぐって,地元の人たちの間に広く行き渡った楽しい気分があった。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事