スポンサーリンク

本文

CHAPTER 12

 

1            When searching for better health, many people turn to doctors, self-help books, or vitamins.  But they overlook a powerful weapon that could help them fight illness, speed recovery, and perhaps lengthen their lives: their friends.

2            Researchers are only now starting to pay attention to the importance of friendship and social networks in a person’s health.  A 10-year Australian study found that older people with a large circle of friends were 22 percent less likely to die during the study period than those with fewer friends.  And last year, Harvard researchers reported that strong social connections could help brain health as we age.  However, another large study showed that among people whose friends gained weight, the risk of also becoming fat increased by nearly 60 percent.

3            Bella DePaulo, a visiting psychology professor at the University of California, Santa Barbara, studies single people and friendships.  She notes that friendship has an even greater effect on health than a spouse or family member.  In a study of nurses with breast cancer, having a spouse did not increase their chances of survival, while those who maintained long-term friendships showed a significant increase in survival rates.

4            While many friendship studies look at the strong relationships women have, some research shows that men can benefit from male friendships, too.  In a six-year study of 736 middle-aged Swedish men, being in a loving relationship didn’t appear to affect the risk of heart attack, but having friendships did.  Only smoking was as important a risk factor as having few friends.

5            Exactly why friendship has such a big effect isn’t entirely clear. While friends can be helpful and pick up medicine for a sick person, the benefits go well beyond physical help. It may be that people with strong friendships also have better access to health care services. Beyond that, however, friendship clearly has a deep psychological effect.  People with strong friendships are less likely than others to get colds, perhaps because they have lower stress levels.

6            “People with stronger friendship networks feel like there is someone they can turn to,” said Karen A. Roberto, Director of the Center for Gerontology at Virginia Tech.  “Friendship is a valuable resource that often goes unrecognized.  The main message of these studies is that friends make your life better.”

 

 

訳文

CHAPTER12

全訳

1 健康増進を図ろうとする時(←よりよい健康を探し求める時),多くの人々は医者や独習書やビタミン剤に頼る。しかし,病と闘い,回復を早め,ことによると寿命を延ばすのを助けるかもしれない強力な武器,つまり友人(の存在)を見落としている。

2 研究者たちは,人々の健康において,友人関係や社会的ネットワークが重要であるということに,今やっと注目し始めたばかりである。10年間にわたるオーストラリアでの研究によって,交際範囲が広い年配者は,友人の少ない年配者に比べて,その調査期間中に死亡した可能性が22%低いということがわかった。そして昨年,ハーバード大学の研究者たちは,年をとると,社会と密接なつながりを持つことが脳の健康(を保つの)に役立つ可能性があると報告した。しかしながら,別の大規模な調査では,体重が増えた友人を持つ人々の間では,本人も太る危険性が60%近く高まることがわかった。

3 カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校の心理学客員教授ベラ・デパウロは,独身者と友人関係について研究している。彼女は,配偶者や家族よりも友人関係の方が,健康にいっそう大きな影響をもたらすと指摘している。乳がんを患う看護師についての調査では,配偶者がいるということによって生存の可能性が高くなることはなかったが,一方,(同じ病気を患う看護師で)長期間にわたる友人関係を維持している人は,生存率が著しく高まった。

4 友人関係に関する研究の多くは,女性たちの親密な関係を調査しているが,ある研究によって,男性もまた男性との友人関係から恩恵が得られることがわかっている。736人の中高年のスウェーデン男性を対象とした6年間に渡る調査では,愛情に基づく関係を築いていることは,心臓発作を起こす危険性には影響を及ぼさないようだったが,友達付き合いがあることは影響を及ぼしたようだった。喫煙だけは,友人がほとんどいないことと同じくらい重大な危険因子であった。

5 正確には,なぜ友人関係がそのように大きな効果をもたらすのか,完全に明らかになっているわけではない。友人は役に立つし,病人のために薬を受け取りに行ってくれるが,その恩恵は物質的な手助けには留まらない。親密な友人関係を築いている人々はまた,健康管理サービスをよりよく利用しているということかもしれない。しかしながら,そうしたこと以上に,明らかに友人関係は心理的に大きな効果をもたらす。親密な友人関係を築いている人々は,他の人よりも風邪を引く可能性が低いが,これは,ことによるとストレスの度合いが低いからかもしれない。

6 ヴァージニア工科大学老年学研究センターの所長であるカレン・A・ロバートは,「より親密な友人関係を築いている人々は,頼れる人がいるように感じる」と言った。「友人関係は,往々にして認識されないままになっている,(健康増進の)貴重な源である。これらの研究の主旨は,友人(の存在)によって人生はよりよいものとなるということである。」

要約

友人関係は,愛情に基づく人間関係よりも健康に大きな影響を及ぼすことが示された。広く友人と交流することは,物質的な協力を超えて,精神的な支えとなるのかもしれない。友人のおかげでより良い人生を送ることができる。 (103字)

スタディサプリ
スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。通信環境さえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額980円(税抜)~で見放題!
5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。

小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができます。授業のレベルもスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルと分かれており、自分の学力に合った学習が可能。大学受験生向けにはセンター試験対策講座志望校対策講座小論文対策講座も揃っています。

・講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。

センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供します。無料体験可能。

アプリの提供もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。また授業動画の速度調整が可能。わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観れる。一部コンテンツは無料会員登録で利用できますが、有料会員登録を行うことで、
圧倒的にわかりやすい良質な講義動画が「すべて」見ることが出来ます。

おすすめの記事