スポンサーリンク

本文

Chapter 19

 

KEY37

I can no more swim than a hammer can.

  1. I can no more swim than I can fly.
  2. We do not know how art began any more than we know how language started.

 

KEY38

Didn't you meet a girl carrying a basket full of flowers?

  1. Students wanting to take American history have to register for the course by Wednesday.
  2. The scientists say the footprints found in the rock are exactly like those made by modern human feet.

 

Energy is one of the mysteries at the heart of nature.  Even at our present advanced stage of science, we still cannot say exactly what it is, any more than we can see a breeze.  But we can feel a breeze and watch its effects as it blows up a swirl of leaves or dust along the way, and we can also watch the effects of energy and see what rules it follows as it shifts from one form to another.

We can also describe energy.  It is the capacity to do work, and energy output is the type and amount of energy used to get the work done.  The muscle power you use to pull on your socks, the blowing wind that moves a flying kite, and the fire that roasts hot dogs at a barbecue are a few examples of energy output.  And, as might be expected, the more energy we apply, the more work we can do.  Ten farmers working together can plant more seeds in a day than one farmer alone can.  Or the one farmer can multiply his energy by using a planting machine instead of depending only on his muscle power.

For countless centuries, people have been tackling the problem of multiplying energy.  The history of human success, from humans who lived in the way other animals do to humans who became masters of nature, lies in the discovery of how to master and use energy.  Little by little, humans have piled up a mountain of discoveries, climbing as they went along, each step leading to the next.  In fact, inventors and other scientists might almost be a group of mountain climbers, held together by a length of time rather than a length of rope.

 

スポンサーリンク

和訳

19.エネルギーと人類発展の歴史
EFFECTIVE KEYS
KEY37 基本例文:私は,カナヅチ(が泳げないのと)同様に,泳げない。
例文1:私は飛べないのと同様に泳げない。
例文2:私たちは,言語がどのようにして始まったかを知らないのと同じで,芸術がどのようにして始まったかを知らない。

KEY38 基本例文:花がいっぱい入ったかごを持った少女に会いませんでしたか。
例文1:アメリカ史を履修したい学生は,水曜日までにその科目の受講登録をせねばならない。
例文2:岩に残っている(←見つけられた)足跡は現代人の足によって作られた足跡にそっくりであると科学者たちは言っている。

全 訳
エネルギーは自然の核心部にあるなぞの1つである。現在のように科学が発達した段階にあっても,私たちは今なおエネルギーが何であるかを正確に言うことはできない。それは,そよ風を見ることができないのと同様である。しかし,私たちはそよ風を感じることができるし,そよ風が木の葉やほこりの渦巻きを道沿いに吹き上げる時にその影響を見ることができるし,また,エネルギーの影響を見たり,エネルギーが1つの形から別の形に変わる時にどのような法則に従っているかを見て取ることもできる。
私たちはまたエネルギーの特徴を述べることもできる。エネルギーとは仕事をする力のことであり,エネルギー出力とは仕事をするために使われるエネルギーの種類と量のことである。靴下を引っぱって履くために使う筋肉の力や,飛んでいる凧を動かす風,それにバーベキュー・パーティでホットドッグを焼く火,これらはエネルギー出力の例である。そして,当然予想されることかもしれないが,加えるエネルギーが多ければ多いほど,多くの仕事を仕上げることができる。一緒に働く10人の農夫は農夫1人だけより多くの種を1日にまくことができる。あるいは,その1人の農夫は,自分の筋力だけに頼るのではなく,種まき用の機械を使うことによって,エネルギーを増大させることができる。
何百年にもわたって人々はエネルギーを増大させる問題に取り組んできた。他の動物と同じような暮らし方をしていた人間から,自然の支配者となった人間に至るまでの,人間の成功の歴史は,エネルギーを支配し利用する方法の発見にある。少しずつ,人間は山のような発見を積み重ねてきた。進むにつれその山を登り,1歩1歩が次の1歩へとつながってきたのである。実際,発明家やその他の科学者たちは,ロープというより時間の流れによって1つにまとまった一団の登山家たちと言ってもよいほどだ。

最強の英文法
長文の構造理解が正確に行えていますか?

センターの文法セクションで無駄に点数を落としていませんか?

リスニングで単語単語は聞き取れるけど、内容を理解できていますか?


おすすめの記事